allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

子猫の涙(2007)

子猫の涙 ラストファイト(DVD題)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
公開情報劇場公開(トルネード・フィルム)
初公開年月2008/01/26
ジャンルドラマ
父の本当の強さが、いまわかった。
子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 1,777
USED価格:¥ 747
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:森岡利行
製作:大橋孝史
原田学
伊藤泰造
プロデューサー:上野境介
上住曜子
二木大介
杉山剛
原案:森岡利行
脚本:森岡利行
脚本協力:今井雅子
撮影:釘宮慎治
美術:佐々木記貴
編集:矢船陽介
音楽:奥野敦士
主題歌:Rie fu
照明:舟橋正生
録音:小宮元
助監督:玉利祐助
エグゼクティブア
ドバイザー:
山田俊輔
出演:武田真治森岡栄治
藤本七海治子
広末涼子裕子
紺野まひる和江
山崎邦正忠利
鈴木砂羽加代子
喜味こいし作次郎
唐渡亮松永
黒川芽以千夏
宝生舞大人の治子
赤井英和芹川
【解説】
 1968年のメキシコオリンピックでボクシング・バンタム級銅メダルに輝いた実在のボクサー、森岡栄治の栄光と挫折の人生を娘の視点から描いたヒューマン・ドラマ。監督は森岡栄治の実の甥で、本作の原案となった舞台『路地裏の優しい猫』の作者でもある「問題のない私たち」の森岡利行。主演は「嫌われ松子の一生」の武田真治。
 1968年メキシコオリンピックのボクシング・バンタム級銅メダリスト、森岡栄治。オリンピック後にプロ入りしたものの実績を残せぬうちに網膜剥離で引退を余儀なくされる。定職にも就かず、女グセも悪い栄治に対し、娘の治子は軽蔑と反発を募らせていく。一人で家計を支えてきた母・和江もある時ついに愛想を尽かし、子どもたちを残したまま家を出て行ってしまう。入れ替わるように、栄治の愛人・裕子が家にやって来て、治子は居心地の悪い日々を送るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Longisland投稿日:2008-02-01 00:03:24
乱暴な分類だが本作品はダメ人間物。最近はやりのこのジャンル、その多くがはじめからダメ人間がグズグズ不満を垂れたり、社会や世間にあたったり、ダメ人間故に不幸のスパイラルに巻き込まれたり・・・でも最後は小さな幸っていいな〜ぁ。ってチマチマしたパターンが多くない? 
本作は腐ってもオリンピックメダリストが主人公、若くして成功を収めた森岡栄治の行動はダメなんだけど迷いは感じられない(でも後悔はしちゃう)。その人生は観ていてすがすがしく、栄治の生き様を観手が応援したくなる演出は上手い。監督は主人公の甥だからか、不器用で周囲に迷惑掛けダメだけど愛すべき昭和の男を娘の視点で暖かく描いている。 
(住んだ事ないが)なぜか懐かしい大阪の下町、暖色を強調した映像、武田真治の引き締まった肉体とリングシーン、そして「リEガン」さんと同様に鼻の頭真っ赤にした広末にジーンとしました。

だだ難をいえば、その後現代へ・・・武田・広末の年齢経過配役の変化がビミョ〜。そして、この監督の作風? ラストが長すぎる。

最近ドンドン公開される 角川エンジェル大賞受賞作。本作は昨年T!FFでの日本映画ある視点特別賞。
珍作(失礼)『問題のない私たち』、一見ヤクザVシネ風も実は映画愛暴走(これこそ珍作)『クラヤミノ〜』の森岡監督ってことで映画祭では敬遠したのだが… 映画祭で観た友人の評判滅茶苦茶いいだな〜ぁ。 ということで期待と不安半々で平日昼間のシネアミ青い方へ・・・20代中盤&男性共にお一人様中心で20%の入り・・・いい映画なのにチョットさびしい。

追記 09.01.05
08年邦画 マイベスト9 
投稿者:リEガン投稿日:2008-01-30 10:22:24
心温まる佳作。確かに実在した森岡栄治その人の魅力ではあるが、作り手の熱い思いが何よりスクリーンの隅々にまで満ちていた。そして俳優陣がまた素晴らしい。森岡を演じる武田真治は、引き締まった体とスピードを披露しつつ、ダメダメなエロ親父ぶりを熱演。『何でわしのシャツに当たるんやっ!』がアドリブとは見事。娘治子の藤本七海にはまさしくKOされた気分で、終盤に見せるこぼれんばかりの涙が美しかった。今後の活躍に期待大だ。鼻の頭を真っ赤にして嗚咽する広末涼子にはもらい泣き。このドラ猫裕子の役は彼女の新境地になったではないだろうか。紺野まひるや鈴木砂羽など脇役陣もそれぞれに印象深く、山崎邦正でさえ頑張っていた。それにしても、である。“ボクシング”というワードがなければ危うく見逃すところだったこの作品。今や書けない伝えられないジャーナリストばかりのこの業界では仕方がないのかもしれないが…もったいない。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】子猫の涙 ラストファイト スペシャル・エディション2008/06/13\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】子猫の涙 ラストファイトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION