allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

古墳ギャルのコフィー 〜12人と怒れる古墳たち〜(2008)

メディア映画 Anime
製作国日本
公開情報劇場公開(ディー・エル・イー)
初公開年月2008/05/24
ジャンルコメディ
秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE II ~私を愛した黒烏龍茶~ 吉田ネオBOX (3,000個限定生産) [DVD]
参考価格:¥ 8,190
価格:¥ 3,280
USED価格:¥ 975
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:FROGMAN
【解説】
 文化祭の出し物のため、獅子舞の練習をしていたコフィーとダニエル。それをやかましいと阿武隈さんに怒鳴られたコフィーはついカッとなり、彼の大切にしていた盆栽を投げつけてしまう。ダニエルは器物損壊の罪で起訴されしまった! 古墳、墳丘墓界ではすでに裁判員制度が導入されており、有罪を主張するコフィーと他の11人の熱い討論が始まる。監督・脚本・作画・声優を全てひとりでこなす「FROGMAN」による世界初のFlashアニメの劇場版第2弾『秘密結社 鷹の爪 THE MOVIEII〜私を愛した黒烏龍茶〜』と同時上映された約10分のショートムービー。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-05-22 01:52:25
【ネタバレ注意】

<あらすじ>都立古墳高校に通うコフィー。獅子舞の練習をしていて怒られた腹いせに、阿武隈さんの大切な盆栽を壊し、その罪を四隅突出型墳丘墓のダニエルに押しつける。ダニエルは罰金20万円で済むはずだったが、古墳裁判所で導入された裁判員制度でコフィーは、盆栽壊しの背景には殺人があると主張する…。

フラッシュアニメで知られるFROGMANによる古墳が活躍するアニメの劇場版第2作。で、どうよ、と聞かれても答えようがないというか…(苦笑)。古墳に裁判員制度を絡めるという発想がユニークというか何というか。『12人の怒れる男』(57年米)のパロディなども盛り込みながらの短編アニメでした。

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION