allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ<未>(2007)

DADDY DAY CAMP

メディア映画
上映時間89分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルコメディ
チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 800
USED価格:¥ 2,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 仲間と保育園を経営するチャーリーが、夏休みに訪れたキャンプ場の建て直しに奮闘する一方、子供たちと共にライバルキャンプ場との対決へ挑むファミリー・コメディの続編。監督は俳優としても活躍し本作で劇場映画初メガホンのフレッド・サヴェージ。
 夏休みを迎え、恒例のキャンプを楽しみにする子供たち。キャンプには良い思い出がないチャーリーだったが、子供のため自分がかつて通ったキャンプ場へ向かうことに。しかし、キャンプ場は近代化の波で経営難に陥り、廃墟同然の状態となっていた。これに見かねたチャーリーは、まずキャンプ場の建て直しに取り掛かる。そんな中、隣接する豪華なキャンプ場から“キャンプ場対抗競技大会”での対決を挑まれる。そのキャンプ場は、チャーリーの少年時代のライバル、ランスが経営していた。そこでチャーリー側は、彼と疎遠だった元海兵隊の父親がコーチとなり、ブートキャンプ式で子供たちを鍛え、いよいよ大会へと臨むのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
チャーリーと14人のキッズ(2003)
チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ(2007)
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Kircheis投稿日:2011-07-28 11:24:22
【ネタバレ注意】

エディ・マーフィからキューバ・グッディングJrに主演が変わった続編。

他のメンバーもことごとく変更になり、その分すべてのキャラが弱まった印象。

ラジー賞にも多数ノミネートされてたが、それも納得の薄い映画だった。

『ドクター・ドリトル3』と展開はほぼ一緒だが、あちら以上に子供たちに魅力がないのが残念。

最後の戦いでの勝利もなんか下劣な戦法ばっかりだし…
大佐が子供たちにあれほど人望を集めるのもなんか説得力がない。

予定調和な流れで安心して見れるんだが、特に感動を呼ぶような映画ではなかったというのが正直な印象。

投稿者:ハッピーm投稿日:2010-04-13 18:05:48
夏になったら子供はキャンプ場へ!と言うのが習慣のアメリカならでは。  
成り行きで頻死のキャンプ場を買い取り、人気キャンプ場への因縁に打ち勝つために経営を始めるが、おんぼろキャンプ場は解体寸前、ろくなイベント無しで次の日には子供が激減。。。なんとかこの事態を脱却するために元軍人の父親を呼ぶ事に。一気に人望を集める父親だが、同時に人気キャンプ場からの宣戦布告も勝手に受けてしまい・・・キャンプ場同士のバトルはお決まりの流れ。  特筆すべき事は何もないけどませた子供が可愛かったな。  似たような作品がたくさんあるのに、これと言って差を付けるような目新しさが無いのが残念。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト主演男優賞キューバ・グッディング・Jr 「マッド・ファット・ワイフ」に対しても
 □ ワースト監督賞フレッド・サヴェージ 
 □ ワースト脚本賞デヴィッド・N・ワイス 
  ジェフ・ロドキー 
  J・デヴィッド・ステム 
 ■ ワースト前編・続編賞 
【レンタル】
 【DVD】チャーリーと18人のキッズ in ブートキャンプ <期間限定生産>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION