allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トウキョウソナタ(2008)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本/オランダ/香港
公開情報劇場公開(ピックス)
初公開年月2008/09/27
ジャンルドラマ
ボクんち、不協和音。
トウキョウソナタ [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 3,553
USED価格:¥ 1,026
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:黒沢清
エグゼクティブプ
ロデューサー:
小谷靖
マイケル・J・ワーナー
プロデューサー:木藤幸江
ヴァウター・バレンドレクト
ラインプロデュー
サー:
武石宏登
共同プロデューサ
ー:
椋樹弘尚
脚本:マックス・マニックス
黒沢清
田中幸子
撮影:芦澤明子
美術:丸尾知行
松本知恵
衣装:宮本まさ江
編集:高橋幸一
音響効果:渡部健一
音楽:橋本和昌
音楽プロデューサ
ー:
和田亨
VFXスーパーバ
イザー:
浅野秀二
スクリプター:松澤一美
照明:市川徳充
録音:岩倉雅之
助監督:西山太郎
出演:香川照之佐々木竜平
小泉今日子佐々木恵
小柳友佐々木貴
井之脇海佐々木健二
井川遥金子先生
津田寛治黒須
児嶋一哉小林先生
役所広司泥棒
【解説】
 「アカルイミライ」「ドッペルゲンガー」の黒沢清監督が、それぞれに秘密を抱え、バラバラになってしまった一つの家族の行方を、現代的な問題を盛り込み描いたドラマ。主演は「ゆれる」の香川照之と「グーグーだって猫である」の小泉今日子、共演に役所広司。2008年のカンヌ国際映画祭では、「ある視点」部門でみごと審査員賞を受賞。
 佐々木家はトウキョウに暮らす一見ごく普通の4人家族。平凡なサラリーマンの父・竜平は、家長としての自負を持ち、家族のために懸命に働いてきた。ところが、ある日リストラであっさり会社をクビになってしまう。その事実を家族に伝えられず、毎朝スーツで家を出ては、公園などで時間をつぶす竜平。母・恵は、せっかくドーナツを作っても誰にも見向きもされないなど、やり場のない不満と虚無感を募らせる。一方子どもたちも、大学生の長男・貴は、突然アメリカ軍への入隊を志願し、小学生の次男・健二は家族に内緒でピアノ教室へ通い続けていた。すっかり家庭崩壊への道を突き進む佐々木家だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
323 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-13 12:23:25
現代の東京ではなく、パラレルワールドのトウキョウが舞台。
作品としては面白かったよ。
投稿者:陸将投稿日:2011-10-02 13:04:03
【ネタバレ注意】

本作は権威ある存在からの裏切りによって物語が進行していく。
長年勤めてきた会社から裏切られる父親。
そんな父親から裏切られる妻と息子たち。
次男は学校で先生に裏切られ、長男はアメリカという国家に裏切られる。

家父長である父親のリストラによって家庭のバランスが崩れていく様は、滑稽かつ物悲しい。
権威ある存在は、たとえそれが偽りで脆弱な見せかけだとしても、一家の大黒柱として君臨しようとする。
権力を振るい、価値観を押し付け、家族を支配し続けようとする。

そうやって家族はバランスを保ち続けてきたのだろう。
それがたとえ理不尽であっても、妻や息子たちは本音を押し殺し、今やボロボロになった父親に従っている。

家族4人が食卓を囲む場面が面白い。
今にも壊れそうな家族をカメラは傍観者として覗いている。
そこには幸福の欠片も映り込んでいない。
全く美味しそうに感じられない、無機質な食卓を捉えている。

だが、ギリギリの状態で繋ぎとめられていた家族も、些細な綻びで一気に崩壊してしまう。
分かってはいたものの、目を背けてきた現実が各々に突きつけられる。
そして、家族それぞれが現状を打破しようと、答えのない理想的な居場所や形を求めて、当てもなく前に進んでいく。

しかし結局、孤独な人間たちは家族を形成して生きていくしかない。
空っぽのマイホームに、家族が1人、また1人と戻って来る。
堕ちるとこまで堕ちた人間たちが、家族の役割としてではなく、1人の人間として戻ってくる。

ただし、ピアノの先生だけは裏切らなかった。
息子のピアノの才能は本物だったのだ。
次男が奏でる美しいピアノの旋律には、人間への信頼回復と救いが込められている。

投稿者:フラーティ投稿日:2010-01-08 13:16:03
黒沢清というとホラーなイメージがあるので、
普通の家庭を題材にして、どんな映画を撮ったのか、
興味があったので観てみた。


リストラ会社員の滑稽かつ悲哀に満ちた偽装生活が怪しげなリアリティを持っていて、胸に迫る。長男がいきなり米軍入隊というのは社会的メッセージを強調しすぎで如何なものかと思ったが。

ただネット上でも指摘があったように、
役所広司登場後は余りにリアリティが欠落した展開で、前半とのギャップに違和感を覚えた。
主婦と泥棒の奇妙な連帯感で結ばれたやりとりはそれなりに面白かったが、比較的リアルな前半部との接続という点では唐突さが拭えない。
事件発生が、危うげなバランスをかろうじて保っていた家族を完全に解体するインパクトを持っていれば、ある種の「起承転結」と言えなくもないが、実際には主婦エピソードだけ浮いていて何とも中途半端。

大人社会への不信と反発をエスカレートさせる次男パートに至っては私には意味不明(そもそも「実は天才ピアノ少年」という展開にはかなり無理がある)。

それまでの陰鬱な画面と対照的にラストの光差し込むピアノシーンは美しく、そこはさすがと思うのだが、絶望状態から何の説明もなく一転して希望のラストになだれ込むというのは強引。結局はみんな家に戻ってきて、家族が再生する、ということなんだろうけど、安直ではなかろうか。


香川照之の上手さは当然として、キョンキョンのくたびれた主婦ぶりには驚かされた。全く美人と感じさせないところに女優魂を見た。子役君も好演。
投稿者:クリモフ投稿日:2009-08-24 02:14:04
黒沢監督初めてです。で、みんな普通に生きてるんだけど、イマイチ空虚で空々しい毎日を送っている家族の話ですが、うーむ、どうやらこの作品に関しては演出がまったく合わず、微妙といった印象でした。
この淡々とユーモラスに進んでいくストーリーも嫌いじゃないにもかかわらず、なにか物足りない。そのどことなく煮え切らない生活をおくっている登場人物たちがちっとも魅力的に見えなくて、笑えるシーンもあるにはあるんだけど、なんか同情してしまうというか哀れんでしまう目線になってしまいました。この辺はキャストにも問題があるかも。あと、子供の設定やらリストラ後の身の振り方やらお母さん自身、長男の入隊など作ったっぽさが目立ってしまったし、それを納得させるような力が感じられず。泥棒の件から一気に加速するかと期待したんですが、そうならず、残念でした。
キョンキョンはちょっときついなぁ。見た目はばっちりなんだけど、しゃべりだすとどうも、、。香川さんも下手じゃないんだけどいかんせん地味で、役柄的に同情を呼んでしまうのはマイナス。井川遥は胡散臭い。
人間同士繋がっていたいし絆も必要だけど、衝突は怖いし、すれ違ってしまう。っての最近の映画に多いですね。狙いはわかるが、狙いすぎてすっぽぬけ、ボールといったところ。
投稿者:FFF投稿日:2009-08-18 21:11:14
まるで紙芝居のようなベタな展開が意図的に進行するが、ぞっとする、あるいは脳裏に焼き付くような画作りはあいかわらず。
黒沢清って幽霊以外に「絆」にもこだわってるように思うんですが、最後見事です。びっくりしました。あと小泉今日子も「空中庭園」とほぼ同じ設定をよりくたびれた感じで演じていて見事。
投稿者:uptail投稿日:2009-07-05 16:38:34
小泉今日子
投稿者:デジゴン投稿日:2009-05-20 07:57:35
後味よろしくない気持ちです。
経済が落ち込んだ今では笑えません。
逆に今、世界は中国の経済に期待しているのが現状ですし…。

香川父さんのパワーは凄まじい分、
キョンツー母さんのたそがれ具合が痛ましい。

たった数ヶ月でピアノが弾けるとは無理があるけれど、
子供たちが素直で良いです本当によかった。
投稿者:黒美君彦投稿日:2009-05-11 00:32:16
【ネタバレ注意】

役割に縛りつけられた家族の瓦解と復活への希望(らしきもの)を描いた秀作。シニカルな笑いをところどころに散りばめながら、緊張感のある作品に仕上がっている。
香川照之、小泉今日子はそれぞれひと世代前の父親・母親像を好演。息子二人のうち、二男の井之脇海はその眼差しが印象的だ。親が親としての自信を持てない時代に、精一杯家族を演じようとするその姿が健気であり笑えるのだが、一方でそうした家族像そのものがすでに前時代的であることは確か。敢えてそんな前時代的家族を現代に持ってくるミスマッチが、この作品の成功といえるかも知れない。

とはいえ、もともとの脚本にはなく、監督が新たに加えたという役所広司演じる泥棒や、長男の傭兵部隊入隊などはとってつけた感が強く、リアリティを逆に損なっているように思う。小泉今日子の母親が出会い系で知り合った男と深い仲になるとか、長男は右翼団体に心酔してしまう…くらいの方がまだ現実感があったのに…と思ってしまうのだが。
ラストのドビュッシーも個人的にはいただけない。二男の天性が希望を生む仕掛けになっているのはあまりに安直ではないか。冒頭の嵐に呼応するように、陽射しの差し込む部屋での演奏は、画が美しいだけにあざとさを感じないわけにいかなかった。個人的な感想だが。

…と、難はあるものの、小津以来繰り返されてきた現代の家族の肖像がこの作品にはある。バラバラであっても尚、家族は家族として逃れられない。リアルな希望があるかどうかはともかく、今いちど立ち上がろうとする姿にかすかな救いを見出そうとすることを非難はできないだろう。
「お母さん役も悪いことばかりじゃないのよ」−長男から離婚を唆された母はそう切り返す。ここではないどこかを求めつつ一方で原点に安定を見出そうとする、それが家族の意味であることを端的に示した小泉今日子の台詞が印象的だった。

投稿者:NYY投稿日:2009-02-21 19:39:57
【ネタバレ注意】

もっと重くて深刻な作品かと先入観を持ってたんだけど・・・。
これ、コメディだよね?
微妙な作りで賛否両論ありそうな作品だけど、ボクは良かったと思
う。
 
間抜け連発で笑えたんだけど、これを見て笑うのが正しい態度なん
じゃないかと思った。
日本人の多くは、生真面目で「社会とはこうあるもので、その中で
自分はこう在らなきゃいけないんだ」みたいな鋳型を守ろうとする
んだけど・・・
そういう今までの生き方や、世の中の見方を根本的にズラすべき
時代になっているんじゃないかと。
人間の在り方というのは、正しいか間違ってるかとか、従うべき
典型的なモデルがあって、それに当てはまってるか否かではない
んじゃないか?
AでもBでもない、第3の道を手探りで模索してるように思えた。
 
一家でドタバタしてるのは、不幸だし、間抜けなんだけど、見てて
楽しくて、それはそれで実りのある振る舞いをしていたんじゃない
かと。
すったもんだあった後に、皆で食べるご飯が美味しそうだったし。
そのへんが、見栄っぱりで、世間体を気にして、耐えられなくなっ
て、心中した一家との違いなのかも知れない。
 
人間は、間抜けで、カッコ悪くても良いじゃないか。
物事をいちいち深刻に捉えるのを止めて、もっと肩の力を抜いてデ
タラメに生きようよ。
自分に寛容になって、間抜けな自分自身を許すべきだ。と黒沢清が
言ってる気がした。
 
最近また不況になったし、数年後に不況から脱したとしても、成熟
した低成長な虚しい時代が待ってる訳で、
80年代のジャパン・アズ・ナンバー1みたいに皆が満足できるな
んてことは、グローバル化した時代にはあり得ない訳で、
これからの時代に適応した、今までとは違う日本人の生き方を提示
しようとしてるのかなと思った。
それはつまり、勝ち負けでもなく、カッコイイか否かでもなく、
典型的なモデルに当てはまってるか否かでもなくて、人を笑わせる
芸人のような生き方。
 
ラストのピアノも、あれで落ちたら笑えるのにw。
最後まで不幸でも、人はゴキブリのようにしぶとく、面白く生きて
いくってところが見たかった。
 
ただ、父親の権限が崩れたみたいな描き方をしてたのは、疑問。
威張りたい親父ってのは、いっぱいいるのかも知れないが、日本に
は家父長の伝統は無くて、家の中で圧倒的に強いのはお母さんだか
ら。
給食費を流用して、女の先生んとこにピアノ習いに行っちゃう次男
は、才能があるかどうかは知らんが、あれはなかなか見込みのある
子だと思うよ。
ボクも、女の先生んとこでピアノ習いたいな〜。
お兄さん、米軍とは・・・、また極端に走るね。これも寄らば大樹
の蔭ってやつですか?
でもまあ、偏向したアカの団体とかに走っちゃうよりはマシかもw。
 
あと、ドーナツはいらない。油っこいから。

投稿者:ロシアンブルー投稿日:2008-11-30 11:43:41
【ネタバレ注意】

この家の階段がなんとも変わっている。まるで家の中の主役である。階段は外にも増殖していて、どういう用途で使われるのか不明な外階段がとりつけられているのだ。家の中の階段は話のクライマックスで起こる健二の階段おちのために用意されたものなのかもしれないのだが、防犯上問題のある家に見える。そしてその不安感は意図したものかどうか不明だが見る側に静かに迫ってくるのである。
喘息もちで大人たちから追いかけられている友達と健二が公園に逃走するシーケンスが印象深い。これはいわば『男たちの挽歌』といったアクション映画を子どもが演じている感じである。木陰に喘息の少年を横たえる健二、すがる少年をなだめてジュースを買って戻ると少年は大人たちに拉致されていく。ここはアクション映画そのものではないか。健二が警察に突き出され、留置所に置かれるシーケンスもそうであるように、映画では子どもたちが「無垢なるもの」「庇護されるべきもの」といった特権を剥奪され大人扱いされている。健二は大人同様、所持品をすべて没収される。たとえそれがガムの包み紙やキャラメル、スマートボールといったガラクタであっても。そこにユーモアと奇妙なリアリティを感じるのである。
主人公竜平もその友人黒須も背広がなければ中身がぐにゃぐにゃになってしまう存在である。竜平の清掃の仕事仲間も仕事が終われば背広を着て帰る。背広はその人となりを形成する道具としての不気味なものに見えた。いわばカブトムシの殻のような。その殻とは「父の権威」であったのか。権威をはぎとられた黒須は殻をはぎとられたカブトムシのように死んでしまうのであった。
今までの黒沢映画では、子どもが鬼子のような禍々しい存在として描かれることが多く、『月の光』を演奏する天才少年といった希望を胚胎する存在として描かれることがなかったため、何か意味があるのではないか、と考えさせられてしまう。風もないのにカーテンがゆれ、光源が定かでない光が健二にふりそそぐ、この世ならぬラストシーンになおさらその感を深くするのである。


投稿者:replicant投稿日:2008-10-21 01:16:39
黒沢清と相性の悪いオイラにとっては、そんなに悪くなかったです。だからと言って、手放しで誉めるという類のモノでもありませんでした(どっちなんだよ!)。役所広治が出てくるまではそれなりだったんですけどね。それよりもなによりも、この映画に出てくるような“威張ってばかりで理由も無く反対し、暴力まで振るう頑固親父”というのが、個人的には全く理解不能なので、どうしても居心地の悪さが付いてまわってしまいました。あんな親父って世間では多い人種なんですか?それとも少ないんですか?オイラは生まれてこのかた、あのような人種とお会いしたことも無ければ、噂を聞いたこともないんですよ。絶滅危惧?種じゃないんですかね?\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ…前半はそれぞれの家族をバランス良く見つめており、満たされない日常の描き方や、家族が徐々にすれ違っていく描写はさすがでした。しかし、役所が登場してからのストーリーはいかにも頭で考えた都合の良い展開でしらけます。もっとシンプルな出来事で良かった気がしますし、そのままラストのシーンに繋がった方が共感出来たと思います。結局は嘘くさいストーリーになってしまっていて、残念な作品でした。話は変わりますが、二男を演じた井之脇海ですが、凛とした佇まいを観る限り今後が楽しみな役者です。
投稿者:時空争奪投稿日:2008-10-13 16:43:42
やや映画祭狙いっぽい作りが気にはなったが、
黒沢らしい画面に張り詰めた緊張感はここでも健在。
なんとなくアンゲロプロスの映画に似てるなぁ。

ストーリーが現実らしさに収斂されることを嫌う(?)彼にとって、
唐突に起こる劇作内での「できごと」は、副次的要素でしかない。
だから、少しずつではあるが、故意に現実っぽさからズラしている。

家族団らんの食事風景にピンと張り詰める空気感はもちろんだが、
次男のピアノ演奏のシーンは、映画を観てる我々にも
背筋を伸ばして見入ることを強制する、驚愕すべきシーンだ。
これはまぎれもなく演出家の腕だろう。

下のコメントにもあるように、唐突な役所公司の登場からの
一連の流れは蛇足だと思うが、日本の映画界で数少ない、
安心して観賞できる監督だという評価に変わりはない。

投稿者:Longisland投稿日:2008-10-06 00:28:27
海外で高い評価を受けている黒沢清監督の新作、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員特別賞受賞ってことで期待を胸に、でも個人的になんか黒沢清監督作品ていまいち?なんでそんなに高評価されてるのかピンとこないって不安も胸に、公開初週水曜昼間の恵ガーシネへ…ほぼ満員。

まっとうな家族映画風を装いながら、その裏には心の闇を感じさせる緊張感が快い。家族それぞれが何かを「守る」為に行動するも、その努力は逆に自らを、家族を、他人を傷つけてゆく.どんどん取り返しのつかないことに、どうしようもないことに嵌まってゆく怖さは流石。淡々とした語り口と何気ない日常生活の丁寧な描写、香川照之のやり過ぎになるギリギリの、小泉今日子の抑制がとれた演技、子役君も好演とあいまって魅せられる。
なるほど海外で評価される力量と感じたんだが・・・。

と途中まで傑作の匂いがしてたものの…役所広司のありえね〜ぇ登場から流れが激変。コメディーとは言わんがありゃなんだ? 以降まるで別の映画になったと感じるほど。思わせぶりだが薄っぺらい展開に終始、今まで生きてきた役柄がすべて帳消とは…。

やっぱり黒沢清監督って苦手。

もうひとつ難を言えば。
実名で登場する螢織縫燭辰特羚餮獣亘/誉瀘してるし管理系業務を海外に移管ってマジありそうで超リアル。
反対に非上場とはいえ業界中堅企業の40代総務課長が突然腹立てて辞職するかね? 会社の流れは感じられなかったのか?先手打つなり後を決めて退職するだろ〜ぉ

業種は違うが年齢や役職が同じなもんで気になるんだよね 苦笑
投稿者:rT2k投稿日:2008-10-05 20:06:34
【ネタバレ注意】

実力主義という足切り、自己能力アピールの失敗
会社を首になった父は公園で途方にくれるがホームレスに諭され職業安定所へ
ハロワ列び過ぎ
元大企業専務はプライド保持しすぎなんだが
ともかく選びすぎて断られる
そうしているうちにどんどん公園で暮らす時間が長くなってくる。
ホームレス列び過ぎなんだが
それは異様な規律した排除された集団が一斉に消える姿でもあった。

崩壊した家父長性とその保持
教師の威厳と反乱
次男はピアノを習うためにゴミ捨て場からエレクトンを拾い
給食費をピアノに回す
ピアノ教師の離婚。
すなわち外部から中心(家族)の帰納
そして革命の行方としての軍隊
長男は日本人が参加できる米軍派兵部隊に入る。
類似した外部の終わりとして一緒に野宿で昼間時間潰していたサラリーマン一家が自殺する。
守る者の試練
すなわち父が簡易労働として清掃の仕事につきトイレを洗う
外と内
すなわち親たちの世界と子供たちの世界。そして外へ
最外部としてのテレビからの情報
長男が派兵先で殺しすぎる=守りすぎ?
家庭とほぼ同化している専業主婦母は強盗に会うがそれを救う
次男は喘息の同級生を大人たちから守る
家庭という様式を守りきれなかった大人がわからないという
海の向こうの光が消える
光が費えたあとの具体的な扱い
次男がどこかに家出し、捕まり留置所のほの暗い光のなか眠る。
朝焼けのなか警察からでてくる次男。
強盗に死なれフラフラと帰ってくる母。
教師に轢かれて起き上がり這って家に帰ってくる父。
長男の手紙。
家庭としての収縮と分散、そして収縮
次男のピアノの演奏
すなわち子供たちの選択と幸福

投稿者:Stingr@y投稿日:2008-09-29 03:52:04
 佐々木一家はバラバラだという設定だが、バラバラの度合いが極めて普通で、お互いに秘密を持つだけのほとんど正常な家庭だ。家庭内で殺し合いが始まりそうなくらいの行き違いというものはなく、それがこのストーリーを安直なものにしてしまっている原因だ。

 人を殺せば内容に深みが増すとでも思っているのだろうか?この脚本家は!黒須一家が無理心中し、泥棒も自殺するなかで、佐々木一家にかすかな希望?思い違いをしているんじゃないのかな、この脚本家は!人を殺しても、ストーリーの安直さは変わらないよ。思い違いでなければ、この脚本家はよほど苦労のない安穏な家庭に育ったのだろう。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ベスト10第2位
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】トウキョウソナタ2009/04/02\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】トウキョウソナタレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION