allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラブファイト(2008)

メディア映画
上映時間126分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2008/11/15
ジャンルロマンス/青春/スポーツ
世界でいちばん、
痛い恋。
ラブファイト プレミアム・エディション [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 4,025
USED価格:¥ 1,893
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:成島出
プロデュース:大沢たかお
企画:渡辺敦
エグゼクティブプ
ロデューサー:
三宅澄二
プロデューサー:渡邉直子
遠藤奈緒子
原作:まきの・えり
『聖母少女』
脚本:安倍照雄
撮影:藤澤順一
美術:中山慎
衣裳:宮本茉莉
編集:洲崎千恵子
音楽:安川午朗
主題歌:ファンキーモンキーベイビーズ
『希望の唄』
スクリプター:赤澤環
メイク:内田結子
技闘:森聖二
照明:上田なりゆき
録音:深田晃
助監督:城本俊治
出演:林遣都
北乃きい亜紀
大沢たかお大木
桜井幸子順子
波岡一喜タケ
藤村聖子恭子
鳥羽潤芹沢
建蔵
三田村周三
ツナミ
F. ジャパン
【解説】
 大阪を舞台に、幼なじみのヘタレ男子高校生とケンカ上等の最強美少女がボクシングを通して互いの心を確かめ合い、成長していくスポ根青春ラブ・ストーリー。主演は「バッテリー」「ダイブ!!」の林遣都と「幸福な食卓」「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」の北乃きい。また、本作のプロデュースも務めた大沢たかおは、若い2人とは対照的にボクシングによって苦い思いを味わった大人の切ない恋を演じる。原作はまきの・えりの『聖母少女』。監督は「フライ,ダディ,フライ」「ミッドナイト イーグル」の成島出。
 稔と亜紀は幼なじみの高校生。稔は幼い頃からいじめられっ子で、逃げ足だけは速いヘタレ男子。一方の亜紀は、成績優秀、容姿端麗でありながら、実は得意技は回し蹴りという男勝りのケンカ大好き少女。昔から亜紀に助けてもらってばかりで頭が上がらない稔は、偶然出会った大木が経営するジムに通い、亜紀に内緒でボクシングを習い始める。自分で自分を守れるようになって亜紀の呪縛から解放されたいと、真剣にボクシングに打ち込む稔だったが、ほどなく亜紀の知るところとなる。すると、亜紀もボクシングにハマってしまい、結局2人は一緒にジムに通い始めるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-30 23:45:00
北乃きい
投稿者:aaf投稿日:2009-06-21 17:41:59
私は原作を知りません。それを前提にした感想として
起承転結と言う物語の基本が出来ていないなと思います。

この物語の骨格はヘタれな男子高校生と正義感が強くて喧嘩が得意な
女子高校生が繰り広げるラブコメディでなければならない筈です。
序盤はそのようにちゃんと出来てます。
ところが後半はそのテーマがどっかに行ってしまってます。
三角関係も適当ですしボクシングに対する取り組みも適当。
ところが取って付けたような中年の悲恋はやたらに描かれている。

フランス料理を食べてたら途中から日本の会席料理に変わってしまった
みたいな、なんだか変なものになってますね。

ヒロインの回し蹴りとか不良高校生とか割と序盤は上手くできて
いたのに後半は台無しです。
浪花節やスポ根で行きたいのなら トレードオフについて
もう少し勉強すべきだと思います。
自分の大事なものを得るために全てを投げ出し
オールオアナッシングで勝負に挑むから観客は感動するのです。
ところがそんなモノはどこにもない。
もちろんコメディで笑わせるのなら必要ないですが
妙に後半は浪花節なのですよね。

こんな構成じゃ面白い映画とは言えません。

ヒロインがボクシングの面白さに夢中になるあたりまでは
こちらの期待通りに進んでいたのに
そこから急に変になってきます。
主演の二人は熱演していたのにね。
脚本や構成の方はコメディについて
ちゃんと勉強すべきだろうと思います。
投稿者:Mr.Nobody投稿日:2008-12-06 00:03:17
劇中でエディ・タウンゼントさんの写真が使われていましたね。
エディさんが日本ボクシング界に与えた功績は非常に大きいと思います。
因みにエディさんは「ウェルター」という映画に出演されてました。
誰かエディさんの自伝映画作ってくれないかなぁ。
投稿者:Longisland投稿日:2008-11-22 00:58:46
珍作「ミッドナイト イーグル」の成島出監督作品ってことで何の期待も無く観たんだが・・・。
個人的には「北乃きい」ってあまり可愛いとは感じず、「林遣都」もよくがんばってるんだがイマイチ。構成も前半は青春物なんだが中盤から変な大人の恋愛物に・・・プロデュースに徹すれば良いのに前面に出てくる大沢たかおがウザイ(役者としては評価してるんだけど)。
原作は未読なんだが誰が主人公か解らん構成は原作と同じ?

ボクシングが主題とはいえ、女の子を殴るって違和感。
ラストの長廻しはなんだかな〜ぁ。まさかとは思うが、
あれは前技つうかそういうプレイなの?

その後の二人の性生活に不安を禁じえない(苦笑
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2008-11-17 11:19:44
【ネタバレ注意】

全ての観客が望むエンディングなのがうれしい。
北乃きいがとにかく可愛い。
林もへたれ役を頑張っている。
わき役の時の大沢は相変わらず素晴らしい。

ちなみに原作は誰が主役かわからない、視点の一貫しないクサレ本です。
全ての登場人物に決着が出ていないから読むと不快になります。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラブファイト プレミアム・エディション2009/06/24\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラブファイトレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION