allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミラクル7号(2008)

長江七號
CJ7

メディア映画
上映時間88分
製作国香港
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2008/06/28
ジャンルコメディ/ドラマ/SF
超ビンボー親子が出遭ったのは、
救いの神か──
ミラクル7号 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 2,980
USED価格:¥ 1,077
amazon.co.jpへ

 Photos
ミラクル7号ミラクル7号ミラクル7号ミラクル7号

【解説】
 「少林サッカー」「カンフーハッスル」のチャウ・シンチー監督が、自身初となるSF映画にチャレンジした痛快ドタバタ・コメディ。貧乏だけど強い絆で結ばれた父子が、ひょんなことから不思議な地球外生命体と出会ったことから巻き起こる奇想天外な大騒動を描く。チャウ・シンチー演じる父親の息子ディッキーを演じた新人子役のシュー・チャオは、実際には女の子でありながら少年役に抜擢され話題に。
 母親を早くに亡くし、父ティーと2人暮らしの小学生ディッキー。超が付くほど貧乏にもかかわらず、“息子には最高の教育を”と願うティーは無理をしてディッキーを名門小学校に通わせていた。しかし、お金持ちの子どもばかりが通う学校では、貧乏なディッキーは当然のようにイジメの対象に。そんなある日、ガキ大将のジョニーが学校に持ってきた最新のペット型ロボット“ミラクル1号”が無性に欲しくなったディッキーは、ダダをこねてティーと衝突してしまう。その夜、ティーはゴミの山で偶然見つけた緑色の物体をディッキーのオモチャにと持ち帰る。やがて、それはつぶらな瞳を持った四本足の不思議な生物に大変身。すっかり大喜びのディッキーはそれを“ミラクル7号”こと“ナナちゃん”と名付けると、学校で自慢するべく意気揚々と登校するのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
435 8.75
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-11-26 13:46:49
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:真壁 六郎太投稿日:2011-06-03 22:43:40
大人向けなのか子供向けなのか良くわからない。どちらにしても喜劇と悲劇のバランスがちょっとまずかったかなぁ。というか見所がない。あんまり笑えません。
投稿者:藤本周平。投稿日:2008-07-19 12:53:28
もっとギャグを期待してたけど結構かわいそうで途中で泣いてしまいました。それにしてもナナちゃん可愛いなぁ
投稿者:まくらK投稿日:2008-07-07 14:32:03
脱線しまくりな展開がよろしい。
手のひらや足でつぶすxxxxとか、巨大女子小学生とか。
この1/100でも少林少女にチカラかしてくれてたらなあ・・・
前編アフレコなんが気になってしょうがなかったですが。
投稿者:hanya投稿日:2008-06-26 03:01:40
【ネタバレ注意】

これをSF映画と銘打つのは間違っているよ。
まあ、それはさておき。
心の目線をたくさん持っている監督だ。
さまざまな行動、心の動き、何気なくやっちゃうこと、そんなことを良く見ていて、大切に抱えていられる人なんじゃないかなあ。
だからこそ脚本から主演から監督からこなせてしまうのだろうけど。
頭の良い人なんだろうなあ。

予定調和の中、存分に魅力を発揮してくれる。
分かっているのに、涙しちゃう。あんなふうにされたら。
へたな人がするとしらけちゃうとこでも、この監督と主演の子にかかれば、背中をとんと押されて最後の一歩を踏み出しちゃうかんじ。
ほかにも、随所にある、親子の愛情を感じる場面や、学校の先生たちやクラスメートたちなんかの描写とかも、万人の共感を得るんじゃなかろうか。

いろんなパロディも笑う。しかもちゃんとあの子の中でのことってのがうまい。
わかりやすいところから持ってきてくれるので、くるぞくるぞ、キターって感じで笑える。
制服姿とかは、知らなかったら男の子にしか見えないけど、さすがに短パン姿だと女の子、でした。けど、ほんとに養子にしちゃうってのにはびっくり。

投稿者:Ryuichi投稿日:2008-02-17 21:44:29
ストーリーはなんちゃないし、ラストの展開も途中で見えてしまいましたが、それでも、十分に楽しめる映画でした。
カンフーハッスルのときもそうでしたが、周星馳(チャウ・シンチー)という監督、観客の心理を心得ているのか、見せ方が上手いんですよね〜子供向けのようで、大人もしっかり楽しめる作品に仕上がっています。
特にミラクル7号という宇宙犬ロボットは、ぬいぐるみが買いたくなるぐらいに魅力たっぷりのマスコットキャラクターです。愛くるしい眼がとても可愛かった〜
名作とまでは言えないまでも、記憶には残る作品です。

http://vicky-ryu.spaces.live.com/
【レンタル】
 【Blu-ray】ミラクル7号レンタル有り
 【DVD】ミラクル7号レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION