allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

痛いほどきみが好きなのに(2006)

THE HOTTEST STATE

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2008/05/17
ジャンルロマンス/ドラマ/青春
映倫PG-12
どうしようもない
あの頃の僕たちが、ここにる──

男は俳優の卵 女はミュージシャン志望 ふたりはNYで出逢った
痛いほどきみが好きなのに [DVD]
参考価格:¥ 3,990
USED価格:¥ 500
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」のイーサン・ホークが自伝的小説を自らメガフォンをとり映画化したビターな青春恋愛映画。主演は「ストーリーテリング」のマーク・ウェバーと「そして、ひと粒のひかり」のカタリーナ・サンディノ・モレノ。
 ニューヨークに暮らす俳優の卵、ウィリアム。気ままな毎日を送る彼はある日行きつけのバーで、ミュージシャンを目指してニューヨークに出てきたばかりの女性、サラと出会う。自分でも不思議なほどサラに心奪われてしまったウィリアム。サラもまた彼に惹かれていくが、過去の辛い失恋の記憶が彼女を臆病にしてしまう。そんな時、ウィリアムはサラをメキシコ旅行に誘う。暑い情熱の地で2人はついに結ばれ、結婚まで誓い合うのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-14 23:58:08
イーサン・ホーク監督・出演作。肝心のイーサンはどこに出てるのと思いつつ見ていると最後の10分辺りで登場。実体験に基づいた作品とのこと。「恋人までの距離(ディスタンス)」三部作ほど心は揺さぶられなかったものの、心温まるなかなかの好作であった。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-08-03 03:03:42
男女の複雑で細かな心情に焦点を当てた恋愛ドラマです。
女性心理も含まれていますが、メインは女心に翻弄され苦悩する男の視点で描かれているので「女の気持ち」に関しては物足りない印象を受けるかもしれません。

ちょっとした事で不穏な空気が流れる恋愛感情の危うさや我に返る瞬間などは上手く表現していたと思います。
盛り上がる恋心や冷えていく関係を会話から見せていく手法はイーサン・ホークらしいですね。
やたら性的な描写が多かったのは、若さを出したかったのか青さを出したかったのか・・・?

主人公を演じたマーク・ウェバーは後半のウジウジ感は最高にハマっていたのですが、序盤のモテキャラがどうにも納得できなかったですね。
だんだん素敵に見えてくるようなキャラでもないので、第一印象に抱いた違和感がミスキャストに思えてしまって残念でした。
中肉中背、だけど個性があって笑顔が魅力的なヒロインを演じたカタリーナ・サンディノ・モレノは良かったです。
父親を演じたイーサン・ホーク、母親を演じたローラ・リニー、元カノを演じたミシェル・ウィリアムズなど脇を固めた俳優陣は存在感もあって見応えありです。
ミシェル・ウィリアムズの美脚も健在です。

良く言えば一途に彼女を想う主人公ですが、引き際を知らない男性の姿はただただ痛々しく観ていて気分が滅入るのが難点。
未練がましい男が嫌いと言うだけではなく、恋愛が上手くいかなくなる前から自分の思うようにならないと子供のような態度に出てしまう主人公に魅力を感じられなかったのがイマイチ入り込めなかった原因かも・・・。
キャラクター性を変えないならもう少し見栄えのする役者さんのほうが良かったでしょうね。

父親と母親の若かりし頃を描きこんでいるのは面白かったです。
ただ、両親の関係が自分の恋愛に影響を与えている・・・みたいなこじ付けは要らなかったカナ。

下手にドラマチックにする事無く、冷静にみずみずしさと現実味のある恋愛を描いた点は良かったですね。
それなりの恋愛経験のある方なら何かしら共感できる部分があると思いますよ。
・・・感情移入できるかどうかは別ですが(爆)

全体的に流れる音楽の音色は心地よく響いてきますし、趣もあって素晴らしいのですが、、いかんせんエンドロールの日本語に興ざめでした。
舞台となるニューヨーク、旅行先のメキシコ、、部屋のインテリアなど雰囲気作りも見事だったのですが衣装がイマイチなのが勿体なかったです。
イーサン・ホークというのは、センスがイイのか悪いのか判断しにくい監督さんなんですね(笑)

展開が遅めですし気持ちの良い作品では無いのでオススメはしませんが、イーサン・ホークの体験記らしいので興味がある方はチェックしてみるとイイかもしれません。
何時間でもくだらない恋愛の悩みを聞いてあげられる方なら飽きずに鑑賞できると思いますよ(爆)

学習;サプライズは時に嬉しいが、予定を狂わすサプライズは迷惑この上ない。
投稿者:Longisland投稿日:2008-05-26 23:21:01
イーサン・ホークが自分の体験(失恋)を綴った小説を自ら脚本化、そんでもって監督、さらに主演こそしてないものの出演、イーサン・ホークという男の失恋の心の痛みの思い出を描いた作品。 なんだ、イーサンあんたも失恋したとき辛かったんだ、解るな〜ぁ自分と同じジャン…などと感心というか共感。
思うにここまで情けなくも正直に男の視点から失恋を描いた映画って思い出せない。時間が経っても古傷のように疼く痛み、何回も想い出す楽しかった思い出、男って失ってから大切さに気付き引きずっちゃうんだよね。
映画の出来云々よりイーサン・ホークという中年男の素っ裸の心を、男の恋に対する馬鹿さ加減を、激しく感じました。
ノラ・ジョーンズをはじめとする音楽も秀逸(明日サントラ買う)、モレノ嬢もちょっと太っちゃったけど(だからリアリティーがある)魅力的、人生中盤に差し掛かった中年男性としてはマジに泣けた。つうかさ昔の彼女とその恋愛思い出しちゃって辛い、劇場から帰宅する夜道とめどなく涙が…若造笑うな!
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】痛いほどきみが好きなのに2009/09/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】痛いほどきみが好きなのにレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION