allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

イーグル・アイ(2008)

EAGLE EYE

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)
初公開年月2008/10/18
ジャンルアクション/サスペンス
それは、全てを見ている。
イーグル・アイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,349
USED価格:¥ 578
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 シャイア・ラブーフが主演作として「トランスフォーマー」のスティーヴン・スピルバーグ、「ディスタービア」のD・J・カルーソー監督と再びタッグを組んだアクション・サスペンス。まったく面識のない男女が脅迫めいた謎の女性からの電話で引き合わされ、監視と指示を受けるがまま行動するうち国家に追われる羽目になるさまをスリリングに描く。共演に「近距離恋愛」のミシェル・モナハン。
 シカゴのコピーショップで働く青年ジェリーはある日、米軍に勤める双子の兄弟が急死したと知らされ実家へ呼び戻される。そして自宅への帰途ATMに立ち寄ると、何故か口座に75万ドルもの大金が振り込まれており、帰宅したアパートには大量の軍事用機材が届いていた。その直後、見知らぬ女性から電話が入り、FBIが迫っているのですぐその場から逃げろ、と警告される。すると間もなくFBIが現われ、ジェリーは何も把握できずに拘束されてしまう。一方同じ頃、1人で遠出することになった幼い息子を送り出すシングルマザーのレイチェル。その後、彼女にも謎の女性から着信が入り、これから指示に従わなければ息子の命はない、との脅迫を受けるのだった。やがて、ジェリーは再び謎の女から電話で指示を受け取調室を脱出、逃走した先には同じく電話の指示に翻弄されているレイチェルが待っていた…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
424 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-05-31 22:47:36
だーかーらー
ミシェル・モナハンがマイケルにしか見えねんだって!!
投稿者:terramycin投稿日:2011-09-16 06:52:55
【ネタバレ注意】

出だしはなかなか興味を引いた。
謎の電話の声に、意味も分からず行動するパニックアクション映画。
終盤では、主人公の二人がアリアに選ばれた理由も判明していく展開。

ただ、アリアの設定が無茶苦茶すぎるために、リアリティがなく非現実的な娯楽映画と化してしまっているのは残念。

声帯認証の件や捜査官にあっさあり目玉(のようなもの)を殴られて破壊など、完璧すぎる能力と相反して粗末なセキュリティの矛盾点も感じられた。

ベルトコンベアのシーンは面白かったが、最後に主人公があれだけ打たれて以外に軽傷だったことに失望した。

投稿者:william投稿日:2011-09-12 19:05:22
スピルバーグが関わってるだけで、内容は平凡。最近はスピ関連で売り出す作品多いな。
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2011-08-24 18:15:07
ブリジット・モイナハンにオファーするつもりで
間違ってミシェル・モナハンに行っちゃったとか。
そうとでも考えないとあまりにも
最後のボクチャンとのキスシーンはひでえ。
熟女AVじゃねんだから。
投稿者:nightwing投稿日:2011-06-24 15:07:46
【ネタバレ注意】

地上波で鑑賞。
昨今を象徴するブルブルグルグル(?)なサスペンス・アクション。
ボ〜っと鑑賞するにはいいんじゃないでしょうか・・・・。

にしてもビリー・ボブ・ソーントンがジジイになっててちょっと衝撃。
老体に鞭打ってアクションに挑戦してますが、とても痛々しい。
殉職しちゃうのも、物語以前に何だか可哀想で・・・・・。
ラストのハッピー・エンドで、より一層哀愁が増します・・・・。

ウィリアム・サドラー出てましたが、ここにはクレジットされてませんね。
まぁチョイ役でしたが・・・。


投稿者:scissors投稿日:2011-06-19 02:59:07
地上波でやっていたわけだけれども、番組予告と本編冒頭数分でもうお腹いっぱいになり停止ボタン。
躊躇うことなく即消去。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2011-06-18 09:39:46
全体的にはハデでガチャガチャと落ち着きのない映画。見ていて疲れるし、うすっぺらな印象。ただ、主人公は事件に巻き込まれたことによって人間的に成長しており、そこは好感が持てた。音楽もあおるような、やはり落ち着きのない調子。でもふっと美しいメロディーに移行し、それが心に残る。好意的に言えば緩急をわきまえてるってところか。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:なちら投稿日:2011-04-21 14:50:03
【ネタバレ注意】

J・ムーアが出て来てくれたら嬉しかったけど、
声の主が判明してからはどうも見た事ある感じがしちゃって気持ちが付いていかなかったよ。
人間がああいう鮮やかな手配をしてる体だったらスゲェ!って食い付くんだけどね。

双子の片割れが掛けた生体認証のロックってさ、もう一人に解除できるのかな?
それってシステムとして甘いよねー。

スピード感があってまあまあ楽しめたけど、シャイアが若々しいのに
M・モナハンが中途半端におばさんぽくて、見つめ合うのが気持ち悪かった〜。

投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 16:26:42
確かに全編、もうどこをとっても
オリジナルな部分が皆無なのに
滅法面白い「イーグルアイ」
さすがスピルバーグ印は品質が保証されています
http://mototencho.web.fc2.com/2008/eaglee.html
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-01-04 08:55:25
【ネタバレ注意】

人間が、これは有り得ない(出来ない/してはいけない)って思う最も合理的な解決策を実行するだけ。
(まぁ2001年〜も暴走では無かったっけ?結局は…)

まず米国による他国要人の暗殺(コンピュータの制止を聞かずに実行)が描かれ、普通な男の日常が描かれる。が、突然男の通帳に大金が振り込まれ、部屋には武器が届けられ、携帯に女の声で逃亡指示が届く。
男は無視〜ところが実際に逮捕され…

普通な人間が何故かテロリストとして追われる展開は「マイノリティリポート」の如し。
ところが、物語が進行してゆくと実は「アイ,ロボット」であることが解る。
「知りすぎていた男」か〜シャイアの◎声がドリス・デイの悲△ですかね。

ミシェルはラストのキスといい矢鱈と存在が生々しいですね。吐息の匂いがしそうです。

ペンタゴンのコンピュータ(アリア)は、携帯の電波/監視カメラ映像/PCのファイルetc.を自由にキャッチし、また逆に彼等を逃亡(ってか計画に加担)させる為に信号機(カーチェイスを展開)を自在に操るばかりか電車まで逆走させます。
シャイアのポーカーやら子供時代の映像が流れ、人々が常に監視され分析され利用されてしまうコンピュータ社会の恐ろしさを垣間見せます。
人間が作ったコンピュータと戦わないといけないとは…アニメな「キャシャーン」もそうだが、ある意味アリアが非現実的?な意味で理想主義的に正しいもんだから始末に負えない〜マトリックス/ターミネータは違うか〜

それはこの物語の後に巻き起こる米国に対する同時多発テロの被害によって(政権交代で回避出来た確率は謎だが)証明される事になる…

投稿者:BMG投稿日:2010-01-04 00:12:01
【ネタバレ注意】

なんかもう、初めは本と何が起こっているかわかんないんですよね。でもそれがいい、全く意味もなく振り回されているようで、その裏にはとんでもない裏があった・・・そういうストーリーはとても大好きです。普通にそういう意味では楽しめましたね。シャイア・ラブーフも相変わらずいい演技してますしね。
ホントそれだけでも十分ですよ。ほかにも見るところはいっぱいありますけどね。

投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 22:02:02
シャイア・ラブーフ
投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-31 22:17:47
急展開をみせるストーリーにどうなるのかハラハラドキドキでした。
黒幕こそありがちなモノでしたが、それまでの展開は凝った派手なアクションの連続で楽しめましたね。
迫力とスピード感が伝わってくるCGも見事でした。
題材は現実味のあるものなのに、リアリティのない娯楽作品になっているのが不思議ですね。
へたに大掛かりなセットを用意しないでも、遠隔操作や監視などパソコンを通して恐怖をあおってもらったほうが身近に感じられて良かったでしょう。
そうなるとリアリティが増す分、地味にはなりますけどね(笑)

疑心暗鬼になっているヒロインの揺れ動く心情は良いスパイスになっていたと思います。
しかし、主人公の巻き込まれていく要因がチョット弱かったカナ・・・。
母親は分かるけど、主人公のほうのキッカケは汚名を着せられ助けてもらった流れで巻き込まれたって感じでした。
兄の存在は主人公の中で後付けな感じになってしまったのが残念でしたね。
ついでに言えば父親とのドラマも薄いので、どうせなら無くても良かったのでは?

D・J・カルーソー監督らしい緊張感のある演出も良かったですし、楽器の音色とジュエリーは斬新なアイテムで効果的でした。
ただ・・・それまで様々なモノを操ってきたアレが認証システムには手を出せないというのが、脚本部分ではどうにも腑に落ちない点になってしまいました。

ヒゲもなかなかお似合いのシャイア・ラブーフ、感情移入しやすいミシェル・モナハン、凛々しい姿が役にハマっていたロザリオ・ドーソン、FBI捜査官にビリー・ボブ・ソーントンなどキャストはポイントを押さえていてGOOD

なるほどねぇ〜と言う訳でもなければ、スッキリ爽快な後味ではないですが、アクション・SF・サスペンス・ドラマ・・・と総合的にバランス良く取り入れているので深みは無くとも観ている間は楽しませてくれる作品でしょう。
投稿者:uptail投稿日:2009-12-03 16:54:00
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-11-29 18:15:56
一気に観れるけど、何でもありのスパコンとその強引な「動機」と「解決法」、生者と死者の都合のいい選択、ヒッチコックからの引用(「北北西」と「知りすぎていた男」)と、新しい要素は皆無と言っていい。
投稿者:bond投稿日:2009-11-20 09:42:59
【ネタバレ注意】

スパコン暴走劇だが、設定と展開に無理がある。話はテンポ良く進み、そこそこアクションも観せるから、理屈抜けば楽しめる。

投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2009-11-18 00:55:42
WOWOWで鑑賞。

最近よく見かけるComputer暴走物だが、先駆的存在「2001年宇宙の旅」と比べたら、あの作品のFanに失礼だから「ウォー・ゲーム」あたりにしておこう。
「ウォー・ゲーム」よりは全てにおいて派手だが、内容は滅茶苦茶。
現実味の欠片もない劇画映画です。

こんな映画製作されて、国防省は何にも文句言わなかったのかいな?

それにしても、ビリーさん。
窶れ果てて、えらいお爺さんになっちゃってる。
アンジェリーナに精気吸われてたんじゃないの?
投稿者:BLADE投稿日:2009-11-17 10:37:12
一回限りのドキドキで見れる映画かな。
リアルなターミネーターみたいなものかなww
機械に頼るのはよくないねw

巻き込まれていく人たちのそれぞれの描きと編集はナイス。
投稿者:dbma投稿日:2009-06-25 11:35:24
【ネタバレ注意】

無実のアラブ人を爆撃しておいて、
大統領は助かってしまうのはおかしい。
昔の「13日の金曜日」なんかでは、
ティーンエイジャーがキャンプ場でエッチしただけで、
ジェイソンにお仕置きされてたぞ。
悪を素直に罰せられない(だって国の長だもん)ところが、
今のアメリカを象徴している。
しかもアラブ人による報復テロに見せかけて
犯人は自分ちのコンピュータって・・・。
アラブ人に謝れ!

あと
マサコ観光ツアーって何だよ?
変な所で日本人出すな!
日本人に謝れ!

シャイア・ラブーフが大人の顔つきになってたのに驚いた。
K-1のバダ・ハリも急に大人の顔になってて驚いたのを思い出した。

投稿者:namurisu投稿日:2009-05-14 16:44:45
「ダイ・ハード4.0」なんかよりよっぽど迫力あり。
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-04-25 19:39:54
なんていうか、この手のオチはもう見慣れているのでもうちょっと工夫が欲しかった気もする。しかしまぁ後半からは怒涛のノンストップアクションだったので観ていて全然飽きなかったけどね。監督は「ディスタービア」の人だったのか、この監督はこういうハラハラした映画を撮るのが上手いね。
投稿者:aaf投稿日:2009-02-27 23:50:07
傑作ですよね。118分があっという間でした。
それにしてもコンピュータの暴走って
原作は手塚治虫の漫画じゃないのか?
と思ってしまうほど似てる気がします。
おまけに全然立場の違う人が接点に向かって
進んで交差して離れてまた交差する。
手塚治虫の得意とする手法ですよね。

でもそれを見事に映画にする手法は流石です。
投稿者:投稿日:2008-11-18 16:35:16
よく出来たSFアクション。一般当日1,800円にかろうじて値する。肝の部分を公開するとネタバレなので宣伝しにくかっただろう、と。
表題どおり『知りすぎていた男』をもう一度見て楽しもうという前向きな気分、である。
投稿者:ビリジョ投稿日:2008-11-08 14:11:52
【ネタバレ注意】

 何だ、結局政府首脳は誰も死なないじゃないか。罪なきイラン系は殺されるのに。
 コンピューターが、困った政府にお灸をすえる映画。「お灸をすえる」のにとどまる。「アメリカは愛しているが、イラク戦争は間違いだ。誰か政府をこらしめてくれないかな」ってな感じの、中途半端映画だ。

投稿者:NYY投稿日:2008-11-01 11:56:29
【ネタバレ注意】

サスペンスとしては、前半で展開読めちゃうね。
アクションは、なかなか楽しめた。
カーチェイスで、追っ掛けるパトカーが次々にクラッシュしてく
のは笑えた。
 
部屋に武器と爆弾の材料が大量に届いてるのも笑えたんだけど、
シャイア・ラブーフがあの顔でテロリストな訳ないじゃん。
FBIもさ、被疑者かどうかは、ちゃんと顔を見て判断しろよな〜。
 
以下、ネタバレになるけど、
「2001年宇宙の旅」のHALが、法を守らなかった間違った政府を
屠るために修正2条の集団的武装権を行使したのかな?
しかし、HALは市民じゃないから、武装権みたいな人権は持って
いないだろうし・・・
憲法前文を引用してたけど、そんなもんは建前なんだから、ベタに
守ろうとするなよ、このバカ・コンピューター!
コンピューターが知能を持っちゃって人間を屠る話というより、
中学生レベルの知能しか持ってなくて暴走した話じゃん。
 
予想通りの凡庸なオチで、見終わると何も残らない作品になってて
残念。
国民の自由を守るためのシステムが、国民の自由を脅かすって?、
結局、公安の逆説か。
んなことは、今更言われなくても皆、分かってるから。 
色んなものを引用して現代人を楽しませる映画にするには、もう
一捻り必要だったんじゃないかと思う。
 
ミシェル・モナハンは、あまり美人じゃないし、老けてて肌とかが
乾いてる感じもするけど、まあまあ魅力的だったな。
 

投稿者:sakur`a`投稿日:2008-10-29 22:40:00
一昔前に流行った古典的なストーリー設定なんでムネドキ感はほとんどないなぁ
今更感があるだけに映像(CG)で魅せて貰ったのかな、テンポはgdgd感も無く終始よかったと思う
ラストはこの間見たゲットスマートそのまんまで反応に困った
これが全米大ヒットなのかぁ・・・と騙されている気分が非常にしますw
面白いってほどでもなく、だからといってつまらないわけでもなく・・・派手なわりに印象のない映画といったトコロでしたhttp://love-cinema.jugem.jp/
投稿者:rT2k投稿日:2008-10-20 19:20:56
1.国防的な意味で情報が制限されているため事件の細部が表現できない(なぜかATMからお金がでてくるという描写
2.映画は映画で自己完結せよということは古典の焼き増ししかできなくなる
3.テレビドラマに主戦が移ったためにテレビドラマの没案のツギハギみたいな映画が続出
4.ドキュメンタリはテレビであふれているため映画でやる必要はない
5.現行開発技術批判は現政権批判になるためしない
投稿者:ASH投稿日:2008-10-20 00:05:49
【ネタバレ注意】

 実のところ、至極真っ当なサスペンス映画なんだろうというコチラの予想をお見事に裏切ってくれる展開に、なんだか嬉しくなっちゃう。あの携帯電話の声の女性の正体が明かされるくだりなんか、ゾクゾクさせられたよ。で、この映画のアリアでなんとなく思い出すのが、やっぱり「2001年宇宙の旅」のHALかね。

 主人公と同じく、観客にも限られた情報しか与えられない。そんなわけで、劇中のジェリーとレイチェルの2人と同じく、彼らに指示を与える声の主が一体誰なのか、その目的が何なのかが知りたくなる。と、その謎が次第に明かされていくという構成の映画。そう、僕はこのタイプの映画には弱いのです。主人公も何がなんだか分らないうちに事件に巻き込まれていく、そういうお話は主人公に同化して筋を追うと楽しめるのです。

 映画としては、実は「人間VS機械」というSF映画によくあるパターンを踏襲した作りであって、国家レベルの脅威が描かれてはいるが、それに巻き込まれる主人公が政府関係者や軍人といったお偉方ではなく、一介の市民だというところに面白さがあると思うんだけど、アリアのしでかすことがあまりにも絵空事に見えてしまうと、こういう映画ってノレなくなってしまうのかもしれない。そういう意味では、SF映画ファンの方が愉しめるのかもね。

 しかし、アリアの中止勧告は正当なのであって、それを無視してエクゼクティブ・ディシジョンを発した人物を敵とみなしてギロチン作戦を開始するというなんとも皮肉な展開。よくよく考えれば、あんなタカ派の大統領は国家にとって、もしかすると本当はよろしくないんじゃなかろうかと匂わせているところがなんともいいね。そんな大統領や政府高官たちを、命を懸けて救おうとするのがただのコピー店の社員だとは!

 来月(2008年11月)は大統領選挙があるから、その点ではタイムリーな題材なのかも。

 カルーソ監督は前作で「裏窓」を丸々と引用していたけど、よっぽどヒッチ先生がお好きなんだとみた。今度は「北北西に進路を取れ!」と「知りすぎていた男」の引用がそこかしこ。で、演奏会の影で大統領暗殺計画が進行するというクライマックスは、驚いたことに先日観た「ゲット・スマート」と殆ど同じ!

 さて、スピルバーグの秘蔵っ子のシャイアくん。頼りなかった青年が事件に巻き込まれたことで逞しく成長するという役が多いのだが、この映画でもそうでした。終始、シリアスなシャイアくんもオツなもんです。お相手役のミシェル・モナハンは、正直「近距離恋愛」での方がずっと魅力的でした。ジェリーとレイチェルは、やはりロマンスに発展したのでしょうか? ラストではそんな匂わせ方も素敵! ビリー・ボブは最初こそ憎らしかったけど、終盤近くでジェリーを助けるというおいしい役を好演。国防長官役のマイケル・チクリスも「F4」でのガンロックなんかよりも断然、いいね。

 ところで、飛行機に追われるジェリーの図、というポスターデザインは「北北西に進路を取れ!」のDVDジャケットと構図が似ているということに気付いた。このことからも分るように、ヒッチ先生へのリスペクトが濃厚(誰だ、パクリだなんて言うヤツは?)。意地の悪い言い方をするなら「模倣」の域を出てないけど…。

 作品を深く理解したかったら、「地球爆破作戦」「デモン・シード」辺りも予習映画として留意してちょ!!

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-10-19 23:25:23
【ネタバレ注意】

テンポは悪くないし、アクションは派手でよろしいのだが、何せ既視感が拭えない。
あらゆるカメラの映像、音声が監視されて逃げ場がない、というのは、そのまま『エネミー・オブ・アメリカ』(トニー・スコット監督、98年米)だし、そのおおもとが巨大コンピューター、というのは実に古典的な筋書きだし。
ロボット三原則も完全無視のあんなコンピューターは、殆ど反則みたいなもんでしょう。というか、後半は人間の行動の予測ができなくなっていくし(嗤)。
そんなわけで、アクションだかCGだかくらいにしか見どころが感じられないのが残念なところ。さすが全米ヒット作品(苦笑)。あ、でも、最後までテンポは落ちていないですよ。そこは評価。

投稿者:ローランド投稿日:2008-10-19 21:54:34
  「ボーン・アルティメイタム」の、携帯電話への指示を受けながら
の逃亡劇に、キューブリック「2001年」のHAL9000コンピューター、
このどちらも、映画関係者には心打たれるものが大きかったのだな
ってあらためて思い直したのだけど、逃亡劇の場面など、開き直って
音楽にまで心打たれていますね (笑)。 

   心打たれたなら、もうちょっと工夫して、お手本を追い抜こうと
いう努力を感じさせてくれたらいいのに、アクション映画でアイディア
が枯渇したらカーチェイス及び物理的破壊によるカタルシスに逃げる、
という図式を確認させてくれただけで、おまけに物語としての味わい
もなしでした。
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-10-19 11:47:38
80年90年代にあった似た作品をまぜてつくった感じで
いまいち面白さ緊迫感に欠けた
このところアクション映画の面白かった作品が続いたせいで
いまさらカーアクション観させられてもかなと思いました
投稿者:satokunn投稿日:2008-10-18 12:40:09
【ネタバレ注意】

中々緊張感を持って最後まで観えましたよ。
主人公達が姿の見えない相手に翻弄されて、戸惑いながらラストまでひっぱていくストーリーは良かったですが、やはり黒幕は○○でしたか!この映画の内容はSF好きな方ならすぐわかり興がそがれますが、まあ良しとしましょう。しかしハリウッドも斬新なアイデアは出つくしたのでしょうか?

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 男優賞シャイア・ラブーフ 
【ニュース】
全米興行成績、M・ナイト・シャマラン監督サスペンス「Split」が大ヒット・スタート2017/01/23
名作YA小説原作×D・J・カルーソ監督「<ヤギ>ゲーム」、予告編2013/08/06
「イーグル・アイ」のD・J・カルーソー監督、名作YA小説を映画化へ2011/10/04
全米興行成績、リーアム・ニーソン主演サスペンス「身元不明」が初登場首位2011/02/21
第35回サターン賞、受賞結果2009/06/25
サターン賞、ノミネーション発表2009/03/11
DVDリリース情報:「イーグル・アイ」「ルー・リード/ベルリン」etc.2008/11/21
全米興行成績、ドリームワークス「マダガスカル2」が大ヒット・スタート2008/11/10
全米興行成績、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」がV22008/11/03
全米興行成績、「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」が大ヒット・スタート2008/10/27
全米興行成績、M・ウォールバーグ主演アクション「Max Payne」が初登場首位2008/10/20
全米興行成績、ディズニー・コメディ「Beverly Hills Chihuahua」がV22008/10/13
全米興行成績、ディズニー製作ファミリー映画が初登場1位2008/10/06
全米興行成績、シャイア・ラブーフ主演サスペンス「イーグル・アイ」が好スタート2008/09/29
全米興行成績、サミュエル・L・ジャクソン主演サスペンスが初登場首位2008/09/22
シャイア・ラバフ主演サスペンス「Eagle Eye」、予告編2008/05/22
【レンタル】
 【Blu-ray】イーグル・アイレンタル有り
 【DVD】イーグル・アイレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION