allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

火垂るの墓(2008)

メディア映画
上映時間100分
製作国日本
公開情報劇場公開(パル企画)
初公開年月2008/07/05
ジャンルドラマ/戦争
あの不朽の名作が実写映画化!!

1945年神戸。戦火のなか、孤児となった幼い兄妹は精いっぱい生きようとした──。
火垂るの墓 [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 2,347
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:日向寺太郎
製作:石川博
川城和実
桐畑敏春
久松猛朗
横倉信夫
鈴木ワタル
企画:大橋孝史
プロデューサー:伊藤成人
河野聡
南條昭夫
磯田修一
原作:野坂昭如
『火垂るの墓』(新潮文庫刊)
脚本:西岡琢也
撮影:川上皓市
美術:中川理仁
美術監修:木村威夫
編集:川島章正
音楽:Castle In The Air
照明:水野研一
録音:久保田幸雄
助監督:酒井長生
出演:吉武怜朗清太
畠山彩奈節子
松坂慶子未亡人(清太の親戚)
松田聖子雪子(清太の母)
江藤潤本城雅夫
高橋克明清太の父
山中聡高山道彦
池脇千鶴若い未亡人
千野弘美本城君枝
谷内里早本城昭子
鈴木米香本城和子
萩原一樹未亡人の息子
矢部裕貴子未亡人の娘
原田芳雄町会長(西宮)
長門裕之町会長(御影)
【解説】
 野坂昭如による不朽の名作を実写映画化した戦争ドラマ。空襲に遭い、戦争孤児となった幼い兄妹が2人だけで懸命に生きていく姿を真摯な眼差しで綴る。兄妹役は吉武怜朗と畠山彩奈、共演に松坂慶子、松田聖子。監督は「誰がために」の日向寺太郎。
 1945年6月、神戸全域を空襲が襲う。幼い兄妹、清太と節子の家も焼かれ、最愛の母も命を落としてしまう。出征した父とも連絡が取れないままで、清太は節子を連れて西宮の親戚の家に世話になることに。しかし結局その家の未亡人に冷たい仕打ちを受けることとなり、清太は節子を守るため、その家を出て防空壕での2人だけの生活を始めるのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
火垂るの墓(1988)劇場アニメ版
火垂るの墓(2005)実写TVムービー版
火垂るの墓(2008)実写映画版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
11 1.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2011-09-12 20:02:23
約20年越しの実写バージョン。やっぱりアニメのイメージが強すぎるけど、そこそこの感動は得られると思う。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-06-17 00:38:02
【ネタバレ注意】

高畑勲監督による1988年のアニメ版が広く知られているだけに、実写化に相当の覚悟が必要だったろう。
率直な印象でいうと、アニメの情感を損なうことなく淡々と描いた秀作に仕上がっていて、違和感は殆ど感じなかった。
兄妹を演じた吉武怜朗、畠山彩奈は好演。栄養失調状態で飢えた子供に見えないのは仕方がないが、ひたむきな兄妹の様子は胸を打つ。
悪役?の遠縁のおば役を演じた松坂慶子も憎々しくよい。松田聖子は「?」だが…(苦笑)。
自らが生きることで精一杯な大人たちの妬みが、暴力として他に向かう姿は、混乱期に生じがちな心性の表れだ。戦争が背景にありながら、そこには時代を超えた普遍性がある。

この作品、もともとは黒木和雄監督がメガホンを取る予定だったが、黒木監督が2006年4月に急逝したことから、黒木門下生ともいえる1966年生まれの日向寺太郎が監督することになった。一旦は辞退したものの、美術の大御所木村威夫に「再現ではなく表現するんだ。体験の有無は関係ない」と背中を押されて引き受けたのだという。
黒木監督仕込みと感じさせる演出も随所にあり、切ないまでの痛みを現在に伝える作品に仕上がっていると思う。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】火垂るの墓2009/03/27\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】火垂るの墓 メイキング -夏、僕たちの知らない戦争-2008/08/08\1,886amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】火垂るの墓レンタル有り
 【DVD】火垂るの墓 メイキング -夏、僕たちの知らない戦争-レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION