allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

泪壺(2008)

メディア映画
上映時間110分
製作国日本
公開情報劇場公開(アートポート)
初公開年月2008/03/01
ジャンルドラマ/ロマンス/エロティック
映倫R-15
彼と出会ったあの日を、私は今も生きている
泪壺 スペシャル・プライス [DVD]
参考価格:¥ 1,620
価格:¥ 1,446
USED価格:¥ 1,090
amazon.co.jpへ

 Photos
泪壺泪壺泪壺

【クレジット】
監督:瀬々敬久
製作:松下順一
企画:加藤東司
プロデューサー:小貫英樹
原作:渡辺淳一
脚本:佐藤有記
撮影:鍋島淳裕
美術:松本知恵
編集:滝沢雄作
音楽:清水真理
エンディングテー
マ:
沢田知可子
『花心〜Lullaby〜』
照明:三上日出志
録音:小宮元
助監督:村田啓一郎
出演:小島可奈子朋代
いしだ壱成雄介
佐藤藍子愁子
西村みずほ20年前の朋代
染谷将太20年前の雄介
高山紗希
嘉門洋子
柄本佑
蒼井そら
佐々木ユメカ
七世一樹
三浦誠己皆川
及川以造斯波
菅田俊周吾
【解説】
 渡辺淳一の同名短編を「MOON CHILD」「刺青 堕ちた女郎蜘蛛」の瀬々敬久監督で映画化した官能ラブ・ロマンス。主演は人気グラビアタレントの小島可奈子、共演にいしだ壱成と佐藤藍子。若くして乳がんで亡くなった妻・愁子の願いを聞き入れ、彼女の遺骨で壺を作る雄介。一方、そんな雄介を初めて出会った20年前から秘かに想い続けてきた愁子の姉・朋代。許されぬことと知りながらも、再び雄介への想いが募る朋代だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:EROZZA投稿日:2010-06-25 08:59:41
★エロ目的で映画を観たっていいじゃないですか★

小島可奈子
投稿者:シンネマン投稿日:2008-03-14 23:25:41
渡辺淳一原作、瀬々敬久の新作映画。
瀬々は元「ピンク四天王」の一人だったが、一般映画に進出してから何でも撮るようになった監督で、GacktとHyde主演の『MOON CHILD』あたりが一番有名。
エロでも、コメディでも、SFでも、実在の事件ものでも、何でも手を出すのだが、何となくよく出てくるのが成立しないはずのコミュニケーションが成立するっていう展開かな。
井川遥と豊川悦司の『DOG STAR』は人間と飼い犬の、『RUSH!』は言葉の通じない日本人チンピラと韓国人娘の、『SFホイップクリーム』は異星人同士の(笑)不思議なコミュニケーションを描いた映画だ。
本作は主人公の女性(小島可南子)とその妹の夫(いしだ壱成)の間に本来起こるはずのない「純愛」を描いた作品である。
「大人の純愛」とか銘打っているが、ベッドシーンが3回もあって客席もおっさんおばさんばっか。さすが渡辺淳一原作(笑)

「泪壺」というのはガンで死んだ妹が夫・雄介に残した遺言によって作られた、遺骨でできた壺のこと。
真ん中にあるひと筋の傷が彼女の泪のように見えるのでそう呼ばれている。
姉の朋代は、はるか昔17歳の時に偶然家にやって来た雄介に恋をし、妹の夫になったあとも妹が死んで雄介が独りになったあとも、秘めた想いを一向に打ち明けられない。
小さい頃から姉ばっかり怒ってきた強面の父親も世間に顔向けできないようなことはするなと釘をさし、朋代はそんな時いつもしてきたように涙を振り絞りながらどこまでも全力疾走する・・・

何がいいって随所で出てくるこの全力疾走の美しいこと!
そしてまだ3人にしがらみのなかった青春時代の映像の美しいこと!
それから20年もの間、恋焦がれてきた朋代という不器用な生のあまりに哀しいこと。
この変わった三角関係を除けばベタなラブストーリーとも言えるけど私は参りました。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】泪壺 <スペシャル・プライス>2015/03/03\1,500amazon.co.jpへ
 【DVD】泪壺2008/06/27\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】泪壺レンタル有り
【広告】