allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アイアンマン(2008)

IRON MAN

メディア映画
上映時間125分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月2008/09/27
ジャンルアクション/SF
装着せよ──強き自分
アイアンマン/インクレディブル・ハルク [Blu-ray]
参考価格:¥ 3,065
価格:¥ 1,763
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ジョン・ファヴロー
製作:アヴィ・アラッド
ケヴィン・ファイギ
製作総指揮:ジョン・ファヴロー
ルイス・デスポジート
ピーター・ビリングスリー
アリ・アラッド
スタン・リー
デヴィッド・メイゼル
キャラクター創造:スタン・リー
ドン・ヘック
ラリー・リーバー
ジャック・カービー
脚本:マーク・ファーガス
ホーク・オストビー
アート・マーカム
マット・ハロウェイ
撮影:マシュー・リバティーク
視覚効果監修:ジョン・ネルソン
プロダクションデ
ザイン:
J・マイケル・リーヴァ
編集:ダン・レーベンタール
キャスティング:サラ・ハリー・フィン
ランディ・ヒラー
音楽:ラミン・ジャヴァディ
音楽監修:デイヴ・ジョーダン
出演:ロバート・ダウニー・Jrトニー・スターク
ジェフ・ブリッジスオバディア・ステイン
テレンス・ハワードローディ
グウィネス・パルトローペッパー・ポッツ
ショーン・トーブインセン
レスリー・ビブクリスティン
ファラン・タヒールラザ
サイード・バッドレヤ
ビル・スミトロヴィッチ
クラーク・グレッグコールソン
ティム・ギニー
ジョン・ファヴローハッピー・ホーガン
スタン・リー
サミュエル・L・ジャクソンニック・フューリー
(クレジットなし)
声の出演:ポール・ベタニーJ.A.R.V.I.S.
【解説】
 演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。監督は俳優としても活躍する「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。
 米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、自社新型兵器のデモ実験に参加するためアフガニスタンへ赴き、みごと実験を成功させる。だがその直後、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。さらに、一味のために最強兵器の開発を強制されるトニー。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを身につけ、敵の隙をみて脱出し生還を果たす。そして、この一件で自社兵器がテロ組織に利用されているのを目の当たりにし、ショックを受けたトニーは会社として武器製造を中止する一方、テロ撲滅を誓い、秘かにパワードスーツの改良に着手。こうして試行錯誤の末、驚異の攻防力と飛行性能を兼ね備えたパワードスーツ=“アイアンマン”を完成させる。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
池田秀一ロバート・ダウニー・Jrトニー・スターク
山寺宏一テレンス・ハワードローディ
壤晴彦ジェフ・ブリッジスオバディア・ステイン
田中敦子グウィネス・パルトローペッパー・ポッツ
古川登志夫ショーン・トーブインセン
佐々木勝彦ファラン・タヒールラザ
魏涼子レスリー・ビブクリスティン
放送2011/02/20 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【関連作品】
アイアンマン(2008)第1作
アイアンマン2(2010)第2作
アベンジャーズ(2012)
アイアンマン3(2013)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17114 6.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:あさばたーぼ投稿日:2014-01-18 01:30:31
トニースタークのキャラが楽しくて、それだけで結構観れた。
ただ、肝心のアイアンマンができるまでが丁寧というよりちょっと冗長気味。
尺が足りなくなって後半はドラマが雑。敵もパッとしない。
パルトローとの絡みももの足りない。あのアームロボットは最高。
なんでかいまいち展開にノリ切れない作品だった。
とりあえず2が観たい。http://gtnscinema.hateblo.jp
投稿者:こじか投稿日:2013-07-08 18:03:52
【ネタバレ注意】

現実と現実離れがバランスよく、なんだか好感の持てるハリウッド映画でした。普通に楽しめた。

投稿者:gapper投稿日:2012-08-26 13:24:56
 推定制作費14,000万ドル、総収益約58,500万ドル(2008)。

 マーベルの中でもかなりのヒット作品。
 ペッパー(グウィネス・パルトロー)の扱いなどは個人的に気に入った。 いつもはこういうのは逆なのだが。
 パワード・スーツなど米軍の研究を基にしている感じがあって、日本人と違ってアメリカ人にはリアリティが高いのかもしれない。
 ラストの対決は、ロボコップ、ハルクなど定番的な同じ由来や兄弟分のライバル対決で基本を踏まえた作りで楽しめる。

 ”平和のために最高の武器を作った〜”という台詞があるが、まじめに考えるとアークリアクターを平和利用すれば少なくとも中東には平和が訪れる。
 燃料が不要な(たぶん)アークリアクターを普及させれば石油は暴落して貧しくはなるだろうけど戦争をする意味もお金も無くなる。

 でもニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が出てくるけどマーベルのあれやこれやは一種のシリーズと言えるのか?
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:Kircheis投稿日:2011-12-08 14:48:07
この映画はかなり面白かったと思う。

あまりにもストーリー的に突っ込みどころ満載なんで敢えて評価は低めにしてしまったが満足度は高い。

オープニングの『BACK IN BLACK』からテンション上がったし、パワード・スーツを着用して子供みたいにはしゃぐロバート・ダウニー・Jrがいい!!

グウィネス・パルトローも『恋におちたシェイクスピア』や『セブン』の時から比べるとだいぶ老けたけど、それでも落ち着いた素敵な女性をしっかり演じてた。

ジェフ・ブリッジスは登場した時から笑顔の裏の目に狂気が見え隠れしててすごい。
この作品で一番印象に残ったのは彼だ。

おとぼけ助手マシンの声をポール・ベタニーがやってたのにはびっくり!!
豪華なキャスティングだな〜(^_^;)

『IRON MAN』で終わるラストも痛快だ♪
投稿者:TNO投稿日:2011-10-23 04:08:45
【ネタバレ注意】

世界の三級僻地の洞窟で最新最強の兵器を開発してしまうところなど、ご都合主義もいいところなのだが、原作がアメコミなので、目をつぶることに抵抗はない。しかし、先代からの腹心の部下であるはずのジェフ・ブリッジス(いい感じのおっさんになってる!)が、いきなり逆らい始める。ここまでは、まだいいのだが、一般人の生命も一顧だにしない極悪人と化してしまう部分が、納得できない。この最強兵器、パワースーツは、実際に開発できそうなのが、怖い。

投稿者:william投稿日:2011-05-21 08:59:57
おっさんが戦隊ヒーローみたいになる設定は面白い。
あとは標準的なヒーローものの感じ。
投稿者:terramycin投稿日:2011-05-19 00:04:02
豪放磊落な主人公。だが天才科学者。このギャップは面白い設定だと思った。遊ぶときは遊ぶよ。でもやるときはやるよ。という人には惹きつけられる。

物語の設定でのアイアン・スーツ等の技術について全く理解できなかったため、所々でツッコミたくなってしまったのだが、純粋にアイアンマンかっこいいと思った。

唯一、飛ぶとき(体を浮かすとき)に女の子がかしこまったようなカッコをするのがちょっとダサいと思ってしまった。

わかりやすいストーリーで小中学生にも楽しめる作品であると感じた。
投稿者:黒美君彦投稿日:2011-03-03 01:11:37
【ネタバレ注意】

荒唐無稽であることは確かなのだが、それなりに楽しめた。聖人君子ではなく、女癖の悪い天才社長がヒーローに変身するというのが目新しさではあるけど。アメリカ版『ゼブラーマン』?(アメコミの方が古いかもしれないけど…苦笑)R・ダウニーJr.やジェフ・ブリッジス、決してゴージャスとはいえない?グウィネス・バルトローといった配役の妙が冴えている。
軍需産業転じて正義の味方…でも何が正義か、が問題なんだけどね〜。

投稿者:scissors投稿日:2011-02-21 11:06:53
なんでか思いのほかつまらなかった。
脚本的に「は?」と思うことが多くてノれなかったのが大きいんだけど、それだけではないような。
G・パルトローも魅力的には見えず。パーティのシーンなんて「ロリータおばさん」みたいな気持ち悪さがあって引いてしまった。
やっぱり主人公もヒロインも、もうちょっと若い俳優のほうがいいと思うよ。
俳優で良かったと思えたのはJ・ブリッジスだけでした。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-10-30 21:59:04
【ネタバレ注意】

by Black Sabbath(ロックの超名盤「パラノイド」収録)

いや〜実はBlack Sabbathは鬼門で。
ヘビメタとは何か?って論争?で(と思いたくないですが…)僕より数段映画に詳しく(ってか今でも初心者みたいなものですが)且つカントリーやヒップホップに造詣の深い「鳥さん」が消えちまって…って完全に沈黙はされてないようですが…まぁ悪態を付くだけでも嬉しいです(ジャック・クレイトンの『回転』(アザーズの元ネタ)は未だ観てませんが)。

本作品ラスト…俺はヒーローって柄じゃないし云々って言い訳を…!って突然のI'm iron man.ってセリフから、アイオミの重厚な名リフが流れてくる…それはそれは素晴らしいです。

本作が損してるなぁ〜と思うのは創成期の特撮ヒーローが好きな男の子が描いた漫画みたいなアイアンマンの造形。当然、ストーリーも荒唐無稽なもんだろ?って当たらずとも遠からずかもですが、そこは戦争シーン等のリアルな味付けで現実と空想の真ん中的な世界を演出してます。
トランスフォーマーが好きなら是非チェックすべきです。

グウィネス・パルトローの事務員の様で華やかな美人、やり手の様でドジっ娘、冷たい様で情に流されるかの役は溜まりませんね。遊び人のトニー・スタークが手も足も出ない(けど色々と世話を焼かせる)のが面白いです。

あーパワードスーツによるバトルか〜面白いです。特に助けてあげた奥さんにひき逃げされる所が笑いどころ。いや勿論、スーパーヒーロー物的アクションのツボは押さえてます〜ハンコックじゃないですけど…
悪役がいかにも(味方なフリをする所がまた…)で、観客がボコボコにしたいって思う…っつー割にはあっさりし過ぎかもですが。

スーツの試作(試着?)もコンピュータ君とのエピソードも面白いですよ。

投稿者:nightwing投稿日:2010-07-25 13:27:25
娯楽SF痛快アクションとしては及第点の出来。
ロバートダウニーJrの熱演もあって引き込まれる魅力は満載。
G・パルトローも普通っぽい感じで良かった。

ただ、テロリストに拉致され、プロトタイプを作って脱出するってのは
少々無理があった様に思うし、何より主人公が
いとも簡単に兵器の販売をやめてしまうのも不自然。
もう少し悩み苦しむ過程が欲しかった様に思う。

ラストのI\'AM IRONMANはSABBATHの曲とシンクロして最高だったゼ♪

投稿者:クリモフ投稿日:2010-05-04 09:59:36
こういうヒーローアクションにあれやこれや、細かいことを突っ込むのはナンセンスだというのはわかっているんですが、どうしても気になってしまいました。
「敵」として中東テロリストを出すのはどーなんでしょうか。こういうデリケートな問題ってヒーローとの相性は良くないと思います。テロリストはもちろん「居る」んだけども、一般人から「なる」存在でもあるわけだし、良いか悪いかは別にして彼等なりの大義名分をもっているはずだしなぁ。
まぁ、その点をあまり考えなくても、クライマックスの戦闘は序盤の世界を跨いだ活躍から考えると、案外地味だし、敵アイアンマンの造形も印象に残らない。どんなだったっけ?
主演のダウニーJrは無難。ジェフ・ブリッジスも悪くはないが、どうも悪役のイメージがない。パルトローもあまり綺麗に撮られていなくて、やや残念でした。
あ、冒頭のAC/DCとエンドロールのBLACK SABBATHは記憶に残りました。
投稿者:PhoenixMizu投稿日:2010-04-17 09:17:00
ロバート・ダウニー・Jrを雑誌で見ると別にカッコよくもなんともなかったのに、アイアンマンのなかでは、結構カッコよかったですね。キャラが笑えるし、スーツを付ける時がクール。

見る前は、あんな無敵のスーツの敵はどんなやつなんだろうと思っていましたが、スーツVSスーツなら問題なし。ストーリーはうまくまとめた感じですね。
ただ、あのスーツは、酔いそうでした。

全体的には意外と面白かった。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 09:32:57
意外と言ってはなんだけど、
結構楽しめる「アイアンマン」
それは実力派俳優陣と
世界情勢の反映があるからかも
http://mototencho.web.fc2.com/2008/ironma.html
投稿者:なちら投稿日:2010-04-05 16:50:21
J・ファブローはフザケた映画にばかり出演しているが、監督もできるなんて凄い人だなぁと思う。
真面目と不真面目のバランスが丁度良いんだよ。

パワードスーツで飛行する場面はヒーハーだな!村へ兵器を破壊しに行くのもスッとする。
有り得ないほど優秀なジャーヴィスや不器用との会話も面白いよ。
小奇麗なJ・ブリッジスはよく見ないと誰だか判別出来ない。

ちなみに心臓近くに残った破片っつーのは都会の病院では取れないのかね?そこんとこ知りたい。
投稿者:QUNIO投稿日:2010-03-12 18:00:59
少し『ロケッティア』と被るんだけど、こっちのほうが上出来だった。ロバート・ダウニー.Jrが胡散臭いオッサンにしか見えない辺りも良い。空中飛行は男のロマン。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-09 05:03:39
ロバート・ダウニー・Jr
投稿者:フラーティ投稿日:2009-12-31 02:23:54
Ally McBealをドラッグ問題で降板して以来、精彩を欠いていたロバート・ダウニー・Jrが完全復活を遂げた話題作。

アメコミが原作ということもあり、ストーリーは荒唐無稽だが(科学的にはあり得ない現象が連発する)、特殊効果を駆使したアクション・シーンは迫力満点。随所に挟み込まれるユーモアも楽しい。まさに痛快娯楽作。


主演のロバート・ダウニー・Jrは相変わらずイイ男だが、Ally McBealで見せたような繊細さは本作では封印し、ちょいワルおやじ(もはや死語?)風。酒と女が大好きで目立ちたがり屋と、清廉潔白・品行方正な典型的ヒーロー像からは程遠いが、愛嬌があって憎めない。自身のドラッグ問題も不健康な雰囲気が漂う主人公とマッチしており、かえって良い。

主人公トニー・スタークへの慕情を抑えて彼に献身的に仕える美人秘書ペッパーをグウィネス・パルトローが好演。彼女はもういい年なのに、本作では実に健気で愛おしく見える。見事な演技力だ。


見るからに悪そうでやっぱり悪い(笑)、分かりやすい悪役に扮したジェフ・ブリッジスはさすがの貫禄。作品ごとに違った顔を見せる彼の演技はまさに円熟の域に達している。
投稿者:Ranzu投稿日:2009-12-26 08:27:16
【ネタバレ注意】

パワーユニットからあんなに細い電線でどれだけのエネルギーを・・・
とは言いつつ、続編が出たらまた絶対に買う

CGで顔をごまかしてるような(バイオハザード3の)女優さんより、
そばかすだらけの女優さんのほうが好感持てますねぇ

投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-26 03:23:51
超天才的頭脳を持っていると冒頭で説明しているので、山奥で例の鉄の塊を作る工程を一切ツッコめない(爆)
唯一ツッコめるのは・・・「そんなに頭イイのに、自分の作った武器の流れも知らなかったんかい!」です(笑)
まぁ、その出来事から改心して軍事部門から撤退!という展開はヨシとしても、その後蚊帳の外状態で仕事を放棄してしまったのが面白みに欠けますね。
上手く新しいアイデアで会社を運営するようなエピソードがあっても良かったカナ・・・。

アナログ感とハイテクのバランスは絶妙でした。
モンスターも出てこなければ、変身する人間も超人も出てこない、、全てが人間の作ったモノによる世界観なのは思いっきりアメコミ寄りでもなく、、かといってリアリティのある世界でもないイイところを突いてきていると思いますね。

CGを多用したアクションはスピーディで力強さのあるド派手な仕上がり・・・この豪快さはアメコミならではでしょう。

ユーモラスな味付けには好感が持てました。
特に、不器用アームとのやり取りには笑いましたね。

主人公がロバート・ダウニー・jrってどうなの?!だし、ヒロインがグウィネス・パルトローなのもどうなのよ!!!って感じの微妙なキャスティングは狙っての事なのでしょうか?(爆)
ずいぶん年齢層の高いアメコミ作品ですわね(笑)
テレンス・ハワードのキャラも確立されないまま終了しちゃったけど、続編ではシッカリ見せ場のあるキャラクターになっているのでしょうかね?
ジェフ・ブリッジスは文句なしに素晴らしかったです。

後半こそヒーロー化していますが、前半はヒーローとは言い難い自分勝手な主人公なので感情移入は難しいでしょう。
どうせなら前半の人間臭いキャラも残しつつ・・・な展開にしたほうが良かったんじゃないでしょうか?

アメリカの軍事企業を皮肉るようなストーリーを軽めのタッチで描いたSFアクションは女性でも無難に鑑賞できると思いますが、「トランスフォーマー」と同じようにこの作品も男の子心をくすぐる作品なのでしょうね。
投稿者:bond投稿日:2009-12-22 10:23:36
漫画だけど武器商人が主人公なため、ややリアリティあり、単純に楽しめる。ロバートが好演。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-12-22 08:59:21
楽しめるアメコミ映画だけど、監視カメラで見ててもスーツ製造に気付かないテロリストとか、麻痺しているダウニーに止めを刺さないブリッジスとか(悪役と気付かなかったのがちと情けない)詰めが甘いのが難点。「ロボコップ」の方がずっと盛り上がった。
投稿者:BLADE投稿日:2009-11-11 23:07:30
単純に見て楽しめる。
ダウニーがようやく世間に、それまでの悪いイメージを払拭した、一気にグッと地位を上げた映画といえるねw
かなりの遊び人で女遊びもお手の物と思ったら、ちゃんと自分で設計とか発明をしたりするところは、バットマンとはまた違う感じで良い。
またもスタン・リーがちょい役で出てるところが憎いねw
目指せ、ヒッチコックか?w
投稿者:uptail投稿日:2009-10-23 15:16:08
演出:8
演技:8
脚本:8
音響:7
投稿者:abc1192投稿日:2009-08-11 17:16:04
借りて見ましたが、予想以上に楽しめました
スーツに着替える時がかっこよすぎる!!
投稿者:irony投稿日:2009-07-10 21:52:22
【ネタバレ注意】

 いるもんですねぇ インセンも凄いが、プロトタイプのパワードスーツをあっさり製作してしまうのが圧巻です プロトから完成品を作る過程がおもしろくて笑ってしまいました 各人のキャラクターもいい味だしていまして引き込まれました サミュエルは一体何処にと思ってましたら、エンドロール終了後に登場 続編が楽しみなアメコミは久々であります

投稿者:vegirama投稿日:2009-06-23 12:01:00
おもしろい
投稿者:aaf投稿日:2009-03-21 16:03:54
この映画どうみてもロボコップですよね。
面白いからいいけど。主人公がいいですよね。
あのとぼけた感じがとてもいい。秘書もいいな。
唯一気に入らないのが敵のメカ。もう少し悪役っぽくかっこよく
できなかったものかいな。

メカの細部は非常に凝っていて流石にハリウッドって感じ
でいいのですが冷却がおざなりですよね。
金とかチタンなんて伝導率が高すぎてあんな火力を浴びると
大やけどしてしまう。そこが不満でした。
日本じゃ絶対作るの無理だろうねぇ。こういう技術でガンダムとか
作って欲しいものです。CGじゃなくてさ。
投稿者:ジャポニカ学習帳投稿日:2008-10-28 11:42:54
なんか、ロボコップ2の最後の戦闘シーンみたいでしたね〜

あの映画も今のCG技術だともっと迫力あるシーンが出来たでしょーね〜
投稿者:replicant投稿日:2008-10-21 01:31:21
ラストはそういうことだったのね(笑)。\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ…普通に良く出来ていましたね。面白かったですよ。特にキンピカメカのウィーンカシャ!のエロティックさはヨダレ無くしては観られません!『ロボコップ』の数百倍の威力ですね。ただ、『スパイダーマン』や『X−men』『バットマン』のような内容の濃さは良くも悪くもありません。でも、たまにはこういう単純なのもいいんじゃないですかね。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-10-20 15:18:15
 
いまごろレイトショーで鑑賞。
いや予想外に面白かった。

ストーリーはいい意味で単純明快。いかにもアメコミの映画化という作品で、「ヒーローの孤独と葛藤」「正義とは何か?」みたいな小難しいハナシは抜き。だから大人の観客には物足りないかも。その代わりアメコミヒーローらしい健全さとケレン味はバッチリ強調されていて、素直に「うおおっかっちょいい!」と唸らせてくれる。マーク1が洞窟から現れて大暴れするシーンとか感動したもんな。

空を飛ぶアイアンマンの飛翔感や、パワードスーツをガチャガチャ着込むシーンの楽しさ、クライマックスのパワードスーツ同士のドツキ合い(元ネタは「ロボコップ2」か?)の重量感と迫力など、映像も本当に素晴らしい。
また、特に楽しいのがパワードスーツを作っていく過程で、ガレージでバイクや自転車をいじっているみたいなホビーっぽさが男子にはたまらない。実際にはあんなのでパワードスーツを作るとか荒唐無稽なんだけど、こういう「巧妙なウソ」の積み重ねがホントに巧い映画なので、最後まで冷めることがない。

キャストではまさかの復活のロバート・ダウニー・Jr.がやっぱり上手い。天才的科学者で大富豪で俗物で孤独なシングルで中年でヒーローで・・・というキャラクターにちゃんと説得力を持たせている。相変わらずG.パルトロウも綺麗だよなー。

エンドクレジットが終わってからのオマケもちょっと笑った。パート2楽しみです。
投稿者:well投稿日:2008-10-19 21:19:00
R・ダウニー・Jr.の演じるヒーローは、愛嬌も色気も哀愁もたっぷりでいいですねぇ。グウィネスも珍しくまともに見えます。
しかしストーリーはないに等しいですね。アイアンマンのご紹介に終始してます。こらえ性がないせいか、“続きは次回!”みたいな作り方は大っキライなので、次回作は見るかわからない。
とりあえず、トロピック・サンダーはすごく楽しみ〜
投稿者:歌王投稿日:2008-10-11 01:18:38
【ネタバレ注意】

元々アメコミ映画が好きな自分ではありますが、これはハマりました。実のところ、ヒーローのデザインがちょっとしょっぱいこともあってほとんど期待せずに見たのですが、まずはロバート・ダウニー・Jrのアホらしいほどの大富豪っぷりが最高。普通だといけすかない奴のはずなんですが、なぜかこの主人公が最初から憎めない感じなのは、ロバートの個性なんでしょうか。冒頭からかなりイイです。

そしていきなりテロ組織に誘拐されてから、本筋のアイアンマンが出てくるまでがなかなか緻密。これは新バットマンシリーズにも通じるのだけど、この10年ほどお手軽路線に走りすぎたハリウッドアクションの反動なのかなとも思います。でも、こういう大嘘映画ほど、設定が凝ってないとのめり込めないもの。その点、人によっては冗長に感じるかもしれない丁寧な演出は、自分にはジャストミートしました。

クライマックスはやや類型的ではありましたが、あくまで「第一作」と思えば十分以上のデキ。しょっぱいと思っていたアイアンマンも、やりすぎなほど細部のディテールがしっかりしていてカッコよかったし(でも最初に飛ぶシーンの姿勢は女の子みたい)、やっぱり最後に聞こえてきたサバスの「アイアンマン」でテンション上がりまくり。
おまけに、次回作を期待させてくれるラストのサプライズも楽しいという、自分にとってはこれぞ娯楽映画という作品でした。

投稿者:pao投稿日:2008-10-05 19:29:47
能天気な作品。しかし、以外にこのような作品は少ない。あまり難しい事を考えず見てください。気にすると気になる事が多いので…
投稿者:NYY投稿日:2008-10-04 23:04:03
【ネタバレ注意】

アンパンマンかと思ってた。嘘でーす。
 
なかなか面白かった。
バケモノに変身しちゃう「インクレディブル・ハルク」等よりも、
マシンを装着してシャキーン!ってのはカッコイイね。
作業場に置いてあった車とバイクもカッコ良かった。
男の子が見たい物を見せてくれる作品ですな。
クライマックスが、「インクレディブル・ハルク」にそっくりな
のが、少々難かな。
そーゆーとこは、やっぱりアメコミなんだね。
 
秘書のグウィネス・パルトローがいいね。
オネーサンっぽく束ねた髪に、スマートな腰つき、最高。
ボクも、あーゆー秘書が欲しいな。
ついでに、アイアンマン・スーツも欲しいな。
飛んだりはしたくないけど・・・
 
ジェフ・ブリッジスの悪人ぶりも、なかなかだった。
ハゲで、ヒゲで、凄い悪人面。
しっかし、ハゲが多いな〜。
医者とテロリストの親分もハゲてたね。
つるっとした頭にすんのが流行ってんのかな〜。
 
トニー・クラーク氏は、頭をブツけたりしながら自分で実験してて
偉いね。
 
このシリーズは続編も見たいな。
これも、もう1回見るかも。 
 

投稿者:ビリジョ投稿日:2008-10-03 13:57:28
【ネタバレ注意】

 音楽がうるさい。静かにせんかい。
 アメリカは元気だな。強いし、機械文明と兵器文明は充実しているし。アフガニスタンも刺身のツマか。
 俳優陣の渋さはとっても私好みだが。
 主人公が、急に正義(?)に目覚める過程が説明不足。

投稿者:Longisland投稿日:2008-09-30 01:19:26
なんとなく曙(力士ね)に似ているジョン・ファヴロー監督の新作。
今春の韓国全州国際映画祭参加時地元ボランティア若者がメチャクチャ薦めていた(韓国語はダメ、お互い中学レベルの英語で会話)作品。
そんなわけで公開初週平日午後の新ピカへ。
こりゃ面白いじゃん。金満兵器産業馬鹿息子の心情変化、組織に裏切られる男の悲哀etc・・・ストーリーも良く練られてる。
なんといっても、一時期いろんなことがあったジェシカの元彼ロバート・ダウニー・Jrの好演は見事。そうそうスキンヘッドがお似合いのジェフ・ブリッジスはマジいい。

投稿者:青春映画投稿日:2008-09-29 10:22:02
初日行ってきました!
久々の痛快作品!「大金持ちが自らの正義で悪と戦う」という設定は
ダークナイトと似ているともいえますが、こうまで違うとは。

どちらの作品も大好きですが、強いて言えばこちら作品かな?
主人公の明るさに好感が持てます。

ちなみに、冒頭出てくるミサイルの名前の「ジェリコ」は、
ピックアップアーティストでロバート・ダウニーJrが演じたジャック・ジェリコから?
そうだとするとシャレが効いてて面白い。
投稿者:Stingr@y投稿日:2008-09-29 04:10:19
あのアイアンスーツ着て、あれだけぶっ叩かれりゃ、中にいる生身の人間はミンチになっているだろうに…。まあそんなことはどうでもよいが、CEOというより、ジャンキーがお似合いのロバート・ダウニー・Jrには魅力がない。
投稿者:maaaaan投稿日:2008-09-28 15:46:09
かなり、面白かったデス!!
あんまり面白そうじゃない気がしてならなかったんですけど
アメコミって事で楽しみにして見に行って見たら、
スミマセンでしたって感じデスw
まじで面白い!

ヒーロー物って超能力系が多い中、
自らヒーローになるまでのお話だったんだけど
もう、かっこよすぎ・・・・(萌)
テンポも凄い良くて物足りないくらい☆
っていうかいい意味で、物足りないです!w
ロバート・ダウニー・Jrがまさか、ヒーロー役をやるなんて
想像が付かなかったけどかなりはまってる〜♪
『ゾディアック』の時は違う味でGOOD!
渋い〜好きだぁ〜w

早く続編が見たい〜★
http://yaplog.jp/mm-mana-mm/archive/950
投稿者:投稿日:2008-09-28 13:17:35
女子にはちょっとついていけないかも。
しかし、男の子には堪らん映画。戦車とか自走砲とかミサイルへの興味が、無意識の男根崇拝の発露であることを恥じつつ、私のように40歳を過ぎてもプラモデルを作っているような、良いように云うと稚気に溢れた無邪気な男子は夢中になること間違いなし。『ロボコップ』は暗いし、『トランスフォーマー』はゴチャゴチャやり過ぎだし、『ダークナイト』は空っぽな内面を追求し自己完結しているし。
『ウォンテッド』に続いて次回作が楽しみなシリーズ第1作。
投稿者:サカスキ投稿日:2008-09-28 01:27:14
【ネタバレ注意】

観る前に、期待度高くしちゃってたから、少し満足度も低めになっちゃいました。でもこの映画、映画館で観た方がいいです!!
テンポもいいし、カッコええ。あのスーツ、着てみたいです(笑)

続編があるみたいですね。また、観に行こうと思います。

投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-09-27 21:56:34
期待をせずに観に行ったが意表をつかれたぐらいな
飽きのこない展開とアクション
グウィネスパルトローも大変良かったし
悪役をめったにしなかったジェフブリッジスも良い味だしてた
投稿者:ASH投稿日:2008-09-27 13:06:39
【ネタバレ注意】

 正直、「トランスフォーマー」ばりのパワードスーツ同士のバリバリの対決が見られるもんだとばかり思っていたもんで、割とクライマックスがアッサリと終わってしまったことに物足りなさを感じはするが、それでもオモロかったよ。気の早い話だが、そこは続編でのお楽しみということで。

 トニー・スタークという主人公のキャラクターがいいね。天才工学者でありながら、普段は子供っぽくってわがままなお坊ちゃんといった感じ。おまけに女性関係も派手なもんだから、同じCEOでありながら片やDCコミックのブルース・ウェインとは正反対の陽性キャラ。そんなチャラチャラしたトニーが、テロ集団に拉致されたことから正義のヒーローとして目覚めると。ここら辺の動機付けは、アメコミらしくっていいんじゃないの。

 面白いのは、トニーが試作品を次々と改良して最強のパワードスーツを作り上げていくというその過程。試行錯誤と危険な試運転を繰り返しながら、あのホットロッド風のスーツが出来上がったというわけだ。この過程は確かにまどろっこしいものがあるが、第1作目はココをキチンとやらないといけないから我慢して付き合おう。そんなもんだから、トニーがパワードスーツを着込むと同時に、観客のテンションもヒートアップ!となるんだね。

 トニーを支える女性秘書、ペッパーもいいねぇ。やんちゃ坊主をいつも心配しているお姉さんといった感じ。演じるグウィネス・パルトロー、どうもスッピンみたいでイマイチ魅力に欠けるなぁ、と思ったら、パーティの場面ではハッとするようなお姿で登場してくれるもんだから堪りません。このペッパーの、トニーへの秘めたる想いが重要なキーワードになってるのね。トニーが「棄てろ」といったアレを後生大事に取っておいてくれたお陰で…。

 もひとり、いつもはチンピラ役の多いテレンス・ハワードが「奇跡のシンフォニー」と同じく主人公をサポートするいい人の役で登場。このローディという男、トニーに振り回されてばかりなんだけどいざとなれば頼れる好漢。トニーとローディの信頼関係が素敵なのです。飛び立つトニーを見て子供みたいに「スゲェ!」と言ったり、余ったパワードスーツにチラッと目をやって言う台詞が可笑しい。可愛いヤツ!

 そうそう、忘れちゃいけないのが「不器用」アームくん。さんざっぱらトニーに悪態をつかれたのに…。ホント、機械のくせにいい味出してるんだよね。彼(?)のお陰でトニーが助かるとこなんか、ちびっとだけホロッとなったよ(ええッ?!)。

 テロ集団をトニーがバッタバッタとやっつける、そういう単純なお話にしないで、テロ集団の裏には黒幕がいて…という展開にしているけれど、この黒幕が誰なのかがすぐに分ってしまう。というか、すぐに分るようにさせているのは悪役を演じたジェフ・ブリッジスの怪しすぎる風貌のせい。まあね、アメコミの映画化ということで無駄な深読みをあえて避けたのかも。

 古(いにしえ)の「ロボコップ」の昔から、こういうメタリックなデザインのロボットやアーマースーツには熱くなる傾向が、どうやら僕にはあるようだ。装着時の♪ガシャン、ガシャン♪という音にも胸が躍る。これは幼少期からロボットものに慣れ親しんだことによる刷り込みが起因しているのかもしれない。

 ところで、「アイアンマン」と聞いて真っ先に思い浮かべるのはサバスのあの曲。ということで予告編でもチロッと流れていたけれど、本編ではエンド・クレジットにあの有名なリフが大々的に流れるのね。で、この曲の歌詞を読んでみると…。この映画の内容とはそぐわない!!

 ジャービスの声が、ポール・ベタニーだったのね。気付かなかった。

 サミュエル・ジャクソンの登場に驚愕! 「アベンジャーズ」かぁ…。ホント、マーベルって商売が上手い!

投稿者:satokunn投稿日:2008-09-27 12:54:46
【ネタバレ注意】

いやーやっぱり映画って面白いですね。
評判とおりの痛快娯楽映画です。何も考えずに映画館の大スクリーンで
楽しんでください。パワードスーツの装着シーンはかっこいいし、やっぱ
空を飛べないと話になりません。しかし余分な心配ですが、スーツは強力で
頑丈だけど、中の人間はあの衝撃に耐えれるのかな??全身骨折で即死!!?パート2では新型スーツが登場するのでしょうね。楽しみです

投稿者:藤本周平。投稿日:2008-07-16 22:01:54
結論から言うとかなり面白かったです。アイアンマンもカッコイイし所々笑えるシーンもあったのでエンターテイメントとしては申し分の無い出来でした。ただアクションシーンは確かに凄いんですが、もうスパイダーマン3とか観ちゃってるんでちょっと物足りなさを感じてしまいました。
投稿者:EGV投稿日:2008-05-23 13:43:40
あえて、評価は10点!!他の方のコメントにもありますように、それ程話題にもなっていないので、ヒマに任せて観てきました。それが、それが・・無茶苦茶面白かった!!です。ともかくテンポが速い割に、しっかり映画タイトルの由来を描き、ところどころにユーモアをちりばめ、最近の特撮ものの中ではピカイチではないでしょうか。何故、この映画の日本公開が9月なのか、良く分かりません。期待しなかった?分だけ、最高!!の娯楽活劇です。
投稿者:Ryuichi投稿日:2008-05-11 22:30:57
日本に先駆けて公開された台湾で見たのですが・・・いやいやここまで楽しませてもらえるとは思いませんでした。
スピーディーな展開に加え、SFヒーローものであるにもかかわらず、設定やストーリーの背景がしっかりと描かれていて、かなり満足できました。
ここ数年、スパイダーマンをはじめスーパーマンが復活したり、アメコミヒーローものが元気です。今回のアイアンマンもそれに類するかと思いますが、今までに聞いたことがないヒーローであったこともあり、映画館に足を運ぶまでの作品かどうか・・・正直、大した期待は抱いておりませんでした。が、しかし・・・スパイダーマンシリーズにもヒケをとらないおもしろさです。色々詰め込み過ぎたスパイダーマン3に比べ、スリムにまとまっているせいか、主人公に感情移入することもできました。時折、笑わせてもらえるシーンもあり、アメコミヒーローものの一つのお手本とも言えるべき作品に仕上がっています。
今後、日本で公開される予定のはずですが、ぜひとも映画館で見ることをオススメします。
http://vicky-ryu.spaces.live.com/
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2008-05-07 17:16:51
ロバートダウニーJRのヒーローものなんて想像できん。
続編まで薬やアルコールで捕まっていなければいいが。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 視覚効果賞ジョン・ネルソン 
  Ben Snow 
  Dan Sudick 
  Shane Mahan 
 □ 音響賞(編集)Frank Eulner 
  Christopher Boyes 
□ 特殊視覚効果賞Ben Snow 
  Shane Mahan 
  ジョン・ネルソン 
□ アクション映画賞 
□ 作品賞 
 □ 男優賞ロバート・ダウニー・Jr 
■ 現時点でのサマー・ムービー賞 
【ニュース】
全米興行成績、「スパイダーマン:ホームカミング」がメガヒット・デビュー2017/07/10
全米興行成績、カンバーバッチ主演マーベル最新ヒーロー「ドクター・ストレンジ」がメガヒット・デビュー2016/11/07
全米興行成績、ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」がメガヒット・スタート2016/04/18
全米興行成績、メリッサ・マッカーシー主演コメディ「The Boss」が初登場1位2016/04/11
ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」、予告編2016/02/08
ディズニー製作実写版「ジャングル・ブック」、ティーザー・トレーラー2015/09/16
全米興行成績、マーベル原作ヒーロー・アクション「アントマン」が大ヒット・スタート2015/07/21
全米興行成績、デンゼル・ワシントン主演アクション「イコライザー」が大ヒット・スタート2014/09/29
ロバート・ダウニー・Jr主演ドラマ「The Judge」、最新予告編2014/09/12
ロバート・ダウニー・Jr主演ドラマ「The Judge」、予告編2014/06/20
全米興行成績、X−MENシリーズ最新作が好スタート2014/05/26
クラーク・グレッグ監督・主演コメディ「Trust Me」、予告編2014/04/25
ジョン・ファヴロー監督・主演コメディ「Chef」、予告編2014/04/08
ワーナー、『ジャングル・ブック』実写映画化で「バベル」監督を起用か2013/12/05
「アベンジャーズ」スピン・オフTVシリーズ「Agents of S.H.I.E.L.D.」、予告編ロングバージョン2013/05/15
「アベンジャーズ」スピン・オフTVシリーズ「Agents of S.H.I.E.L.D.」、予告編2013/05/13
ロバート・ダウニー・Jr主演アクション「アイアンマン3」、最新予告編2013/03/06
ロバート・ダウニー・Jr主演アクション「アイアンマン3」、予告編2012/10/24
大ヒット・ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』映画化企画、ジョン・ファヴローが監督か2012/06/06
J・J・エイブラムス製作最新TVシリーズ「Revolution」、予告編2012/05/15
全米興行成績、ヒーロー・アクション超大作「アベンジャーズ」が史上初の2億ドルデビューの快挙2012/05/07
スーパーヒーロー・アクション「アベンジャーズ」、予告編第2弾2012/03/01
スーパーヒーロー・チーム“アベンジャーズ”映画化「Marvel's The Avengers」、予告編2011/10/12
全米興行成績、「カウボーイ&エイリアン」と「スマーフ」が暫定で同率首位に並ぶ2011/08/01
ダニエル・クレイグ&ハリソン・フォード共演「Cowboys & Aliens」、最新予告編2011/04/18
ダニエル・クレイグ&ハリソン・フォード共演SFアクション「Cowboys & Aliens」、予告編2010/11/18
「バック・ロジャース」映画化、ポール・W・S・アンダーソンが監督か2010/03/25
ロバート・ダウニー・Jr主演「アイアンマン2」、最新予告編2010/03/09
「AKIRA」実写映画化プロジェクト、監督に「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟を起用か2010/02/12
全米興行成績、「アバター」が「シャーロック・ホームズ」の猛追をかわしV2達成2009/12/28
ロバート・ダウニー・Jr主演「アイアンマン2」、予告編2009/12/18
「AKIRA」実写映画化プロジェクト、脚本家決定で急進展か?2009/09/09
第35回サターン賞、受賞結果2009/06/25
サターン賞、ノミネーション発表2009/03/11
アカデミー賞作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に、日本勢もW受賞の快挙!2009/02/23
アカデミー賞ノミネーション発表!日本からも「おくりびと」と「つみきのいえ」が候補に2009/01/22
注目の放送映画批評家協会賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に!2009/01/09
全米興行成績、犬本ベストセラー映画版「マーリー」が好スタート2008/12/29
「ホット・ファズ」のエドガー・ライト監督が2008年のベスト・ムービーを発表2008/12/17
DVDリリース情報:「アイアンマン」「スカイ・クロラ」etc.2008/12/12
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2008/12/10
ロジャー・エバート氏選出、2008年ベスト202008/12/09
スクリーム映画賞2008は「ダークナイト」が圧勝2008/10/21
全米興行成績、「ダークナイト」が驚異のハイペースで首位をばく進2008/07/28
全米興行成績、新作コメディ対決はS・カレルの「ゲット スマート」が圧勝2008/06/23
全米興行成績、E・ノートン主演「インクレディブル・ハルク」が初登場首位2008/06/16
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ「カンフー・パンダ」が好発進2008/06/09
MTVムービー・アワード結果発表2008/06/02
全米興行成績、「SATC」が「インディ4」を抑え首位デビュー飾る2008/06/02
全米興行成績、「インディ・ジョーンズ4」が好スタートで首位2008/05/27
全米興行成績、「ナルニア国物語」続編、大ヒット・スタートも前作越えならず2008/05/19
全米興行成績、「アイアンマン」が初登場「スピード・レーサー」を抑えV22008/05/12
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2008/05/07
全米興行成績、アメコミヒーロー映画「アイアンマン」が爆発的デビュー2008/05/05
全米興行成績、SNL出身コンビ主演コメディ「Baby Mama」が首位2008/04/28
ロバート・ダウニー・Jr主演「Iron Man」、フルトレーラー2008/02/29
マーヴェル『アイアン・マン』映画化、監督にアレックス・プロヤス?2006/02/01
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION