allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

881 歌え!パパイヤ(2007)

881

メディア映画
上映時間105分
製作国シンガポール
公開情報劇場公開(マジックアワー=チャンネルアジア)
初公開年月2008/08/09
ジャンルドラマ/音楽
世界でいちばん泣けるドサ回り
歌え!パパイヤ [DVD]
価格:¥ 4,104
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ロイストン・タン
脚本:ロイストン・タン
撮影:ダニエル・ロー
音楽:エリック・ン
出演:ミンディー・オンリトル・パパイヤ
ヤオ・ヤンヤンビッグ・パパイヤ
チー・ユーウーグアン・イン
リウ・リンリンリンおばさん/歌台の女神
メイ&チョイドリアン・シスターズ
チェン・ウェイリャンウェイリャン
リン・ルーピンビッグ・パパイヤの母親
ジョニー・ンビッグ・パパイヤの父親
カレン・リムカレン
【解説】
 本国シンガポールで2007年のNo.1ヒットとなったエンタテインメント・ムービー。シンガポールの国民的歌謡ショー“ゲーダイ(歌台)”を舞台に繰り広げられる多彩な人間模様をエキゾティックかつエネルギッシュな歌と踊りと共に綴る。監督はシンガポール期待の新鋭ロイストン・タン。旧暦の7月に先祖の霊を楽しませるためにシンガポール各地で盛大に開かれる歌謡イベント“ゲーダイ(歌台)”。幼い頃からゲーダイの歌手になることを夢見てきたリトル・パパイヤとビッグ・パパイヤの美少女2人組。彼女たちはパパイヤ・シスターズと名乗り活動を始める。やがて、お針子のリンおばさんとの出会いをきっかけに、徐々に人気を獲得していく2人だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Longisland投稿日:2008-08-17 01:09:14
マレーシアとかヴェトナム映画って時々目にするが、シンガポール映画って印象薄いな〜。 映画祭では「僕、バカじゃない」「ライスラプソディー」「シンガポール・ドリーム」(昨年の東京国際映画祭最優秀アジア映画賞)とか観たことあるが一般上映で観るのは(多分)初めて。そういえば今年のカンヌコンペにもシンガポール映画があったな〜ぁ、ふ〜ん本作品は07年シンガポール興行成績1だったんだ・・・期待を胸に公開2週目週末午後のユーロへ。

ちょっと不器用な2人の少女(?)が周囲のいい人たち&歌の女神(?)の助けを受け成功へ。そんでもっていけ好かないライバル(ドリアン姉妹がいい!)、淡い恋愛、難病、親子愛も盛り込み、歌あり踊りあり衣装はきらびやか。サービス満点てんこ盛りなんだが散漫にしてまとまりに欠ける。
歌台なる歌謡ショーを掛持ちとの設定も時間的&距離的移動感希薄、個性豊かすぎで鼻につく脇役(鶏抱えた自閉症青年はなんだったんだろう?)の大仰すぎて正視できない演技・・・娯楽映画だからと割り切ってもトゥーマッチすぎ。

個人的にはリトルパパイヤ役ミンディー・オンの儚げな可愛さに萌え。
投稿者:リEガン投稿日:2008-08-13 16:49:38
笑わせて楽しませて泣かせたい、という作り手のサービス精神が溢れたシンガポール発の歌謡エンターテインメント。ノリ抜群の歌と踊りに絢爛な衣装で、熱帯の国のパワフルなお盆イベント「ゲータイ」を堪能させてくれる。後半は一転涙涙涙の大団円へ。ブライアン・デ・パルマ監督の傑作「愛のメモリー」を彷彿とさせるカメラワークが凄い。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】歌え!パパイヤ2010/07/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】歌え!パパイヤレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION