allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

88ミニッツ(2007)

88 MINUTES

メディア映画
上映時間107分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2008/03/22
ジャンルサスペンス
美女が微笑むとき、今夜も誰かが吊るされる──
88(エイティーエイト)ミニッツ [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 1,268
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

 Photos
88ミニッツ88ミニッツ88ミニッツ

【解説】
 名優アル・パチーノ扮する異常犯罪分析医が自らに降りかかった脅威へ立ち向かう緊迫のサイコ・サスペンス。何者かによって88分後の殺人予告を受けた主人公がその凶行を食い止めるべく奔走する姿をリアルタイムで描く。監督は「フライド・グリーン・トマト」「アンカーウーマン」のジョン・アヴネット。
 1997年、若い女性を狙った連続猟奇殺人事件が発生、容疑者としてフォースターが逮捕される。裁判では、FBI異常犯罪分析医ジャック・グラムの証言が決め手となり、フォースターに死刑宣告が下される。それから9年後、シアトルの大学で教鞭を執るジャックは、フォースター死刑執行の日の朝、彼の教え子が新たな猟奇連続殺人事件の被害者になったことを知らされる。その手口は9年前の事件と酷似していた。しかも、フォースターは犯人ではない、とその教え子に喋らせたビデオまで残されていた。そして、当惑する彼の携帯に“お前の命はあと88分だ”との不気味なメッセージが。その直後から、彼の周囲では次々と不可解な出来事が起こる。刻一刻と時間が迫る中、ジャックは徐々に核心へと迫っていくが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ダークリーママ投稿日:2013-11-12 13:49:22
ピンチなわりには余裕こいてるし、女性にはモテモテだし、いい気なものだ。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-06-18 05:54:11
【ネタバレ注意】

今作は、完全にアル・パチーノ頼みの映画でした。
とにかく名優アル・パチーノがカッコイイ!
しかし、製作陣や脇役陣等々の周りが、アル・パチーノの存在感や演技力について行けていない印象が残ってしまいました(・_・;)
アル・パチーノが主演じゃなかったなら、確実にDVDスルーだった気がします。
アル・パチーノのカッコ良さのみ光ってしまった為、今作でパチーノがラジー賞にノミネートされてしまったのはちょっと気の毒でしたね(゚_゚i)

さてさて、そのアル・パチーノが演じたのは、犯罪心理学博士のジャックと言う男でした。
うむむ・・・主人公がジャックでタイトルが『88ミニッツ』と言うことは・・・『24』を意識していたのが明白でしたね。
ただし、ジャック・バウアー同様パチーノのジャックも88分で事件を解決するのかと思いきや、こっちのジャックは88分で死ぬと脅される役柄でした。
ちなみに、アル・パチーノは刑事役じゃないのに、劇中ほとんど刑事と変わらないような行動・所作だったのはご愛嬌と言ったところでしょうか(^〜^)

それにしても渋い!カッコ良い!さすがですねアル・パチーノ!
『俺は教え子とは寝ない』なんて言いながら、こっそりいい思いしてるのに、アル・パチーノぐらいの渋カッコいい男は、スケベ男とはみなされないんですから、うらやましいし世の中不公平ですよね(・ω・)/
冒頭いきなり裸エプロンの女が出てきた時は、何してるんですかアル・パチーノ先生!と思ったものですが・・・。

良くも悪くもアル・パチーノ頼みの映画な為、犯人探しの他に88分と言うタイムリミットとも格闘しなければならないのですが、さすがにアル・パチーノは死なないだろうと想像できてしまうのが難点でしたね。
そう言った意味で、ドキドキ感は半減かな。
時間が迫り来るような緊張感は、私はそれほど感じませんでした(^_^;)
しかし、この『88』に込められた真相が分かる中盤には、88と言う数字に対して相当切なさを感じることになりますね。
つらい思いを乗り越えて、犯罪と向き合っているジャックの哀愁が半端じゃなかったです。(´д`lll)

そうなってくると、犯人が誰なのかと言うことになってきますが、黒幕自体は既に分かっていて、ジャックが死刑執行に追いやったフォースターと言う死刑囚でしたね。
この男に操られて、次々に猟奇的犯罪を実行しているのが誰なのか!
それを考えるサスペンスでした。
何気に美女揃いの脇役陣が、試行錯誤で数々の伏線を張りますが、なんとなくキャスティングの段階と序盤の展開から、2択ぐらいにあっさり絞られますよね(^^ゞ
頑張って伏線を張っている努力は認めますが、男性陣は確実にかませ犬だと言うことは明白ですし、どの美女が犯人かってことだけでした。
私なんかは美女揃いってだけで喜んでしまいましたが、真面目にサスペンスを見ようと思った方は予想通り過ぎて物足りなかったかな?

そんな美女揃いの女優陣ですが、好きな女優のリーリー・ソビエスキーが見れたのは当然うれしかったのですが、アリシア・ウィットと言う女優さんもかなり印象に残りました。
ジュリアン・ムーアを若くしてセクシーにして美人にした(←おい!ジュリアンに失礼だろ!)ような風貌(*^.^*)
監督さんも、おそらくアリシアを相当好きだったんじゃないかなと・・・。
やけにアリシアだけセクシーに撮っているし、好き好き光線が出ているような気がしてなりませんでした:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

投稿者:ハッピーm投稿日:2010-03-23 21:40:41
【ネタバレ注意】

アルパチーノ、割と歳を重ねたと思うけど随分キレのあるスピード感を演出していた。 諸所突っ込みどころというか、伏線があり気になる引っ張り方をしていたから、それほど複雑ではない割にはラストまで程良い引きつけ感があって良かった。  88分の意味には心が痛くなる・・・そんな残酷な・・・
何だかリアルに有りそうそうでゾッとした。 俳優はアルパチーノが良い味の出ているおじさまになっていて素敵だった。 そして私の大好きなリーリーが犯人。  憂いを秘めた役が得意の彼女にはぴったりだけど、個人的に最後は違う感じが良かったな。

投稿者:あくび★投稿日:2009-11-08 10:40:58
アメリカでは「神」扱いのアル・パチーノ、なんとなく縮んだ気がするんだけど(´・ω・`;)。
サスペンス物はたぶん一番多く見てるジャンルだと思うけど、
早い段階で犯人がわかってしまったので個人的には若干「もっとひねれよっ((((ノ`皿´)ノ」と思ってしまったが
どっちにしろ大した話ではなかったな。

確かにみんな怪しい。
だから疑心暗鬼になるのはわかるんだけど。
(てかそれ取ったら何にもないしね(´・ω・`;))
怪しまれたくないのに急に居なくなるキムはなんなんだ?
「どっか行くなら一言言いなさいよアンタ」と思うこと数回。

リーリーちゃんももうすぐママになるのね(´・∀・`)
でもちょっともう少し柔らかい役もやってほしいなぁ、
結構「思ったとおり」の役が多いから・・・。
投稿者:bond投稿日:2009-01-12 12:27:11
【ネタバレ注意】

一応辻褄は合ってるけど、スピード感で一気に観せた感じ。でもって、結局は、感で有罪にしてたって事?リーリーはいい女だけど、この頃路線変更ぎみ?

投稿者:ジーナ投稿日:2009-01-11 21:29:25
展開の速さには驚きましたが、だいぶそれで脚本を誤魔化している感じがしますね。

犯罪心理学の博士という設定をもっと活かして犯人と戦い、追い詰めるような手法を取り入れていれば違ったでしょうが、あっちに行ったりこっちに行ったりとバタバタしているし、ありとあらゆる人を疑っているだけで一切分析しないあたりがかなり期待ハズレでした。
しかも、疑いを晴らしていく過程もほぼ人任せなので見応えが一切ありません。
88分の意味を知っている人物が・・・なんて伏線っぽい事も言っていましたが、直接それが犯人に繋がってたのか疑問だし(つうか88分以前に襲われてるし)・・・サスペンスにしては有効的なヒントが少なく無駄が多すぎる印象を受けました。

もっとメリハリのあるテンポで心理的攻防戦を描いたほうが緊張感ある作品に仕上がったと思います。
序盤の掴みが良かっただけに中盤からの展開が残念でなりません。

キャストは確かに演技派&個性派で豪華ですが、彼らをじっくり味わう見せ方をしていないので評価には含めませんでした。
投稿者:irony投稿日:2009-01-11 14:15:42
【ネタバレ注意】

脚本の粗さを、スピーディー&素頓狂な展開で誤魔化しつつ、観客に考える時間を与えない 冒頭から何にしても情報が少ないのよね だから最後に、「えっそんだけ?」ってな感じで終わっちゃった感じ 黒幕は何度見ても、やっぱりGIジョーに似てる

投稿者:新・映画の都投稿日:2008-10-25 21:45:31
解明した真相には、本当にそこまでできるのかのツッコミを入れたくなるが、
テンポも良く、アル・パシーノ主演のサスペンス物て意外と少ない事もあり、楽しく見れた。67歳位なのに走ってましたねえ。携帯電話でずっと話してました。そういう姿って昔はあまり見ない姿だったからうれしかった。でも、ホン選びにうるさかった若い時には、こういう作品には出演しないでしょうね。
悪役を演じたニール・マクドノー。「バンド・オブ・ブラザース」の時にとても印象的でいい役者だと思った。これからも頑張って欲しい。
投稿者:aaf投稿日:2008-07-26 18:14:10
まぁまぁ面白かったです。緊張感があったし誰が実行犯なのか?
っていう興味もあったし。
猟奇殺人の方はちょっとエグいですのでその辺が嫌いな人は
見るのを避けた方がよさそうですね。
ただサスペンスと銘打っていますが犯人たる証拠となるものが
序盤になにも示されていません。
ミスリードさせるものだけは散々提示されているにもかかわらず
だから犯人を勘で当てるしかない。
この辺は脚本の弱さでしょうね。演出は良かったです。

にしてもアメリカって物的証拠なしで死刑になるわけ?
恐ろしい国だ。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト主演男優賞アル・パチーノ 「Righteous Kill」に対しても
 □ ワースト助演女優賞リーリー・ソビエスキー 「In the Name of the King: A Dungeon Siege Tale」に対しても
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】88ミニッツ2008/07/11\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】88ミニッツレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION