allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008)

HARRY POTTER AND THE HALF-BLOOD PRINCE

メディア映画
上映時間154分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2009/07/15
ジャンルファンタジー/アドベンチャー/青春
ハリー・ポッター 8フィルムコレクション<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>(16枚組) [Blu-ray]
参考価格:¥ 37,778
価格:¥ 28,075
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:デヴィッド・イェーツ
製作:デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮:ライオネル・ウィグラム
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
撮影:ブリュノ・デルボネル
クリーチャーデザ
イン:
ニック・ダドマン
視覚効果監修:ティム・バーク
特殊メイク:ニック・ダドマン
プロダクションデ
ザイン:
スチュアート・クレイグ
衣装デザイン:ジェイニー・ティーマイム
編集:マーク・デイ
音楽:ニコラス・フーパー
出演:ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
ルパート・グリントロン・ウィーズリー
エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
ジム・ブロードベントホラス・スラグホーン
ヘレナ・ボナム・カーターべラトリックス・レストレンジ
ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
ワーウィック・デイヴィスフィリウス・フリットウィック
マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア
アラン・リックマンセブルス・スネイプ
マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル
ティモシー・スポールピーター・ペティグリュー
デヴィッド・シューリスリーマス・ルーピン
ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
ジェシー・ケイヴラベンダー・ブラウン
フランク・ディレイントム・リドル(16歳)
ヒーロー・ファインズ=ティフィントム・リドル(11歳)
トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
イヴァナ・リンチルーナ・ラブグッド
ヘレン・マックロリーナルシッサ・マルフォイ
フレディ・ストローマコーマック・マクラーゲン
デヴィッド・ブラッドリーアーガス・フィルチ
マシュー・ルイス
ナタリア・テナニンファドーラ・トンクス
ジェマ・ジョーンズ
ケイティ・ルングチョー・チャング
デイヴ・レジーノフェンリール・グレイバック
ジェームズ・フェルプスフレッド・ウィーズリー
オリヴァー・フェルプスジョージ・ウィーズリー
ジョージーナ・レオニダスケイティ・ベル
スカーレット・バーンパンジー・パーキンソン
【解説】
 数々の冒険や戦いを通して逞しく成長したハリー・ポッターが宿命の対決へ始動し、いよいよ佳境に差しかかっていく人気シリーズの第6弾。思春期を迎えたホグワーツ魔法学校の生徒たちが恋愛ムードに浮き立つ中、ハリーは復活した宿敵ヴォルデモートの知られざる過去に迫りながら最終決戦へ向け新たな冒険に臨む。監督は前作「〜不死鳥の騎士団」に引き続きデヴィッド・イェーツ。
 闇の帝王ヴォルデモートがマグル(人間)と魔法使い双方の世界で支配力を強め、その脅威はハリーたちのホグワーツ魔法学校にも及んでいた。校内を警戒し始めるハリー。最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、そんなハリーに来たるべき戦いにむけての準備を施していく。また、ヴォルデモートの防御を解く手掛かりにと、重要な情報を持つ元同僚の旧友ホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎え入れるのだった。一方、ギクシャクした関係が続くロンとハーマイオニーらホグワーツの生徒たちには春が訪れ、学校中で恋の騒ぎを繰り広げる。そんな中、決戦の準備を進めるハリーはヴォルデモートの意外な過去を知ることになるのだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

DVD
小野賢章ダニエル・ラドクリフハリー・ポッター
常盤祐貴ルパート・グリントロン・ウィーズリー
須藤祐実エマ・ワトソンハーマイオニー・グレンジャー
森功至ジム・ブロードベントホラス・スラグホーン
高乃麗ヘレナ・ボナム・カーターべラトリックス・レストレンジ
斎藤志郎ロビー・コルトレーンルビウス・ハグリッド
永井一郎マイケル・ガンボンアルバス・ダンブルドア
土師孝也アラン・リックマンセブルス・スネイプ
三枝享祐トム・フェルトンドラコ・マルフォイ
谷育子マギー・スミスミネルバ・マクゴナガル
三村ゆうなイヴァナ・リンチルーナ・ラブグッド
高野朱華ボニー・ライトジニー・ウィーズリー
宇野あゆみジェシー・ケイヴラベンダー・ブラウン
小林翼ヒーロー・ファインズ=ティフィントム・リドル(11歳)
福山潤フランク・ディレイントム・リドル(16歳)
田村錦人ワーウィック・デイヴィスフィリウス・フリットウィック
郷田ほづみデヴィッド・シューリスリーマス・ルーピン
一龍斎貞友ジュリー・ウォルターズウィーズリー夫人
青野武デヴィッド・ブラッドリーアーガス・フィルチ
梅津秀行マーク・ウィリアムズアーサー・ウィーズリー
尾崎光洋デヴィッド・ブラッドリーアーガス・フィルチ
尾崎光洋オリヴァー・フェルプスジョージ・ウィーズリー
日野未歩ナタリア・テナニンファドーラ・トンクス
藤村歩ジョージーナ・レオニダスケイティ・ベル
佐藤しのぶヘレン・マックロリーナルシッサ・マルフォイ
江川央生デイヴ・レジーノフェンリール・グレイバック
放送2011/07/22 日本テレビ 金曜ロードショー
収録【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス ホグワーツ魔法魔術学校 BLU-RAYプレミアムBOX <数量限定/Web限定商品>
収録【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス
収録【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス <期間限定生産>
収録【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版
収録【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス ホグワーツ魔法魔術学校 プレミアムBOX <数量限定/Web限定商品>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
425 6.25
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:namurisu投稿日:2013-09-05 14:53:09
惚れ薬とか、バタービールとか、3つの影とか、巨大クモとか、ガリガリ妖怪とか、半純血のプリンスとか。エマちゃんカワイイ。
投稿者:akiakiakikochan投稿日:2011-04-06 01:46:53
面白かったけど、ちょっとわかりにくくなってきた。。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2010-11-23 20:48:40
自慢じゃありませんが、これを見ていてストーリーがさっぱりわかりませんでした。それは原作を読んでいないからだっていう話になるんでしょうが、でもほかの人もわからんていっているんで、やっぱり最初から一生懸命見ているひと以外はよくわからないんだと(勝手に)考えます。

でも面白い人にはほんとに面白いんでしょうね。最終話を見終わったら、最初から見直さないとな。

この映画について拙ブログに書いた記事がありますので、よろしかったらお読みください。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/278448eed1dcbc677017c3da3de550ee

http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:BLADE投稿日:2010-11-13 14:57:23
もう話も最終章に近づいてきてるから、また一から見返したほうがいいのかなと思うくらいww

もともとこのシリーズを映画にするのは、本全部を映画化したらもう、何分あっても足りないくらいだろうから、いつもの通り省略して、カットしてになるのだろう。
今回も、展開がポンポンと進んでいく。
んで、記憶に残ってるのは、ラストぐらいかな。。。
投稿者:bond投稿日:2010-06-28 11:22:54
段々とダークファンタジー化してきた、前回までの話を忘れちゃうので、マニアでないと全体を把握しきれない。
投稿者:Kircheis投稿日:2010-06-03 02:48:31
個人的に今までのハリーポッターシリーズはすべて楽しくみていたが、今回だけはなんか微妙だった。

ハリーってロンの妹の事好きだったっけ!?
なんか取って付けた感じで応援できず。

まぁ今までのシリーズで一番微妙なだけで、別につまんなくはないが…(^_^;)
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2010-01-28 03:57:03
【ネタバレ注意】

原作は読んでないけど、全部のエピソードが中途半端だし
見せ場も特にない平坦な映画だった。
後編では面白くなるのだろうか。

投稿者:リーチク投稿日:2009-12-06 20:27:24
ダンブルドア死んじゃうんだ〜!
投稿者:ゆうじ投稿日:2009-09-06 18:41:23
【ネタバレ注意】

原作のダイジェスト版の一言。ぶ厚い原作から、おおまかの筋だけ抜き出して後の細々とした部分は削除して、映像的に目立つ部分だけ強調したような作品。故に、妙に力を入れた映像がストーリーの中ではあまり重要でなかったりして、作品全体のバランスが今一つのような気がする。ストーリーの内容自体は、やや大人向けで深い物があるんだけどね・・・。


原作の省略し過ぎの弊害の最たるものは、「謎のプリンス」の正体がわかる部分。もっと、細かく説明しないと、何故「謎のプリンス」なのかよくわからないまま終わってしまう。この物語の一番の柱のはずなんだけどね・・・。

投稿者:maaaaan投稿日:2009-08-10 12:54:58
登場人物が大人になって、
演技も上手くなった分、味わいが深くなっていましたねぇ〜!

以前の作品と比べて、華やかなシーンは特に無く、
わぁ〜っと驚く事もほとんどなく進んでいくのですが、
次回作への序章って考えたら
まぁ、納得ですわな。
あの恋愛シーン面白かったけど
あんな時間かけなくてもよかったような気が

原作を読んでたらまた別の見方で見れたかも知れませんね〜

でも、なぁ〜んかスッキリしな終わり方でしたねぇ・・・。
全体的に暗いんだからもうちょっと短くしてみたら
どこを見せたかったのか、明確だった気がする。

原作を読んでないのでスネイプ先生が
ほんとはどっちなのか気になります・・・

次回作見に行きますが、二部作にわかれてるらしいので(笑)
内容がギッシリ入ってるんだろうなぁ〜・・・楽しみ♪
投稿者:のど飴投稿日:2009-08-07 23:31:07
ものすごい陰気な映画になってしまってますが、よかったです。今のところシリーズで一番好きな作品かも知れません。いつまでたっても子供向きの映画という扱いを受けていることに疑問だったので、子供も思わずひいてしまうぐらいの暗さは最高です。
ハリー・ポッターのキャラは4作目あたりから乱れ気味でしたが、今作では安定してました。髪型も程よいダサさ加減がいいですね。
また6作目ではスネイプ教授ことアラン・リックマンがいい味を出してました。スウィーニ・トッドではイマイチでしたが。自分の使命の重みに耐えながらもそれを決して表に出さないというスネイプの人柄が表れていたと思います。前作まではただの得体のしれない不気味な先生でしたが、今作では哀愁が漂いまくってました。しかし冒頭のシーンはスウィーニーのメンバーが3人もそろうのでかなりデジャヴでした。

スラグホーン教授とハグリッドのオッサン2人がしみじみと酒を飲む場面が好きです。
投稿者:なちら投稿日:2009-08-04 19:58:26
【ネタバレ注意】

彼らも成長したせいか、色恋沙汰を中心に物語が展開して行くんだね。
ハリーとジニーはえらく唐突にくっ付いた様な…。そんな素振り今まで無かったのに〜。
読んでないから分からんが、原作はきっと、ちゃんとしているんだろうな。

優秀な生徒が大好きなスラグホーン氏。えこひいきが露骨で笑える。
ロンなんて名前すら覚えて貰えねぇという。

今回も、早口で言った者勝ちな息絶えよの呪文が…。
どうもそのシステムが納得行かんが、次回からの冒険が面白そうだから、まいっか。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-08-01 20:01:56
【ネタバレ注意】

…を持つ、謎のプリンスが登場するのかと思ってたら……シリーズ1作目から登場していたのか…


今回はちょっとホラーチックな部分が笑えたりする…破壊された部屋に滴り落ちる血ね〜死者?達に水中へ引っ張り込まれるし、姿を消せるロッカーなんてのも怪しすぎます。

そして「あの人」が復活する事が出来るポイントとなる闇の魔法が明かされる…が、これを打ち砕くにはアドベンチャーが必要ですかね。

まぁその過程で起こる事件…ドラコは切り刻まれ(?〜人を平気に殺戮出来るヤツではないようだ…)、セブルスは相変わらず立ち位置が解らず(…ただその才能は一級品(ってか史上No.1の秀才)だが〜もし校長が信じる通りなら最終的には命を差し出す事になる?)、ウィズリー家は焼け落ち、ダンブルドアは……一体セブルスに何を頼んだのだ?

また本作では、クィディッチに結構な時間を掛けており、前作で省略されたロン(ウィズリー)の華麗なキーパーぶりが確認出来ます。…勿論、何でも思い通りに事が運ぶ魔法薬の絡みもあってだろうけど。
それが、彼等の恋愛模様にも絡んできて…何?その鳥は?ってハーマイオニー怖いよ…

ハリーもロンも子供時代はハーマイオニーが好きだった筈(彼女はハリーが好きだった?)だが、成長してゆく中で、胸の谷間も出来たハーマイオニー=ロン、そして、ハリーの身長も越えた?一途でしっかり者なジニー(ハリーの母親に似てる?)=ハリーって(当てつけetc.でない意味での)恋愛関係が構築されてきてます…どっちも女性の方が強引です。
まぁ彼女等以外でハリーにアタックする女性、そしてロンにアタックする女性、この2人の方が輪を掛けて強引(ってか迷惑?)ですが。

…結局、ハリー達の努力は、数々の破壊と手痛い損失etc.を蒙った挙句、何の成果も出せず…いや謎は少しずつ解明されてきてはいるが…最終的に判明した帝王の弱点である破壊すべき7つのアイテム。その内、実際破壊出来たのは2作目に登場した日記と校長が破壊した指輪だけ…まぁハリーは、あの不思議少女がいなかったら学園にも辿り着けてなかったしね。

映像は超迫力…校長の姿現しも超迫力(喫茶店?の彼女とは永遠にオサラバかもだが…)〜ヘレナ・ボナム=カーター等の攻撃、ドラコとセブルス、トラップな魔法、そしてそれを撃破する圧倒的なダンブルドアの魔法、新しい魔法薬教授との駆け引きに恋の駆け引き…オマケに効果音で驚かせて呉れたりするので長丁場も飽きませんね。

投稿者:milmon投稿日:2009-07-21 15:33:56
【ネタバレ注意】

シリーズのDVDは全て持っていますが、いつ見ても70点くらいの映画だなあ、と感じています。そのヌルさが気に入って、たまに見るのです。今回3D上映があるというので、はじめて劇場(IMAX)で鑑賞しました。3D部分(冒頭12分)に関しては、本当にどうでも良い出来なので、わざわざ見る価値ないです。それ用の演出がされている訳ではありません。失笑ものです。

登場人物が大人になって演技も達者になった分、味わいが深くなっています。
が、お話そのものは随分とおおざっぱで、急に「敵は魂を分割しているので、それを探す」なんて、まるでドラクエの石版集めみたい。これから6つも7つも探すのかい。

お話に大きなトリックも無く、不思議な生物も出ず、奇抜なセットもなく、地味です。山場はどこと訊かれても、答えようがないです。退屈はしませんでしたが。原作を読んでいませんが、話がとんでいるようには感じませんでした。そのわりにいらないショットも多く、あと20分くらい短くしたら締まった印象の作品になったと思います。謎のプリンスの正体、伏線もなく、それで話が急展開する訳でもなく・・・・次回作での展開に関わるのでしょうか?なんか、スッキリしません。スネイプの立ち位置も・・・

投稿者:ASH投稿日:2009-07-19 01:13:39
【ネタバレ注意】

 誰も観ないんだね、「HP6」。かく言う僕も、原作は興味がないんで読んだこともないし、映画版シリーズも熱心なファンというわけじゃないのでたいしたことは言えないけれど、この6作中で最もダークな味わいは割と好みだったりする。「SW」でいえば「帝国の逆襲」みたいな、なんともスッキリしない終わり方。

 このシリーズって、初期のいかにもな子供向けの作風から、映画そのものが主人公のハリーと同じく少しずつ大人へとなっている。シリーズが回を重ねるごとにキャストも観客も成長していくわけだから当然といえば当然だけど、1作目のときに既に大人だった観客には、アレは少々ノリづらいシロモノだったような気がする。それが5作目辺りからようやく追いついたといえばいいのかな。まあ、最初から興味が沸かない人にはどれも無用の長物なんだろうけど(上映時間も長いし)。

 魔法学校を舞台にした学園映画のノリが色濃くなってきた。ハリーたちもハイティーンになったわけだから、それぞれが恋愛の悩みを抱えるようになる。恋の鞘当があったり、伝わらない想いに涙を流したりと、3人も少しずつ成長してるのね。これは本題とは違う部分なんだろうけど、僕にはコッチの方が魅力的に見えてしまう。闇の帝王の陰謀なんか、どうでもよくなっちゃう。本末転倒、ここに極まる。

 原作を既に読んでいる人には映画版がどんな展開になるのかは分っているんだろうけど、知らない場合の利点がいくつかあって、半純血のプリンスの正体や、ダンブルドア校長が迎える悲劇など、アッと驚く仕掛けが用意されていてそこが新参者には面白かったよ。この手の映画にしちゃあヘビーな結末だけど、ハリーの決意にハーマイオニーたちが一緒になってくれるというラストには、グッときたね。次回作への期待が否応なく高まる!

 ただ、このシリーズって、どこか抜けちゃうと人物関係や話の展開が掴めなくなるという難点もあるね。それを考えると、一見さんお断り、みたいな敷居の高さ(?)が一種の足枷にもなっているような気がする。こういう連作モノは間を空けちゃうと結構キツいんだよね。DVDでおさらいしようにも、1作当たりの上映時間が長いからオイソレと観れないんだよね。

 毎度ながら実力派の英国俳優が脇を固め、さながら英国俳優見本市のような映画になっているのも魅力のひとつだが、今回はジム・ブロードベントが参入。スラグホーン先生の隠された記憶を探るためにハリーを差し向けるダンブルドア校長、ちょっとズルくありません? ブロードベントも相変わらずペーソス溢れるいい味を出してる。

 僕は、アラン・リックマンのあの独特の声が好きなので、スネイプ先生を見るだけでもこのシリーズは充分に価値がある。リックマンの不敵なたたずまいには他の映画でもシビレる。GOTH丸出しのヘレナ・ボナムの性悪女ぶりも最高! ティモシー・スポールの出番が少ないのがちょっと寂しい…。

 ハーマイオニーが益々、大人っぽくなっている。演じるエマ・ワトソンも同様に。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞ブリュノ・デルボネル 
□ プロダクションデザイン賞スチュアート・クレイグ 
  Stephenie McMillan 
 □ 特殊視覚効果賞ジョン・リチャードソン 
  Tim Alexander 
  Nicolas Aithadi 
  ティム・バーク 
□ 作品賞 
 □ 男優賞ダニエル・ラドクリフ 
 □ 女優賞エマ・ワトソン 
 □ グローバル・スーパースター賞ダニエル・ラドクリフ 
 ■ 悪役賞トム・フェルトン 
【ニュース】
MTVムービー・アワード、結果発表2010/06/07
MTVムービー・アワード、ノミネーション発表2010/05/13
アカデミー賞、栄冠は「ハート・ロッカー」に2010/03/08
英国アカデミー賞、結果発表2010/02/22
アカデミー賞、ノミネーション発表2010/02/03
英国アカデミー賞、ノミネーション発表2010/01/21
全米興行成績、「アバター」が「シャーロック・ホームズ」の猛追をかわしV2達成2009/12/28
DVDリリース情報:「ハリー・ポッターと謎のプリンス」「ディア・ドクター」etc.2009/10/01
全米興行成績、タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」が好スタート2009/08/24
全米興行成績、ピーター・ジャクソン提供の異色SF映画が初登場1位2009/08/17
全米興行成績、アクション大作「G.I.ジョー」が大ヒット・スタート2009/08/10
全米興行成績、ジャド・アパトー監督&アダム・サンドラー主演コメディが初登場1位2009/08/03
全米興行成績、ディズニー最新アニマル・コメディ「G-Force」が好発進2009/07/27
全米興行成績、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」がシリーズ最高のスタート2009/07/20
全米興行成績、サシャ・バロン・コーエン主演「Brüno」が初登場首位2009/07/13
シリーズ最新作「ハリー・ポッターと謎のプリンス」、ティーザー・トレーラー2008/07/30
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8フィルムコレクション <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>2017/12/20\34,980amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス 4K ULTRA HD&ブルーレイセット2017/04/19\5,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット2016/11/25\12,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート 8-Film BOX2016/11/02\30,000amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス コレクターズ・エディション (2枚組)2016/05/11\3,990amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス2014/07/16\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ウィザード・コレクション <1000セット限定生産>2012/12/05\47,429amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX ブルーレイ <初回数量限定生産>2011/11/16\15,048amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス2010/11/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス ホグワーツ魔法魔術学校 BLU-RAYプレミアムBOX <数量限定/Web限定商品>2009/12/02\36,190amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンス2009/12/02\4,743amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 8-Film DVDセット2016/11/25\10,000amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス コレクターズ・エディション (3枚組)2016/05/11\2,990amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター コンプリート セット <特典ディスク付/初回生産限定>2014/12/17\11,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス2014/07/16\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2013/10/18\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版 <初回限定生産>2013/07/17\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター DVD コンプリートセット <初回生産限定>2012/12/05\8,571amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッター 第1章〜7章 PART2 コンプリートBOX DVD <初回数量限定生産>2011/11/16\14,095amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス2010/11/03\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス ホグワーツ魔法魔術学校 プレミアムBOX <数量限定/Web限定商品>2009/12/02\35,238amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス 特別版2009/12/02\3,790amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンス <期間限定生産>2009/12/02\3,314amazon.co.jpへ
 【UMD】ハリー・ポッターと謎のプリンス2009/12/02\1,429amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ハリー・ポッターと謎のプリンスレンタル有り
 【DVD】ハリー・ポッターと謎のプリンスレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION