allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

インクレディブル・ハルク(2008)

THE INCREDIBLE HULK

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2008/08/01
ジャンルアクション/SF/アドベンチャー
その「力」、ためらうな。
アイアンマン/インクレディブル・ハルク [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 1,757
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 2003年にアン・リー監督、エリック・バナ主演で実写映画化されたマーベル・コミックの人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンが主演に加えて自ら脚本にも深く関わる熱の入れようで、装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。共演はリヴ・タイラー、ティム・ロス。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。
 科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートルもの巨大な緑色のモンスター=ハルクに変身する特殊体質となってしまう。それ以来、彼を利用しようとする軍の追跡を逃れ、ブラジルに身を隠して治療薬開発と細胞の解明に専念するブルース。しかし、ふとした出来事からブルースの居場所が割れてしまい、ロス将軍によって送り込まれた特殊部隊員ブロンスキーらに包囲されてしまう。だがその時ブルースはハルクへと変身、部隊を一蹴し、間一髪のとこで逃亡に成功するのだったが…。
<allcinema>
【関連作品】
超人ハルク(1978〜1982)オリジナルTVシリーズ
ハルク(2003)劇場版第1弾
インクレディブル・ハルク(2008)劇場版第2弾
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
645 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2013-08-09 11:31:33
マーベル・コミック人気キャラのリメイクである。
今回のハルク役は、E.ノートン。インテリ風で地味な二枚目である。彼女役のL.タイラーはなかなかエレガントだが、こちらも地味である。そんな地味な二人組が、別人格の怪物であるハルクと真剣に向き合って一生懸命受け入れようとするところが微笑ましく、つい応援したくなるのだ。
ハルクのSFXが画面の中に溶け込まずに浮いているのは前作と同じだが、ただただ暴れていた前作と違い、今回はキングコングと美女にあるような古典的なパターンを入れたのでグッとドラマのレベルがあがっている。
ハルクの対戦相手となるT.ロスが、一途な怪物役を演じていて印象的だ。
投稿者:遊乃舞寧夢投稿日:2013-04-14 10:19:41
でした(分かる人いないか)。
このCGだったら、着ぐるみのガイラの方が怖かったなぁ。
人間バリバリ食べちゃうし(笑)。ビバ東宝!
・・・今じゃ日曜大工センター(悲)。

ブラジルの密集住宅の俯瞰の光景が一番印象的でした。
これはCGじゃないですよね?

ある意味、壮大なモニュメントバレーの景色とは対象的な
ごみごみさの極地・・・地球に住み着いてる生物、人間を
感じました。

リブ・タイラーはやっぱりお父さんによく似てます。
とくに唇。タクシーの運転手に毒づくあたり、ロック魂が炸裂!

ピザで簡単に買収されてニヤニヤの大学の警備員、
やけにいい体格と思ったら、元祖テレビ版のハルク演じてた
ルー・フェリグノさんだったんですね。人間に戻って、ちょっとスリムに
なってました。

このフェリグノとグレイシーの対決の方が面白かっただろうなぁ。
次の「アヴェンジャーズ」には、ヒクソン兄弟にも参加してもらいましょう!
本当に闘ったら、一番強いのは言うまでもありません(笑)。
投稿者:gapper投稿日:2012-08-16 22:27:03
【ネタバレ注意】

 推定制作費15,000万ドル、総収益約26,343万ドル。

 始まりは、アン・リー監督の「ハルク(2003)」の続編のようなルイ・レテリエ監督のリメイク作品。
 制作費も収益も若干上回っているが、大差は無い。
 しかし、IMDbのポイントは「ハルク(2003)」が5.7ポイントに対して、こちらは7.0ポイントと随分離れている。

 これは、「ハルク(2003)」は、かなりアニメを意識していて、そのため子供向けのイメージが強いからではないかと思う。
 父と子の確執がサイドストーリになっていて、実際は逆であると思う。
 リヴ・タイラー演じるベティは優しそうだが頭は悪そうだし、今回敵となるブロンスキー(ティム・ロス)は戦闘オタクだ。

 でもベティ(ジェニファー・コネリー、リヴ・タイラー)は、どちらも肉体的下り坂の元かわいい女優なのはなぜに?
 どちらも30歳過ぎで内容的には合っているのかもしれないが、ヒーロー物としては20代のピチピチ女優にして欲しかった。
 ジェニファー・コネリーはストイックにやせすぎて、リヴ・タイラーはゆるくなっている。
 女優は、大変ですね。 そういえば、40過ぎてシャロン・ストーンも何かでぼやいてました。

 それにしてもラストの”仲間を集めている”って、こんな前から「アベンジャーズ(2012)」を企画してたんですね。
http://gapper.web.fc2.com/

投稿者:Kircheis投稿日:2011-10-10 02:23:27
出演者が総入替えになってどうなるんだろ!?と興味はあったが、まさかの前作とは全く繋がりの無い別物語だった。

エリック・バナとエドワード・ノートンは異なる魅力があってどっちが良いとは言えないのだが、ヒロインは前作の設定がブレブレだったこともありジェニファーよりリヴ・タイラーが気に入った。

しかしあそこまでブルースに将軍が執着する理由もいまいちだし、ティム・ロス演じる悪物も超人になりたいと願うに至る心の動きが描けてないので薄っぺらいキャラになってしまった。

ラストシーンは前作の方が晴れ晴れして良かった。

最後のロバート・ダウニーJrの登場シーンは単純にびっくり!!
投稿者:terramycin投稿日:2011-08-06 00:58:09
【ネタバレ注意】

最初のプロローグをはしょり過ぎと感じた。
そして、ハルクのズボンはシャツと異なり、伸縮自在なのを説明してほしかった。

途中、ヒクソーン!が登場したのは予想外でよかった。

戦闘シーンは迫力があり見所があった。どうやって撮影しているのかも知りたいほどCGとの組み合わせが見事であった。

敵役ティム・ロスも主役のお株を奪うほど良く目立っていた。
ただ変身はハゲでパンツ無しでグロかった。

終わり方も良かった。アイアンマンのスターツが出てきて、この物語に続きがあることを示唆して終わるという作りが。

投稿者:Normandie投稿日:2011-07-18 19:39:57
E・ノートン始め好きな俳優ばかりで素直に鑑賞に堪えられました。
投稿者:nedved投稿日:2011-01-20 15:23:33
エドワード・ノートン
投稿者:なちら投稿日:2010-04-05 15:46:24
ハルクスマッシュとな!?
いや、元々ある物だろうからイイんだけど、映画版しか知らん自分にとっては、
技を考え名前を付けるっつーハルクである事を肯定する行為に驚きを隠せないよ。

出演者が妙にシリアスだから、伸びる素材のパンツを選んだり、タクシーにキレまくったりする
ふざけた場面が浮いて見えて変だった。
自分としては将軍がS・エリオットのままでちょいユルな雰囲気が欲しかったなぁ。

T・B・ネルソンの脳ミソはどうなったんだろう!気になる。
投稿者:uptail投稿日:2010-02-03 12:33:48
演出:7
演技:8
脚本:7
音響:7
投稿者:namurisu投稿日:2010-01-26 13:27:49
ノートンがイイ。ロスはセコイ。ヒクソンにビックリ。スコープで撮った監督はエライ。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-12-13 13:59:50
【ネタバレ注意】

男を微笑みの内に包み込むような?最強のキャラクターを作ってます。世話焼きで優しく且つ平和主義者。ベッドで「良いのよぉ坊や〜」じゃないですが。
〜眼鏡までお洒落。そして何かそんな姿と間逆では有りますが、NYの暴走キャブ男に怒りをぶつける姿が最高〜達人?エドワード・ノートンのおずおずしたアドバイスが更に輪を掛けます。

ハルクスマッシュか〜そういえばウルトラマンは「スペシュームコーセンッ〜」とか言わないですねぇ…ってか元々無口だけど。まぁこれから繰り出す技を相手に認識させて心の準備をさせるっつーエドワード=ハルクの優しさの一端かもです。

あのブラジルの工場でも何かと虐めてくるヤツがいますよね。何かコイツ弱そう…とかルックス(又は物腰)で判断したらトコトン絡むヤツ(他人が困る姿を見たいヤツ)。俺を怒らせるな…か。たとえ多少の心得があってボコボコにされる事があっても、まさか通常は「巨大化」はしませんからね。いや、飛び道具とか持ってるかも知れず…ヤクで切れてるかも知れず。…触らぬ神に触るのは決して勇気でもなければ格好良い訳でもないので(強いて言えば馬鹿の証明なので)、ヤクザな人は慎みましょう。

イマカレが彼女の父親に娘はロクな彼氏を彼氏を作らない…とぼやかれますが、ラストはリヴの(父親的な思想と間逆な)彼氏達とは正反対な父親似のティム・ロスが、ハルクと同等の体格を持つ怪物(アボミネーション)と化します。
…って怪獣映画的なアクション、そしてエドワードが兵士達から逃げるアクション、どちらも超迫力で見応え十分。リヴとハルクって、なんかキングコングとアンダロウ的ではあります。

折角の巨体もそれに見合う敵がいないと一方的な勝負に終わるだけ〜そして幻覚の中でも愛する女を命を懸けて守ろうとする気持ち…そこを豪華なキャストで鮮やかに示してみせた(アートに捻くるタイプのジャンルじゃない)ってのはポイント高い。
観る人は一直線にエドワード・ノートンの魅力に填って彼の苦悩を共有し、その辿る道を応援していればそれで良し。〜前作は無かった事にしても良いんじゃないですかね?

投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-13 03:43:51
アン・リー監督「ハルク」の続編でもなければ、ビギニング編でもない、、ルイ・レテエリ版「ハルク」というのがどうにも混乱しますが・・・まぁ、リメイク版と捉えれば問題ないでしょう(笑)
リメイクするには時期尚早なんですが、よほどアン・リー版を無かった事にしたかったんでしょうね(爆)

さて内容のほうですが・・・並外れたパワーを持ったモンスターが自分の中にいる主人公の苦しみや彼をサポートする彼女とのつながりなどアメコミの世界やアクションだけではない様々な心情が絡んでくるので前作よりも深みを感じる事ができました。
複雑ではない、イイ意味でのストレートさに好感も持てましたね。
特に怒りを抑えようと精神状態をコントロールする主人公や心拍数を効果的に使うことでハルクに変身するかどうかを面白く見せていたと思います。

洋服選びやベッドシーンなどチョットした笑いが入っているのも楽しめました。
特に『ハルクスマ〜ッシュ!』に爆笑。

もちろん映像面も見事で、CG技術は物凄く、、バトルシーンも衝撃的で刺激たっぷりでございました。
ただ、工場内や市街地での戦闘は恐怖感や迫力が伝わってきて良かったですが、学校?の広々とした芝生の上での戦闘は爽快感しか得られなかったです。
この場所選びはミスだったと思いますね。

キャストに関しては、憂慮深いムードが流れるエドワード・ノートンの力のこもった頼れる演技がまずは素晴らしいです。
他にも魅力たっぷりなリヴ・タイラーに顔の表情一つでモンスターを感じさせたティム・ロス、キャラクター性は弱いけど実力派のウィリアム・ハートなど贅沢なキャスティングは見応えありです。

追走劇はスリル満点でテンポも速く、序盤・中盤・終盤に見せ場を持ってきているので飽きずに鑑賞できると思います。
続編につなげようとする意図がミエミエの終わり方は好きじゃないですが、アン・リー版よりもこちらのほうが娯楽性もあるのでオススメです。
他のアメコミ作品と比べてしまうと完成度で劣ってしまうでしょうが、私はエドワードノートンVSティム・ロスの演技派対決だけで結構満足できちゃいました。
投稿者:bond投稿日:2009-11-30 09:47:15
この手の作品はコケるのが多いが、これは面白かった。よくある話しだけど、キャスティングと間延びしない展開のせいか?CGはちょっと稚拙だった。
投稿者:BLADE投稿日:2009-11-19 00:19:00
もっとストーリーとかを見たい人は前の「ハルク」を、単純にアクションが見たい人はこれでしょうねw
悪いけど、ヒロインは前のコネリーのほうが好きw
それは僕の好みかww
序盤のはしょり方といったら、もう分かってるでしょ〜的な感じw
でもストーリーの進め方がとてもいい。http://ameblo.jp/blade-and-nippon-ham/
投稿者:QUNIO投稿日:2009-09-23 11:51:11
制御装置でパワーを操るとかなかなか粋なアイデアだったね。前作のアン・リー版よりかはタイトな演出になってる。というか、この監督のほうがよっぽど適材だったのではなかろうか? 

序盤の工場のシークエンスがとりわけ素晴らしく、エドワード・ノートンが全くハルクの匂いを感じさせないところがポイント。キャラクター描写がいまいちなのはティム・ロスだけで、悪役としては中途半端な印象。リブ・タイラーは眼鏡をかけた学生さんを上手に演じてキュートな萌えキャラを見事勝ち取った感じ。(「寄生獣」に出てきた女子高生を想起!)

ラストのハルク同士の決闘は冗長だが多角的カメラ・アングルの効果が十分効いており、CGの迫力に依存する事なく上々の出来。『アイアンマン』もそうだがアメコミ映画は脚本の完成度を重視するとこが大きいのかな?
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-03-08 13:55:29
ちょっと前にハンコックを観て凄い映像だなぁと思ってたけど、今回の映画も凄かった。ホント最近の映像は何でも可能にしちゃうねぇ。ストーリーの方も余分なところはほとんど省いて簡潔になっているので観やすかったしエンターテイメントとしては申し分のない出来でした。ラストのオチもビックリしたけど、あれってアイアンマン観てない人には「?」なんじゃあ・・・
投稿者:replicant投稿日:2008-09-22 01:19:10
ぶっちゃけ、駄作を言われているアン・リーの前作も嫌いじゃないオイラですけど、出来としては今作の方が断然良いと思います。怒りの管理(アンガー・マネジメント)なんて、今の日本にはピッタリじゃないですか!涙あり、笑いあり(あるんかい!)、アクションありの上に、でっかくなったら思いっきり暴れ捲くっています!なんだかんだ言ってもエドワード・ノートンは上手いですよ。っつーか、ノートンが脚本にも参加したからこそ作品に締まりが出ような気もします。リアルな小ネタも真面目に取り組んでいるので好感の持てるユーモアとしてクスクスと笑えました。『再会の街で』で、オバサンだったリヴ・タイラーですが、今回もかなりヤバいオーラが出てます。リアルで会ったら、けっこう引くと思いますよ。さて、まさかの400戦無敗男で始まった映画は、まさかのオチも付いていました。全く知らなかったので、ちょいとビックリ!MARVELはやりたい放題じゃん!
投稿者:ビリジョ投稿日:2008-08-22 14:36:32
【ネタバレ注意】

 このヒーローは、変身したくない、と悩む。変なヒーローである。
 ところで、娯楽映画には悪役が欲しいところなのであるが、ここんとこ、「ここんとこ」というのは9.11以降という意味だが、悪役といえば「軍」が定番になりつつある、という気がする。「ミスト」がそうだし、インディ・ジョーンズもソ連の「軍」が悪役だった。政治家たちの鼻息とは裏腹に、反戦の気運が高まりつつある感じだ。考えすぎか。そうでもないと思うが。

 その悪役「米軍」と戦うハルクは、しかしながら「われわれが作った」のであった。つまり、なんというか、望まないのに戦場に送り込まれた一兵士の苦悩を見た気が私はした。そう、ハルクは変身したくないのである。シャツは破れるしな。

 ティム・ロスもウィリアム・ハートも演技が楽しそうだったが、エドワード・ノートンはそうでもないように見受けられた。ハルク同様に悩んでいた感じがした。その辺の、悩むキャラを演じさせたら彼は天下一品だと思う。実はハマリ役なのであった。よかったよかった。

投稿者:pao投稿日:2008-08-15 20:48:38
近くのシネコンで見ましたが、この作品アメリカでは初登場NO1ですよね。なのに、一番小さな劇場で、かつ、半分しか入っていない。初日ですよ。
……日本ではハルクはマイナーですからしかたないと思いますが。
今後、アメコミワールドの序章の作品だと思います。アイアンマンが遅れて公開されるので、どのように絡んでいくのか判りませんが、なにか面白そうな予感。(アメリカでは公開が逆だった気がします。そうすると最後の言葉が気になります)
本作のコメントが最後になってしまったけど、面白い。コメントが遅れてしまったので、もう公開の終わっている所もあるかもしれませんね。
投稿者:リEガン投稿日:2008-08-07 17:17:26
アン・リー版も嫌いじゃないが、本作はサービス精神たっぷりで何も考えずに一気に楽しめた。リオの貧民街での脱出劇は実写が中心となり、続く大学構内では実写とCGの攻防で、最後はアニメーションのようなCGアクション。飽きさせない。400戦無敗の男と鉄男の登場に、『ハルク・スマッシュ!』には笑った。
投稿者:ASH投稿日:2008-08-02 00:14:58
【ネタバレ注意】

 たかがアメコミのくせに、妙に深刻ぶって辛気臭かった2003年度版と比べて、この開き直り具合はどーよ! 所詮、アメコミ。観客が見たいのは超人ハルクの大暴れとクライマックスのガチンコ・バトルだろ? とでも言わんばかりなのよ。延々と続くハルクとアボミネーションの殴り合いを見ていると、だんだんと心の中の中学生スピリットが熱くなる!

 アメコミやスーパーヒーローものは、主人公がいかにしてスーパーパワーを身に付けたのかをいちいち説明する描写を入れないといけないので、1作目はまどろっこしい展開になりがちなんだけど、この映画はそんな心配御無用。観客の既知していることはオープニング・クレジットに被せてサッサと済ませちまう。これからも分る通り、「ハルク? 知らん!」という人向けでないのが窺える。まあ、それは2003年版でも観ろや、てなもんかな。

 そんなわけで、変身後のハルクはかなりハッキリとしたCGで描かれているんだけど、もうね、コミックとかアニメとか、そういった感覚を意識的に出そうとした結果なのではと思ってるのよ。つまり、どうせ荒唐無稽なんだから、徹底的に漫画チックにしてやろうとね。だから、CG否定派や気取った映画通が鑑賞に臨むには、相当な覚悟が必要だぞ。「トランスフォーマー」が幼稚な映画だと思うのなら、コレはソレ以上かも。ま、どうせ暇だから観に行くんでしょうが。

 冒頭に出てくる、ブラジルの街並がすごいのよ。すり鉢状の地形に建物が密集していて、道はまるで迷路みたい。ここで「ボーン〜」シリーズを彷彿とさせる軍隊とブルースが追いかけっこをするのだが、この生身のアクションの迫力はなかなか見せる。決してCGアクション一辺倒の映画というわけでもないのね。

 一転して中盤は、大学構内でのハルクVS軍隊のバトルなのだが、これまたすごい迫力。もう、呆れかえっちゃうくらいCGを多用して壮絶な戦いを見せているんだよね。そして怒涛のクライマックスは、NYのハーレムを戦場としたハルクとアボミーの肉弾戦。超人同士の殴り合いなもんだから、街がメチャメチャになっちまう。軍隊をも巻き込んでの市街戦を見ていると、やはり熱いものがこみ上げてくるのよ(嗚呼、単純)。

 そうそう、ハルク・スマッシュがシッカリと出てくんのな!!

 それにしても、リブ・タイラー扮するブルースの恋人、ベティがイイねぇ。健気にブルースを見守るその姿にはグッとくるものがある。で、リブ・タイラーにあんなしおらしい役ができるなんて、ちょっとびっくり。

 さて、ラストで飲んだくれているロス将軍のところにやって来るのは、アイアンマンこと、トニー・スタークなんだけど、その遊び心にはニヤリとさせられる。本国と違って日本では公開の順番が逆になっちゃったけど、こうなると「アイアンマン」が楽しみになるから、マーヴェルもアコギなことをやるもんよのぉ…。しかし、この会社、今すごいらしいからね。

 TV版のハルク、ルー・フェリグノはブルースにピザをふるまってもらう大学の警備員役で登場。相変わらず出たがりのスタン・リーのジィさんはいつものことだから、放っておくとすっかな。

投稿者:NYY投稿日:2008-08-01 23:36:49
【ネタバレ注意】

評判の悪いアン・リー版も見てないし、そもそもハルク自体よく
知らない状態で、付き合いで見てきたんだけど・・・
3つの戦いというか、3つの暴れるシーン中心の分かりやすい話
で、まあまあ楽しめた。
これって、アン・リー版の続編という訳ではないんですよね?
 
何でそんなことになっちゃったかは、冒頭の1分くらいで済ませ
ちゃってw・・・
まー、暑い日に、グダグダしたのを見たくなかったんで良かったw。
 
ティム・ロス、自分から怪物になりたいって、あいつはアホですか?
ラストの戦いは、なかなかの重量感で見応えあったな。 
 
何と言っても、性格の良さそうなヒロインのリヴ・タイラーがいい
ね。
全然、科学者に見えないところが素晴らしいw。
心拍数200超えちゃって、やらしいことができないってのは悲劇
だね。
あれじゃ、人生の楽しみの半分くらいがNGだもんね〜。 
かわいそうね。
 
最後に出てきた人は、マーベル・コミックのなんとかマンでしょ?
「エイリアンVSプレデター」みたいのをマーベル・コミック版で
セコい商売する気なんですかね?
あ、でも、このカネのかかってそうなパターンでやるなら、ちょっと
楽しみかもw。
壮大なスケールのセコい商売の始まりかもねw。 
 
映画の日に封切るとは、なかなか良い心がけですな。 
混んじゃうのが、ちょっと難だな。 

投稿者:satokunn投稿日:2008-08-01 23:04:54
単なるヒーローや怪物者ではなく理不尽な人体実験で怪物になってしまった主人公に感情移入が出来てなかなか良い出来ですよ。本来はCGによる戦闘シーンは見てもつまらないけど主人公の悲哀が伝わってきて手に汗握りましたよ。しかしどうみてもパート3が有りますね。あのブルースを助けようとした教授は絶対怪しい!!パート3に期待しましょう。いやー拾い物の映画でした
皆さんも映画館へどうぞお金を払って観る価値はありますよ。
投稿者:マーサ19投稿日:2008-07-29 20:23:47
【ネタバレ注意】

エドワードノートンは上手い役者だし、
リブタイラーも大好きな女優で、離婚後ますます円熟した演技。
ウイリアムカットは昔も今もいい男ですね〜。

物悲しさのある作品ではあるけれど、
うまく心情を出してるし、私は良かったです。

ブラジルに、あんな場所があるんですね。
それを見ただけでも良かったし(笑)。
超人はCGってのが仕方ないのだけど、それでも感情移入できました。
いい作品です。

投稿者:冴子投稿日:2008-06-25 09:26:34
【ネタバレ注意】

4年前の『ハルク』は悲しいくらい嫌いな映画になったのですが、エドワード・ノートンがアクション映画?? と思ったので、行ってしまいました。

前半が大きく短縮されていたのですが、これは編集で縮めたのかな〜
でも全体に大いに満足しました。

エドワード・ノートンは期待以上の活躍で、相変わらず素敵でした。

ただ、ラストの大物の登場については、日本での公開が前後してしまう(『アイアンマン』が9月、『インクレディブル・ハルク』が8月)ので、お〜という驚きは日本では分からないかもしれません。

投稿者:とんこつ投稿日:2008-06-23 16:28:10
【ネタバレ注意】

30歳を超えたり子供を産んだりしたのでリブ・タイラーも大幅に変わっちゃったなー。。。って映画を観ながら思っていたらティム・ロスもおじさんになっていました。そんな中、エドワード・ノートンは若い!途中でヒゲを剃った後の顔なんて「今から真実の行方の撮影です」ってくらい若く見えました。

映画のストーリーは普通。ヒットしたら続編作るだろうなーって終わり方。でもラストのゲストの登場にはチョット驚き。色んな意味が含まれているんでしょうねー。

投稿者:Ryuichi投稿日:2008-06-21 23:55:50
【ネタバレ注意】

例によって、日本に先駆け、映画館で見てきました。
ティム・ロスが好きなこともあり、見たいなと思ったわけですが、リヴ・タイラーがいい味を出してました。
リヴ・タイラー・・・好みの顔ではないのですが、この映画では存在感のある演技をしています。
さて、話の内容としては・・・特別、コメントしたいと思えることはないのですが、ひとつのエンターティメントとしては、上手に仕上げています。
最初から最後まで飽きずに見ることはできました。
それにしても、同じマーベルを母体とするアイアンマン同様、今回のハルクでも、ラストに意外な大物俳優が登場し、次回作を予感させるとは・・・
しかも、アイアンマンを見た後だからということもあり、この意図的なカラクリが、妙に気にいってしまいました。
今後、数年間、アイアンマンとハルクのシリーズに楽しませてもらえることでしょう。http://vicky-ryu.spaces.live.com/

【ニュース】
リメイク版「タイタンの戦い」、フル・トレーラー2009/12/17
リメイク版「タイタンの戦い」、ティーザー・トレーラー2009/11/11
第35回サターン賞、受賞結果2009/06/25
サターン賞、ノミネーション発表2009/03/11
全米興行成績、犬本ベストセラー映画版「マーリー」が好スタート2008/12/29
DVDリリース情報:「ハンコック」「インクレディブル・ハルク」「20世紀少」etc.2008/11/07
全米興行成績、ウィル・スミス主演「ハンコック」が貫禄の首位デビュー2008/07/07
全米興行成績、ピクサー&ディズニー「WALL・E/ウォーリー」が好スタート2008/06/30
「タイタンの戦い」リメイク、ルイ・レテリエ監督でいよいよ本格始動か2008/06/27
全米興行成績、新作コメディ対決はS・カレルの「ゲット スマート」が圧勝2008/06/23
全米興行成績、E・ノートン主演「インクレディブル・ハルク」が初登場首位2008/06/16
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「カンフー・パンダ」が好発進2008/06/09
エドワード・ノートン主演「インクレディブル・ハルク」、フル・トレーラー2008/05/01
エドワード・ノートン主演「The Incredible Hulk」、ティーザー・トレーラー2008/03/13
ルイ・レテリエ監督版「超人ハルク」、主演はエドワード・ノートンに2007/04/17
「ハルク」再映画化、監督は「トランスポーター」のルイ・レテリエに2006/07/21
「ハルク」新作、主演候補が明らかに2006/07/04
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION