allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)

INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2008/06/21
ジャンルアクション/アドベンチャー
全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,037
価格:¥ 1,391
USED価格:¥ 833
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:スティーヴン・スピルバーグ
製作:フランク・マーシャル
製作総指揮:ジョージ・ルーカス
キャスリーン・ケネディ
キャラクター創造:ジョージ・ルーカス
フィリップ・カウフマン
原案:ジョージ・ルーカス
ジェフ・ナサンソン
脚本:デヴィッド・コープ
撮影:ヤヌス・カミンスキー
プロダクションデ
ザイン:
ガイ・ヘンドリックス・ディアス
衣装デザイン:メアリー・ゾフレス
編集:マイケル・カーン
キャスティング:デブラ・ゼイン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ハリソン・フォードインディアナ・ジョーンズ
シャイア・ラブーフマット・ウィリアムズ
レイ・ウィンストンジョージ・マクヘイル
カレン・アレンマリオン・レイヴンウッド
ケイト・ブランシェットイリーナ・スパルコ
ジョン・ハートハロルド・オクスリー教授
ジム・ブロードベントディーン・チャールズ・スタンフォース
イゴール・ジジキン
アラン・デイル
【解説】
 ハリソン・フォード、スティーヴン・スピルバーグ、ジョージ・ルーカスの黄金トリオで19年ぶりに復活した人気シリーズ第4弾のアクション・アドベンチャー。今回は米ソ冷戦下の1950年代を舞台に、インディが宇宙の神秘を解く力を持つ秘宝をめぐって熾烈な争奪戦を繰り広げる。
 1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛かりを辿っていた。そしてそこには、なんとインディが捕らえられ、クリスタル・スカルの捜索を強要されていたのだった。しかし、スキをみて脱出を図り、何とかスパルコの手を逃れたインディは考古学教授として赴任している大学へと舞い戻る。すると今度は、彼の前に一通の手紙を携えたマットという青年が現われるのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981)シリーズ第1作
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984)シリーズ第2作
インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989)シリーズ第3作
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19135 7.11
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2017-08-03 20:14:06
女諜報員スパルコが率いるソ連が米軍施設を襲撃する。
捕えていたインディとマックを放出し10年前にロズウェルで発見されたミイラを探すように命じる。
どうにかミイラを探し当てたインディだがマックの裏切りに遭い窮地に陥る。
どうにか逃げ延びたインディは青年マットと出会いクリスタル・スカル探索へ向かうのだが・・・。

インディシリーズの第4作。
流石にここまで来たらもうコメディとしか言いようが無く60分が限界。
終盤に当たっては少し盛り返すのだがインディ最終作としてはこれでもう良いだろう。
第1作以来のカレン・アレン出演は嬉しいが流石に老けたな〜と言う印象。
BDでの鑑賞だが流石に画質が良く音質も良いのだがスピルバーグ作品としては最低のランク。

ノヴェライズ(ジェイムズ・ローリンズ・ハヤカワ文庫・評価2)を読むと詳細に描かれていて映画より面白く感じた。
投稿者:namurisu投稿日:2015-10-23 10:35:06
オカルト色は一番強い。CGだらけで見せ場はない。雑誌ムーをペラペラめくっているようだ。スピルバーグとフォードが降りることを願う。
投稿者:カール犬投稿日:2015-10-11 17:06:23
【ネタバレ注意】

事件に巻き込まれて八の字眉毛でオタオタする以外
シャイア・ラブーフの存在理由がまったくさっぱりわからないまま現在に至る。

ハリソン・フォードは自分の老体にこそ鞭うってるって感じ。

ケイト・ブランシェットもはりきってやり過ぎたねー

今まで積み重ねてきたもの台無しにするにはこーすればいいんだよお〜
ってよーくわかるように教えてくれてもいる作品。

企画の段階でなぜ誰もボツにしなかったのかがこの作品最大の謎だ。

いくらとんでも設定でもこのシリーズに一貫してあった
聖なる探し物のもつホーリーマジックって大事だったと思うんだけどなあ。

お金とか過去の成功とか先の皮算用(次世代への移行)とかに目がくらむと
こういうものが出来るのかなあ。

その結果ラジーのヘッポコ続編部門で
まさかあの「地球が静止する日」を押しのけて受賞するなんて笑えるなあ。

投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-08-30 01:21:10
この映画作った意味あったのだろうか?
投稿者:クリモフ投稿日:2015-07-19 17:26:51
かなりトンデモ感が増しているインディ4作目。基本的に好きなシリーズなので、ハリソン・フォードがインディを演じているだけである程度許せてしまう自分がいる一方、流石にそれは、という演出もチラホラ(というか結構ある)
なんか、キャラとか画作り、ギャグシーンなど、ちょっとやり過ぎというか、そこまで行ったら乗れねェ、というラインを超えてしまっている。ブランシェットはちょっとなぁ。ラブーフは好演。
ワクワクするところもあるにはあるので楽しめる、という感じはあります。うーん、ただやっぱりスピルバーグ、ビジョンがぶれてきているような気がする。
投稿者:sachi823投稿日:2014-07-08 18:59:30
ロシア人女が理解した「宇宙の神秘」って
どんなことだったんだろう。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-03-21 21:22:42
続編が公開されると聞いて、まさかと思ったが・・・
あまり期待せずに観たためか、まあまあ楽しめた。
インディも被爆するとはね。
投稿者:MAKO投稿日:2013-02-27 12:52:51
【ネタバレ注意】

他の方のレビューを読めば、だいたいどんなものか想像ができる本作。
私はレンタルしたことを後悔しました。劇場で見た方は…う〜ん。

過去の焼き増しはしない→宇宙人
この構図はいいとしましょう。でももうちょっと何とかならんのかと。
これでチープ感満載とか、ジョーンズ博士がちょっとぼけ始めているとか
そういう感じの悪ノリが欲しかったのに、すごい真面目だった。
なんかこう、悪ノリ感が皆無なので、宇宙人の方向に話が振れ始めてから
空回りしているというか…なんというか…

次はぜひ『インディアナ・ジョーンズ(79)〜介護の聖戦』とかでいきましょ。

投稿者:イドの怪物投稿日:2012-01-15 10:00:35
冒険物として見るとがっかりする内容だと思うが、大金を掛けた喜劇として見れば良く出来ている。しかしむちゃくちゃな展開。
投稿者:Hoppy!投稿日:2011-02-28 11:01:35
もうすっかりオジイチャンな感じのハリソンくん。
シャイアラブーフも巧い具合にトランスフォーマーから乗り、上昇気流だなぁ、としみじみ。

悪女役のケイトブランシェットの展開がどうなるかとても楽しみだったのだけど・・・
後半の脚本のグダグダさにはびっくり&がっかり。

結構途中まで面白かったのに、ハムナプトラなみのCG娯楽がテンコもりになったかと思いきや。
ええええーー、こんな終わりなん???と。

まぁ、それでも一定の満足感は味わえる作品であることには間違いない。
今後の作品においても、やはりハリソン君ありきでやっていただきたいね。

なにげに特典映像のスピルバーグとジョージルーカスの仲良さかげんにハリソンくんが入って、
しみじみ映画内容よりもこの3人の作る作品としての魅力となったんだな、と思った。

ああ、またディズニーシーのアトラクションの乗りたくなる。http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:terramycin投稿日:2010-12-08 00:40:13
懐かしいの一言に尽きる。BGMを聞くと、冒険したくなる気分にさせる。

マット役の俳優、どこかで見たと思ったら、「トランスフォーマー」主役君だったか。

ジャングルでのカーチェイスは圧巻だったが、それ以外の軍隊ありや水上カー、遺跡のシーンは子供が喜ぶレベルな作りである。

物語の展開は前作以前を踏襲しているので大人には読めてしまって、目新しさを感じず、少し退屈だった。

まあ、主人公チームがあれだけの銃弾等を受けても無敵なのも、気になるよね。
投稿者:william投稿日:2010-11-25 01:44:51
やっぱこの続編は無いなあ。過去の作品の持ち味を全く受け継いでない。
無闇に新しいものへと変える方向性は良くない。
投稿者:こじか投稿日:2010-11-23 17:13:26
インディまさかの未知との遭遇。これにはちょっと冷や汗。
古き良きシリーズ続編のコミカルアドベンチャーを取り戻そうという
一所懸命さは伝わりますが、どうやら今という時代が許さない空気を出してますね。
傑作シリーズが、軽い娯楽として目に映るこの虚しさ。
全体に軽快すぎて、インディがヤバイという危機感や
死の緊迫感が出なかったことが欠点でしょうか。
しかし往年の“殴る音”がそのままだったことには感激です!
投稿者:scissors投稿日:2010-10-18 14:57:59
なーんかいろいろ安っぽいな。
カレン・アレンはオバサン臭がキツいし。
投稿者:sayakamizu投稿日:2010-05-26 11:46:40
こいつの逆光撮影、いい加減にしてくれ。
投稿者:uptail投稿日:2009-11-05 23:22:51
ケイト・ブランシェット
投稿者:ジーナ投稿日:2009-08-03 03:29:20
現在でも通用するアクションを撮りたかったのは分からないでもないが、もう少しインディ・ジョーンズらしい良い意味でレトロなアクションシーンがあると良かったなぁ〜
飽きさせない工夫に富んでいたとは思いますが、これまでの作品にあったようなアトラクション性に欠けてしまった気がします。

ストーリーのほうもインディ・ジョーンズの骨組みをそのままに活劇していくので観ていて懐かしさを感じられるのですが、ところどころ宇宙人やら核兵器やらとインディの世界とはチョット違う異物が混ざってしまったように感じました。

それからコミカルさも若干減ったかな・・・。
ハリソン・フォードとカレン・アレンとシャイア・ラブーフの3人にもっと丁々発止のやり取りがあると良かったでしょうね。

ジャングル?でのカーチェイスは重量感もあって見応えがありました。
ハリソン・フォードにアクションのキレが無いのは仕方がないと諦めましょう(爆)
その代わりシャイア・ラブーフが虎視眈々と世代交代を狙うキレ具合を見せてくれてますから(笑)

ケイト・ブランシェットはいつでもどこでも本気モード!!!
投稿者:irony投稿日:2009-07-24 02:37:32
 カレン・アレン懐かしいね 期待したほどのオモシロさはあまりありませんでしたが、まぁまぁ楽しめました それにしてもケイト・ブランシェットはどんな役でもこなせる女優ですなぁ 次回作があるとすればラブーフですかね?何か違和感があるような気がしないでもないが・・。
投稿者:bond投稿日:2009-07-14 09:38:51
【ネタバレ注意】

うーん、懐かしいサントラと共に冒険活劇はいいんだけど、ネタそこまでやるか?UFO飛ばしちゃったら、おいおいだよ。でもって若手に引継ぎ完了。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-07-12 23:05:15
これはシリーズ中最低でしょ。脚本の段階で推敲を重ねていないのが見え見え。よくこの手の映画に「細かい事は抜きにして」とか「楽しまなきゃ損」という書き込みがあるが、例えば大好きな定番ファストフード(マックとか吉牛)の味が格段に落ちたら客は納得するだろうか。私は熱心なインディファンでは無いが、滝壺三段落ちの所から「もう好きにしてくれ」と思った。
投稿者:gapper投稿日:2009-06-27 15:23:07
 この作品のハリソン・フォード66歳、最後の聖戦のショーン・コネリーは59歳、7歳違いだがハリソンの方が随分年を取っている感じだ。「ザ・ロック」で同じ年のはずだが、やはりコネリーの方が若々しい。たぶん、この作品の為に体を絞ったために皮膚にたるみが出来たためだろう。

 DVDの特典映像を見ると、随分前から考えられていたようだが「インデペンデンス・デイ」の公開で、見送ったりで延び延びになったようだ。
 ルーカスにより”’50年代のB級SF映画のテイストで行こう”となったようで、結局こんな作品になってしまった。

 アカデミーどころかラジー賞を取った作品だが、それほどはひどくないと思う。前3作からの期待からの不満とスピルバーグも無ければ十分評価されたはずである。
 確かに、導入部などでは漫画的な部分があるし、倉庫でイリーナがジープを走らせるのは絶対的優位の中では不自然だ。リトル・ボーイの実験もあまりにも配慮が無さ過ぎるし、当時の人物が気が付くというのも変だし、あれで生き残れるとは思えない。

 色々不満はあるものの、がんばってインディを再現している。自分の作品へオマージュをささげているような部分は気になるが、ハリソン・フォードのがんばりは認めたい。彼は3作目が終わった後、続編を随分期待していてスピルバーグにまだかと尋ねたそうだ。

 公開直前のスピルバーグのインタビューで2作品作るようなことをいっていたと思うのだが、記憶違いか?
投稿者:Kircheis投稿日:2009-06-23 19:31:47
【ネタバレ注意】

テーマソングは健在!
テンポの良さやインディのとぼけたカッコ良さも変わらず、敵役のケイト・ブランシェットはさすがの名演技でホントのロシア人のような喋り方だった。

面白くなる要素しかないのだが、今回は完全にストーリーがダメだった。
ナスカの地上絵の説明があった時に『これは!?』と思ったし、クリスタル・スカルが出てきた時も『この形は!?』と思ったが…最後のオチはインディシリーズでは無しにして欲しかったな(>_<)

まぁ、今までも呪術とか悪霊とか沢山出てきてるからこれもアリなのかもしれんが…(-_-;)

インディシリーズという思い入れ無しで観ると、冒険映画としては十分な面白さを備えてると思うけどね!

投稿者:藤本周平。投稿日:2009-05-05 00:19:22
ストーリーはどうこう言っても仕方がないので横に置いといて、まぁノンストップで展開される敵からの逃亡劇は楽しかったし、気楽に観るにはいいんじゃないでしょうか?結構飽きずに観れたしね。ただ、シリーズ通して観るとこの作品だけどうも安っぽく感じてしまった。言ってみたらA級からB級になった感じ。あと、あの宇宙人オチはやめてほしかった。
投稿者:なちら投稿日:2009-04-07 15:28:48
【ネタバレ注意】

インディ、随分おじいちゃんになったなぁ〜なんて思って見ていたら、一瞬、泣かされそうになった。
それは、3の冒頭でインディが冒険野郎から受け取ったハットが、風に吹かれてマットの足元に…!
それを被るのか?世代交代なのかー!?って所で涙腺が緩みかけたんだが、
お…おぉ、大丈夫だった…。何だかな、自分ったら。

インディがマットのバイクに乗っていぶかしげな表情なのも、3でのサイドカーに乗る父の表情と一緒で笑えたよ。

内容の好き嫌いは色々あるが、新たなインディを見られた事が嬉しかったよ。

投稿者:sflover投稿日:2009-04-02 05:14:01
最後の聖戦がホントに最後のインディシリーズで良いよ。

これは見なかったことにします。
投稿者:かっこう投稿日:2009-01-13 23:59:55
インディが強すぎ!とか、お前なんでそんな詳しい?とか、色々あるかもしれないが、そんなつっこみをしてはいけない。何も気にせずに楽しむのが正解。特に、車2台平行して走りながらスカルを奪い合うアクションシーンは非常に楽しめた。
投稿者:BLADE投稿日:2009-01-07 15:11:25
すっかりCGというのが主流になってる世の中で
この映画もCGに頼らないわけにはいかないでしょう。
そうであっても、レイダースが好きな人にしてみれば
ハリソンや、そのヒロインの登場には嬉しくて仕方が
なかったでしょう。

どうだろう。このシリーズには、人が骨になった死んだりとか、
虫がウジャウジャ出てきたりとか、そういった
流れが定番になってるので、どうにも僕は生理的に苦手みたいで
余り得意でない。まあ、笑いがあちこちに散りばめられて
いるのは面白いけど、日本人的には核実験のシーンは
どうにも笑えませんが。。。

シリーズの中でも気軽に見れるのではないでしょうか。
ハリソン・フォードには、80、90になっても
インディをやってもらいましょう(笑)。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2008-11-22 09:40:54
【ネタバレ注意】

荒唐無稽でないムービーは無く、荒唐無稽嫌いの人が気に入る作品は有りません。
2が或る意味異種。後はテイストが同じであるような。
神の力で全てが塵となる…ってのと、地球人より優れた地球外生物の存在は、どちらが荒唐無稽でしょうか?
シリーズは考古学(ってか墓荒し?)〜これじゃ科学だろうって、まぁ舞台はナスカにエルドラドなんで、良いんじゃないですかね。

ナチスを茶化すのはドイツ人に失礼だし、原爆は…ねぇ〜絶対に風刺じゃなくて単なるブラックジョークです。
〜ここが我々には(特に被爆者の身内を持つ人には)無神経に過ぎる部分かもですね。勿論、一瞬の閃きな冷蔵庫がたとえ無事で有っても外に出たら被爆するでしょう。が〜まぁ、あーやって放射能を落とすのは「ドクターノオ」からの伝統ですね。
…ロシア人の少女兵士が車に乗り込むのを失敗…インディと家屋へ逃げて、もう少し大き目の冷蔵庫に一緒に入って一緒に吹っ飛ばされる…で、一緒に放射能を落とすって事になったら…って「エロ」もこのシリーズとは無縁ですがね。

絵の雰囲気(決してクリアでない…がトーンが明るい)が正にそのもの。

確かにあの倉庫、あの宝物、マリオン登場…ってなれば、レイダース…かもだが、僕はあのショーンコネリー(3で登場)の遺影に涙…絶対に1と3は観ないといけません。インディって名前は彼自身が付けた(3参照)…あの50〜60年代を体現するリーゼントに髪の毛命な青年も自らMutt(血統書なんぞ無縁な犬っころ〜間抜けな奴?)と付けたわけね。

年齢の割りには異常に身体能力(と窮地を脱する頭脳と殆ど運のようなラック)の高いインディ。あの葡萄の様なでかいアリはどうよ?〜と拗ねたように博士を非難するマリオン登場は素晴らしいね。いや昔の映画なんかの特典で女優さんが現在の姿で登場すると結構…アレな場合もあるのだけどね。彼女はオーラをまだ失ってない。
ラストで3代目?って…観たい人がいるのかね?〜インディアナジョーンズはインディーですよ。
やるなら(ハリソンが無理なら)似たアクターを立てて、インディーの語られざるエピソード…コレです。
片目を失うハメになるのは何でなんだろう?…この歳で健在って事は、このエピソードはハリソン主演の次回作で是非。

裏切りと敵〜謎が交錯する大冒険が、正にジェットコースターに展開する本ムービーなのだが、ロズウェル事件の真相(あの磁気を帯びた死体…オープニングの展開はグッドだね〜で「原爆」がこのムービーを楽しめるかどうかって分岐点)はどうなった?〜置いてけぼりなのでは?

投稿者:駐在員投稿日:2008-10-17 15:55:38
細かい事言ってたら、このシリーズは矛盾だらけ。こんなのありか?ってのを平気でやりながらありそうなストーリーに持っていく。それがインディの魅力。
投稿者:五輪山投稿日:2008-08-30 13:01:32
たしかに核実験場のシーンは日本人からしたら気分のいいものではないけれど、あのシーンはマイケル・マンが製作したTVシリーズ『クライム・ストーリー』の続編『ザ・ベガス』の驚愕のオチをヒントにしてるんじゃないかなぁ。核実験場ってラスベガスから100キロほどしか離れてなかったんだね。
投稿者:akikoワイルダー投稿日:2008-08-29 12:24:46
【ネタバレ注意】

オスカー狙いとかくだらないものも作るとか、巷でいろいろ言われても
私はスピルバーグが好き。何でもそうだけど継続していくこととは
常に熱意と努力が必要。同世代の監督がもう、映画をたまにしか作
っていないのに彼は作り続け、そして名作であろうと駄作であろうと
クランクアップ、近日公開と聞くと愛おしくなってしまう。

今回のインディー、もう、年寄り、どうなのかなあと心配しつつも
映画館へ。ほんと映画作りのプロフェッショナル、色調も場面の展開
も上手。安心して見ていられるね。マリオンが懐かしくてやりとりも
ドタバタも笑える。でも、一つ、どうしても気になるの。若い人は気に
ならないかもしれない。あの核実験はいやだなあ、スピルバーグは
CG映像技術も上手、だから、あのキノコ雲、きれいって言えちゃう
ほどすばらしい、だから、悲しい。

気にしすぎかもしれないけどアウシュビッツには敏感で、アメリカ人
だから原爆は被爆者とか気にならないの?

それともそれもスピルバーグ流の風刺なのかな。

投稿者:よしだ投稿日:2008-08-26 16:37:30
上映されたのは紛れもなくインディジョーンズでした。
あれから20年の時が流れたとは到底信じられませんでした。
ハリソン・フォードが年老いたことなど、この際一向に構わないことです。
驚いたのは、当時と全く変わらぬバカバカしさで映画が彩られていたことです。
過去のシリーズ三本と比較して全く衰えてもいないし、全く進歩もしていませんでした。
同質にくだらなくて、同等に笑えました。
楽しかったです!http://okepi.jp/movie/2008/08/post_53.html
投稿者:sakur`a`投稿日:2008-08-02 11:09:44
胸がドキドキする冒険映画が
ドキがムネムネする冒険映画として復活した
とはいえ、娯楽映画として十分楽しめる作品だと思います


でも宇○人はだめだろうwwwhttp://love-cinema.jugem.jp/
投稿者:pao投稿日:2008-07-26 21:23:02
第1作からリアルタイムで見てきました。期待の高まる本作でしたが、期待したほどではない、それなりのデキでした。
が、ブランドムービーですよ、難しい事を考える必要なし。インディアナ・ジョーンズに再会できたことを喜ぶ映画ですね。
投稿者:ぶち投稿日:2008-07-16 00:29:20
やっぱり映画はドキドキハラハラしたい。えええ!そんなアホな!って少し思っちゃうようなシーンやストーリー展開も楽しさの一部。こういうのをつっこんで、笑って、ちょっとすっきりしつつ映画館を出るのが大好きです。
そういった意味ではこの映画は絶対にスクリーンで観るべき作品です。
そうそう、映画館で観たかったのはこれ!って何度も思いました。

まずは音楽。毎度お馴染みのあの曲を広い空間の中で大音量で聞くだけで鳥肌ものの興奮!映像は新しいのに世界観は変わらず!グッド・ジョブです。

ハリソン・フォードは確かに年をとっていたのですが、無理をしてアクションをしているという感じはしませんでしたよー。渋いけれどコミカルで、若い頃とはまた違った魅力がありました。
そんな渋くてカワイイ“インディ”はもとより、新たなキャラクターたちもとても魅力的でした!

あー、書いていたらもう一回みたくなってきました・・・・
シャイヤが主役になっちゃう前に沢山“インディ”を拝まないと!
投稿者:K+投稿日:2008-07-12 16:06:43
【ネタバレ注意】

「インディ・ジョーンズ」と云えば
A級アクション映画の代名詞名ワケで、
もちろんそのつもりで観に行ったんですが……

インディが核実験場に迷い込んでしまうシーン。
ここで高らかに
「これは今までのインディと違ってB級だよ!!」
と宣言されるのです。

「核爆発を生き延びた男」
普通の映画で、こんなキャプションが付いていたら、
B級マニアしか観に行かないですよねぇ……

ただ、わたしはそんな映画を絶対に観に行きますし、
ですので、もちろんこの映画も最高に楽しめました!!

投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-07-07 10:36:52
 
まあ、やっぱりこうなっちゃうんだろうなあ。
なんたって「日本語吹替版も同時公開」だもんなあ。
インディジョーンズが明るく楽しく大活躍。ご家族で楽しめる娯楽大作となっております。
スピルバーグの演出も手馴れたもんで、あんまり手馴れすぎてマンネリ感が強い。「はい危機一髪、はいカーチェイス、はいここギャグ入れといたから笑っといてねー」と言われているような。

一作目のダークでリアルな雰囲気が好きだった身としては、ジョーンズの荒唐無稽な大活躍には冷めるしかない。冷蔵庫だの、巨大な滝つぼに転落しても平気の屁だの、危機感もスリルも痛みも全然なし。
ジョーンズが第二次大戦中にOSS(CIAの前身の情報機関)で諜報活動やって勲章までもらった、という後付け設定も個人的には疑問。これまで一人の冒険者としてナチス・ドイツと戦ってきたジョーンズのキャラクターはどうなるわけ?

キャラクターもなあ…ネタバレになるから詳しく言えないけど、そいつがそうだとわかったからって、そんなあっさり認めてオッケーにしちゃうのかよとか、あんまり意味ない裏切り者とか、あんまり意味ない旧友とか、なんだか脚本がちゃんと練られてないんじゃないの?という印象。
まぁカレン・アレンは(こっちも老けたけど)ニカッという笑顔が相変わらず可愛くて良かったけどな。「インディ・アナ・ジョ〜ンズ」のセリフも懐かしかった。

クリスタル・スカルの正体については僕の周りでも賛否両論なんだけど、個人的にはそんなに気にならず。けど、こういうトンデモオチは、逆に映画全体のトーンがリアルで浮世離れしてない方が効果的だったと思うよ?

ああでもルーカスの大作だけあってCG映像は凄かったわ。
特にクライマックス、マヤのピラミッドが崩壊するシーンを俯瞰のワンショットで見せたのは確かに圧巻だった。
ただまあ一作目はCGなんかほとんどない時代にあれだけ面白かったんだからさ。
みんなもっとがんばってほしかったよ。
投稿者:コハダ投稿日:2008-07-07 01:07:09
「求めるものは美女と、極上の危険」それが冒険物語の本質だ。しかるにこの映画で登場するのは‥‥27年目のマリオン!
かくして映画は、くたびれた熟年家族物語へと横滑りしはじめる。
この作品は”宇宙へ行くか?家族をとるか?”という「ロイ・ニアリーコンプレックス」をこじらせたスピルバーグの、愛すべき超大作プライベートフィルムだと思います。
投稿者:ビリジョ投稿日:2008-07-02 14:09:41
【ネタバレ注意】

 「どうせヒットするから、こんなもんでいいか」という製作者側の驕りが垣間見える。どんな天才にも失敗作はあるが、これは失敗作というより、手抜き作である。
 「スランプとは自己の模倣である」と言ったのは誰だったか。こういうのを典型的な自己の模倣と言うのであろう。スピルバーグはスランプなのか、あるいは頂点を過ぎたのか。

 冷戦、核実験、赤狩りといった時代背景が、皮肉も何もなく、味付けにすらなっていない。ケイト・ウィンスレット、ジョン・ハートといった名優も個性が生かされておらず、これぐらいなら無名俳優を使ってチャンスを与えたほうが良かった。どうせCGでしょ、どうせスタントマンでしょの連続で、ミッション・インポシブルシリーズよりも退屈だった。

 「レイダース」「魔宮の伝説」を見たとき、これはすごい、映画ってすごいと一人で勝手に興奮した思い出が懐かしい。俺も年をとったが、スピルバーグも年をとったわけだ。

投稿者:NYY投稿日:2008-07-02 00:33:52
【ネタバレ注意】

コメントが多いなあ〜。
批判ばっかだけどw、とにかく、流石はインディ穴・ジョーンズ
ですね。
 
確かに、痛かったような気もしたけど・・・
デキが悪いからなのか、ボクが大人になっちゃったからなのか、
ワクワク感が足りなかったけど、多分、気のせいだよw。
大学内のカーチェイスなんかは結構楽しかったし、アクションが
盛り沢山で楽しめるから、バラバラで繋がってない感じがするの
も気のせいだと思う。
 
よくある、CGのファンタジーな映画を見てる感じもしたけど、
気のせ・・・ 
うーん、インディやスピルバーグは、そーゆーもんのオリジナル
なのかもしれないけど、インディのパクりを更にパクったように
見えちゃったな〜。
昔の作品のコピペって感じ。
オリジナルの価値とか凄さを示す為にも、もう一歩進めるか、も
っと別の方法で、やっぱり面白いな〜と感じさせるようにしなき
ゃいけなかったんじゃないかと思う。
 
駄作連発中のスピの悪いとこが出ちゃったかな〜。
相変わらず、お子様向けなんだか、大人向けなんだか、ターゲッ
トが絞れてないし。
ま、ボクは、スピには既に何も期待してないからw、
期待を裏切られなくて助かった〜。
  
とにかく、スピは今後、宇宙人禁止!
 
ソ連の工作員のボスのケイト・ブランシェットはバッチシ決まっ
てた。
何やらせても、絵になる女優ですね〜。
軍服のケツが、いー感じにパンパンで。 
ハリソンじゃなくて、ケイトにムチ持たせれば良かったのに〜。
 
意味不明の宇宙人も見たくなかったんだけど、オバハンのウエデ
ィング姿なんかもっと見たくないよ〜。
恐ろしい映画になってた。  
           (;・□・)
 
ま、混んでる劇場でお祭り気分を味わえたから、良かったんじゃ
ないかと思うよ。
 

投稿者:FFF投稿日:2008-07-01 23:01:55
【ネタバレ注意】

おやじギャグでスマン。1作目の原点回帰かと思ったのだが後半の悪ノリで息切れ。
もっとケイトがサイキック使うとかマリオンが酔っぱらうのかと思った。あとクリスタルスカルがどう見てもお安い感じしかしません。

投稿者:ゆうま投稿日:2008-06-29 19:13:23
【ネタバレ注意】

リアルタイムでシリーズを観てきましたので、期待しすぎました。映画史に残る名作シリーズだったのに、今回でケチがついちゃいましたね。スターウォーズEP1〜3同様、『作らなきゃよかった』出来で残念でした。また、スピルバーグは成長してしまったので、コミック娯楽作はもう作れない、無理なのかも・・・。オープニングのアトミックカフェの見せ場が終わってからなんだかイヤな予感がしていましたが、ストーリーを追うのに終始して見せ場が少なく、過去3作のわくわくどきどき感が全くありませんでした。もちろんハリソン、カレン・アレンにあのテーマ曲はじめ、過去3作の小ネタなどは懐かしさで嬉しかったですし、ラストの結婚式(ここでふいに、同じ製作状況だったメルギブのリーサル4のラストを思いだしました)にはニコニコしましたが、正直DVD鑑賞で充分の出来。

投稿者:replicant投稿日:2008-06-29 01:28:37
19年ぶりだそうで、カレン・アレンに至っては27年ぶり!つまり、カレン・アレンが大酒呑み大会をやっている時に生まれた赤ちゃんには、既に子供が居ても可笑しくない!ってコトですよ。今更作られてもなぁ・・・まぁ、スピ=ルーカスですからね。一応観てきました。ぶっちゃけ、どーでも良かったです(笑)。最近は似たような映画も多いですし、新味を出すのは難しいと思いますから多くは望みませんが、それでも、そのオチかよ!とツッコミを入れてしまいました(笑)。オチがオチならツカミもどーなの?・・・彼等は作品の時代背景を映像の中に巧みに取り入れるのが上手い人たちですからねぇ・・・分からないワケではないですが・・・。『さらば青春の光』くらいなら可愛かったんだけどなぁ・・・\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ…とりあえずは、過去三作をしっかり観ている人には楽しめる小ネタが満載でした。個人的には、本作を観に行く前にオンエアされていた『レイダース』とか観ちゃってたから、ハリソンの老け具合がちょっと辛かったかな・・・。カレンのメタボっぷりにも、どうなの?エンディングでは妊娠している設定なのかと思いましたよ。結局のところ、2時間2分という上映時間が長く感じてしまいました。と、あんまりボヤいててもねぇ・・・20年ぶりの同窓会に行ったら、男子はヅラで女子は厚化粧!みたいな感じかなぁ・・・それでも、懐かしい友人であるのには変わりないですけどね。

余談ですが、オイラは先日亡くなったチャールトン・ヘストンを思い出しましたね(分かる人には分かります)。
投稿者:satokunn投稿日:2008-06-27 17:42:53
【ネタバレ注意】

うーんハリソンフォードが出ていなければ、タタラッターとテーマミュージックが流れなければ、ただのB級アドベンチャーですね。アクションが少ないとか、ストーリーに無理があるとか、そんな馬鹿なーと突っ込みを入れたくなるところが盛りだくさんですが、まっインデージョーンズだからいいのか?しかし役者が年を食っても脚本しだいで何とかなると思うのですが。
久々のIJだから期待感がありすぎてスカを食らいました。

投稿者:歌王投稿日:2008-06-27 01:57:59
【ネタバレ注意】

内容について真剣に文句つけるほうが馬鹿みたいに見えてくるのは、1作目から同じ。多少電波な展開は批判もあるとは思いますが、題材からして有名なオーパーツの水晶ドクロなんだから、まあ想定内でしょう。だって前回でキリストまでたどり着いちゃってるし、後はもう、ね。

ハリソンがまだまだ思ったよりインディなのも驚きですが、やっぱりどっちかというと、ケイトやラブーフといった旬の役者に目が行ってしまうのも正直なところ。でも、ハリソンとジョン・ハートの共演が、ちょっとスター・ウォーズとエイリアンのスピンオフみたいで良かったです。

面白かったのは、音楽の使い方。過去作ではほとんどポピュラー・ミュージックは使われてないですが、その中で一番印象強かったのが、2作目冒頭の「エニシング・ゴーズ」。あの舞台が1930年代、今回は50年代ということでのっけからエルヴィスが来て、他にもR&Rの名曲揃いという、このシリーズとしては新鮮なサントラになってます。ただその分、肝心のスコアがやや印象薄いのは問題かも。

それでも1つだけ、冒頭シークエンスはシリーズの伝統に則って、本筋とあまり関係ないエピソードにしてほしかったなというのが不満といえば不満。でもラストは感動的だし帽子の使い方も粋だし、そういう細かい不満も全てOKになってしまいます。

投稿者:Longisland投稿日:2008-06-24 23:56:12
インディアナ・ジョーンズも60代半ばとなれば、アクションの一部が若手シャイア・ラブーフが担当って仕方ないか(苦笑
金も掛かり、過去シリーズネタも程よくちりばめられ、初見客にもオールドファン?も十分楽しめ元は取れる作なんだが…。

既に触れられてる方もいらっしゃるが、あの核兵器シーンは?
キノコ雲を背景にポーズを決められてもね〜。
そういえば「トータル・フィアーズ」なんて作品もあったが、平均的な米国人にとって核兵器って大きな爆弾ぐらいにしか感じてないのか?
時代経過から敵さんをソ連にすることはしょうがないとして、被爆国に対しての配慮は無いんだろうね。 米国外ビジネスを考えればもっと無難なストーリーも出来ただろうが(D・コープに期待しても無駄か)…旧共産圏(ロシア)、現社会主義国(中国)、被爆国(日本)って最大マーケットなのに…。まあインディーブランドはそんなこと関係なく稼げるとの判断があったんだろう。 穿った見方だが米国の尊大さが感じられるんだよね〜。

とはいえ、全世界公開(5/22)から遅れること約1ヶ月後の満を持しての公開。今年2月に新生パラマウントジャパン代表様が宣言した100億超えはどうかな〜ぁ。
投稿者:にょん投稿日:2008-06-23 20:44:32
3部作をリアルタイムで観てきた世代としては、ストーリーがどうとか、演出がどうとか、細かいことはごちゃごちゃ言わない、もう、あのインディ・ジョーンズが大画面に復活してくれたこと、それだけで大満足。

昔、アメリカ横断ウルトラクイズという番組が大好きだった。
ウルトラが終わってしまって何年か後に、1回だけ復活したことがあった。

あの時も留さん老けたなぁ、とか、こんな展開はウルトラじゃない、とか、ルートがいまいちだとか、いろいろあったけれど、やっぱり「ウルトラクイズ」というだけで、とってもノスタルジックな満足感に浸った。

・・・なんか、あの時と同じキモチ。

投稿者:ringoringo投稿日:2008-06-23 15:20:22
【ネタバレ注意】

畳み掛けるようなアクションの連続で面白かった。
異星人にまで話が膨らんでしまったのは如何なものかと・・・

投稿者:まくらK投稿日:2008-06-23 09:48:16
何が面白いんか誰か教えてくれ。
睡魔が団体サンで襲ってきてたいへん。
ナニあの森のおっかけっこ。
合成丸出しで
誰があれみて手に汗にぎる?
投稿者:ichiro投稿日:2008-06-22 08:03:33
レイダースから見てるファンからすれば、この時代にハリソン主演の続編が公開されるってだけで満足なんです。カレン・アレンがカメオ出演じゃなくてきちんとした役で出てたのも満足。
そんな俺でも、宇宙人が出てきたってのはちょっとバツだな。脚本にこだわったって割にはいまいちだったかな。しかも、宇宙人の造詣が未知との遭遇そのままだしね。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-06-19 22:54:04
ジェットコースター・ムービーとしては今や古典的とさえ思えるが、ワクワクドキドキのこの分野での貢献度は無視できない。ハリソン・フォードは65歳とは思えない身のこなしだし、ロシア語訛りの英語を駆使するケイト・ブランシェットの悪役ぶりもハマっている。あちこちにさりげなく散りばめられた仕掛けも楽しい。次なるシリーズの主役は君だ、とばかりにマット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)が代わりにアクションを見せてくれるし。
もっともシリーズ当初は家族向けアドベンチャー映画として成立したが、若い世代が引き続き喜んで観るかどうかは若干疑問だが。

ま、全編あり得ない映画なんだからうるさく言いたくはないけど、冷蔵庫に入って核実験から助かる場面だけはおいおい(苦笑)。鉛製の冷蔵庫だというエクスキューズがあるらしいが、中性子線は鉛も貫通してしまう。冷蔵庫ごと爆風で吹き飛ばされるあの距離では、いくら体を洗浄しても急性障害で大変(そもそも衝撃で助からないでしょう)。彼の国では、核はちょっと大きめの爆弾、隠れたら助かるよ、くらいの感覚なのだということを改めて痛感した。
投稿者:座間投稿日:2008-06-19 18:50:36
本作品については,評価が困難と言うのが今のところの印象です.

これは私の泣き言にもなりますが,本作品に関する限り字幕翻訳の
戸田奈津子女史は最低水準であるとの評価を改めて固くしました.

とにかく,戸田字幕が酷いの一言.

スターウォーズ三部作であれほど叩かれたにも関わらず,ルーカス
作品に戸田氏を起用する配給会社の神経が疑われます.

大して英語ができるとは言えない(ハッキリ,デキナイ)私ですら
奇妙で歪曲とも言える戸田字幕の違訳あるいは異訳(意訳の誤記に
非ず,念のため…)を冒頭で発見してからは,字幕が邪魔をして作
品の中に入っていけず,不愉快な思いをすることしきりでした.

というわけで,本当は面白い作品なのか,凡庸な作品なのか,はた
また駄作と言える作品なのかが,あまりにも酷い字幕に邪魔されて
「よくわからなかった」というのが,本当のところです.

ストーリーや演出については,いくつか過去の作品を思い出される
エピソードを仕込む等と思わず「にやり」という演出があり,それ
なりに楽しめる凝った部分もあるのですが,展開そのものは,凡庸
の感が否めず,殆ど予想通りで,驚きというか,インパクトに欠い
ている印象があります.
(科学考証のおかしな部分があるのは,この種の作品ではありがち
なので,ネタバレ回避もあって掲げることはしません.まあ,それ
以上に「戸田“最低”字幕」のもたらす,負のインパクトが大きく,
正当に判断できたかに疑問もありますから…)

現状での感想を強いていうなら,「平凡で,可もなく不可もない」
という評価に落ち着かざる負えません.

字幕なしで鑑賞できる方には,字幕をないものとしてご覧になる事
をお薦めします.
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2008-06-19 11:25:44
【ネタバレ注意】

インディが被爆しちゃったのは驚いた。
体をあの程度、洗うくらいじゃ放射能は落ちません。
数ヵ月後にはいろいろ出てくるのでしょう。
それを考えて、後半は頭に入らなかった。

投稿者:イエロー・ヒゴノカミ投稿日:2008-06-19 10:47:30
オジさん 独りで日曜日の晩に先行ロードショー て やつで遂に観て来ました
感想は…
インディ・ジョーンズが老けて 一寸 干柿っぽく成っちゃったみたいだけど マア それはそれで味が有りましたね
でも 今回はシリーズ中では最もインディ・ジョーンズらしさが薄れて なんだかジョーンズ博士が 「X-ファイル」「アメリカン・グラフィティ」「ハムナプトラ」「プレデターVSエイリアン」なんて作品を渡り歩いた てな感じでしたね
 それから 各シーンを盛り上がらせてくれていた巨匠 ジョン・ウイリアムスのBGMも今回は少なめ控えめ だったのも シリーズらしさが薄れた要因かも
 とは言え あれだけのスタッフが同窓会の様に集い作り上げた映画ですから 面白くないない訳がありません
 荒唐無稽な大冒険活劇娯楽大作としては やはり 天下一品です
 お馴染み 冒頭のパラマウントのオープニングロゴからだぶるシーンが始まった時には 「ああインディ・ジョーンズの新作を観に来たんだな〜」と言う感動を得たし  インディが乗ってるレシプロ機がナスカの地上絵の上を通り過ぎるシーンでは オーパーツ好きなオジさんは 恥ずかしながら思わず鳥肌が立ったしまいました
 でも あの猿達は どうしちゃったんでしょうね?
投稿者:風巻毅投稿日:2008-06-16 14:43:00
これはだめだ…小3の娘と見に行ったのは吹き替え版。冒頭20分くらいはよかった(とくに冷蔵庫!)が、あとはもろに子供だまし。娘は「前半はすごくこわかったけど、後半はらくちんだった」といって喜んでいた。家族サービスとしては成功。しかし、シリーズの中では最低の作品のような気がする。
投稿者:四十郎投稿日:2008-06-16 01:25:31
前三作がそれぞれ違う面白さを持ち、その上三作目のラストで「それでは皆さんさようなら〜」的、大げさなエンディングをかました事で、誰もが「三部作で完全終了」と思っていたシリーズ、まさかの20年後の後日談。

過去のシリーズを全部リアルタイムに劇場で見た世代の私としては
「20年振りの同窓会に出たら、思いの外、楽しかった」
そんな感じの映画でした。

多分、今回は若いお客さんが入らずに興業的には苦戦するでしょう。
スピルバーグもハリソン・フォードも歳をくってしまいました。
しかし、それを隠す事なく全部ちゃんと受け止めて「無理なモノは無理だからやらない。でも、まだまだ若いもんには負けんよ」という余裕が作品から感じられました。

「歳食ったインディ」の新しい冒険は同じ様にリアルタイムで追っていた「歳食ったファン」にこそ、心に迫るのだろう思います。
所詮は、たかが「金かけたB級アクション4部作」
しかし私にとっては「それぞれが違う面白さを持つ奇跡の4部作」です。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2008-06-15 03:54:34
【ネタバレ注意】

とても期待していたが残念な出来だった。
何度もリライトされた脚本とのことだが、なんともお粗末な展開。
ルーカスが却下したという脚本はどんなだったのだろうか。

前作までの肉体アクションを重視したハードボイルドタッチなところが大好きだった。
それと比べると今回はまるでアニメのよう。
序盤はまだ名残があったし、スピルバーグの技術もあって見るべきところもあったが、中盤からはひどい。
エイリアンや猿のターザンには閉口したし、
ところどころに挿入されるユーモアもなんだか子供っぽくなった。
やたらに使われるCGも安っぽい。
全体を通してみると、本当にアニメのような展開と映像。

そしてクリスタルの頭蓋骨をもつエイリアン・・・。
インディー・ジョーンズで「未知との遭遇」はしなくていいんだよ。

嬉しかったのは昔のキャラクターがそのままだったこと。
それだけに、映画を見終わったあとは悲しくなった。
娯楽作と割り切っても少々やりすぎ。
子供向けのアニメ映画程度に思ってみればいいかもしれない。
インディーとボブカットのブランシェットに4点。

投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-06-15 02:45:29
先行公開観て来ました
劇場によって違いますが私の行った映画館では先行公開の場合
割引不可
お客さんもそれらを察知してたのか観てる人は少なく

スピルバーグ&ルーカスのゴールデンコンビのことだから
大いに期待したが残念
映像的にCGばっかりでなくアナログ的なアクションシーンも旧作みたいにあってもよかったのかなと思います。
唯一その中でも怪演をしてたジョンハートだけは評価したい
投稿者:IM投稿日:2008-06-14 23:24:11
【ネタバレ注意】

うーん・・・どうもスピルバーグの宇宙人に対して抱いてるものって言うのか・・・それがこの映画でも出てしまったね。
ハラハラドキドキのジェットコースタームービーを期待してたんだけどすっかり裏切られたような感じ。
マリオン(カレン・アレン)と結ばれたラストにはちょっとウルウル

投稿者:投稿日:2008-06-14 15:01:26
渥美清とマドンナ女優との性交渉があるかも知れないあやうさが描かれなくなって以降の寅さん映画のように、アクションに死への恐怖が完全に欠落している。それでも映画は面白い。
投稿者:ASH投稿日:2008-06-14 13:30:01
【ネタバレ注意】

 まずは、「Welcome Back, Indiana Jones」ということで、19年ぶりの復活作を楽しませてもらったわ。ただ、シリーズ4作中、最も荒唐無稽指数の高いトンデモ作品ゆえ、真面目な「映画ファン」たちからのキツイお言葉が並ぶだろうが、まあ、僕の知ったこっちゃないよ。

 時代設定が1957年ということで、初老になったインディが大活躍するわけだけど、時代が時代ゆえに反共色がかなり色濃く出ているのね。でもま、これはナチスのいなくなった時代の敵ということで、必然的にそうしたのだろうと解釈させてもらうわ。反共のデモ行進をマットとインディが乗ったバイクがメチャメチャにしてしまうのが、せめてもの言い訳なんかな。

 で、この4作目は予想通り、1作目の「聖櫃」に即した作品になっているので、1作目を心から愛している僕には堪らないシーンが多いのが嬉しいのよ。冒頭の倉庫は言わずもがなだが、あの聖櫃のゲスト出演には感激! なんの前触れもなく、唐突にマリオンが再登場するのには無理矢理感も否めないが、そのマリオンが1作目まんまなのにはなんか嬉しくなるんだよね。シリーズすべてにある、無数の生き物がワシャワシャと蠢くシーンに登場するのは…と、今回もお約束はバッチリ! インディの父、ジョーンズ教授と学長のブロディへのはなむけ場面もシッカリとあります。

 やはりインディも還暦を越えたということで、演じるハリソンもがんばってはいるが、体を張ったアクションはシャイアくん扮するマットにだいぶ譲っているね。並走したジープでのチャンバラは、「魔宮」のトロッコ・チェイスを上回る迫力! このシーンでシャイアくんはキレのいいアクションを見せ、なおかつギャグも忘れない。ま、ターザンみたくツタを次々と伝っていくのにはびっくりですが。

 気になったのは、特に2作目辺りに顕著だった騒々しさが後退して、この4作目は随分とおとなしくなった印象なのだ。畳み掛けるような見せ場の連続に、観ているコチラもヘトヘトになるような映画を期待していたのだが、それほどでもなかった。これは、老境に差し掛かったインディを描いているからというよりも、とりもなおさず、スピルバーグもハリソンも、ついでにルーカスも還暦を越えたからなんだろうなぁ…。なんてね。

 さて、どちらかといえばスピルバーグ色の強いのが「インディ」シリーズの特徴なんでしょうが、エルビスの「ハウンド・ドッグ」に合わせて若者の乗ったジープと軍用トラックがレースをしたり、ダイナーでの大乱闘があったりと、ルーカス先生の「アメグラ」まんまなシーンが出てくるのはご愛嬌。

 インディのトレードマークの帽子。ラストでマットの足元にコロコロと転がって、彼がソレを取り上げる。ここで「おおッと!! 二代目インディ襲名か!」と思わせて…。インディ健在! なのね。

 最後に、ケイト・ブランシェットの悪女っぷり、カッコいいよ!

投稿者:マイムマイム投稿日:2008-06-11 21:37:30
【ネタバレ注意】

なんと!!吹き替えが村井さんじゃないらしい!!
いやーますます不安になってきましたねインディジョーンズ
ホントどーなることやら

投稿者:オデオン投稿日:2008-06-10 12:53:55
【ネタバレ注意】

 舞台が1957年ということで、大方の予想通り『アメリカン・グラフィティ』風な展開(ニヤリ)で幕があがる。
 そして『レイダース〜』のラストに登場した謎の倉庫(倉庫のNOが51というのは、当然、エリア51のモジリ)に舞台は移る。
 そこでソ連兵士たちが目指すものとは?
 ここからが「トンデモネタ」満載の展開となる。
<保管されている宇宙人(?)の死体><謎の水晶ドクロ><地底人(?)の襲撃><超古代文明のの遺跡><人肉をくらう恐怖の生物!!><ナスカの地上絵の謎>
 さらには<超高速地上ロケット>やら<原爆実験の恐怖>そしてそして、ラストには○○!!が登場するなど、まさに「トンデモネタ」満載。ネタだけ並べれば、まさに某M誌の誌面そのまんまだ。
 これが楽しめるか、アホらし、といって目をひそめるかが、この作品の評価の分かれるところ。
 確かにハリソン・フォードもふけたし、スピルバーグの演出も往年の冴えはない。それでも、こうしたトンデモネタは、どこかに懐かしいテイストを感じ楽しめてしまう。
 万年子供のスピルバーグとルーカスの「トンデモ」ネタ満載のテーマパーク・ライド。
 つっこみどころも満載(米国内基地に簡単にソ連軍が入れるかよ。大滝から落下してなんで死なないか・・・などなど)だけど、気にせずにノンストップのライドの乗り心地を楽しみたい。
 
 
 
 
 

投稿者:黄河投稿日:2008-06-10 00:37:34
【ネタバレ注意】

中国では劇場公開されないらしい
何故???スピルバーグが北京オリンピックの演出断ったから?

今、中国在住なので、劇場で見れないっスよ〜
過去3作全て劇場で見ただけに、今回の作品も是非とも
劇場で見たかっただけに本当に残念!

中国得意の○○版で見たが劇場公開不可も納得
コリャ、劇場で公開できないわ!!
(って言うか中国のテレビでも公開不可能)

まず映画前半のマルクス像の首が車衝突した事で折れるシーン
あと、悪役が共産主義者…

映画の出来そのものは、ありがちな物語ではありますが
見せ方が面白いので最高の出来に仕上がってます!!
当然お勧め!!家族みんなで見て下さいってノリ!

インディマーチが流れると、いい歳したオジサン(私)も
この大冒険物語を初めて見た頃の少年気分!
♪タンタラッタータンタラ〜♪まだまだ頑張れ僕らのインディ!!

次回作(有るのか?有って欲しい)に期待!!

投稿者:Ryuichi投稿日:2008-06-08 01:31:35
【ネタバレ注意】

6月8日
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
台湾では5月22日から公開の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、やっと見ることができました。
見終わって、色々と思うことはあったのですが、この作品については、佳作か駄作かを論じることは、
全くもって無意味・・・というか思考するだけ無駄のように思えます。

インディ・ジョーンズという名前が、既にひとつのブランドなんですよね。
インディ・ジョーンズを演じるハリソン・フォードが帽子を拾い上げ、ジョン・ウィリアムズのテーマ曲が流れる・・・
この時点で、映画を批評しようとする思考は停止し、作品の世界に引き込まれ、ただ、ただ、純粋に映画を楽しみたくなってしまいます。

本作は、1950年代のアメリカからスタートするのですが、核ミサイルは爆発するは、異星人は登場するは、何でもありの展開です。
こうした意外な展開の連続で、ドキドキハラハラ、最初から最後までスクリーンから目が離せませんでしたが、
これが他の同種の作品(ナショナル・トレジャー)なんかだったら、あまりの強引さに少しひいていたかもしれません。
やはり、インディ・ジョーンズというブランド力がなせるワザなのでしょうね。
おそらく、スピルバーグやルーカスもこのあたりの間合いを心得ていて、自分たちの想像力のまかせるまま、今回の第4作をつくり上げたのでしょう。

ハリウッド映画については、ここ数年、純粋に楽しめるエンターティメント作品が減ってきているように思えます。
本作品は、本当、少しやり過ぎなのでは?と思うところはあるのですが、「作り手自らが純粋につくりたい映画をつくろうよ!」という、
スピルバーグとルーカス、2人の巨匠のハリウッド映画界に対するメッセージが込めれらているのかもしれません。
http://spaces.msn.com/vicky-ryu/

投稿者:黒い豹投稿日:2008-06-04 20:59:23
私も某国で世界公開の数日後に見て来たが、感想は割愛。どうせみんな観に行くだろうから。

本作の封切が世界で最も遅い部類に入る日本で、どのような紹介がされているか気になって調べてみると、どこも最小限の説明しかされてない。それもそのはず、この映画は事前情報が少なけりゃ少ないほど楽しめる作品だし、どのメディアの映画担当者も一介の映画ファンだろうから、自発的に内容紹介を避けているのがよく感じとれる。紹介も「インディが19年ぶりにスクリーンに戻ってくる」で十分。それ以上語るのは野暮というもの。

そして本サイトに至っては...

今時点で<ストーリー紹介>も<解説>も一切ナシ!!ビューティフル!!さすが日本語最大の映画データベースサイト。大人です。
投稿者:yonoe投稿日:2008-05-24 03:09:11
【ネタバレ注意】

ドーハの映画館で早々、観ました。待ちに待ったインディ・ジョーンズ。ハリソン・フォードは流石に歳を隠せないが、良い味を出しています。冒険活劇の真骨頂ってとこでしょうか。次から次へとアクションシーンは続きますが、随所にユーモアが溢れており、楽しめます。荒唐無稽で、実際にはあり得ないことばかりですが、それは、この種の映画ですから文句を言うのは止めましょう。最後の方になると、何となく、そう言う方向に向くのかなと思わせるシーンとなり、やはり、と感じ入ってしまいます。これも、まあ、スピルバーグだから許せます。それにしても、CGを酷使したシーンが多々ありますが、なかなか見事です。どうやって撮影したのか、非常に興味がわく映画でもありました。

投稿者:EGV投稿日:2008-05-23 13:54:56
【ネタバレ注意】

某国公開初日に観てきました。・・ちょっとコメントに困ってしまいます。今まで3作のインディジョーンズ風活劇を期待した人には、安心して見られるかも・・。理由は、”おっかけっこ”の末に、某未知の場所での謎解き・・そして結末としっかり前作を踏襲しています。ただ、ここ最近の冒険活劇を観続けてきた人には、ちょっと、”見え見え”のストーリー展開かも?

投稿者:movielover投稿日:2008-05-22 09:52:18
【ネタバレ注意】

予告編にエリア51を示唆する映像があるし、ソ連といえばアメリカと戦略宇宙攻防をしたし、ロケットのようなものもでてくるし、クリスタルスカル(ドクロ水晶)といえば、一部にエイリアンの頭がい骨だなんて説もあるし、古代文明は宇宙人が築いたとかの説もあるし。どうも全体的にエイリアンと関係がありそうな気配が。。。まさか本作はSF映画になってたりしないでしょうね。どうも最近のスピルバーグの発言はエイリアンがらみのものが多い気がするし。

投稿者:まさみち投稿日:2008-05-03 23:42:05
これだけの年数が経っても同じ監督&製作&主役で挑むってことは、作品に自信があるんでしょうね。ファン心理として劇場でまた楽しめることにも興奮するし、旧作3部作のDVD(アドベンチャー・コレクション)も公開前の6/6に発売で、単品出しもするんですよね。スピルバーグがまだまだ健在な所を是非見せて欲しいです。
投稿者:yukiwo4157投稿日:2008-02-15 19:10:33
ディーザートレイラーが公開され
いよいよだなという実感が沸いてきました!!

インディシリーズは実に19年ぶりなのでとても楽しみにしています!!
一時期は製作中止などの噂も流れ、このまま夢で終わってしまうのでは
ないかと思っていたのですが、

製作が正式に決定し、撮影も無事に終わったので
とりあえず安心しています。

去年はトランスフォーマーでスピルバーグに楽しませてもらったので
インディ4ではどのようにして我々を楽しませてくれるか
非常にわくわくしています!!
今年一番の大作になることは間違いないです!!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 特殊視覚効果賞Pablo Helman 
■ ワースト前編・リメイク・スピンオフ・続編賞 
□ アクション映画賞 
□ 現時点でのサマー・ムービー賞 
【ニュース】
全米興行成績、「トワイライト・サーガ」完結編がV2達成2012/11/26
クリス・ヘムズワース主演リメイク版「若き勇者たち」、予告編2012/08/13
第35回サターン賞、受賞結果2009/06/25
サターン賞、ノミネーション発表2009/03/11
注目の放送映画批評家協会賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に!2009/01/09
全米興行成績、犬本ベストセラー映画版「マーリー」が好スタート2008/12/29
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2008/12/10
DVDリリース情報:「インディ・ジョーンズ4」「カンフー・パンダ」etc.2008/09/19
全米興行成績、「ダークナイト」が驚異のハイペースで首位をばく進2008/07/28
全米興行成績、ギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ」続編が初登場首位2008/07/14
「若き勇者たち」リメイク、監督・脚本家が決定2008/07/10
全米興行成績、ウィル・スミス主演「ハンコック」が貫禄の首位デビュー2008/07/07
全米興行成績、ピクサー&ディズニー「WALL・E/ウォーリー」が好スタート2008/06/30
全米興行成績、新作コメディ対決はS・カレルの「ゲット スマート」が圧勝2008/06/23
全米興行成績、E・ノートン主演「インクレディブル・ハルク」が初登場首位2008/06/16
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「カンフー・パンダ」が好発進2008/06/09
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
全米興行成績、「SATC」が「インディ4」を抑え首位デビュー飾る2008/06/02
全米興行成績、「インディ・ジョーンズ4」が好スタートで首位2008/05/27
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」が期待通りの大ヒット・スタート2008/05/26
シャイア・ラバフ主演サスペンス「Eagle Eye」、予告編2008/05/22
全米興行成績、「ナルニア国物語」続編、大ヒット・スタートも前作越えならず2008/05/19
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」、特報2008/02/14
「インディ・ジョーンズ4」、カレン・アレンが再登場へ2007/07/27
「インディ・ジョーンズ4」、ショーン・コネリーは出演せず2007/06/08
「インディ・ジョーンズ4」、シア・ラブーフが息子役で出演か?2007/02/20
「インディ・ジョーンズ4」、全米公開日が決定2007/02/06
「インディ・ジョーンズ4」、ついに6月撮影開始へ2007/01/05
N・ポートマン、インディの娘役で「インディ4」に登場???2006/07/12
「インディ・ジョーンズ4」、いよいよ脚本完成か2005/05/30
「インディ・ジョーンズ4」、新たな脚本家の起用決まる2004/10/27
「インディ・ジョーンズ4」、脚本書き直しへ?2004/02/05
「インディ・ジョーンズ4」、脚本は完成2004/01/30
スピルバーグ、「インディ4」の監督をせず???2003/07/03
パラマウント、“インディ4”のドメインを登録?2002/07/19
【レンタル】
 【Blu-ray】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国レンタル有り
 【DVD】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION