allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

252 生存者あり(2008)

メディア映画
上映時間128分
製作国日本
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2008/12/06
ジャンルドラマ/パニック
252 生存者あり [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,090
価格:¥ 2,490
USED価格:¥ 793
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:水田伸生
製作:堀越徹
製作総指揮:島田洋一
COエグゼクティ
ブプロデューサー:
神野智
神蔵克
エグゼクティブプ
ロデューサー:
奥田誠治
プロデューサー:佐藤貴博
下田淳行
原作:小森陽一
脚本:小森陽一
斉藤ひろし
水田伸生
撮影:林淳一郎
さのてつろう
美術:清水剛
編集:菊池純一
佐藤崇
音楽:岩代太郎
主題歌:MINJI
『LOVE ALIVE』
VFXスーパーバ
イザー:
小田一生
スクリプター:小山三樹子
照明:豊見山明長
録音:鶴巻仁
出演:伊藤英明篠原祐司
内野聖陽篠原静馬
山田孝之重村誠
香椎由宇海野咲
木村祐一藤井圭介
MINJIキム・スミン
山本太郎宮内達也
桜井幸子篠原由美
大森絢音篠原しおり
阿部サダヲ
温水洋一津田沼晴男
西村雅彦小暮秋雄
松田悟志青木一平
杉本哲太真柴哲司
【解説】
 史上最大規模の巨大台風が日本に直撃、人々が大パニックに陥る中、決死のサバイバルが繰り広げられるスペクタクル・ヒューマン・ドラマ。かつてない自然の猛威に見舞われた東京を舞台に、地下に閉じこめられた元ハイパーレスキュー隊員の弟とその救出に奔走するハイパーレスキュー隊長の兄を軸とした双方の行方をリアルかつ壮大なスケールで描く。主演は「海猿」の伊藤英明と「黒い家」の内野聖陽。監督は「舞妓 Haaaan!!!」の水田伸生。
 首都圏を襲った直下型地震から数日後の東京。都市機能はほぼ回復し、いつもの日常を迎えようとしていた。だがそんな中、地震の影響で海水温度が急上昇し、太平洋上に未曾有の巨大台風が発生する。その猛威は間もなく湾岸に押し寄せ、巨大な雹や高潮による洪水が凄まじい勢いで都心になだれ込んでくるのだった。その頃、元ハイパーレスキュー隊員の篠原祐司は、娘の誕生日を祝うため妻と銀座で待ち合わせをしていた。しかし、妻と娘は途中の地下鉄新橋駅でこの台風による災害と人々のパニックに巻き込まれ、離ればなれに。そして、祐司は家族を救うため新橋へ急行する。一方、祐司の兄でハイパーレスキュー隊の隊長を務める静馬は、部隊を率いて懸命の救助活動にあたっていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
529 5.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2013-09-01 17:24:53
【ネタバレ注意】

巨大高潮に東京が襲われているのに、地下鉄銀座線新橋駅近傍だけがレスキューの対象になっているのは確かにおかしい。
これほどの大災害なのに自衛隊が出動しないのもおかしい。
たった、18分しかレスキューの余裕時間がないのに、隊員が無駄な話をしているのもおかしい。
その他、「これはない」という描写は多数ありますが、まあ許しましょう。

問題は心理的リアリティーがないこと。
主人公がレスキューをやめたのは、同僚が目の前で亡くなったから、それを助けらなかったから。そこの描写が不十分。
主人公の妻にいたっては、レスキューの大変さが分かりきっているのに、自分の娘を助けてくれとパニック状態になって、隊長に食ってかかる。
これ、ふつうはやらないでしょうね。

最後は主人公が大活躍で、めでたしめでたし。
ハッピーエンドは「お約束」ですが、こんな超人的活躍できるの。体力面だけでなく、心理面でも。

投稿者:bond投稿日:2013-08-17 08:45:52
過去の災害映画となんら変わりない、なんで今さらこんな映画作ったのか?極めて凡庸な出来。CGもストーリーも見所はない。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-09-22 18:52:24
「海猿」を思わせるパニック映画だが、スペクタル感が不足している。
元レスキュー隊員の主人公が、通りすがりの人間たちと地下に閉じ込められる。その中で不安、焦り、恐怖が襲ってきて・・・となる筈だが、彼の一番の恐怖はレスキュー隊員の時に犯した不始末のトラウマであるため、地下に閉じ込められた事など大したことがないように見えてしまう。これではパニック映画としてはつまらない。他の山田孝之や木村祐一も、まったく普段のままだ。
むしろ後半に展開する元同僚のレスキュー隊員たちの救出劇を通して、友情や家族愛が描かれていて、ヒューマンドラマとしてはそこそこ楽しめる。
しかし、せっかく東京を大津波や雹で壊滅させたのだから、パニック映画としてもっと完成させて欲しかった。
投稿者:william投稿日:2010-10-12 04:00:52
結論、良く有るパニック映画。
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2010-10-02 00:00:37
【ネタバレ注意】

高潮で“新橋だけ”がダメになる事ってあるんだね。日テレ&D通さんは要注意。
和製エメやんを狙ったつもりが、こけ脅し点ですら遠く及ばす。
“海猿”最後に“上がってこ〜い!!”でしゃんしゃんってか?
ぬくみずウザすぎ。

投稿者:tanukun投稿日:2010-08-18 19:26:20
まぁ面白かったですよ。でもね、ラストが長すぎ。引っ張りすぎ。引っ張っては生存者が増えていく。ハッピーエンド映画だからいいんだけども。「水戸黄門」ってとこですかね。このテの映画では誰かが必ず死亡する。エログロという意味では「死体がゴロゴロ」はちょっと×だけど、感動が残った映画でもあるので「エンタ」として単純に観れば良い映画といえましょう。
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 16:01:38
伊藤英明
投稿者:aaf投稿日:2009-06-19 10:07:59
私はこういうパニック映画って好きなので甘めの評価になると
思いますが
序盤に人物背景とかのグダグダした展開が殆どなくて
いきなり災害がやってくるって言うのはいいですね。
パニック映画なんですからね。
空の上から雹(ひょう)が落ちてきて人にあたって人が倒れていき
次に洪水で地下に水があふれ人が溺れ死ぬ。
地下鉄に乗り込むパニックや天井が崩れ落ちるところなんか
良くできていると思います。
流石にハリウッドのワーナが配給しているだけあると思います。

ただ、人物の描写。とくに役者の実力不足はどうしようもありませんが
主人公はそれなりになんとかなっていますがレスキューの隊員とか気象予報士
の人。妻の桜井幸子は、ちょっとねぇ。
良い演技だったのは医者の山田孝之くらいのもんです。
もうちょっとどーにかならなかったのか?
多分役者の問題だけじゃなくて演出も悪いんじゃないかと思います。
舞台背景はちゃんと映画しているのに役者だけテレビドラマなんです
よね。

でもパニック映画の形にはちゃんとなっていますのでいいんじゃ
ないですかね?ラストはどーでもいいやって感じですが
あと子供は反則ですな。誰だって泣いちゃいますよ。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2009-02-07 23:09:26
 冒頭、主人公が自宅のバルコニーで煙草を吸っています。
 これ、すごく迷惑なんですよね。
 上階や近隣の部屋に煙草の煙やにおいが漂ってきて、とても不愉快になります。
 いくらなんでも配慮がなさすぎ。
投稿者:はこまる投稿日:2008-12-18 23:17:08
たとえこの地球上に映画が存在しなくとも、今後おそらく100年間は気づかないであろうと思われる職場の上司が珍しく「いや〜今まででいちばん良かったよ。3回泣いた」と嬉しそうに薦めてくれたので観ました。で、上司じゃないですが、あたしゃ4回も泣いてしまいました。まぁ、全部子供がらみのとこでしたが。

あざとさや出来不出来はまったく別問題としてこれはかなりの力作だと思います。たぶんベクトルが定まっていないだけです。理由として、そのご都合主義の徹底ぶりが最近の映画の中では突出しているところに好感を持てますし、観る側としても、役者さんたちが涙ぐましいくらい馬鹿正直にその役割を生真面目に演じています。観客としては、劇中描かれるそれらのパーツがひとつの流れとなってスピードを増し、ツッコミ所満載のクライマックスを迎えれば文句ない訳ですから、そういう意味において本作は十分に合格点だと思います。狭い世界の話ではありますが、普段、映画に全く興味のない観客(上司)の琴線に触れるものが少しでもこの映画にあったとすれば、それだけでも大したものです。また、私の友人にも救急レスキューがいますが、なるほど、今度は私が彼にオススメしましょう。

それに、テレビ局製日本映画(それ以外も)の中には、この映画より100倍以上悲惨な出来損ないがゴマンとあるのですから、これくらいで腹を立てるのは大人気ないというものでしょう。
また、一見かなり金がかかったと思われるセットやCGが見もののようですが、実はそんなことはなく、やはり本作の見所は、今時の映画では考えられない程デクノボー化して自らの責任(聾唖者の子供から手を離して携帯に夢中、はぐれる)を覆い隠すように泣きわめくだけの女性。お隣の国の人が見たらキムチより顔を真っ赤にして怒るであろう輸血の場面。日本映画の覇を奪わんと一気に勝負をかけた強い意思表示と思われるお台場テレビ局の扱い。
恥ずかしいまでにリサーチとパクリに満ちたこの映画の脚本の中で、作者側がどれだけ意識したのかは分かりませんが、もし、それらに対してまったく無頓着だったとしたら、それだけでも本作は「珍作」の新たな殿堂候補作となるのは間違いないでしょう。

観ていて嫌になるくらいルーズなカメラのポジショニングや構図、災害の規模がいったいどのくらいなのか最初から最後まで不明だし、迷彩服の人達も出てこない。オープニングとの整合性に欠けている252信号の描写。クライマックスの一刻を争うはずの台風の目の中の救出作業の扱いなどで分かるように、本作には決定的に重要なショットと常識が欠落。結局それらを観客の想像力に押し付ける従来通りの日本映画の形となっています。照明も不手際が多い。
そして、もはや日本映画の伝統になりつつあるテンミニッツレスキューよりも涙を優先し観客を笑わせる演出。これはもはや芸風としてよいでしょう。

キャストは伊藤君が救出される側で意外性あり。内野聖陽はその力みが笑えるけど熱演。涙がいいです。桜井幸子は薬師丸ひろ子と見分けがつかず、香椎由宇はさっぱり冴えない演技。温っくんは相変わらず映画に味をつけていました。

今後、日本映画の覇権がどちらに転ぶかは分かりませんが、勢いとしては圧倒的に日本テレビにそれを感じさせる作品です。ただ、いかんせん映画はここからが遠い。
投稿者:replicant投稿日:2008-12-15 01:39:11
【ネタバレ注意】

全く観客をバカにするにもほどがある!と言いたくなる様な恥知らずな映画。予告編で観ていた高潮のシーンは架空の出来事ばかりだと思っていたらマジでした(苦笑)。しかしまぁ、ここでツッコミを入れていると先に進まないので観なかったコトにする!パニックシーンを銀座4丁目の一部分と地下鉄構内に絞ったのは良かったんで、ちょっと期待しちゃったのが大間違いでした(オイラも学習しないなぁ・・・)。登場人物の一人が持っている荷物が“何でそんなモノなの?”と思っていたら、ああ、それがやりたかったのね!みたいな御都合主義の嘘くさい話ばかり!だいたい「身内が居たから助けたい!」って話しになっちゃってるようなんだけど、それでいいのかよ!ラストは『海猿2』に匹敵する“お笑い道場・重量挙げ篇!”。マジックマッシュルームでもやっていれば近年稀に観るコメディになっていたかもしれません。しかし、こんな映画を局の試写会で観て、ナンとも思わないのかなぁ・・・それを考えるとある意味、日テレホラー映画と言っても過言ではないです!役者陣はどいつもこいつも過剰演技で観ている方がこそばゆくなりますし、台風は何処に行ったんだよ(笑)。

辣腕の気象予報士に小娘をキャスティングしているのも相変わらずの幼稚な邦画って感じで嫌なんですけど、ラスト近辺、災害に遭った母と娘の手が異常に綺麗なのはもっと嫌!こういう細部のデタラメさはホントに恥かしい!監督は『舞妓 Haaaaan!!』『花田少年史』の水田伸生。二度と映画を作らないでいただきたい!

日テレはフジTV社屋をぶっ壊して面白がっているのかもしれないけど、あまりにレベルが低過ぎ!日テレのIQの低さは筆舌に尽くしがたいね。だいたい、お台場があんな状況ならば汐留だって似たり寄ったりだろうに!55周年なんだか知らないけど、日テレの低脳ぶりはフジTVと全く変わらない!っつーか、『容疑者X』『ハッピーフライト』と今年はどういうワケか佳作を送り出しているフジに比べたらもっとヤバいかもね。

投稿者:Longisland投稿日:2008-12-11 22:25:40
なんだかな〜ぁ。
東京という都市は主人公の3等親以内の人間で構成されているのか?と思えるほどのあまりにも都合の良い偶然の連打にドン引き。
見慣れた街並みが災害で破壊されるってとこはそこそこ魅せるも、あまりにも粗いストーリーと演者は劇場での鑑賞に堪えられないレベルの作品。
なんぞ日テレ開局55年記念劇場映画・邦画参入ワーナーの自信作らしいが・・・惨い。

巨大台風が主題ってことで思うのは、今年の東京国際映画祭コンペの中国映画「超強台風」←これ珍作系だけど傑作よ。
真剣に映画作っちゃいました(と思う)「超強台風」
お手軽に映画作っちゃいました(と感じられる)「252生存者あり」
どっちが観手の感情揺さぶるかといえば・・・。

フジ社屋を倒壊させて喜んでいるようじゃワーナーも日テレも東宝・フジを追い越すことは無理でしょ。 
日テレはアニメ(ポニョ・コナン)かノスタルジー物(三丁目・東京タワー)に特化した方ががいいんでない? デスはまぐれあたり?
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-12-08 01:39:20
あまりにも内容がおそまつすぎる。キャスティングのおかげと大作洋画2本が12月下旬にまわったおかげもあって人はある程度入るだろうが。最近のパニックアクション邦画で内容も濃く見応えのある作品が過去にあったかどうか疑問だがCGも含めての努力は買いたいが
投稿者:Stingr@y投稿日:2008-11-15 04:48:59
 次々と襲い掛かる災害でパニックに陥る人々。自然の猛威の前に都市は壊滅し、なす術もなく多くの人々が死に至る。このパニック・壊滅映像は日本映画史上ダントツにすばらしい。だが本作は、東京消防庁ハイパーレスキュー隊なんて“こんなもんだ”と批判する映画ではないのだろう?すばらしい演技力を誇る俳優たちを集めたにもかかわらず、ストーリー設定がお粗末だ。

 兄弟の情にほだされて、「弟を救出させてください」と泣きの涙で上司に訴え、弟救出のために隊員の命を危険にさらす馬鹿隊長と、それを許可する馬鹿上司。結果オーライだったから良かったものの、仮に犠牲者が出たならばその隊員は憤死ものだ。

 どう考えたって、救出する者と救出される者が兄弟であるという設定に難がある。これでは、「同じ状況下でも、血縁者なら救出に行くが、他人なら救出に行かないだろう」という疑念を払拭できない。たとえ他人であっても、救出の可能性がゼロでない限り、救出に向かう姿勢を見せる勇敢な隊長とその隊員たち、そして、それならば全ての責任を負うという潔い上司を描くには、まず、兄弟という設定を捨てなければならない。

 また、救出に突入した場面で、救出に許される時間は僅か18分しかないと分っていながら、再会した兄弟がしみじみ語り合うのはあまりに馬鹿げている。プロフェッショナルの片鱗も描けていない。ここは、プロであるレスキュー隊はてきぱきとやるべき事をやる。だが予想に反して時間が…、と描くべきだっただろう。しかも、この場面はレスキュー隊による唯一の本格的な救出場面なのだから、もっと丁寧に恰好よく描くべきだ。全くしみじみしやがって、どこが“息詰まる運命の18分”なんだか!もっと“息詰まる演出”をしろ。第一、これじゃあ、「救出に突入する前に、生存者の人数さえ把握できていないうえ、“18分”で足りるのかどうかの議論もしていない無謀な馬鹿レスキュー隊」というストーリー設定だろう。

 CGの難は、ストーリー設定となっている“台風による高潮”ではなく、“津波”というか“ビッグウェーブ”のような波だった点である。これらの違いを気象庁に訊ねるなど、調査しなかったのか?つまり、ストーリー設定としては、本作の「地震の後で巨大台風による高潮が東京を襲う」より「巨大台風による高潮被害の最中に、東京近海で発生した地震によって津波が引き起こされ、人々が避難する時間的余裕もないうちに、津波による大洪水が東京を襲う」とした方が辻褄が合うのだ。ともあれ、日テレ開局55周年記念でフジテレビの社屋をぶち壊したのは“アッパレ!”であった。
【レンタル】
 【DVD】252 生存者ありレンタル有り
 【DVD】生存者あり! -映画 「252」をナビゲートせよ-レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 「252 生存者あり」オリジナル・サウンドトラック
新品:¥ 2,500
3新品:¥ 2,078より   12中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION