allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

大決戦!超ウルトラ8兄弟(2008)

メディア映画
上映時間97分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2008/09/13
ジャンル特撮/ヒーロー
この世界を、僕が守る
大決戦!超ウルトラ8兄弟 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,200
USED価格:¥ 2,730
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:八木毅
監修:円谷一夫
チーフプロデュー
サー:
鈴木清
脚本:長谷川圭一
CGI監督:渡部健司
撮影:高橋創
美術監督:大澤哲三
美術デザイナー:稲付正人
編集:松木朗
音響効果:岡瀬晶彦
主題歌:V6
『LIGHT IN YOUR HEART』
VFXスーパーバ
イザー:
斉藤隆明
エフェクトスーパ
ーバイザー:
藤下忠男
照明:武山弘道
操演:根岸泉
上田健一
特技監督:八木毅
録音:石貝洋
監督補:日暮大幹
ナレーション:石坂浩二
出演:長野博マドカ ダイゴ
つるの剛士アスカ シン
吉岡毅志高山 我夢
五十嵐隼士ヒビノ ミライ
黒部進ハヤタ シン
森次晃嗣モロボシ ダン
団時朗郷 秀樹
高峰圭二北斗 星司
吉本多香美
桜井浩子
ひし美ゆり子
榊原るみ
星光子
斉藤りさ
橋本愛
高野八誠
佐原健二
(友情出演)
木之元亮
(友情出演)
風見しんご
(特別出演)
中田宏
(特別出演)
川地民夫
(特別出演)
【解説】
 横浜を舞台に、昭和の4大ウルトラマンと平成の4大ウルトラマンが夢の共演を果たした特撮ヒーロー・アクション。長野博、つるの剛士、黒部進、森次晃嗣、団時朗はじめ、新旧ウルトラマン・シリーズを彩ったオリジナル・キャストたちが豪華に大集結。監督はTVシリーズ「ウルトラマンメビウス」の八木毅。
 子どもの頃、アスカ、我夢と一緒にテレビの「ウルトラマン」に夢中になったダイゴだったが、大人となった今では、横浜市役所の職員として平凡な毎日を送っていた。ところが、いつしかダイゴの脳裏には横浜を守る何人ものウルトラマンたちの勇姿が見えるようになる。しかも、ウルトラマンに変身するのは近所のごく普通のおじさんたち、ハヤタ、ダン、郷、北斗たちだった。そしてある時、ダイゴはついに本物のウルトラマンメビウスと遭遇する。ダイゴのいる世界とウルトラマンの世界が交錯してしまったのだ。そしてメビウス=ミライはダイゴに、怪獣を倒すためには7人の勇者が目覚めなくてはならないと語るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:投稿日:2009-01-26 21:29:18
平成のウルトラマン、っていうよりレオ以降はほとんど見ていなかったのに、ハヤタやモロボシ・ダンだけでなく、アキコやアンヌも出ているというので、息子と一緒にDVDで鑑賞。

夢をすっかり諦めた連中が、ちょっと努力しただけで夢が叶うってのは、教育上どうなの?とか脚本に文句をつけたい点は色々あったが、これだけ役者さんを揃えてくれれば、大きいお友達はみんな大喜びでしょう。

リアルタイムで見たのは新マンからという私にとっては、岸田森の遺影が飾ってある坂田モータースで今も流星一号の製作を続けている様子や、当時の南夕子がそのまんま出てきたような星光子の実の娘(明らかに一人だけ素人。榊原るみの娘さんも女優だったんですな)など、ツボが沢山。

フラダンスのシーンなんて、子ども達にとっては明らかに不要だけど、お父さん達へのインパクトは大。アンヌって60になってるはずなのに、あの可愛らしさは異常。

でも一番ウケたのは、ミライの「ジャック兄さん!分かりませんか?じゃあ新マン兄さん!帰りマン兄さん!」という台詞。「ウルトラ兄弟」という概念には最初から馴染んでるが、ジャックなんて後付けの名前なんか知らねーよ、という私らの世代が一番楽しめたんじゃないでしょうか。

あと、ウルトラマンってマッハなんぼで飛べるのに、戦う時に飛ぶことはほとんどなかったわけだけど(宇宙人の円盤を追っかけて破壊したくらい?)、CGの時代になってウルトラマンの空中戦が見られるようになったのは結構感動。
【レンタル】
 【DVD】大決戦!超ウルトラ8兄弟レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION