allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

まぼろしの邪馬台国(2008)

メディア映画
上映時間118分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2008/11/01
ジャンルドラマ
二人の旅が、やがて日本中に
旋風を巻き起こす。
まぼろしの邪馬台国 [DVD]
価格:¥ 999
USED価格:¥ 6,500
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堤幸彦
原案:宮崎康平
『新版 まぼろしの邪馬台国』
脚本:大石静
撮影:唐沢悟
美術:相馬直樹
編集:深野俊英
音楽:大島ミチル
照明:木村匡博
録音:田中靖志
出演:吉永小百合宮崎和子
竹中直人宮崎康平
窪塚洋介佐々木一馬
風間トオル矢沢
平田満和子の父
柳原可奈子玉子
黒谷友香吉岡静香
麻生祐未和子の母
綾小路きみまろ綾ばあさん
不破万作具雑煮屋
大仁田厚人夫
宮崎香蓮和子(幼少時代)
岡本信人村井
大槻義彦学者
草野仁司会者
井川比佐志吉川英治賞主催者
石橋蓮司戸田亮吉(島鉄副社長)
ベンガル岩崎伸一(島鉄役員)
江守徹江阪(有明銀行頭取)
大杉漣古賀(ラジオディレクター)
余貴美子佐野明子
由紀さおり克江(島月旅館おかみ)
【解説】
 島原鉄道の重役として郷里・島原の発展に尽力する一方、昭和40年代初頭に発表した『まぼろしの邪馬台国』で邪馬台国論争に一石を投じ、日本中に邪馬台国ブームを巻き起こした全盲の郷土史研究家・宮崎康平とその妻・和子が二人三脚で辿る波瀾万丈の人生を映画化したヒューマン・ドラマ。盲目のハンデを抱えながら邪馬台国探しに執念を燃やす康平と彼を献身的に支える和子が織りなす夫婦の愛と絆を描く。主演は吉永小百合と竹中直人。監督は「20世紀少年」の堤幸彦。
 昭和31年、NHK福岡に勤務する和子は、そこへ訪れた島原鉄道の社長で郷土史家の宮崎康平と運命的な出会いを果たす。盲目の康平は、邪馬台国の実像を知ることが日本人の起源を探ることである、と力説する破天荒な男。そんな、彼が始めた島原観光バス事業に、和子はほどなくして雇われることに。だがある時、島原が記録的な集中豪雨に見舞われてしまう。そして鉄道の復旧作業の際、次々と土器が発掘されたことを機に、康平は邪馬台国を探し出すことへ熱中し始めるのだった。また、和子が彼の生涯の伴侶となり、魏志倭人伝、日本書紀、古事記を読み聞かせ、一緒に九州各地を巡りながら邪馬台国の場所を追究、それはいつしか2人の夢となっていく…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-09-29 19:42:44
作家宮崎康平の半生を描いた作品。吉永小百合が実に綺麗だ。
竹中直人演じる宮崎康平と、吉永小百合演じる妻和子の組み合わせは、かなり意外だが不思議と違和感無く観られる。それは、いつもの演技過剰な竹中直人を、演技でしっかりサポートしている吉永小百合のおかげだろう。その彼女の存在感と他の俳優たちとのギャップが大きいため、作品のテーマの大きさの割には小じんまりとした映画になってしまった。ところどころに用意されている泣かせどころの場面も、吉永小百合の演技あってのこと。すべてが彼女の独り舞台だ。
画面いっぱいに広がる島原の景色が本当に美しい。
投稿者:bond投稿日:2010-04-29 12:02:40
よくもまああ、あんな亭主に献身的につかえたもんだ。ええ話やな〜。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 15:58:49
竹中直人
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2008-11-17 17:08:08
【ネタバレ注意】

出資者となる50歳以上の役員クラスにとって
最も人気のある吉永小百合の変わりばえしない映画。
しかしその年齢層は映画を見に行かないからヒットするわけない。
吉永さんは年齢よりはそりゃあ、若くはみえるけどねえ。
毎回毎回、これまでにない新しい役に挑戦するとほざいているが
似たような作品ばかりのイメージがあります。

ドキュメンタリーとかのナレーションをよくやっていますが
この人は声が悪いですよね。

タランティーノ作品や、ソウ6に出演とか言ったら
必ず観ますよ。

投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2008-11-17 00:29:00
【ネタバレ注意】

 さだまさし『関白宣言』のモデルといわれる宮崎康平・和子夫妻を描いた佳作。
 身勝手な夫とそれを支える妻は、あたかも『自虐の詩』のその後のよう。ついでに、余貴美子の登場は『おくりびと』のその後のよう:-)

 プロダクションノートによれば、実際の宮崎和子さんは、盲目の康平を支えるのが大変だったか訊かれて、「いいえ、楽しかったですよ」と答えたそうだ。
 『関白宣言』以上に身勝手な振る舞いをされた妻がそれを楽しんでいたこと、邪馬台国探しに執念を燃やした夫がやがて「そんなことはどうでもいい」と語ること。劇場内は老夫婦が多かったが、みな画面から伝わる温もりを感じていたことだろう。

投稿者:Longisland投稿日:2008-11-10 21:35:58
金券屋さんで投売りされてた前売券を手に公開2週目週末最終回渋TOEI,愆儺18名・・・ガラガラ。
作品前半は「ALWAYS三丁目の夕日」か「フラガール」かと思わせる昭和ノスタルジー風、後半はベタベタな夫婦愛物・・・まあ共に近年邦画ヒット要素を盛り込み、最近流行の(成功例は少ないが)地方都市ご当地物、どんな企画でも貪欲に映画化する堤監督(褒めてるんですよ一応)を起用、そして監督が使いこなせれば名優となる(はずの)竹中直人、そして最大のウリである吉永小百合etc。きっと企画書段階では成功が予感できる作品だったんだろうが・・・そう簡単に映画の神様は降臨してくれないんだな〜ぁ。

最大の問題点は御歳63歳に実年齢の半分の役(博多のアナウンサー時代)を演じさせていること。傍若無人金髪監督でさえアップどころかバストショットを封印(山田洋次でさえ出来なかったもんな)、一本調子の演技スタイルを何とか生かそうとするスタッフの涙ぐましい・懸命な努力が映像から滲み出てきている・・・しかしそれは観手の感情を揺さぶらないんだな〜ぁ。

しつこい演技が鼻につくことが多い江守徹が本作では抑えた演技で好演。
竹中直人のやり過ぎさもギリギリ許容範囲、窪塚洋介・大仁田厚・草野仁・黒谷友香等々夥しいカメオ出演者もよく整理されているんだが・・・やはり吉永小百合がね〜ぇ。

暴論だが、吉永小百合をぶっ壊すのは(新境地開拓させれるのは)三池監督あたりしかおらんのかな〜ぁ。
投稿者:quiet man投稿日:2008-11-05 09:51:11
これまで何度も経験した邦画の展開とセリフ。脚本が大石静だとエンドロールで知ったとき、腑に落ちました。手前にカメラが有り、その前で騒々しい役者は騒々しく、一生懸命な方は生真面目に、汚れ役は精一杯蓮っ葉に演じたのでありました。葬儀に余貴美子扮する前妻が来ての顛末たるや、松竹大船メロドラマかと思いました。だけど、ここで思わずホロリと、加齢涙腺症候病にやられたのも事実ですが。
実際の人物は、違う視点の描き方って無いのかと思うほど定型的な映画でした。
小百合さまは、アンタッチャブルな存在に昇華されちまったので、製作側でも
いかんともしがたいってことなのか、40数年前の演技を少しも逸脱しないのは
「継続は力なり」と評価すべきなのか・・・。
投稿者:はこまる投稿日:2008-11-01 22:46:04
館内ガラガラ。虚しく響く大島ミチルの音楽と竹中直人の怒鳴り声。かなりガマンして観てたけどダメだったわ・・・。上映の途中で退席なんて、貴重なお金と時間は別にしても、これはお互いに不幸なことだと思う。忘れよう。東映さん、しっかりしてくださいよ。

えっ、吉永小百合はどうだったかって?。そんな女優さんは文字通り「まぼろし」でしょう。
投稿者:hanya投稿日:2008-10-08 17:21:39
存じませんでしたが、有名人なのですね。
島原の子守唄ってこの人が作ったのかあ。
開拓者というものは、やはりこうカリスマ性に富むものなのかな。
パワフルさ加減は面白かった。
邪馬台国に関しての知識があるならば、探る旅も楽しめたかも。
オープニングのナレーション(国名の読み上げ)がすごく素敵。鳥肌もの。
さすがさゆりさん。そこだけだけど。あと怒っても上品。
堤監督は、あんまり上手じゃないなあと再認識。静止画は綺麗なんだけど。
フレームを左右に揺らすのをどうしてもやりたいんだね。変なきり方とか。
だいぶ今作では抑えてあった気もするけど。
小説で読んだ方が面白そうな話だった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞吉永小百合 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】まぼろしの邪馬台国レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION