allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

俺たちダンクシューター(2008)

SEMI-PRO

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2008/08/09
ジャンルコメディ/スポーツ
映倫PG-12
やるときャ、
やらなきャ、
ダメなのよ!
俺たちダンクシューター [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 2,160
USED価格:¥ 3,000
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「俺たちフィギュアスケーター」「タラデガ・ナイト オーバルの狼」のウィル・フェレルが、今度はバスケットボール選手を演じる痛快ドタバタ・スポ根コメディ。エンタテインメント性を重視した独立リーグABAがNBAに吸収消滅されることになった76年のエピソードをモチーフに、弱小チームのワンマン・オーナーの奮闘を、70年代のノスタルジックな風俗を前面にコミカルに描く。共演はウディ・ハレルソン、アンドレ・ベンジャミン。監督はこれが初メガフォンのケント・オルターマン。
 1970年代、ミシガン州フリント。NBAに対抗してつくられた新興のバスケットボールリーグABAに所属する“フリント・トロピックス”のオーナーは、かつて『Love Me Sexy』が大ヒットした地元出身の一発屋シンガー、ジャッキー・ムーン。オーナー兼監督兼選手として全権を振るう彼は、試合前に自分の歌謡ショーを開き勝敗そっちのけで客寄せパフォーマンスに明け暮れるなどやりたい放題。当然成績は万年下位。そんなある日、経営難に苦しむABAがついにNBAに吸収されることが決まる。しかも、今期の最終成績で上位の4チームだけを残し、あとは全て強制的に解散ということに。チーム消滅の危機に直面したジャッキーは、NBAで優勝経験を持つというモニックスを招聘しチームのテコ入れを図るのだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:vegirama投稿日:2015-03-09 23:48:25
おもしろい
投稿者:ジーナ投稿日:2009-10-07 01:42:26
ウィル・フェレル自体好き嫌い分かれる俳優なので、この作品も大きく評価が分かれるでしょうね。
ちなみに私は苦手なほうです。
だから、いつも彼の作品では主演に好感が持てないという問題が生じます(笑)
ただの気持ち悪いオッサンですから(爆)

しかし、ストーリーはスポーツコメディにありがちなベタなモノですし笑いのほとんどがギャグ系なので大きく外してはいません。
盛りだくさんのギャグを笑えるかどうかはかなり微妙ですが(爆)
もちろん下品なネタもありますから苦手な方は鑑賞を控えたほうがイイでしょう。

いくらABAリーグとは言え、ここまでダメダメなチームなわけないだろ!とか熊って何だよ!とかツッコミどころは多々ありましたが意外とストーリーはしっかりしてました。
ツッコんどいてなんですが、熊とのファイトシーンは一番笑えました。
ただテンポはあまり良くなかったカナ・・・。
なんとなく中だるみした感がありましたね。
ウディ・ハレルソンの恋愛模様は不必要だったと思いますし、そこに関わってくるファンの男の存在にいたっては何のためにいるのか分からないぐらいでした。
あいつは彼氏なのか、弟なのか、、そのへんも放置だったので余計に興味薄だったのかな。
・・・っていうか、ウディ・ハレルソンはもっとハジけてもらわなきゃイカンでしょ(爆)
彼だけテイストが違うからシラけてしまう部分がいくつかありました。
設定に関してもう一つ言えば、「俺たちフィギュアスケーター」のような悪者の存在やライバルが居るとテンションが上がったかもしれません。
個性的なチームメイトもほとんど持ち味を活かせていませんでしたね。
もう少し各選手にスポットライトを当てたほうが面白みが増したでしょう。

ディスコ調の音楽は作風に合っていて良かったと思います。
70\'sの雰囲気たっぷりのユニフォームや髪型などのダサさ加減はハマる人にはハマるポイントでしょう。

「俺たちフィギュアスケーター」よりもスポコン度は高くなっており、お馬鹿度はやや下がっていると思って下さい。

バスケの技術は決して本格的ではありませんが、バスケが好きな方でも楽しめる小ネタが入っていますのでアマチュア感も気にせず鑑賞できるでしょう。
投稿者:bond投稿日:2009-10-06 10:36:16
初めてのゲロシーンは笑えた、マーティンやチェイスといった、コメディ俳優の変わりとなるように、ウィル・フェレルに頑張って欲しい。歌うまいね。
投稿者:なちら投稿日:2009-06-15 15:18:52
DVDを見ていたら「またコイツ(W・フェレル)か」と家族に言われた…。いいじゃないか好きなんだから。

しかし、案外普通のコメディだったな…。
まるで子供みたいなウィルはいつも通り面白い。だけど、こちらとしては爆笑を期待してるワケよ。
爆乳の奥さんをバス内から遠い目で見つめる姿に吹いたのと、
ゴミコンテナの中でウダってる姿に、求めていたのはコレ!と思った位だ。

W・ハレルソンの起用がちょっと違うのかも。彼はバカな事をしなかったしね…。
投稿者:三葉十四郎投稿日:2008-09-06 11:25:04
【ネタバレ注意】

「俺たちフィギュアスケーター」の手応えから公開しただろう本作も評判はサッパリ聞こえずじまい、今度はパンフまで刷ったのに配給のGAGAサンも商売の難しさにアタマを抱えてることでしょうね。 
出来だって遜色無いですよ、それぐらいの映画だ、とも言えますが。 ただ決定的な違いとして舞台が70年代に移って画面は華やかさに欠ける。 あの頃はまだどこでも街灯とか少なくて暗かった。 そこでキャデラックが走ったりすればディスコシーンもピッタリはまるダウナーな地方都市の空気が横溢する。 この時代に思い入れ無いと喰いつき悪いかもね。 

それとバスケットボールには興味が薄くってさ、最後のゲームに飛び出すアリウープって技、あれって元から在るテクニックなんでしょう? どう凄いのかピンと来なくて…、本編でも練習せずに出来ちゃってるし、あれなら俺だって、ね、ジャンプ力と運動神経と、えー、後は背丈があればやれちゃうよ。 
独立リーグABA破綻でのNBA吸収や、リーグに在った歌手がオーナーのチームも実在したのだそうで、上位4チームに入らないと解散の憂き目に遭うジャッキー・ムーン率いるフリント・トロピックスは、戦力アップにバスケ映画「ハード・プレイ」で鳴らしたウディ・ハレルソンをエド・モニックスの役名で招く。 どうせなら相棒のウェズリー・スナイプスも呼んじゃえば良かったのに。 

デタラメプレー連発のチームがエドに鍛えられちゃう展開も変り映えのしようも無いのだけど、吐くまでやれと言われたウィル・フェレル、腹に一発喰らってもどしかける芝居が変に巧い。 もらっちゃうだろ! ゲロネタは前作でも有ったけどフェレルの映画じゃお約束か? 
試合ばかりかハーフタイムショーまでデタラメで、ハッタリの1万ドル懸賞ゲームに登場はジャッキー・アール・ヘイリー。 最近「リトル・チルドレン」で復活したのは良いけど、変態の次がバカ。 でもやっぱり70年代の俳優だなって感じもする。 

こうした営業努力も空しく、トロピックスは順位に関係なくNBAにお呼びがかからない事になってしまいチームは目標を失うが、ここで湿っぽくは終われない、と皆で改めて結束。 ラストゲームはメガボウルなんだ、と無理やりな持ち上げ宣伝すると、ホームグラウンドには席を埋め尽くす観客が入り、ジャッキーとエドが思わず顔を見合わせるのが本編最高のシーン。 専属アナウンサーが最後に紹介するジャッキーはフリントの街に貢献した名士なのだ、と言う事で、これは徒花に散ったABA各チームに捧げたものでもあるだろう。 
劣勢だった試合も、天使の輪がゴールポストな天国のお母さんから必殺技アリウープを伝授されて追いつくと、最後はジャッキーとエドで得点を決めて、俺たちは勝ったぞー!って4位を大喜びの大盛り上がりするところが良いんだね。 

で、同じ4位と言えば北京五輪野球チームの体たらくが浮かんで来ますね。 確かに勝って4位と負けて4位じゃ天と地ほどの差はあるかも知れないけど、でも周囲の空気が余りにも悪いでしょ、監督が大口たたいたのが災いしてるのも有るけど、やれ采配が、エラーが、って自分達がヘタこいたから負けました、と言い募るばかりで相手の強さを率直に認める声が無い。 見苦しくて聞き苦しい。 他の全ての参加国に対して失礼な話だと思うよ。 
だから、その辺りはこの映画から学べるね。 今の日本のチームに要るものは技術や指導力やバックアップじゃ無いんだよ。 足らなかったんだよ、トロピカルが。

投稿者:もりじ投稿日:2008-08-03 01:23:06
またかよ!!いい加減シリーズ化を装う邦題やめてくんない!?
同じようなタイトルだからって食いつくと思ってんの?

まだ見てないけど本国でも評判よかったみたいだし、ビデオスルーでないだけマシだけど…
この調子でstep brothersまで「俺たち…」ってつけられたら見る気なくすなぁ。


見ました。
うぅ〜ん、笑ったけど、微妙。ストーリーがドッジボールと被るんだよなぁ。
いやこの手の笑いにストーリーはいらないかもしれませんが。
でも「俺たちフィギュアスケーター」の方が死ぬほど笑った。

元々フェレルのテンション押しが好きじゃないから、エルフとか今回みたいな純粋バカよりズーランダーとかフィギュアスケーターのようなチョイ悪バカの方が面白いのになぁ。
つーか、ホント最近よく出てるよね。彼は脇役くらいがちょうどいいのに…
【サウンド】
『Love Me Sexy』(挿入歌)
作詞 :スコット・アームストロング
歌 :ウィル・フェレル
作詞 :ウィル・フェレル
作曲 :ナイル・ロジャース
【レンタル】
 【DVD】俺たちダンクシューターレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION