allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007)

ELIZABETH: THE GOLDEN AGE

メディア映画
上映時間114分
製作国イギリス/フランス
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2008/02/16
ジャンルドラマ/歴史劇
敵は、外にも中にも──
そして私の心にも。
エリザベス ベストバリューBlu-raセット [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,592
価格:¥ 6,399
USED価格:¥ 4,778
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 シェカール・カプール監督とオスカー女優ケイト・ブランシェットが再びコンビを組んだ歴史ドラマの続編。無敵艦隊を擁するスペインとの宗教戦争や忍び寄る暗殺計画、そして禁断の恋など様々な試練と向き合いながら黄金時代を築いていく女王エリザベスの雄姿を壮大なスケールで描く。共演に「シャイン」のジェフリー・ラッシュ、「クローサー」のクライヴ・オーウェン。
 1585年、プロテスタントの女王としてイングランドを治めるエリザベス1世。彼女は揺るぎない信念で王の威厳を保っていたが、依然国内外でカトリックを信奉するものたちの謀略が渦巻いていた。中でも、欧州全土をカトリックにする誓いを立てイングランドをも手中に収めようと息巻くスペイン国王フェリペ2世と、従姉のエリザベスが不義の子であることから正統な王位継承権が自分にあると主張するスコットランド女王メアリーの存在は脅威となっていた。そんなある日、エリザベスの前に、新世界から帰還したばかりの航海士ウォルター・ローリーが現われる。やがて2人は交流を重ねるうち互いに惹かれ合い、“ヴァージン・クイーン”を貫き通していたエリザベスの心は揺らぎ始めるが…。
<allcinema>
【関連作品】
エリザベス(1998)1作目
エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007)2作目
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
532 6.40
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-10-04 14:14:58
エリザベス一世の一人の女性としての愛や苦悩を描いた続編。

前作と同じように等身大の人間としてエリザベスを演じたケイト・ブランシェットはなかなかすごいんだけど、内容的には特に目新しい物もなくクライヴ・オーウェンの演じたウォルター・ローリーもジェセフ・ファインズの演じたロバート卿に比べて普通に魅力的なんで映画的な意外性は無かった。

なんか「エリザベス女王もこんなルックスだけのつまんない男に遊ばれてたんだ〜!?」っていうのが前作では衝撃的だったもんでこっちは普通に感じちゃった(~_~;)

見どころのアマルダ海戦のシーンも残酷な描写はなかなか良かったが、思った以上にあっさり終わってしまったし、あまり心に残る映画ではないなというのが正直な感想。

侍女役のアビー・コーニッシュはなかなか歴史物にぴったりの雰囲気を持ったブロンド女優で好印象。

ジェフリー・ラッシュの存在感は激減!!(>_<)
投稿者:Normandie投稿日:2011-07-23 02:02:18
ケイトの卓越した表現力があっても演出がついて行けてない感じがした。
自分もどこで掴んでいいものか最後まで分からなかった。
衣装や中世の歴史など見応えある一面もあったが続編は前作を超えられない。
投稿者:namurisu投稿日:2011-07-22 11:51:46
敬愛と殺意に囲まれて、孤独な処女王の恋の内乱。と、軟弱な無敵艦隊との合戦。
投稿者:BMG投稿日:2011-02-15 13:49:18
【ネタバレ注意】

正直、ケイト・ブランシェットは、好きではないのですが、この映画を見て・・・やっぱり好きになれなかったです・・はい。
 いまいち、自分が見たかったものと合致していなかった。こっちが勝手に期待してしまったのに申し訳ないですが、スペインとイングランドの戦争を軸にした。ジャンヌダルク的な活躍を期待してたんですよね。いや、まったく勘違いして済みませんでした。女王といっても始終戦争するわけではないものねw

あくまでメインは、女王であるが故の苦悩や不安、そして一人の女性としての愛を描いたヒューマンドラマ・・甲冑を着る場面はほとんどありません。

投稿者:mototencho投稿日:2010-04-11 19:55:20
絢爛豪華なコスプレで、まるでシェイクスピア劇を見てるみたい。
重厚さより鋭い切り口と、ユーモア感覚が見ものの宮廷劇
「エリザベス・ゴールデン・エイジ」は
ただ、ただ主演のケイト・ブランシェットに圧倒されっぱなし
http://mototencho.web.fc2.com/2008/egage.html
投稿者:karr投稿日:2009-10-03 02:05:29
【ネタバレ注意】

中世絵画を彷彿させる見事な映像。願わくば、もう少しのんびり、じっくりと描いて欲しかった、かな。

ケイトブランシェットとサマンサモートン。
二大巨頭の相まみえる事のない演技合戦。個人的にはサマンサのベビーフェイスに潜む超絶技巧に軍配を上げたい。ケイトももちろん凄いのだが、一作目の強烈なインパクトとどうしても比べてしまい、新鮮さに欠け、やはり天才サマンサの勢いと比べると見劣りしてしまう。
また、忠臣ウォルシンガムを演じた名優ジェフリーラッシュの存在感にも脱帽。エリザベスの影の仕事をすべて請け負い、しかも「法は民衆を守るためのものだ、王族のためのものではない。」と女王に言い放つ。彼の本質は理想家であり、であるからこそエリザベスにすべてを捧げたのだ。理想が高いからこそ汚い事もせざるを得ない、という悲しい現実を前にしても彼はビクともしない。それほど意志が強靭だということだ。実に魅力的な人物である。

二作目ということで、ようやく話の中心は対無敵艦隊、まさしく海の関が原にしぼられてくると予想していた。が、いざ開けてみれば、そこに行き着くまでの権謀術数に重点が置かれ、イギリス版大奥と呼んでもいいほどである。その点では正直期待ハズレ、ではあったが、しかしこれはこれで充分楽しませてもらった。
いっそ、メアリースチュアートの出番をもっと増やしてくれれば、サマンサファンの私としましては願ったり叶ったりだったりして。

宗教改革という、それぞれの権威と利益が絡まりあった複雑極まりない時代。
それにしても、キリスト教は唯一神ではなかったか。
その国家ごと、宗派ごとにいいように利用されて、まるで無数に存在しているかのようである。
しかしこの時代、その存在感たるや、現在の比ではない気がする。利用価値も高かった。依存度も高かった。畏怖感も強かった。・・・のではなかろうか。
また、その後400年でどう変わったのか、興味あるところでもある。

それぞれのたたずまいが美しく、内容の濃い、また事件よりも人間を掘り下げた、見ごたえある映画です。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-05-17 07:19:33
【ネタバレ注意】

うむ。前作は観るべき。前作はラストの怒涛の粛清が作品を締めてる。
ケイトの表現(ってか人生)は(本作でも少し前作のシーンが登場するが)連続している。
冒頭から揺ぎ無い女王と化している…が、やはり前作同様に悩める支配者…国民の運命がその双肩にのしかかる…後悔、決断、強要、懇願……廊下を泣きながら彷徨う…

あー無敵艦隊撃破は迫力ありますね。本土決戦を覚悟して陣頭に立つエリザベス…とことん自分を捨てているかに思えるのだが…クライヴ・オーウェン、一直線にワイルドです。

彼女も年齢を重ねる…可愛がっている侍女と興味を持った男…毅然とした偉大なる女王の顔と女の◎△×〜己の体を確認するかのように…お嫌でなければ長年ご無沙汰な「キス」を、ですよ…そんな複雑な役にケイト…数々の女優賞ノミネートも納得の演技なのではないでしょうかね?

レッドクリフじゃないが、火艦による捨て身の反撃〜光の海を泳ぐ男…岩に打ち上げる波も凄まじく激しい。

〜ストーリー展開は速すぎ(TVM?)かもだが、映像的にはかなり格調高いですね。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-02-27 16:36:16
【ネタバレ注意】

予告で期待した海戦シーンも断片的にしか描かれないなと、途中で解る出来。前作とは大分雰囲気が違ってて同じ監督と思えない位だが、スケール感が乏しいのは予算が少ないだけでなく、演出が下手で盛り上がりに欠けている為で、キャラクターがきちんと描かれてないのもマイナス。これなら前作の方がマシだったかな。ブランシェットの演技もイマイチ。半星。

投稿者:ジーナ投稿日:2009-02-26 02:32:00
ケイト・ブランシェット・・・凄すぎです。
エリザベス女王としてのカリスマ性と一人の女性としての苦悩や葛藤を見事に演じ分けていました。
無表情のなかにある豊かな表情とでも言いますか・・・とにかく彼女の演技は一見の価値ありです。
でも・・・ブランシェット=ヅラ女優のイメージになりつつあるので彼女が身に着けているカツラにばかり目がいってしまったのも事実です(爆)
ちなみに良くお似合いでした(笑)

クライヴ・オーウェンのキャラクターがイマイチ確立されていないのが残念だったし、サマンサ・モートン演じるメアリーの存在感が薄いのも残念でした。
メアリー側をもっと丁寧に描いていればスリリングな駆け引きを堪能できたかもしれません。
歴史的背景を観るなら細かい部分で面白みを感じると思いますが、エリザベスのドラマを観るとなると少々エピソード不足な気がしますね。
女の弱さも描いてはいるのですが、もっと彼女の孤独感や女心を感じられる描写があると良かったでしょう。
それには平行してクライヴ・オーウェンのキャラの心情描写を多く取り入れる必要がありますが・・・。
まぁ、どちらも不足気味なので物足りなく感じてしまったのでしょうね。

スペイン対イングランドの海上決戦もチョット観難くて緊張感に欠けてしまいました。

幽閉されているメアリー側、カトリック組織とスペイン側、そこに宮殿側・・・と4つのカテゴリーがあるので登場人物が多いのも難アリですね。
それなりに本数を観ている方でも、似たような顔ばかりで混乱する可能性がありますから、、まだ映画歴が浅い方だと相当人物把握するのが困難かもしれません。

宗教裁判に関しては、ほとんど具体的に描かれていないので前知識があったほうがストーリーを追う上で有利だと思います。

キャラの描き方が浅い事とドラマ不足は否めませんが、演技派揃いの役者さんたちや絢爛豪華な衣装など映像的な見応えはありましたし、こういった歴史モノの中では展開が速いほうだと思うので退屈する時間は無いでしょう。

余談;侍女のベス役を演じたアビー・コーニッシュはアングルによってニコール・キッドマンに似ていた。
彼女は現代劇よりもコスチューム劇のほうが魅力を発揮できる女優さんかもしれない。
投稿者:irony投稿日:2009-02-24 23:25:10
【ネタバレ注意】

戦艦戦がいつの間にか終わって・・勝利してた 前作の方が面白味があったなぁ

投稿者:bond投稿日:2009-02-24 09:15:47
前半は恋愛と陰謀、後半はスペインとの戦争。で、内容は中途半端だなー。女王としての女の苦悩かなー。イギリスにも神風吹いたんだ。
投稿者:KEO投稿日:2008-03-28 17:39:07
【ネタバレ注意】

恋愛ものでした。JALの機内で見たけど、クライブ・オーウェンがかっこええなぁ。という記憶しかない。。残念ながら。

投稿者:ロッキー投稿日:2008-03-12 02:24:27
【ネタバレ注意】

1588年の海戦について、女王陛下の情報責任者であったウォルシンガムはアマルダ(スペイン無敵艦隊)に対して事前にあらゆる破壊工作を行い、たった4回しかなかった海戦ではアマルダ側の損失はたったの4隻だったにも関わらず、ウォルシンガムの破壊工作が功を奏して、アマルダはアイルランド沖の台風で半分近い船を失った。ようするに、ハワードやドレークなどの提督が活躍したのではなく、実際は元祖SIS(MI6)のウォルシンガムの情報戦による勝利だった。

エリザベス女王の半生を描いているため、海戦がメインでないことは百も承知だが、このへんの描写が欠けすぎていると感じた。アマルダが再編するためにスコットランド沖からアイルランド沖へ移動したことも省かれていたようだったし。

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-03-08 22:20:38
【ネタバレ注意】

エリザベス1世(1533〜1603)の治世、主に1580年代を中心に描いた作品。1998年の第一作を観て間もなかったこともあって、大変面白く観た。前作では少女から王位についたエリザベスの戸惑いと、権謀術数が渦巻く宮廷が描かれていたが、この作品では女王として凛として君臨する姿が見事に描かれる。
9年の歳月は、主演のケイト・ブランシェットをさらに育て、この作品での彼女は神々しいまでの女王に相応しい気品と矜持に充ち溢れている。
前作ではやや内面的な描写が多かったが、この作品ではエリザベスの行為を通じてイングランドの充実期を表現しているので寧ろみやすかったように思う。
しかし50歳近くなっても“バージン・クイーン”と呼ばれた彼女の「女」としての一面も忘れられていない。それはもっぱらウォルター・ローリー卿(1552?〜1618)との関係性に集約されるが(そしてここにこそこの作品のフィクショナルな面白みがあるのだが)、クライブ・オーウェンの野性味も加味された演技は悪くない。
スペイン無敵艦隊との戦闘を前に、鎧を身につけて兵士を鼓舞する女王の姿も、あたかもジャンヌ・ダルクを彷彿とさせ、美しかった。
F・ウォルシンガム(ジェフリー・ラッシュ)にももう少し活躍してもらいたかったようには思うが、過不足のない構成、演出で見応えのある史劇に仕上がっている。

常に暗殺される可能性がありながら、そしてプライベートを完全に犠牲にしながら、女王としてのカリスマを遺憾なく発揮したエリザベスの強さ。油断の出来ない状況にありながら、イングランドが大国として声を上げようとする時代が見事に描かれた秀作である。
それにしてもケイト・ブランシェットはスゴい!

投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2008-02-27 20:27:02
世界史の予備知識はなく、前作も見ていないのでよく分からない所も多々ありましたが、家に帰って粗筋を見ると何を言っていたのかしっかり把握出来ました。

字幕も途切れる事無く続くのでちょっと目を離すと分からなくなりますが1回だけでなく2回、3回繰り返してみると理解出来る作品です。

史実なんですが、宗教絡みの話で重い話でした。

映像が綺麗でお金をかけた映画なのが一目で分かりました。

シーンの撮影も上手で綺麗。男女の交わりも生々しさを感じられません。

宗教紛争で目を覆いたくなる場面も多々ありました。

内容は深いのですが、時間は2時間弱。

途中でだれる事無く集中して完観出来ました。

NHKBS2で放映される様なジャンルの作品です。
投稿者:replicant投稿日:2008-02-24 01:20:52
素晴らしかったですね。『エリザベス』から9年、満を持しての続編ですが、全体的に危くあやふやな雰囲気が纏わりついていた前作が単なるプロローグだったとしか思えないほど堂々たる続編になっています。とにかく、スクリーンが溢れてくる全てが一級品の出来映えです。ケイト・ブランシェットを筆頭に個性豊かで達者な演技人、堂々たる演出、無駄の無い脚本、光と影の扱いも見事な撮影、眩いばかりの美術、絢爛たる衣装、魅惑的なメイク、大袈裟でありながら均衡を保っている音楽、その全てが映画という総合芸術が到達する最高峰の仕上がりと言っていいでしょう。後半のエリザベスの心理描写が物足りなく最後の最後に盛り上がりに欠けますが、そんなコトはどーでもいいです(いいのかよ・・・( ̄。 ̄ )ボソ…)。何故なら『エリザベス:ゴールデン・エイジ』は観ている間は“映画”という別世界に間違いなく行ける作品だからです。華麗なる歴史絵巻を堪能する2時間。映画ってこういうモノでしょ!
投稿者:凸坊投稿日:2008-02-23 17:12:35
久し振りの映画、1585年イングランド女王として無敵スペイン艦隊を打ち破り黄金時代を築いたエリザベス1世の史劇。シェイクスピアもどきに重厚で畳み掛ける絢爛たる演出は立派で面白いが、EUの1国家に過ぎぬ英国の過去の栄光を今更描く製作の目的は?元寇といい、この時といい人知を超えた予期せぬ天候異変により危地を脱する歴史の偶然性には感じ入るが、歴史とは本来そういうものなのだろうに。これでもかと興奮をあおる音楽には辟易。
投稿者:歌王投稿日:2008-02-22 23:53:35
【ネタバレ注意】

自分も、どちらかというと予告編でスペイン無敵艦隊のカッコよさにつられて鑑賞したクチなんで、今ひとつ期待はずれというか予告編やりすぎというか…いやまあ、戦闘シーンは短いものの確かに燃えたし、歴史映画としては及第点ではありましたが。
偉大なクイーンが抱える弱さや女性としての葛藤を、ブランシェットは見事に演じきっていると思います。あの気品は、並の女優じゃ到底表現できません。まるで肖像画が動いてるみたいでしたもん。

美術・CGIともに文句のつけようもないほど素晴らしいですが、ストーリー的にはそれぞれのエピソードが分断されてる感じで、やや散漫な印象。登場人物も多めなので、漫然と観てるとよくわからなくなってきます。物語は誰でも知ってる史実ですから枝葉のエピソードに注力したのはわかりますが、もう少し整理して見せてくれると、だいぶ評価も違ったかも。やや惜しいです。

あとアイアンメイデン痛そうすぎ。それと侍女ベスがむちゃくちゃ可愛いです。

投稿者:ローランド投稿日:2008-02-18 21:20:05
 一作目が面白かったし予告編も期待感を煽って
くれるし、この二作目はとても楽しみにしていて、
グレゴリオ聖歌が流れ時代を感じさせるオープニング
に、期待違わずと、その時点ではとてもワクワクとし
ていたのです。 が、観すすんで行くうちに、
どうもおかしな具合になってくる。

 オンナとしての弱さ脆さを乗り越えた偉大な女王
を描きたかったようなんで、そのためには仕方なかっ
たんだろうけど、ウォルター・ローリーなんか登場させ
ないで、一作目のようにウォルシンガムにもっと活躍
させた娯楽性の高い作品にしてくれたらよかったの
になって気がしました。

 終始、というよりも、のべつまくなしと言いたいほど
にクライマックスを奏でる音楽がそれを象徴していた
けど、全体に力が入りすぎていて、
日本の大巨匠といわれた監督もよくやってしまったよ
うに、娯楽性を抑えて崇高な作品にしようとの意気込
みが空回りして陳腐な作品になってしまう。

 ムカデが格好よく歩こうと意識とたんに脚が絡んで
コケてしまうという喩えがあるけど、良い作品にしよう
との意識過剰が話の流れをおかしくしてしまい、
刺激的シーンもとってつけたようになっています。

 それでも、金がかかっているだろうと思われる
豪華絢爛な衣装や海戦シーンを大画面大音響で鑑
賞できた満足感はありました。
投稿者:movie_love投稿日:2008-02-07 00:08:11
前作は見ていないのですが予告の海戦シーンに驚き急きょみることにしましたが
・・・海戦シーンは数分どころか数カットのみ!!!
見事すっぽかされました。
内容は海戦じゃなく恋愛ものなんです。
まあ数カットであっても海戦シーンの画面は良く出来てます。
ゴールデングローブやアカデミーなどにもノミネートされているようですがまあ
本命ではないでしょう・・・・・
しかしあの予告はちょっとずるいなあ(苦笑)海洋スペクタクルみたいに見え
るもんなあ・・・・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
 ■ 衣装デザイン賞アレクサンドラ・バーン 
□ 女優賞(ドラマ)ケイト・ブランシェット 
□ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
 □ 美術賞Richard Roberts 
  ガイ・ヘンドリックス・ディアス 
 □ 衣装デザイン賞アレクサンドラ・バーン 
 □ メイクアップ&ヘアー賞Jenny Shircore 
□ 主演女優賞ケイト・ブランシェット 
【レンタル】
 【Blu-ray】エリザベス:ゴールデン・エイジレンタル有り
 【DVD】エリザベス:ゴールデン・エイジレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION