allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アキレスと亀(2008)

メディア映画
上映時間119分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京テアトル=オフィス北野)
初公開年月2008/09/20
ジャンルドラマ/コメディ
スキ、だけど。
スキ、だから。

夢を追いかける夫婦の物語。
アキレスと亀 [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,251
USED価格:¥ 2,643
amazon.co.jpへ

 Photos
アキレスと亀

【解説】
 北野武監督が主演のほか、本編中の挿入画も手掛け、つましくも温かな夫婦愛を描いたヒューマン・ドラマ。画家になることだけを夢見る甲斐性なしの主人公と、そんな彼を献身的に支える妻が二人三脚で夢を追いかける姿を、様々なアートを取り上げて芸術論を展開させつつユーモラスかつオフビートなタッチで綴る。共演は「明日の記憶」の樋口可南子。
 裕福な家庭に生まれた真知寿は、幼い頃から絵を描くことが大好きで、“画家になる”夢を抱いていた。しかし、ある時父の会社が倒産し、さらに突然両親が自殺したことで環境が一変。芸術に無理解な叔父の家に預けられ、辛く孤独な少年時代を送るハメに。そんな真知寿にとって、画家になるという信念だけが生きる支えだった。しかし大人になってからも、思いとは裏腹になかなか画家として芽が出ない日々が続く。そんな彼はある日、ひとりの理解者、幸子と出会う。彼女は絵を描くことしか知らない純朴な真知寿に惹かれていった。やがて2人は結婚、真知寿の夢は夫婦の夢となり、成功を掴むため様々なアートに挑戦していくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
646 7.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-07-04 00:19:42
笑った笑った。
本当に可笑しかった。
印刷工をしながら描いた、
閉店セールのチラシのデザインやら、
交通事故まで絵の題材にして新聞に載ってしまったエピソードなんか、
笑いが止まらなかった。
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2010-12-20
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-26 08:47:59
武の作品にあるはずの秘めた熱が感じられないwww.seisakuiinkai.com
投稿者:uptail投稿日:2011-06-27 09:36:53
麻生久美子
投稿者:こじか投稿日:2010-05-20 23:21:40
武映画ファンとしてはオープニングから"やっぱだめだ…"と。
何かを"狙った間"ではなく、
以前の"素の状態で外す間"はもう観れないのか…。
武も歳をとり成長する人間なのだから、
そろそろ観る側も受け入れないといけないと判っていながらも、
やはりこんなもんじゃないと思ってしまうわけです。
武の"好き勝手の質"も随分変わりました。
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 09:34:55
ある“たわけ”(芸術家)の一生を
温かく、丁寧につづった
「アキレスと亀」
映画作家、北野武の復活
http://mototencho.web.fc2.com/2008/akiresu.html
投稿者:クリモフ投稿日:2009-09-06 02:41:22
キタノ監督にはそれほど思い入れが無く、何作かすきなのがある程度で前ニ作は今のところ未見での観賞。冒頭の少年時代から芸術青年くらいまでは「面白いかも」と期待させられたんだけど、たけし本人が出てきてから徐々にトーンダウン。
少年期から青年期なんかは絵が好きでただただ描いて自分なりに模索している様子が単純に面白くて、その後どうなるのか楽しみだったんだけど、問題は中年期。絵が好きで描いてたやつが「あいつら芸術わかんねぇんだよ」って言うかなぁ、ここで主人公像が完全に切り離されてしまったと思います。ブレがあります。キーマンとしてイチャモンつける画商が出てくるんだけど、それにしてもああは変わらないし、もし監督自身を題材にした皮肉とかだとしたらもうどうでも良いです。それを楽しめるほどファンじゃありません。
結局中年期に何がしたいのかまったくわからず、尻すぼみ。さびたカンとか包帯グルグルとかもあざとい。ラストもヌルイ印象しか受けませんでした。えーと、バスキアの絵のパロディは似てましたね。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-07-10 14:54:51
何枚かは好きだが、彼と樋口がお揃い衣装になるとまんまコント。他にもフェードアウトを使い過ぎてたり、中尾と芸者の首吊り死体を最初に見せるなど「死」の描写が軽過ぎたり、何より真知寿が絵画に対して抱いている感情が何なのかがまるで見えて来ないのが酷く、コメディとはとても思えないイタさに満ちた駄作だった。これなら「無能の人」の方が20倍はいい。半星。
投稿者:さち投稿日:2009-07-09 14:41:05
普通
投稿者:コハダ投稿日:2008-10-26 22:15:26
「画家の夫と妻‥ふたりで描く愛と幸福の物語」というコピーを信用して観ちゃいけません。”死にぞこなう事”をめぐる不条理コメディです。
3部構成のうち少年期・青年期は、私にはいささか紋切り型に思え、中年期だけハツラツとして見えました。
『無能の人』の系譜です。
投稿者:replicant投稿日:2008-10-21 01:13:17
北野武が登場する前と後では全く別の映画のような印象です。主人公・真知寿の少年期(演じる吉岡澪皇はとてもいいですね)、青年期は抑制の効いた演出でその映画文法も素晴らしく(北野武は上手くなりましたねぇ!)、実に良く出来ています。ところが、本人が登場する壮年期になったとたんに失速します。別の2本の映画を観ているようでした。とにかく、主人公がそれまでの人物像とまるで別人ですし、その行動にも全く魅力がありません。そりゃ、売れる売れないに関わらず芸術家なんてあんなモノなのかもしれませんけど、彼らの行動はハッキリ言って不愉快以外のナニモノでもないです。好きなことをやり続けられる人生は幸せなのかもしれませんが、巻き込まれる人間にはたまったもんじゃないですよ。好き勝手に生きたモン勝ち!みたいなストーリーなんてクソ喰らえです。だいたい、芸術家の誰しもが性格破綻者ではないですし、社会に対して適応障害でもないです。なんだか、恐ろしく底の浅い話を見せられたような気になりました。っつーか、北野武自身がスクリーンに登場すると完璧に“ビートたけし”ですね。

北野武はそろそろ監督業に徹した方が良いと思います。以前は映画文法が下手だったので自分が出演する部分とのマッチングに違和感は無かったのですが、ここまで手馴れてくるとチグハグな印象を拭いきれません。今回も、監督業に専念していたら、ここまで破綻することは無かったような気がします。出演した時に自分で自分を御しきれてない感じです。いい加減、誰か鈴を付けて下さい!
投稿者:Longisland投稿日:2008-09-29 10:30:00
今年のヴェネチアで話題になった、北野監督も賞取に色気を出しててた?一映画ファンとして(当時未見も)ひょっとしたら…と期待した作品。

主人公真知寿の半生がごく「普通」に描かれてゆく(この「普通」って過去北野作品と比較して)。確かに少年・青年・壮年の演者及び流れに一貫性はなく、あまり効果的とは思えない小ギャグは(少ないけど)作品のバランスを崩し、「暴力」は封印されたもののその代償なのか必要以上数多く登場する「死」の描写はやりすぎ…でもそこが北野芸風、しっかり北野映画が感じられる。

冒頭アニメで説明されるゼノンのパラドックス(アキレスと亀)、これは何を意味してるんだろう?
一北野映画ファンとして愚考するに、本作品は所詮「詭弁」なんだよ、あんまりマジで考えないでね。との北野監督からのメッセージなんではなかろうか。
真知寿(マチス)なるふざけた名前、芸術ではなくゲージツ、社会性を欠く漫画的ともいえる行動、名声への露骨な擦寄り…クリエーターとしての欲求と社会的評価の狭間に揺れる葛藤を真正面から描きたいんだけど…。でも自分は名声をすでに有している、いまさら自分が芸術家の葛藤を描いても説得力無いわな〜ぁ、だから「詭弁」と思われてもしょうがないね勘弁してね、ってことを自己弁明してるお詫びが冒頭アニメなんだと感じた。

パンと芸術どちらが人間にとって必要なのか、所詮芸術ってのはあってもなくてもいいモノ、でも人は憧れ、求め、創造しつつける対象。北野武にとっての芸術(映画&絵画)への想いと現在の己の立位置の葛藤を北野監督らしい照隠し的に描いた作品と感じた。

とはいえ、本作品の配給宣伝を担当したテアトル&宣伝会社は大変だったろうね。海外評価は高いも国内興行は超苦戦の連続。
北野映画は小難しい映画と敬遠されがち、夫婦愛を前面に押し出し中高年層を劇場に呼び込む戦略は苦渋の策? 確かに公開初週平日午後の新宿テアトルは中高年御夫婦連を中心に8割の入り。

個人的願望だが本作品は若い人に、特にクリエーター志向の若者に観てほしい。そして本作品の奥にある北野監督の芸術家としての葛藤を理解してほしい。
投稿者:黒美君彦投稿日:2008-09-28 22:18:59
【ネタバレ注意】

前作『監督・ばんざい!』(07年)では、映画監督としての過去を、自意識と自己破壊衝動のままに描いてみせた北野武だが、この作品は中盤までは従来の「映画監督」に戻った感があった。とはいえ、これまでの作品でも度々登場してきた彼自身が描いた絵画が、これでもかというくらい画面に映し出されるといささかげんなりしてしまう。
事業に成功した父・倉持利助(中尾彬)は、画家のパトロンとして次々画商から絵画を買い受けていたが、事業に失敗。芸者と心中してしまい、画家を目指す少年真知寿(吉岡澪皇)は叔父(大杉漣)に引き取られる…といった前半の展開はまだ物語の体をなしているが、父の絵画のセンスが悪すぎる。調度品がまっとうなのだから、絵画にだけ見る目がなかったというのはどうなのか、とも思うけどな。
で、青年時代(柳憂怜)、そして現代(北野武)と、“ゲージツ”に囚われた画家の半生を追っていく物語になっていくわけだが、先述したとおり北野武のつまらない作品が胸を張って?次々登場するので、下手な日曜画家の個展にでも出かけた気分になってしまった。
さらには北野武本人が登場してからは、青年時代までの人格との一貫性がないために完全に映画のリズムが変わってしまう。ましてや彼が登場してからはまたまた小ネタギャグのオンパレード。そうやって映画を壊すのは前回さんざんやったじゃん。繰り返してどうするの。
そもそも画商に何か言われたり、成功した昔の仲間の記事を見つけたりすると、言われたとおりの絵を描いたり、昔の仲間の真似をしてしまうこの主体性のない主人公はいったい何なのだ。どんな作品であれ、結局認められたいだけだろ?あれじゃ。

そんなわけで夫婦愛につながるはずの樋口可南子の演技もあわせて、狂った夫婦の物語にしか観えなかった。あんな画家の妻になって、しかも理解できるのは自分だけと信じているなんて哀れとしか言いようがない。ま、本人が良ければそれでいいんですけどね。
“ゲージツ”にそこはかとない憧れをもつ北野武らしい破綻した作品だと思います。はい。

投稿者:ノブ投稿日:2008-09-24 19:43:32
【ネタバレ注意】

「アキレスと亀」(監督:北野武 119分)
話の内容は売れない芸術家の半世紀。
子供時代のクラシックな映像は落ち着いた感じで撮られていた。田舎道を走るバスのシーン(親子が初めて田舎にやってくるシーン「畑の脇の田舎道を古ぼけたバスが走って古ぼけたバス停で止まるシーン」や木と木の間から田舎道を走るバスがみえるシーン)・親子が歩いてやってくる土手の道のシーンなどの構図が印象に残った。
田舎の叔父さん役の大杉連も厳しい感じで良かったが、叔母さん役の女優がそれよりも良かった(根は優しいけれど甘やかすわけではないという子供との微妙な距離感をうまくだしていた)。
新聞屋で働くシーンがいい雰囲気だった(イカツイけれど面倒見の良い店主さん役の俳優がいい味を出していた。朝暗いうちから紙分け場で新聞に折込を入れるシーンや朝焼けの川沿いの土手を新聞屋のチャリンコで走るシーン「横を見ると鉄橋に朝日がさしている」なども印象に残った)
主人公の青年時代役の柳ゆうれいはハマリ役だと思った。若い時の奥さん役の麻生久美子も良かった。
野球のバットでペンキが入った袋を打ってペインティングアートを作るシーンが印象に残った(上から撮られていて、地面に置かれた丸い白いキャンバスにバットで打ったペンキがカラフルに飛び散っていくシーンや、カラフルに汚れた作業服を着て一列に並んで記念撮影するシーンやその作業服が並んで干されて風に揺れてるシーンなどが印象に残った)
車の屋根にバケツ入りのペンキをのっけて、白い壁のキャンパスに激突してペインティングアートを作ろうとしたら、白い壁もカラフルになったが、運転手も血まみれで真っ赤になって運転席からでてくるというシーン・演出が面白かった
夜中のあまり活気の無い商店街のシャッターにペンキで絵を描いていく演出が面白かった(芸術に没頭して反社会的な事をしていくが、警察に捕まったりして現実の厳しさをつきつけられるみたいな感じがコミカルタッチで描かれていたから)
「自分を追い込め」と画商に言われて、風呂で息を止めて酸欠状態で絵を描こうとする所の演出が面白かった(酸欠状態になる為に、主人公が風呂に顔をつけ奥さんが上から主人公の頭を押さえつける。奥さんがやりすぎて、主人公は救急車で搬送され、奥さんは警察に連行されるという演出・撮り口が面白かった)
主人公が、家を出て売春して生活している娘から絵の具代を借りる所の演出が面白かった。(同じ店に客を待たせながら、娘が主人公に金を渡し、金を渡したらすぐ客と店をでていく所や、せっかく娘からもらった金も便所で男の客をとっていた(ゲイでおっさんのチンチンをしゃぶってお金をもらっていた)と難癖をつけられてヤクザに殴られて巻き上げられてしまう所の演出が面白かった。)
二回も自殺を失敗する演出が、芸術だけでなく自殺さえもうまくきまらない、本当にダメな感じをうまくだしていた(一回目は自動車の排気ガスで死のうとするが車がガス欠、二回目は炎の中で絵を描きながらカッコよく死のうとして小屋に火をつけるが、死にきれず全身火傷で全身に包帯を巻きながらも病院で助かるという演出)。
娘にも妻にも逃げられ、自殺にも失敗するが、最後にはナゼか妻が戻ってきて二人で仲良く家に帰るという唐突なハッピーエンドもボク的には良かった(現実ではこんな主人公は救いようがないけれど、これは映画なので最後くらいは明るくした方が観ている人の「いや〜な気分」を和らげる事ができて良いと思ったから)

全般的に
前半は、金持ちのボンボンが、父親の借金・自殺で不幸になっていくという物語を落ち着いた感じで撮っている。オモシロイ演出は少なく暗い話だが、俳優の良さでナントカ飽きずに観る事ができると思った。
芸術を使ったギャグ(ペィンティングアートのシーンとか横山ノックのカラフルなイラスト「アンディ・ウォーホル調」のショットを入れるとか)なんかも楽しみながら作っているのが伝わり、オモシロイものもいくつあった。
俳優陣もナカナカ良かった(特に田舎の叔母さん役の人とか新聞屋の店主役の人など脇役までナカナカいい俳優を使っていたのが良かった。)
後半は芸術に没頭するあまりどんどん反社会的になっていく(そのつど警察・救急車・消防車・娘のキツイ一言などで現実にひきもどされる)のを面白く描いていてボク的にはかなり面白かった(しかし演出がドギツクて、これで笑える人はナカナカいないのではないかと思った。悲惨すぎて笑うしかないという感じも一般受けはナカナカしないだろうと思った)。
悲惨すぎて笑うしかないような演出や反社会的なドギツい演出がボク好みで、ボク的にはかなりオモシロイ作品。http://mamaduke.at.webry.info/

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】アキレスと亀2017/09/27\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】アキレスと亀2009/02/20\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】アキレスと亀レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION