allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

鹿男あをによし(2008)

メディアTV
放映日2008/01/17〜2008/03/20
放映時間22:00〜22:54
放映曜日木曜日
放映局フジテレビ/関西テレビ
製作国日本
ジャンルコメディ/ファンタジー/青春
鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版
参考価格:¥ 24,624
価格:¥ 24,624
USED価格:¥ 9,600
amazon.co.jpへ

【クレジット】
演出:鈴木雅之
村上正典
土方政人
プロデュース:土屋健
企画:中島寛朗
原作:万城目学
『鹿男あをによし』(幻冬舎刊)
脚本:相沢友子
音楽:佐橋俊彦
オープニングナレ
ーション:
中井貴一
アソシエイトプロ
デュース:
石原隆
出演:玉木宏小川孝信
綾瀬はるか藤原道子
多部未華子堀田イト
柴本幸長岡美栄
篠井英介溝口昭夫
キムラ緑子前村さおり
酒井敏也名取良一
鷲尾真知子福原房江
藤井美菜
高瀬友規奈
川辺菜月
東亜優
江頭由衣
宮田早苗
宅間孝行南場勇三
佐々木蔵之介福原重久
児玉清小治田史明
声の出演:山寺宏一鹿
戸田恵子
ゲスト出演:大塚寧々
六平直政
田山涼成
石井正則
花王おさむ
【解説】
 万城目学のファンタジックな同名ユーモア小説を玉木宏主演でドラマ化。古代から連綿と伝わる儀式の使者に選ばれてしまった平凡な教師の奮闘を描く。共演は綾瀬はるか、多部未華子、児玉清ほか。大学に居づらくなった小川孝信は、奈良にある女子校の講師でほとぼりを冷ますことにした。しかし堀田イトという学生との関係が悪化。夜も眠れなくなって奈良公園を散歩していると、そこへ鹿がやってきて言った。『さぁ、神無月だ。出番だよ、先生』と…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-10-13 03:58:20
多部未華子が一番の観賞動機だが、ドラマ自体もなかなか面白かった。連ドラより映画に向いてる題材だと思ったけど。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-03-23 12:37:11
【ネタバレ注意】

<あらすじ>とことんついていない小川孝信(玉木宏)は、秋、臨時教諭として奈良女学館高にやって来た。同じ下宿には同僚となる藤原道子(綾瀬はるか)、福原重久(佐々木蔵之介)がいた。10月、学校でもうまくいかない小川の前で突然鹿が話しかけてくる。鹿は1800年前からこの国を守るため、60年に1度、地下深くに棲むナマズをおとなしくさせるための「鎮めの儀式」を行ってきた。その儀式で用いる「目」(人間界では「三角…」と呼ばれている)を運ぶ「運び番」の役を小川に託すというのだ。「目」は、京都の狐の「使い番」の女性から渡されるはずだったが、その受け渡しはうまくいかなかった。「三角」が奈良・京都・大阪の女学館対抗戦「大和杯」の剣道の優勝レリーフと睨んだ小川は、弱小チームで優勝するしかないと決意する。そこに小川を嫌っていた生徒堀田イト(多部未華子)が入部してきた…。

万城目学原作のドラマ化。「青春古代ミステリーファンタジー(一部スポ根)」とでも呼べばいいのか、奈良を舞台にした何とも形容しがたい和み系?ドラマでした(笑)。
原作そのものが荒唐無稽なファンタジーなので、ストーリーをとやかくいっても仕方ないのですが、奈良が舞台だというだけで何となく楽しくなってしまいます。
雌鹿なのになぜか山寺宏一が声を吹き替える「鹿」(苦笑)。CGを駆使した鹿の姿はやや無理もあったし、アニマトロニクスの鹿はさすがに毛並みが作り物ぽかったけど、台詞に合わせた口の動きはなかなかでした。
物語は途中スポ根に走り「どこに向かっていくんだ?」と思わせましたが、後半の古代史に絡めた展開はやや物足りなさも。あれだけ古代史に通暁している藤原先生が「“三角”縁神獣鏡」にピンと来ないなんて(笑)。
「神無月」にこだわる鹿さんも、「あ、今は昔と違って太陽暦だった。儀式をやってももう無駄だ」といつ言いだすかとヒヤヒヤしてしまいました(苦笑)。

玉木宏は次第に立派な「鹿」顔に。綾瀬はるかはタヌキだよね。多部未華子はどちらかというと「猫」か(笑)。
笑わない多部未華子がなかなか魅力的でした。子役で活躍してきた彼女もこのドラマのロケ中に19歳を迎えたとかで、歳月が経つのは早い!
玉木宏は最終回で突然茶髪になっていたのが笑えました。吐く息のやたら多い発声は相変わらずですが(苦笑)。その他児玉清やキムラ緑子、篠井英介ら脇役もしっかりしていました。だからどうだ、というようなドラマですが、あまり深く突っ込まず奈良や明日香の雰囲気を楽しむ和み系ドラマとして観れば楽しめました。

投稿者:五輪山投稿日:2008-02-17 05:35:37
【ネタバレ注意】

原作を知らないので、やがて来るカタストロフから日本を救うため、奈良の鹿からいろいろ指令を受ける高校教師の話って、ほとんどわけがわかりませんが、とりあえず観始めました。
多部未華子の役回りというのもよくわからなかったのですが、4話目にきて彼女が竹刀を振るいだし、突如剣道スポ根ドラマへと変貌!
それにしても多部未華子と剣道とは、誰が考えついたのか、この組み合わせ以外ない位のハマりっぷりじゃないですか。
とにかくあの目つきです。剣道の面を被っていても、その奥から相手をきっと見据えている。媚というものがないですね。
例えば板谷由夏とか真木よう子とか、媚びない感じを漂わす女優の場合、全体の雰囲気としてそれが伝わってくるのですが、多部未華子の場合は、顔そのものはポッチャリ型で、目以外のパーツはごく控えめな、普通の女の子という感じ。つまり目の意志力が突出しています。
本人は気を悪くするかも知れませんが、奈良美智が描く不機嫌そうな女の子の、あの目つきを彷彿させます。

弱小剣道部に突然入部し「私、大和杯とりますから」(県対抗のスポーツ大会ですね)と、彼女が言い切ってからの、ドラマのうねりようは際立ってました。剣道の勝ち抜き戦で一人残った彼女が、相手を次々に撃破してゆく。
まさに多部ひとりでドラマを牽引したここ2回の流れでした。今後が俄然楽しみです。
流行りの歌手のテーマ曲を流したりしないのもいいですね。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズ・カット完全版2008/07/16\22,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】鹿男あをによし ディレクターズ・カット完全版 5レンタル有り
 【DVD】鹿男あをによし ディレクターズ・カット完全版 4レンタル有り
 【DVD】鹿男あをによし ディレクターズ・カット完全版 2レンタル有り
 【DVD】鹿男あをによし ディレクターズ・カット完全版 1レンタル有り
 【DVD】鹿男あをによし ディレクターズ・カット完全版 3レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION