allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

デイ・ウォッチ(2006)

DAY WATCH
DNEVNOY DOZOR

メディア映画
上映時間131分
製作国ロシア
公開情報劇場公開(FOX)
初公開年月2008/02/16
ジャンルファンタジー/サスペンス/ホラー
“夜(ナイト)”から“昼(デイ)”ヘ。闘いはクライマックスへ──!
「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」+「デイ・ウォッチ/ディレクターズ・カット」(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,094
USED価格:¥ 942
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ロシア国内で大ヒットとなった話題のダーク・ファンタジー「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」の続編。現代のロシアを舞台に、均衡が崩れつつある“光”と“闇”の勢力の対立の中で、人類の危機を救うため奔走するナイト・ウォッチ(闇を監視する光側の番人)の主人公アントンの活躍を描く。
 長きにわたって激しく対立してきた“光の異種”と“闇の異種”は、互いの絶滅を回避するため休戦協定を結び、以来両勢力は、闇を監視する“ナイト・ウォッチ”と光を監視する“デイ・ウォッチ”の活動で微妙な均衡を保ってきた。異種に目覚め、光側についた青年アントンもナイト・ウォッチとして仲間たちと共に闇の行動に目を光らせていた。しかし、強大なパワーを秘めた2人の異種──アントンの息子イゴールとアントンが助けた女性スヴェトラーナ──が目覚め、それぞれ闇の側と光の側を選択したことで、両勢力の均衡が崩れ始める。この機に乗じて闇の勢力は休戦協定破棄を狙い、アントンは偉大な2人の異種の間で苦悩を深めていくが…。
<allcinema>
【関連作品】
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR(2004)第1作
デイ・ウォッチ(2006)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
427 6.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TH投稿日:2012-07-07 01:10:58
結構やるなと思いました。
RX-8がホテルの壁面を走るとは。トラック正面衝突対決でトラックがトラックの中を走り抜けるとは。エンジンがボンネットに乗っかってるし。
ところで、アリサを艶っぽいと思ってしまう私はもう年なのでしょうな。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-11-29 04:31:35
前作『ナイト・ウォッチ』のストーリーが1ケ月もすればさっぱり消えてしまいそうな薄さなのに、詳しい説明無しに話が進行するので鑑賞前におさらいが必要かも!?

その前作より多少楽しめた気はするが、無駄に長いのと訳のわかんないお笑いカットに興醒めさせられる(サヴロン絡みが多い…ボケ役なの!?)。
特に終盤のパーティのシーン辺りからは退屈だった。

登場人物が基本うじうじしてる辺りがロシアぽい。
というかドストエフスキーのイメージ(*^_^*)

今作から運命のチョークなるアイテムが登場するんだけど、それの保管場所に唖然!!

アリスが終盤に恋する乙女になって妙に可愛かったところは好評価。

ラストのオチはありきたり過ぎたかな。
投稿者:irony投稿日:2009-04-14 00:42:42
ロシアで大ヒットらしいけど多分ロシアの人たちは原作を読んでストーリーをよく把握してらっしゃるのでストーリーについて行けるのでしょうね 前作も今作も独特の世界観でよくわからないのが正直な感想 映像はパワーアップしてましたが、いかんせんストーリー的につまらない
投稿者:bond投稿日:2009-04-12 16:38:04
まあ、たいそう壮大な話ななずなのに、フォーカスが小さくチンケな流れで、映画としてはつまんない、ハリウッドに負けないCGできるって事見せたかったんでしょうね。小ボケもいらない。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-04-11 21:12:11
異種な人間を光と闇に分けてそれぞれを監視する「ナイトウォッチ」の続編です。
復習せずに鑑賞しましたが、冒頭でちょっとした説明をしてくれているのでストーリーにはスンナリついていけました。
ただ「ナイトウォッチ」未見のまま、こちらに手を出すと脚本もさることながら構成・演出も分かりづらいので撃沈する危険があります・・・気をつけて下さい。

光と闇の戦いは映像的なモノもあり見応えがありましたが、世界存亡がかかる戦いと言うほど緊迫感がなかったのが残念でした。
危機感を出すためにも普通の人間の視点が入ると良かったかもしれませんね。
そもそも光だろうが闇だろうが普通の人間から見たら、危険因子なのですが(爆)

ロシアの映画は暗くてどんよりしていると言うイメージをお持ちの方には斬新な映像です。
スピード感と風変わりな映像が健在な上に、印象としては「ナイトウォッチ」よりも色彩が明るくなっているので面白みがありました。
ユーモア具合やノリの良い音楽もGOODでした。
衣装に関しても前作より遊び心と露出が増しています。
若干の失笑を伴う衣装でもあります(笑)

まぁ、基本的な事を言ってしまえば・・・X-MEN以上の能力があるであろう異種たちだが出来るだけ戦いは避けるようにしている設定のため、その能力を堪能できるようなアクションが無いのが勿体ない。
これを言ってしまうとストーリー全否定になっちゃうのは分かっていますが、折角ですからもう少しバトって欲しかったですね(爆)
そんなに仲良くしてないでさ(笑)

今更、仕方ないけど・・・もっと魅力的な俳優さんを配置していれば女性にも支持されたかもしれませんね(爆)

ハリウッドの真似事と言われればそれまでなので、最近映画に目覚めた少年たちにオススメするシリーズって事でいかがでしょうか?(笑)

個人的には、面倒くさい女との色恋沙汰を省いて120分に収めたほうが良かったですね。

しかし・・・チョーク・・・って・・・ねぇ・・・で、懐中電灯ってねぇ(爆)
投稿者:なちら投稿日:2008-10-21 00:55:11
『ナイト・ウォッチ』より、わずかにこっちの方が面白い。
でもビミョ〜な出来には変わりなく…。

レストランのトイレのドアを開けたら闇の者が死んでいる。
そこに居合わせたそれだけで殺人容疑を最後まで引っ張る強引さ!大胆だぜよ。

妙な髪型のロックおばちゃんがやけに活躍してたけど、
偉大なる異種は出番があんま無くて偉大さが伝わらなかったな。
曖昧な所がいっぱいある、見る者の想像力を試す作品だね。
フクロウにされた罰だけは解明するから、そこだけはスッキリした。
投稿者:aldechino投稿日:2008-09-23 15:25:14
何年かぶりに、途中で見るのをやめた。まったく面白くない。
投稿者:藤本周平。投稿日:2008-08-04 21:56:13
前作の世界観にはまだついていけたんですが、今作はもう独自の世界観すぎてちょっとついていけなかったです。また前作から観直していこうかな。
投稿者:プリズム5投稿日:2008-02-16 16:53:41
主人公アントンが闇の異種を殺した容疑で追われるという、サスペンス仕立てで物語が進んでいきますが、アクション・シーンやラブ・ロマンスもありと言った所で前作よりも娯楽映画としての趣は増しています。個人的にはダーク・ファンタジーの要素がより濃かった前作の方が断然良かったですが、モスクワが大変な事になるクライマックスなどは中々見応えはあったと思います。
【書籍】
■原作
【ハードカバー】 デイ・ウォッチ
新品:¥ 2,052
14中古品¥ 348より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION