allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜(2008)

メディア映画
上映時間117分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2008/10/04
ジャンルドラマ
私、コスモの目になる!
三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 1,700
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:佐々部清
製作:二宮清隆
川城和実
高橋大輔
木村俊之
余田光隆
企画:小坂恵一
久保忠佳
エグゼクティブプ
ロデューサー:
山下欽也
鶴見和義
八木昭二
村山義男
プロデューサー:小越浩造
佐藤紳司
武藤数顕
協力プロデューサ
ー:
臼井正明
青島武
原案:橘内美佳
『私、コスモの目になる!』(主婦と生活社刊)
脚本:岡田茂
佐々部清
撮影:坂江正明
セットデザイン:小林久之
美術:若松孝市
編集:川瀬功
主題歌:STGM
『この胸に…』
スクリプター:山下千鶴
メインテーマ:押尾コータロー
『君がくれた時間』
照明:守利賢一
整音:瀬川徹夫
装飾:佐原敦史
録音:藤丸和徳
助監督:甲斐聖太郎
出演:長渕文音菊池香苗
柳葉敏郎古賀博
奥村知史岡村賢治
森田彩華森陽子
西原亜希園田帆乃夏
小林裕吉高橋守
吹越満菊池隆
原日出子菊池美保
伊嵜充則馬運車の男
柳英里紗山下翠
ジョナゴールド石田里美
田村三郎柳沢聖
黒谷友香坂口康子
松方弘樹野間康秀
【解説】
 実在する青森県の農業高校を舞台に、盲目の馬と一人の馬術部員との感動の実話をベースに描くヒューマン青春ストーリー。主演は新人、長渕文音。監督は「半落ち」「夕凪の街 桜の国」の佐々部清。
 菊池香苗は三本木農業高校、馬術部の2年生。彼女を含め総勢わずか5人の部員たちは、朝から晩まで馬の世話に追われ、苦労の絶えない日々ながら充実した高校生活を送っていた。香苗が担当しているタカラコスモス(通称コスモ)は、かつては馬術競技界で名を馳せた名馬だったが、病気で左目を患い三本木農業高校に引き取られたのだった。そんなコスモは、プライドが高いうえ気性も荒く、香苗にはあまりにも荷が重すぎた。それでも香苗は、さらに視力を失っていくコスモを献身的に世話し続け、次第にコスモの信頼を獲得していく。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2014-12-13 02:10:32
青森の四季折々の美しいロケーションをいかして、
少女の成長と馬の再生を丹念に描いていて、
大変真面目な映画という印象です。
主人公の少女の真っ直ぐな生き方には共感しました。
農業高校の学校生活がじっくりと描かれていて
卒業式の場面などは上手く撮れていると思いました。
柳葉敏郎さんの先生は得意の役どころで生活感が感じられませんが
自分のことは多くを語らず脇役に徹したところが
かえってよかったと思います。
松方弘樹さんの校長もとぼけた味のある演技で印象深いです。
まめに仕事をして大事なことは自分が責任を取るという態度は
近年の日本社会ではあまり見られないことで日本人の美徳を感じさせます。
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 15:51:37
長渕文音
投稿者:ノブ投稿日:2008-10-14 20:51:07
【ネタバレ注意】

「三本木農業高校 馬術部」(監督:佐々部清  117分 )
話の内容は、盲目の馬と女子高生の交流を描いた心暖まるストーリー。
シーンはこれといって凄いと思えるものは何もなかったが、春なら桜・秋なら稲穂・冬なら雪景色と東北の田舎の季節の移ろいをあらわすショットを所々に入れていたのが基本的でソコソコキレイだった。
主人公の長渕文音(長渕と志穂美の娘)は、とびきり美人でもないし、スタイルも抜群というわけでもないし、垢抜けてもいないけれど、田舎の農業高校の女子高生というこの役にはピッタリだった。また笑ったり泣いたりする演技にイヤミがない所も良かった。又田舎の先生(方言をしゃべる)の柳葉敏郎・ちょっとおっとりしている校長先生の松方弘樹など脇役陣もこの映画の世界観にあった味のある芝居をしていた。
分りずらいけれど、いつもポットのお湯が出ないとか馬術部の先生なのに馬に乗れないという柳葉敏郎の演じた先生・いつも何か食べていたり走ると転んでしまう高橋君など登場人物のキャラをひきたてようとしたり、お決まりのギャグを入れてテンポを良くしようと工夫している所が良かった。
演出もこれと言って凄いものは何もなかったが、乗馬失敗による馬の骨折による馬の安楽死のエピソードとか、盲目の馬の出産のエピソードとか、盲目の母親馬と子馬が引き離されるエピソード(母馬・子馬のいななきが涙を誘う)とか盲目の馬が最後に障害を飛び越える馬術レースに出場するエピソード(盲目の馬が障害を飛べるのかというハラハラ感や障害の前で止まってしまう盲目の馬を会場の観客全体が応援する盛り上がりがいい雰囲気をだしていた。「娘が馬術をするのを反対していた父親が真っ先に立ち上がって応援する演出などが更に観客の気持ちを盛り上げてくれる。最後は盲目の馬が障害を飛び越える途中でシーンが止まり、本当に飛び越えたのかどうかはあえてボカすという演出も良かった(本当なら盲目の馬は飛べないという現実と飛び越えて映画を盛り上げたいという作り手の意図との調度良い妥協点だと思った」)とかこの作品世界にはありがちなエピソードが期待を裏切らずきちんと入っている所がよかった。

全般的に
凄いシーンや撮り口、演出のオモシロさ・際立った登場人物たちの魅力みたいのは全くないけれど、あえてそういうものを排除して、田舎の農業高校の地味な生活を地味に撮っているようにボクには思えた。そこにでてくる俳優さん達もとても地味で、この地味な世界観にはとてもあっているように思えた。
暴力もエロもでてこない、キレイな自然のある田舎の農業高校の、いい人達やいい話。かなり上品なつくりの子供教育映画だった(今時の子供はこんなの観ないかもしれないけれど・・・(実際観客は高齢者がほとんどだった)。ヘタな映画(くだらない企画とか思いつきで作る映画とか奇をてらったシーンや演出で作り手側だけが喜んでいるひとりよがり映画など)よりはこの映画の方がオモシロイとボク的には思った)

最初は「今時こんな映画誰が観るの?」と思ってバカにしていましたが、映画館から出てきた時は「こういう映画もいいね」と思いました。ヘタに、凄い自然や馬の躍動感を撮ってやろうとか、演出を過剰にして笑ったり泣かしたりしようとか色気をださなかったのがこの映画の良さだとボク的には思いました http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:はこまる投稿日:2008-10-12 22:28:53
東映配給。相変わらずの佐々部節。淡々と物語は流れ、表層的なドラマチック描写よりも、 その背後にある登場人物たちの心の綾に 焦点が絞られています。一人の少女の成長物語。ワイプが二度ほど出てきますが、今時の映画にしては珍しい。主演は長渕と志穂美の悦ちゃんの娘。マジかよ(笑)。いや、凛々しく馬を乗りこなす運動神経は確かに悦っちゃんの血か(長渕のではない)

また、この監督の映画を観ていると『チルソクの夏』や『半落ち』もそうでしたが、自身の性格そのものだろうと推測される、誠実さ故の退屈さにより いつもウトウトしてしまうのですが、今回の作品ではなんと言っても我が愛する「お馬ちゃん」が出て来るので最後まで楽しみ、また感動することができました。出産のシーンが出てきますが、主人公同様に涙が出るのを抑えられませんでしたよ。

府中の4コーナー横の芝生の上でのお昼寝と、映画館の暗闇は、共に私の至福の瞬間と場所でもあるのですが、こと馬術に関してはまったく縁がなく、世田谷の馬事公苑には一度も行ったことはありません。今回、農業高校が舞台とはいえ、馬術に関する舞台裏を垣間見ることができて嬉しかったです。
ちなみに、タカラコスモスのお父さんであるサクラシンゲキは名馬サクラユタカオーの半兄で「日の丸特攻隊」と呼ばれた逃げ馬。第1回ジャパンカップでの大逃げは、競馬ファンの間では伝説となっています。でもスプリンター。主戦は小島太。

話がそれましたが、本作は地味で真面目、題材故に素朴過ぎる作品ではあります。しかし、サラブレッドの優しく儚い瞳同様に、佐々部監督の人物たちを見つめる視線は真っ直ぐで透き通っています。一人の少女の成長をじっくりと描いた佳編です。主人公をはじめ、ルックス的にはビミョーな女の子ばかりですが、またそこがいい。 美しい青森の四季と馬、そして少女。馬がお好きな方にきっと色々と想うことがあるオススメの好作。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新人俳優賞長渕文音 
【サウンド】
『この胸に…』
歌 :STGM
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜2009/05/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】三本木農業高校、馬術部 〜盲目の馬と少女の実話〜レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION