allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

容疑者Xの献身(2008)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2008/10/04
ジャンルミステリー/ドラマ
その謎を、愛そう。

ガリレオが苦悩する、その謎とは?
容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
参考価格:¥ 7,035
価格:¥ 5,065
USED価格:¥ 2,046
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:西谷弘
製作:亀山千広
プロデュース:鈴木吉弘
臼井裕詞
企画:大多亮
エグゼクティブプ
ロデューサー:
清水賢治
畠中達郎
細野義朗
プロデューサー:牧野正
和田倉和利
プロデューサー補:大西洋志
菊地裕幸
原作:東野圭吾
『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊)
脚本:福田靖
撮影:山本英夫
美術:部谷京子
編集:山本正明
音響効果:大河原将
音楽:福山雅治
菅野祐悟
主題歌:KOH+
『最愛』
スクリプター:藤島理恵
照明:小野晃
整音:瀬川徹夫
選曲:藤村義孝
装飾:田中宏
録音:藤丸和徳
助監督:村上秀晃
監督補:池上純哉
出演:福山雅治湯川学
柴咲コウ内海薫
北村一輝草薙俊平
松雪泰子花岡靖子
堤真一石神哲哉
ダンカン工藤邦明
長塚圭史富樫慎二
金澤美穂花岡美里
益岡徹葛城修二郎
林泰文柿本純一
渡辺いっけい栗林宏美
品川祐弓削志郎
真矢みき城ノ内桜子
鈴木卓爾
東根作寿英
三浦誠己
海老原敬介
青木一
福井裕子
小松彩夏
リリー・フランキー
(友情出演)
八木亜希子
石坂浩二
(特別出演)
林剛史
福井博章
高山都
伊藤隆大
【解説】
 東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒットTVシリーズ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。冴えない人生を送る天才数学者が無償の愛に衝き動かされて仕組んだ究極のトリックに、天才物理学者・湯川学が挑むスリリングな頭脳戦を、ドラマ版のテイストを残しつつも原作の持つ人間ドラマに重きを置いた丁寧な筆致で描いてゆく。出演は福山雅治、柴咲コウらオリジナルキャストに加え、事件の容疑者・花岡靖子役で松雪泰子、天才数学者・石神哲哉役で堤真一が登場。
 ある日、貝塚北警察署管轄内で男性の死体が発見される。顔は潰され、指も焼かれて指紋が消されていたものの、ほどなく身元は判明した。捜査には本庁も出動し、貝塚北署の刑事・内海は先輩の草薙と共に、被害者の別れた妻・花岡靖子へ聞き込みに向かう。しかし、容疑者と目された彼女には完璧なアリバイがあった。いきなり壁にぶつかった2人は、さっそく“ガリレオ”こと湯川学に相談を持ちかける。そこで偶然にも、靖子のアパートの隣に住む冴えない男・石神哲哉が、湯川の学生時代の無二の親友だったことが判明する。現在は高校のしがない数学教師をしている石神だったが、彼は湯川が“僕の知る限り、本物の天才”と評するほどの頭脳の持ち主だった。やがて、湯川は石神がこの事件に深く関わっているのではと疑念を抱き始めるが…。
<allcinema>
【関連作品】
ガリレオ(2007)TVシリーズ
容疑者Xの献身(2008)劇場版
ガリレオΦ(エピソードゼロ)(2008)スペシャルドラマ
容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012)同一原作
ガリレオ (第2期)(2013)TVシリーズ第2弾
真夏の方程式(2013)劇場版第2弾
ガリレオXX(ダブルエックス) 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(もてあそぶ)(2013)スピンオフスペシャルドラマ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
754 7.71
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-05-24 00:52:32
福山雅治のガリレオはテレビでもお馴染みで適役だと思います。
堤真一は努力の熱演ですが、原作のイメージとは随分違いますねぇ。
演技力以前に美形の俳優さんにはあの役は合わないです。
それから原作の欠点でもあるのですが、犯行に及んだ理由が
今ひとつ弱いです。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 09:37:33
テレビドラマ「ガリレオ」が実はスピン・オフ
「容疑者Xの献身」はガリレオシリーズのではなく、
1本の独立したサスペンスとして極上
http://mototencho.web.fc2.com/2008/yougisha.html
投稿者:terramycin投稿日:2010-02-21 22:26:13
福山はあの声の低さが知的にしゃべっているように感じさせ、天才湯川のイメージに合っていると思う。

今作ではTV版のような湯川の華麗な謎解きは無く、石上に焦点を当てて物語を構成しているため主役は石神と考えることも出来る。
すっきりとしない終わり方も印象的である。

石神は眠そうな雰囲気で強敵には見えず、献身的な姿を見せ付けられ印象的だった。
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 21:53:14
堤真一
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-08-30 22:59:22
二時間サスペンスと同レベルなのに、若い観客は感動するのね。堤の演技は人生に絶望したのか精神薬を飲みすぎたのかどっちなの?
投稿者:投稿日:2009-08-15 20:17:41
石神は堤真一のイメージじゃなかったな
原作を読むとドランクドラゴンの塚地がぴったりなんだが

雪山に登る必要あったの?
工藤さんがダンカンっていうのもなぁ

ただ松雪泰子はよかったね
投稿者:デジゴン投稿日:2009-08-11 11:31:25
東野圭吾の女性ファンが多いのも分かる気がします。
重い、光と影がみごとです。
今の時代だからいいのか、数年後忘れた頃にも一度見てみたい。

サスペンスでなくとも充分いけてます。
良いです。
ハリウッドのハッピーエンドと違う日本らしいエンドです。
脇役がとにかくすばらしい。
投稿者:bond投稿日:2009-08-11 09:44:47
福山は「オレ美男子」的なのが鼻につくし、天才同級生が犯人というのも出来すぎだが、{砂の器」的悲しさが漂っており、普通にミステリーとしてよかったのでは。
投稿者:BMG投稿日:2009-06-02 20:38:56
小説を映画化すると、原作に劣ると言う話は良く聞くが、この映画は、その点全く問題なし。

抜くべきとこだけを抜いて、残すべき床は、しっかりとそのまま原作を代用、さらに原作で描かれていた、花岡靖子の心の不安を、より詳しく鮮明に描くために、上手く手を加えててある。

原作を、読んだ人にせよ、そうで無い人にせよ、俳優目当ての人にせよ、この映画は、楽しむことができることができると思います。
投稿者:aaf投稿日:2009-03-21 01:03:48
非常に好評だったそうですがフジの映画ではちょっと考えられない
評価ですね。
私は幸か不幸か原作を読んでます。何回読み直したか覚えてません。
読むごとにその無常さに泣けてきて。
推理小説と言うよりも男の生き様を教えてもらっているような。
男が惚れる漢(おとこ)
そんなところが大好きです。

変わってこの映画ですが明らかに石神はミスキャストですよね。
堤さんの演技どうこう以前よりダルマと呼ばれた冴えない
男なんですから。
どうひいき目にみても
工藤 堤
石神 ダンカン
がキャストとして正しいと思います。だがそれでは客が入らない。
興行にならない。ま、そういうところからしてフジ映画ってことで
しょうね。
内容は頑張ってますよね。よくここまで映像化したな。
それは褒めてあげてもいいと思います。

ですが・・・ですが・・・原作の良さを
100とするならこの映画は30でしょう。

原作を忠実に再現すればするほど原作の良さが際だってますね。
ただし、松雪さんと娘役の金澤さんの演技はとても良い。
彼女たちが受けた最後の衝撃は小説では描ききれてません。
それがとっても良く表現されていたと思います。

私は小説を読んだとき娘は石神に対して父親像を重ねていた筈
だと思っていました。ところが小説にはその部分がないのです。
映画にそれが表現されていたのでへぇと感心しました。
脚本家も同じことを思ったのですね。出来ればもう少し娘に
迫ってくれれば・・・と思いました。

にしてもテレビドラマでは全く感じませんでしたが
堤・松雪・金澤・北村と上手い人が集まると
福山・柴咲は大根ぶりが目立ってますねぇ・・・

とにかくこの映画で感動された方は是非とも小説を読まれるべきですね。
湯川準教授の苦悩。石神の献身がとても良くわかります。
投稿者:かっこう投稿日:2009-01-14 00:14:33
予想し得ない結末。警察だってバカではない。その警察の追求をいかにかわすか、というところに焦点の当てられるストーリー。なるほど。数学的手法なのか物理学的手法なのかは、よくわかってないけど・・。湯川教授は、今までになかった新しいキャラクターの探偵ではなかろうか。このキャラが面白い。ドラマシリーズも見てみたくなった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-11-11 00:54:28
【ネタバレ注意】

原作は随分前に読んだが、トリックはすっかり忘れていた…が、この作品を観ているうちにあ、そうだそうだ、と思い出してしまったからつまらない…。思い出さない方が幸せだってことは、世の中多い。
堤真一演じる数学の天才・石神は、原作ではもっともっとダサい男だったような印象がある。堤真一も一生懸命猫背になってボソボソしゃべって冴えない男を演じようとするが、いかんせん体格が良すぎるか。
湯川学(福山雅治)はテレビドラマの延長線上にあって可もなく不可もなく。湯川と石神の友情話も、原作に忠実で悪くはないし、松雪泰子の薄倖な母親役も似合っている。

…ところで、原作ではその辺りがどうなっていたか記憶していないのだが、長塚圭史演じる富樫に前科があったらどうなっていたのだろう(役柄からみるとどう見ても警察の厄介になっていそうだが)。当然自転車に残された指紋を照合するだろう。そうすると自転車や宿の指紋と富樫の指紋が合致しないことはすぐにわかるはずなのだが…。もしその辺の説明を見落としていたならごめんなさい。どうも引っかかってしまったものですから。
コンパクトにまとめあげた作品であることは認めるものの、私は個人的には「テレビのスペシャルで十分じゃない?」と思ってしまったことを告白します。

投稿者:Cinema☆万歳エンゼル投稿日:2008-10-29 10:34:08

石神(堤真一)、燻し銀の演技が、輝いてました。
まさに彼が主役ですね。

花岡靖子(松雪泰子)も、実力ある演技で、貫禄がにじみでて、輝いてます。


二人の天才、数学者と物理学者

光る大学教授、湯川。

陰日向に埋もれてしまった数学高校教師、石神。

涙をそそるストーリー。

タイトルからも連想される粗筋だがともすると飽きがちなところ、
秀逸なる演技、脚本、映像で、十分、納得、満足感にみたされました。

印象に残る名場面が1つありますが、あとからその意味がわかりました。
運命は、二人を、これほどまでに対照的にしてしまいました。

人の運命の儚さ、切なさ、そして、運・不運を、みごとなストーリー、脚本、キャスティングが魅せてくれます。
投稿者:サードオピニオン投稿日:2008-10-22 19:34:35
【ネタバレ注意】

原作は読んでないんですが、コレは面白かったです。

なんと言っても「隣人の殺人に手を貸すハメになった天才」という設定が好き。そし
て、堤真一が良い。徹底的に押さえた演技で人生に疲れた感じがよーく出てました。
ちょっと共感するところもあって(自殺願望とか、容姿が△なところとか…)観てい
てハラハラしました。

でも、いきなり冬山に登るシーンはちょっと笑ってしまいましたね。だって湯川は久
々の山だったんじゃないの?それで冬山って、フツーちょっと有り得んよね。

あと、頑張って作ったアリバイ工作とかも、単純に死体の始末だけとか、もしくは死
体の始末&ホームレスに一日ドヤで過ごしてもらうだけでも良かったんじゃないかと
も思ってしまうんですが、コレは僕の頭が悪いからでしょうか?

そして今回も柴崎コウの魅力が全然わかりませんでした。何本も観てるんだけど、い
つもなんか違和感あるんですよね。松雪泰子はとても良かったです。そして美人です。

ていうか、福山の演技ってそんなヒドかった?僕はそんな気になりませんでした。

投稿者:マジャール投稿日:2008-10-19 21:44:30
ミステリー物は結構好きなので、今日、池袋の映画館で観てきました。
面白かったです。

前半は、謎とサスペンスを前面に押し出して、ど〜なるど〜なる、と引き付ける展開、後半は、人間ドラマの切なさが胸に迫る・・・・・と、定番といえば定番な作りの日本製ミステリーですが、なかなか楽しめました。(松雪泰子がイイ感じ)
本当は、あんまり湿っぽいミステリーは観たくない私なんですが、これ悪くはなかったですよ。(“泣けるミステリー”とか聞くと、正直ちょっと引いちゃう)
うら寂れたアパート、徒歩通勤の朝のかったるい雰囲気なんかがリアルで良かったです。役者さんも皆好印象だった。


日本映画、いい。
投稿者:replicant投稿日:2008-10-16 01:51:25
「実に面白い( ̄― ̄)ニヤ」とか「さっぱり、分からない ┐(´―`)┌ ヤレヤレ」とかのセリフは耳にしたことはあります。主人公が物理学者ってコトも知っていますが、TVドラマは1回も観たことはありませんし、原作を読んだこともありません。しかし、視聴率の良かったドラマをしょーもない映画にすることに定評のあるフジテレビの仕業と知ってしまっては、どう考えても期待出来るような作品ではありません。なんてたって、『踊る大捜査線』も『海猿』も『HERO』も全てデタラメですからね。ところがどうして!世の中にはこんなこともあるんですねぇ!湯川教授ではないですが「これが、実に面白い!」。個人的には『39/刑法第三十九条』以来の堂々たる傑作ミステリー(倒叙ミステリー)映画だと思いました。数学と物理の真理に迫る仕方の違いがストーリーに厚みを加えていて、興味をそそられます。脚本は“献身”という言葉に相応しく重厚で、演出は的確で無駄がありません(殴られている娘の顔が綺麗なのはちょっと?ですが・・・)。石神役の堤真一(そう言えば『39』も彼だったなぁ・・・)も、ヒロイン役の松雪泰子も見応え十分です。石神のバックボーンをもう少し丁寧に描き、湯川との対決をもっとネットリと描いてくれれば相当な傑作になったような気もします。「作るのと解くのは、どちらが難しい?」なんて、なかなか良いセリフですよ!論理的思考から逸脱してしまった人間の行動が引き起こした事件・・・底辺×高さ÷愛・・・けっこう泣けましたわ。ラストシーンで湯川(福山雅治)と内海(柴崎コウ)のやりとりが深いモノを感じさせるのも、全ては出来が良いからです。やはり『愛』ってのは“罪”なものなんですねぇ・・・。監督は『県庁の星』の西谷弘、脚本は『LIMIT OF LOVE 海猿』(ホントかよ!)の福田靖・・・やっぱり、原作がいいのかなぁ・・・・・・・・( ̄。 ̄ )ボソ…

原作では柴崎コウの役は男性らしいですが、今回の話では女性で大正解でしょ!しかし、フジテレビもこんなの作れるのなら毎回もっと頑張ってよ!ヒットが約束されている作品(年に2回しか映画を観ない人々が観るような作品)だからこそ、良い作品にして欲しいものです。それにしても長塚圭史は時折びっくりするくらい父親に似ていますね。
投稿者:リEガン投稿日:2008-10-14 10:52:39
【ネタバレ注意】

原作にほぼ忠実な映画化。東野圭吾作品では一番好きかもしれない。但し、人気のTVドラマは未見のせいか、福山雅治扮する湯川の『軽さ』が気になった。倒叙推理のスタイルながら、細密で周到なトリックがやがて慟哭のドラマを導くのだが、もう一人の主人公とも言うべき容疑者石神を演じた堤真一の熱演は確かに涙を誘う。主題歌は名曲。

投稿者:はこまる投稿日:2008-10-12 22:28:57
冒頭でいきなり絞殺される長塚圭史。
東野圭吾の原作は未読。テレビシリーズも不勉強ながら見たことがありません。
失礼ながら観る前は、いつもながらの観客を小馬鹿にしたわざとらく醜悪なフジテレビ製映画だろうと最初から期待していませんでした。が、意外にもしっかりした作りになっており少しビックリ。撮影は『マジックアワー』も撮っている山本英夫。監督はテレビ版も手掛けた西谷弘。カメラワークも所々工夫が施され、それほど悪くありません。フィルム撮影(一部を除く)作品です。ただ、しっかりと作った、と言いましたが、そのぶんテンポがノロく地味なので、途中二度ほど意識がとんだ(寝た)ことを告白しておきます。

また、映画自体の内容も、堤真一が出てくる予告編では「♪桜坂」の人(長崎県出身)が「うーん、実に面白い」「物事には理由云々・・」とか言っている対決色が強い作りだったので、ノーランの『イリュージョンVS.』や、『デス・ノート』の様な天才同士の知略を尽くした先回り映画だと思っていましたが、これもフツーのミステリーだったので少し意外でした。
ただ観ていて気になったのは、映画の構成や演出、ミステリーとしての仕掛けよりも、やはり、(いくらDVが理由とはいえ)人を殺め、それを隠蔽しようとする人間の扱いと、松雪泰子(佐賀県出身)のことをやたら美人、美人、と言っていることでした。

まず前者の扱いは、その描写に子供を巻き込む形で行われますが、こういうのは私は嫌いです(原作どおりとのこと)。それに、苦労して手に入れたはずの現在の生活(弁当屋)の描写が甘いので、殺人まで至る展開がどうも説得力に欠けます。あと、何気なくみんな朝から弁当をゾロゾロ買って行きますが、普通、そういうのは昼に買うでしょう。
そして、問題?の松雪泰子です。個人的な好みもあるのでしょうが、どうもこの女優さんの魅力が私にはイマイチ分かりません。パンツ見せながら「ワタシのアソコはビショビショよっ!」と叫んでいた快作『デトロイト・メタル・シティ』の女社長役は悪くなかったんですがね。(注意:あくまでも、演技うんぬんの話ではなく、美人かどうか?ということですので、誤解なきようお願いします)

我が愛しのコウちゃんは今回は殆ど活躍らしい活躍はなし。冒頭のクルーザー爆発なみにあまり意味がない役で残念。湯川役の人は今時珍しいダイコンぶり。でもファンの方は怒らないでくださいね。かつて私は彼の出ているパチンコ映画『ほんの5g』を映画館で観た人間なのですから(自慢)。

そして堤真一です。この映画の主演は彼ですね。スケールの大きな役者さんですが、今回は意外にも抑えた役。分かりやすい演技ではありますが、クライマックスの慟哭は観客の涙を誘うことでしょう。

ところで、リリー・フランキーはどこに出てましたっけ。ホームレスの役だったのかな?
投稿者:おしゃべりチャック投稿日:2008-10-05 23:08:09
実はドラマ「ガリレオ」の方はつぼが合わなくて(と言うか、難しすぎて良く分からなかった)、先日の2時間枠も消化不良のままで、半ば諦め半分で行ったのですが、心配は無用でなかなか面白かったです。

2時間20分退屈しませんでした。タイトルに献身とあるので何となくストーリーは想像出来ましたが、期待を裏切らない形でストーリーは一転二転します。

最後は視聴者にとっては割りと納得の行く形で終わったのではないかと思われます。非常に分かりやすいストーリーです。

最後の落ちも東野圭吾さんらしい形で落ち着いた様に思います。(東野作品は他に「手紙」くらいしか知りませんが)

ストーリの展開はガリレオと同じく事件の謎解きなんですが、東野さん風のスパイスが十二分にあり、単なる二時間物と違いグッと来る。(そうですよね、直木賞作品ですから)

テンポも良く、割と見やすい作品の様に思いました。

一応主役は福山さんですが、物語的には松雪泰子さんと堤真一さんの様に思えました。お二人の演技光ってました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 助演男優賞堤真一 
 □ 助演女優賞松雪泰子 
 ■ 話題賞(作品) 
【レンタル】
 【DVD】容疑者Xの献身レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION