allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ビー・ムービー(2007)

BEE MOVIE

メディア映画 Anime
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース=角川エンタテインメント)
初公開年月2008/01/26
ジャンルコメディ/ファミリー/アドベンチャー
小さなハチが初めてみつけた
世界を変える大きなヒミツ
ビー・ムービー [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,834
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「シュレック」シリーズのドリームワークスが贈るCGアニメーション。新米の働きバチがハチミツの搾取を食い止めるべく人間界へ飛び出し、大冒険を繰り広げるアドベンチャー・コメディ。大ヒット・シットコム「となりのサインフェルド」の人気コメディアン、ジェリー・サインフェルドが主人公の声のほか製作と脚本も担当。共演に「シカゴ」のレネー・ゼルウィガー。
 バリーは新米の働きバチ。毎日ハチミツを作り続ける仕事にウンザリした彼は、巣の外へ冒険に出ることに。そして、初めての人間世界を彷徨ったバリーは、心優しい花屋の女性ヴァネッサに救われる。これを機に彼女と意気投合するバリー。そんな彼はある時、スーパーで大量のハチミツを発見。やがて、自分たちがあくせく働いて作ったハチミツが人間に横取りされていると知ったバリーは、人間を相手に裁判を起こすのだった。すると結果は見事ミツバチ側の勝訴、バリーたちはハチミツを取り返す。しかし、巣にハチミツが溢れたことでミツバチが花の受粉を手伝わなくなったため、世界中の花が枯れるという事態を招いてしまう…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:サードオピニオン投稿日:2008-10-27 12:31:35
ドリームワークス社のCGアニメってやっぱハズレが多いなぁ。例外で『マダガスカル』
は面白かったんで、もしかしたらと思って観たけど、やはり面白くなかった。

ピクサー&ディズニー社が作る作品と比べるとディテールが雑なんだよな。僕はCGアニ
メは「作り込まれてる感」が好きなんだけど、ドリームワークス社の作品はなんかそこら
へんがスカスカな感じ。人物描写がいつも幼稚(テニス男や弁護士の描き方など特に)だ
し、毒が弱い(弱いというかズレてる?)。スティングとレイ・リオッタの自虐シーンも
決してうまく使えてるとは思えない。やはり発想が幼稚すぎる。

あと登場キャラの「可愛らしさ」が中途半端なところが『シュレック』同様残念なところ。
やっぱCGアニメには、ずるいくらいの可愛いキャラが必要でしょ。



投稿者:くわと投稿日:2008-01-28 11:35:17
かわいい蜂に引かれて子供を連れて見に行きましたが、中身は完全に大人向き。
蜂社会を使っての「政治的ジョーク満載・風刺満載」の結構ブラックな内容でした。

しかし、スティングもレイ=リオッタもちゃんと本人が声優もやってるのには
驚きました。(ラリー=キングもそうかな?)

とはいえ、劇場は閑散状態(夕方の回だったとはいえ、公開2日目の日曜で
観客9人はまずいでしょう・・しかもそのうち8人はウチも含めて親子連れ)
早めに終わっちゃいそう(もって2月いっぱいか?)ですから見るならお早めに!
投稿者:ASH投稿日:2008-01-26 15:43:20
【ネタバレ注意】

 驚いたことに、サインフェルドがDWに招かれたのではなくって、サインフェルド側からのアプローチで出来た映画だったのね。そんなわけで、皮肉や風刺に満ちた部分もありますが、全体的に楽しい映画に仕上がってますよ。

 働きバチが外界へ憧れて巣の外へ飛び出す。と、そこでは人間がハチの作った蜜を食用として利用していた。ハチミツを取り返すために、バリーは食品会社を訴える。こういう展開を持ってくるのは、訴訟が大好きなかの国の国民性(?)をチクリと皮肉っているような感じなんです。まあ、深読みのし過ぎなのは承知してますって。

 一応、裁判はバリー側の勝訴になるわけですが、ハチミツを取り返したからといってハチたちが幸せになるかと思ったらそういうわけでもなく、受粉がされないお陰で街からは花が消えてしまう。バリーは一連の行動を後悔し、なんとかしようと一念発起する。この展開は、予想はつきはしますが、共存関係こそが大事という根底のメッセージを伝えるには有機的だったんじゃないでしょうか。

 DWだけに容赦ない描写も出てくるところは嬉しかった。毎回、たいていある「ディズニーちゃかし」のターゲットは、「クマのプーさん」でしたね。ハチが主役ということで呼ばれたであろうスティングや、副業であんなことやっているレイ・リオッタの自虐ネタは可笑しかった。シャレの分かる人なんだよ。

 それにしても、飛行シーンのカッコよさは堪んないものがある。バリーが始めて外界へ飛び立つシーンでの高揚感といったらそりゃーもー! 僕は飛行フェチの気があります。

 そうそう、ハチの世界が舞台だけに、ハチの女性のヘアスタイルがみんな「ビーハイブ」なのに気付いた人、いる?

 アーチーズの「シュガー、シュガー」の使い方に唸った。終盤に流れるシェリル・クロウが歌う「ヒア・カム・ザ・サン」も、いい曲だわ。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 長編アニメ賞 
【ミュージック】
【CD】 「ビー・ムービー」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,592
3新品:¥ 2,300より   2中古品¥ 1,980より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION