allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フィクサー(2007)

MICHAEL CLAYTON

メディア映画
上映時間120分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2008/04/12
ジャンルサスペンス/犯罪/ミステリー
【フィクサー】……弁護士事務所に所属する“もみ消しのプロ”。

男は、完璧に罪を消せるはずだった……。
フィクサー [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,024
USED価格:¥ 2,224
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:トニー・ギルロイ
製作:シドニー・ポラック
ジェニファー・フォックス
スティーヴン・サミュエルズ
ケリー・オレント
製作総指揮:スティーヴン・ソダーバーグ
ジョージ・クルーニー
ジェームズ・ホルト
アンソニー・ミンゲラ
脚本:トニー・ギルロイ
撮影:ロバート・エルスウィット
プロダクションデ
ザイン:
ケヴィン・トンプソン
衣装デザイン:サラ・エドワーズ
編集:ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ジョージ・クルーニーマイケル・クレイトン
トム・ウィルキンソンアーサー・イーデンス
ティルダ・スウィントンカレン・クラウダー
シドニー・ポラックマーティ・バック
マイケル・オキーフバリー・グリッソム
デニス・オヘアミスター・グリーア
ジュリー・ホワイトミセス・グリーア
オースティン・ウィリアムズヘンリー・クレイトン
ジェニファー・ファン・ダイクアイビー
メリット・ウェヴァーアンナ・キサーセン
ロバート・プレスコットミスター・ヴァーン
ケヴィン・ヘイガンレイモンド・クレイトン
ショーン・カレンジーン・クレイトン
デヴィッド・ランズベリーティミー・クレイトン
ケン・ハワード
デヴィッド・ザヤス
テリー・セルピコ
クリストファー・マン
シャロン・ワシントン
フランク・ウッド
パメラ・グレイ
【解説】
 「ボーン・アルティメイタム」などジェイソン・ボーン三部作の脚本で注目されたトニー・ギルロイがジョージ・クルーニーを主演に迎え監督デビューを果たしたサスペンス・スリラー。弁護士事務所に所属しながら“もみ消し屋=フィクサー”として生きる男の苦悩を緊迫感溢れるタッチで描く。なお、主人公と敵対する企業弁護士を演じたティルダ・スウィントンがアカデミー賞助演女優賞を受賞した。
 ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック&レディーンに所属するマイケル・クレイトン。公に出来ない案件を裏で穏便に処理する“フィクサー”を長年務めている彼は、かつての弁護士職に戻るタイミングを失い、問題山積の私生活でも、ついには従兄弟が抱えた8万ドルにも及ぶ借金を肩代わりする羽目に陥っていた。そんな中、巨大農薬会社U・ノース社に対する3000億円の集団訴訟でU・ノース社の弁護を担当していた同僚のトップ弁護士アーサーが、原告との大詰めの協議の最中、突然服を脱ぎ出すという奇行に出てクライアントを困惑させてしまう。そこで上司から事態の収拾を任されたマイケルだったが、やがてアーサーがU・ノースを敗北に導く決定的証拠を掴んでいることを知ってしまう。一方、U・ノース社の敏腕女性弁護士カレンもこの緊急事態に対処するため秘かに行動を開始するが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19133 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2015-12-07 12:46:36
回らない首がもげそうな弁護士と内部文書を1000コピの弁護士と仮和解を求める毅然とした弁護士。金…ではなく、携帯録音と正義心で決着。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 19:27:32
ティルダ・スィントンが最高に素晴らしい。
投稿者:uptail投稿日:2015-02-18 10:04:28
演出:7
演技:8
脚本:8
音響:8
投稿者:グレコ投稿日:2014-11-08 23:17:56
シドニー・ポラックってやっぱり上手いな〜と感心。
ジョージ・クルーニーの役がラッセル・クロウだったらもっと違ったかな、とも。
投稿者:ringoringo投稿日:2013-10-09 15:07:51
【ネタバレ注意】

抑制のきいた映像と物語がいいです。

冒頭は?????

物語が進んでいくと、徐々に分かっていく。そして冒頭のシーンへ・・・

最後は金に靡かない所が、とってもカッコ良かった!

投稿者:has42120投稿日:2011-02-02 13:17:42
ジョージ・クルーニー
投稿者:マンチカさん投稿日:2010-05-30 18:47:38
【ネタバレ注意】

ラスト、イエローキャブのバックシートで微笑したクルーニーの一人勝ちです。ポーカーフェイスがギャンブルを抜ける時に見せる上向く唇の歪みは勝った時なのです。良い映画をプロデュースした彼は自信満々。主役を全うした顔で映画を締めます。突き放した映像と思わせぶりな演出がおしゃれな流行と云ってしまうのは簡単です。単純な私はその手法に簡単に引き込まれました。クールで見せ方がとても巧い映画です。

投稿者:mototencho投稿日:2010-04-12 13:19:56
とにかく、オスカーを受賞したティルダ・スウィントンなしでは成立しない「フィクサー」。映画青年ジョージ・クルーニーの量産態勢は継続中。
http://mototencho.web.fc2.com/2008/mickelk.html
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 22:24:01
ジョージ・クルーニー
投稿者:karr投稿日:2009-09-29 12:18:26
異星人女優ティルダスウィントン。
怪しく透明感のある表情。善よりは悪のイメージが強いが、純粋さや幼稚さ、そして知性も含んだ悪であり、単純な悪のイメージとも違う。
その存在感は圧倒的であり、わたしはいつもその魅力に押しつぶされそうになる。
この映画では、最初から最後まで見事に地球人に成りすまし、名女優の貫禄を見せる。
緊張と脱力、あきらめと決意と苦悩と恐怖の表情はまさに天下一品。
アカデミー賞の価値をどう捉えるかはともかく、彼女の受賞が初なのは不思議。あるいは、今までの名演技をも考慮に入れての受賞だったのかもしれない。

多くの作品に取り上げられているテーマの一つである、企業の嘘とごまかし、それを見て見ぬ振りしてでも事務所を守ろうとする弁護士という法のしもべたち。
それにフィクサーというマイノリティーな職種を絡ませることによって、新鮮さを目指した感があるが、その効果はイマイチか。似たテーマの他作品と一線を画すという程ではない。
しかしその新鮮ささえ求めなければ、この映画、実に面白いし良く出来ていて、引き込まれること間違いなし。

シドニーポラックも、トムウィルキンソンもジョージクルーニーもさすがにしっかりとした仕事内容である。
だがやはり、ティルダの怪演がすべてを飲み込んでしまっている、良くも悪くも。
だからこそ、ティルダびいきの私はこの映画を好きにならずにいられないのだ。
しかし、ティルダびいきじゃない人は?
投稿者:あくび★投稿日:2009-08-08 15:25:41
静か〜〜に展開していく作品ですな。
殺しもあるけど銃撃戦やらが出てこないのは久しぶりに観た。

表情の良さが際立っていたのがティルダでしょうか。
ジョージが「引っかかったな」と言った時の表情。
何とも言えないあの表情、たぶん自分があの立場で言われたら
同じ表情するんじゃないかな・・と思うほどの自然な表情が良かった。

ジョージ・クルーニーは別に好きでも嫌いでもないけど
この作品での彼が一番好きかも。個人的には。
ただこの人、癖なのか無意識になのか、
時々頭が揺れるんだよね(´・ω・`;)あれが気になって仕方ない・・。
芝居と関係ないけどさ。
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-06-29 17:40:05
アカデミー賞とかに結構ノミネートされてるけど、はっきりいってたいしたことなかったです。ストーリー自体は結構シンプルなのに、わざと難しそうに作ってる辺りがちょっと鼻につきました。
投稿者:アインスタイニウム投稿日:2009-04-04 02:31:59
【ネタバレ注意】

重みに少し欠けていると感じました。下の方のコメントにもあるように、人体被害を受けた者なんかが登場すればリアリティも出たと思うのですが。ただラストの、金を選んで隠遁生活をする選択肢も選べたのに、正義の道を選んだシーンは爽快感がありました。また映画自体の凝った作りも個人的によかったです。

投稿者:irony投稿日:2009-03-18 22:30:54
ティルダは、最後のプルプルでオスカーをゲットしたのか?! あまり出番は多くないし、見せ場もすくないような気がした 
投稿者:bond投稿日:2009-03-17 09:33:24
冒頭の話の流れがややわかり難く映画に入りそこねる、陰謀巻き込まれ型なら他にも秀作がある。これで助演女優か?映画のクルーニーはいまいちやなー。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-03-17 01:53:01
弁護士事務所で働く『もみ消し屋』という特殊な職業の詳細をもっと絡めて欲しかったです。
面倒くさい仕事をあてがわれている割に人からは認めてもらえない損な役回りというのは伝わってきましたが、もっともっと具体的に汚く悪な仕事をしているエピソードがあると彼らの辛さがリアルに伝わってきたでしょうね。

農薬による人体被害訴訟という大きな軸に焦点を当てて展開していますが、社会派としての重厚さがイマイチ無かったかな・・・。
まず原告側がほとんど登場しないため、訴訟の行方や被害者の苦悩などを味わえなかったのがドラマ的な盛り上がりとして物足りなく感じてしまった原因でしょう。

サスペンスとしては核心にそっと触れるような面白い作りをしていたと思います。
冒頭と終盤に同じシーンを見せていますが、そこまでの流れを知った上で観ると冒頭でのシーンとは全く印象が異なるなど真新しくは無いものの見事な構成でした。

トーンを抑えた色調の中に現れる馬の美しさは神々しく、五感をリセットできるような気さえします。
演出としては分かりにくいシーンですが、映像としては印象深いモノがありました。

俳優陣に関しては見応え十分です。
とりあえず、ジョージ兄貴はいつも通り素敵♪
特にタクシーに乗った彼が放ったセリフは、あまりにも渋くてとろけました(笑)
ティルダ・スウィントンの汗や震え、目の動きなどパニック寸前のギリギリ感を表現した彼女の演技は観ているほうまで息が詰まり胸が苦しくなるほどでしたね。
トム・ウィルキンソンやシドニー・ポラックなどのベテラン勢のサポートも素晴らしいの一言です。

主人公の兄弟など無くてもイイようなエピソードを省いて訴訟やもみ消し屋のほうを深く描いていれば高評価に繋がったかもしれませんね。
投稿者:ghost-fox投稿日:2009-03-10 22:14:32
灰色
投稿者:kopi投稿日:2009-03-10 21:45:53
フィクサーとしての豪腕ぶりに興味有り観たが、借金やらギャンブルやらでなんだかうだつの上がらない総務部長のような感じ・・・だが、そこが妙なリアリティを強く印象づける。実話といわれたら信じてしまいそう。

この種の映画をあたまから「つまらない」と言い切るにはなんだか勇気がいる。
投稿者:ミリアム投稿日:2008-10-04 15:43:41
作り手の意気込みが伝わる力作ではある。しかし、いかんせん主役を演ずるクルーニーの人物描写が弱い。トム・ウィルキンソンとの関係、借金の苦しみ、ギャンブル癖など、どれも浅薄。
先頃亡くなった名優ニューマンの「評決」の方が少なくとも10倍は素晴らしい。
投稿者:katarojp投稿日:2008-09-23 18:44:56
断片が集まって、結論という映画は、映画本来のドラマを薄めて、たあいもない話も妙に納得させてしまう怖さがあるよね。
投稿者:デジゴン投稿日:2008-09-22 04:57:18

ヨットレースの事故で太平洋に投げ出され、独り生還した人物。
アイガーで宙吊りになって奇跡の生還をした登山家。
共通する所は、助からない場面で自然の美しさに感動している点。
対談や自伝を拝見してそう感じたことがあります。

細かいストーリーは、一部わかりませんでした。
法律関係の遅さを表現するかのような展開。
より複雑になっただけで変わらない社会。

組織というか人間が作ったはずの社会も自然の一部。
そう考えると少し楽しく生きる事ができそうである。
投稿者:ぽっぷ投稿日:2008-09-20 12:53:43
最後まで観終わってやっと「おお、いいやん」と
もう1回みたくなる作品でした。途中寝てたので・・・
かなり硬派ですね。
ヌーベルヴァーグっぽい作りな感じがしました。
投稿者:Longisland投稿日:2008-06-01 23:44:28
最近米国のスターさんが出演する映画観てないな〜ぁ、こりゃいかんとの思いで公開終盤のシアターNへ…出演陣は豪華もインディー作品? 話が暗い。 人生も中盤以降に差し掛かるも、金銭的にも人間関係でもどうしようもない状況に落ちてゆく男のあせりが見ていて辛い。
ティルダ・スウィントンって私には上手いんだか下手なんだかよくわからん女優(苦笑 存在感(不気味さ)は感じるんだけどね。
投稿者:ビリジョ投稿日:2008-05-02 16:57:29
【ネタバレ注意】

 弱者の視点に立った、好感度の高い面白いサスペンス。
 冷静に振り返ってみると、「ん?」という部分がないこともないが、思わせぶりの演出が功を奏して良い仕上がりに。かなり説明をはしょっているので分かりにくい面があるものの、終わってみると気にならない。
 ジョージ・クルーニーは、もっと汚らしい感じにした方が良かった。いまいちフィクサーっぽくなかった。

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-04-26 01:34:51
【ネタバレ注意】

企業法務と弁護士。米・ローファームの現状を極端な姿で描いたサスペンスとして面白く観た。
巨額の薬害訴訟を抱えた製薬会社U・ノース社の代理人たちは黒を白と言いくるめるためにあの手この手を打つ。少しでも多額の成功報酬を得るためには、犯罪的行為も辞さない…どころか非合法的手段にさえ訴える弁護士たち。
この国と異なり、弁護士の数が飽和状態の彼の国では、ローファームでも様々な役割がある。もみ消し屋=フィクサー(法律業界の隠語なのだとか)もまた、そのひとつであり、マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー)はその仕事をこなし続けている…。

何より誰一人生粋の善人でない、というのがいい。主人公もまた、理想の残骸を抱えつつも行き詰まった人生の中で妥協しながらフィクサー役を務めている。ギャンブルで身を崩し、金もなく、汲々とした生活のなかで彼は事件の核心に触れてしまう。
良心の呵責から事実を明らかにしようとして暗殺されるアーサー・イーデンス役のトム・ウィルキンソンは熱演。ローファームで法務部長の座にいて暗殺を指揮したカレン・クラウダーを演じたティルダ・スウィントンは、この役でアカデミー助演女優賞ということだが、ラストの狼狽ぶりは少々過剰か(苦笑)。

よく練られた作品だとは思うが、その分メリハリがやや乏しいように思う。車が爆発しても死者がいないことは一目瞭然だろ、とか突っ込みどころも少なくない。
だが、企業のイヌと化した弁護士たちの姿は面白かった。この国の弁護士もまた、企業法務ばかりが持ち上げられる現状にあっては、彼の国の後塵を拝するのは間違いないだろう。司法もまたグローバリゼーションの例外ではあり得ないのだから。

投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-04-16 14:28:05
映画を観終わってからやっと全ストーリーが把握映画
社会派サスペンス映画が好きな方はお勧めですね

アカデミー賞に多数ノミネートされてるが
トムウィルキンソンも助演でノミネートされてもいいぐらいな演技内容で
私個人としては賞賛したい
投稿者:NYY投稿日:2008-04-15 22:57:57
【ネタバレ注意】

サスペンス映画と錯誤させるような宣伝してた気がするけど、
かーなり地味な社会派っぽい作品。
アル・パチーノの「インサイダー」を楽しめた人にのみ、お勧め

途中、ちょっと眠くなったけど、時系列いじってるのも良いし、
細かい所がよくできてて、見応えはあった。
 
内容は・・・うーん、難しいな。
下の方も書いてるけど、グレーゾーンかな。
出てくる人は、100%の悪人でも100%の善人でもない灰色な人た
ち。
どいつもこいつも、欲や自己保身に染まってるように見えるけど
、現代のシステムの中で生き残ろうとしてるだけのようにも見え
る。
法律事務所は契約や守秘義務があるし、降りたら他の事務所がそ
こに納まるだけだし、薬害企業も生き残ろうとするし、中の個人
も生き残ろうとする。
 
例えば、一般に企業は調子の良いことばかり言って商売する、
ハッキリ言ってしまうと、騙して売りつける面がある訳だけど、
買わされた人も別の企業の一員として、別の人を騙すことで収入
を得ていたり。
つまり、この社会は騙し合いのシステムで回ってるとも言える訳
で・・・
現代人ってのは、少なからず自分の手を汚さないと、生きていけ
ない存在なんだってことが描かれてたと思う。
 
無理して「マトモ」に生きようとすると、トム・ウィルキンソン
みたいに病気になっちゃうのかも。
 
ジョージ・クルーニーが、副業の借金とかギャンブルでグダグダ
なのもリアル(馬でムニャムニャってのはリアルじゃない気もす
るけど・・・)。
この人、最初から最後まで、何を考えてるか、よく分からない人
なんだけど・・・ 
ラストの行動も、正義感からなのか、ウィルキンソンの敵討ちな
のか、自分がムニャムニャされたことの復習なのか、生き残る為
だったのか、よく分からなかった。
ただ、法律のプロってのは、青臭い正義感なんかでは動かないと
思うし。
ワタクシの解釈では、法律家=喧嘩屋だから、クルーニーは自分
に売られた喧嘩を買ってやっただけって感じがしたんだよねw。
騙し合いが、潰し合いになったから、叩き潰してやったぜ!って
感じかな〜。
       (・∀・)/

投稿者:にゃんにゃん投稿日:2008-04-13 15:12:07
昔の社会派映画を彷彿とさせるスマートな作品であった。
暗殺のシーンなどでギリギリ娯楽性を保っているが、全体的には地味で淡々とした演出だ。
ジョージ・クルーニーを主役に配していることから大々的に公開されているが、
観客の忍耐を買いかぶりすぎている気がする。
最近の観客はこんなに地味で遊び心のない映画なんて楽しいと思えないのではないだろうか。


ストーリーはいたってシンプルなものだが、登場人物を取り巻く環境が
映画を複雑な印象のものにしている。
主人公は金にも家庭にも仕事にも困窮しており、まさに板ばさみ状態。
本筋となる“フィクサー”の仕事にそれらが絡み合い、
絶えず息の詰まるような主人公の状態がよく伝わってくる。
それを時系列をいじった演出で観客の興味をなんとか持続させている。

この映画最大の見所の1つはやはり主要人物3人の演技。
ジョージ・クルーニーは今までと違った方向性で好演し、
トム・ウィルキンソンは得意分野ともいうべき危うい役を熱演、
そしてアカデミー賞受賞のティルダ・スウィントンはラストで素晴らしい演技をしてくれた。
受賞はこのラストシーンが決め手となったと確信ができる。必見。


悪役らしい悪役は存在せず、この世界のグレーゾーンを見事に描いた。
映画は常にパーソナルな視点で広がりを見せないが、それがむしろこの映画の良さである。
最後までグレーな印象の渋い映画。
投稿者:6910投稿日:2008-02-14 10:56:29
久しぶりに題名と映画内容がマッチした作品(←原題は主人公の名前)。

これといった見せ場が無いけどじっくり見せてくれるので時間の長さもあまり気にならない。
ジョージクルーニーもいいけど共演のトム・ウィルキンソン。少々濃い目の演技だが気にならないあくの強さ。ゴールデングローブ賞は逃したのでアカデミー賞は是非とって欲しいものです。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ジョージ・クルーニー 
 □ 助演男優賞トム・ウィルキンソン 
 ■ 助演女優賞ティルダ・スウィントン 
 □ 監督賞トニー・ギルロイ 
 □ 脚本賞トニー・ギルロイ 
 □ 作曲賞ジェームズ・ニュートン・ハワード 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)ジョージ・クルーニー 
 □ 助演男優賞トム・ウィルキンソン 
 □ 助演女優賞ティルダ・スウィントン 
□ 主演男優賞ジョージ・クルーニー 
 □ 助演男優賞トム・ウィルキンソン 
 ■ 助演女優賞ティルダ・スウィントン 
 □ 脚本賞トニー・ギルロイ 
 □ 編集賞ジョン・ギルロイ 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞ジョージ・クルーニー 
 □ 助演男優賞トム・ウィルキンソン 
 □ 助演女優賞ティルダ・スウィントン 
 □ 脚本賞トニー・ギルロイ 
【ニュース】
ティルダ・スウィントン主演ドラマ「We Need to Talk About Kevin」、最新予告編2011/11/01
ティルダ・スウィントン主演ドラマ「We Need to Talk About Kevin」、予告編2011/08/09
ティルダ・スウィントン主演ドラマ「I Am Love」、予告編2010/04/05
全米興行成績、ニコラス・ケイジ主演サスペンス「Knowing」が好スタート2009/03/23
全米興行成績、ザ・ロック主演SFアドベンチャーが首位2009/03/16
ジュリア・ロバーツ&クライヴ・オーウェン共演「Duplicity」、予告編2008/11/26
DVDリリース情報:「フィクサー」「ガチ☆ボーイ」「2クール」etc.2008/06/20
第80回アカデミー賞、結果発表2008/02/25
英国アカデミー賞、結果発表2008/02/12
監督組合(DGA)賞はコーエン兄弟に2008/01/28
アカデミー賞ノミネーション発表!2008/01/22
第9回ゴールデン・トマト・アウォーズ発表2008/01/22
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2008/01/17
アメリカ製作者組合賞、ノミネーション2008/01/15
ゴールデン・グローブ賞、結果発表!2008/01/14
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、ノミネーション発表2008/01/11
全米監督組合賞ノミネーション発表2008/01/09
注目の放送映画批評家協会賞は「ノーカントリー」に2008/01/08
アメリカ映画俳優組合賞、ノミネーション発表2007/12/21
トロント映画批評家協会賞は「ノーカントリー」に2007/12/19
ゴールデン・グローブ賞、ノミネーション発表2007/12/14
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表!2007/12/12
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞、結果発表!2007/12/06
全米興行成績、「アメリカン・ギャングスター」が大ヒット・スタート2007/11/05
全米興行成績、「ソウ」シリーズ最新作が好スタート2007/10/29
全米興行成績、サム・ライミ製作ヴァンパイア・ホラーが首位2007/10/22
全米興行成績、Tyler Perry監督・主演作が初登場首位2007/10/15
全米興行成績、ザ・ロックがB・スティラーを退けV2達成2007/10/09
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】フィクサー2012/02/24\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】フィクサー2008/09/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】フィクサーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION