allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バンク・ジョブ(2008)

THE BANK JOB

メディア映画
上映時間110分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(ムービーアイ)
初公開年月2008/11/22
ジャンルサスペンス/犯罪
映倫PG-12
封印された英国史上最大の銀行強盗事件──これは実話である。

奪ったブツは、
キャッシュとダイヤと
王室スキャンダル。
バンク・ジョブ [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 8,900
USED価格:¥ 4,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:ロジャー・ドナルドソン
製作:スティーヴン・チャスマン
チャールズ・ローヴェン
製作総指揮:ジョージ・マクインドゥ
ライアン・カヴァナー
アラン・グレイザー
クリストファー・マップ
脚本:ディック・クレメント
イアン・ラ・フレネ
撮影:マイケル・コールター
プロダクションデ
ザイン:
ギャヴィン・ボケット
衣装デザイン:オディール・ディックス=ミロー
編集:ジョン・ギルバート
音楽:J・ピーター・ロビンソン
出演:ジェイソン・ステイサムテリー・レザー
サフロン・バロウズマルティーヌ
リチャード・リンターンティム・エヴェレット
スティーヴン・キャンベル・ムーアケヴィン
ダニエル・メイズデイヴ
ピーター・ボウルズマイルズ・アークハート
キーリー・ホーズウェンディ・レザー
コリン・サーモンハキム
ピーター・デ・ジャージーマイケルX
ジェームズ・フォークナーガイ
シャロン・モーンソニア
アルキ・デヴィッドバンバス
アリスター・ペトリフィリップ・リスル
マイケル・ジブソンエディ
ジョージア・テイラーイングリッド
デヴィッド・スーシェロウ・ヴォーゲル
ハティ・モラハン
ルパート・フレイザー
クレイグ・フェアブラス
ジェラード・ホラン
アンドリュー・ブルック
クリストファー・オーウェン
ミック・ジャガー
(クレジットなし)
【解説】
 1971年、ロンドン・ベイカー街のロイズ銀行で発生した大規模な貸金庫強奪事件は、当初はトップ・ニュースとして大きく報じられたものの、数日後、不思議なことに事件は一切報道されなくなり、以後マスコミも警察も沈黙を守り通した。それは、英国史上数回しか発令されたことのないD通告(国防機密報道禁止令)による完全な報道規制がなされたためと言われ、その裏には英国全土を揺るがす一大スキャンダルがあったという。本作は、今なお多くの謎を残すこの事件を綿密なリサーチのもと可能な限りリアルに再現し、思いも寄らぬ“秘密”を手にしてしまったばかりに絶体絶命となる素人強盗団の運命をスリリングに描き出すクライム・サスペンス。主演は「トランスポーター」「アドレナリン」のジェイソン・ステイサム。監督は「13デイズ」「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。
 1971年、ロンドン。中古車店を経営するテリー・レザーは借金取りに怯える冴えない日々を送っていた。そんなある日、昔なじみの美女マルティーヌから、ある強盗計画を持ちかけられる。それは、装置交換のため警報設備が解除されるロイズ銀行の貸金庫を襲うという安全確実な計画だという。躊躇いつつも、その話に乗ったテリーは、仲間を集め、準備を進めていく。しかし銀行の貸金庫には、現金や宝石ばかりではなく、決して世間には知られてはならない様々な“秘密”も保管されていたのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
539 7.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-10-09 19:13:29
【ネタバレ注意】

トンネルをほって地下金庫を襲う話はちょいちょい聞きますが、それ自体が大きな罠だとしたら・・・という設定がすごすぎます。フィクションなら「こんな馬鹿な」ですが、実話だからすごい。

それにしても日本ではこのような犯罪はなかなか聞きませんね。日本の犯罪はスケールが小さいのかな。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:賭侠投稿日:2012-07-05 08:35:49
派手なアクションはないけど、退屈することなく見れた作品。
実話をもとにしている作品としてはかなりライトな作りなので比較的見やすいけど、ジェイソン・ステイサム主演作としてはやや物足りないかもしれない。
それでも、個人的には期待を裏切らない出来に満足。
投稿者:scissors投稿日:2011-03-22 11:57:07
初っ端に「Based on true story」と出てくるんだけど、どこまで本当なんだか・・・。
そもそも本当にそんな事件あったのかよ?

映画全体としては安っぽくTVムービーレベルでご都合展開も多い。
ひたすら煽り音楽鳴らし続けて誤魔化すうるさい演出は勘弁してほしい。

メンバー中紅一点の割れアゴねえさんは美人女優カテゴリなのか?
他でも何度か見てるんだけど全くそそられない。
投稿者:BMG投稿日:2011-01-29 11:12:35
【ネタバレ注意】

最後に実話だとかミングアウトされて、本当に驚いた。
もちろん、いろいろエンターテイメントっぽく脚色はしているだろうけど、それでもこんな、シナリオが実際にあったってことは、すごいですよ。

肝心な映画の出来自体は、思っていたよりも、スケールは大きかった。
やっぱり、強盗する過程は、オーシャンズ見ているみたいで、ちょっとハラハラしましたし、警察の横領とか、それの危ない写真とか、色々余計なもんも盗み出しちゃって、主人公達が八方塞りな、状況に陥った展開は、凄く燃えました。ただ、その主人公の策略っつうのが、ちょっと運任せというか、いろいろ後ろで糸引いたわりには、たいした効果もたらしてなくて、肩透かしでした。

投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 16:45:03
唖然とさせられる銀行強盗映画
「バンクジョブ」
すげぇ実話があったもんです
http://mototencho.web.fc2.com/2008/bankj.html
投稿者:nedved投稿日:2010-01-03 22:08:19
スティーヴン・キャンベル・ムーア
投稿者:ジーナ投稿日:2009-10-10 02:52:44
1971年にロンドンで実際に起こった事件を基にしたクライムサスペンスです。
最後まで実話だと言う事を知らなかったので、よくあるアップテンポでコミカルな英国産クライム映画と違って随分ヘビーな気分にさせる作品なんだなぁ〜ぐらいに思ってました。
実話と知って納得の部分と驚きの部分が混在しています。
現在でも国家機密にされているので写真の真相は分かりませんが、作品内では王室のスキャンダルにしているあたりがイギリスらしいですね。
ラジオでの速報や新聞での扱いが打ち切られる報道の規制などイギリス政府の映画のような対応も興味深かったです。
人に知られたくない物を預けるのが貸し金庫というのもなるほどな展開でした。
無線傍受による警察の捜査方法も効果的でしたね。
あちこちから追い詰められていく強盗団たちが、それをどう打破するかの行動やそれぞれの組織との駆け引きは緊張感もありつつ巧妙さがあって面白かったです。

もう少し時代感があると良かったし、ストーリーのほうで欲を言えば強盗団が結成される部分をもっと丁寧に描いて欲しかったカナ・・・。
一人ひとりのメンバーと主人公の関係やそれぞれのチョットしたエピソードを紹介してくれると主人公とモデルとその他というチーム構成にはならなかったハズ(爆)
もう一つ気になったのはMI-5の女性スパイの存在。
彼女が何のために潜入したのかサッパリ分かりません。
ここだけ唯一脚本に無駄を感じてしまいました。

キャストに関してはジェイソン・ステイサムがお得意のキャラを渋く演じておりますし、謎めいた美女を演じたサフロン・バロウズも雰囲気があって良かったです。

強盗グループと警察、MIー5にイギリス政府、汚職警官に娼館やポルノ王や麻薬密売人と様々な思惑と利害が絡み合う展開はスリリングでストーリーも見応え十分でした。
複雑な人間関係を難解に見せる事無く、速いテンポで見せきっているのが素晴らしいですね。
若干、議員さんと何とか卿なる貴族と政府高官のキャラが似てるから一部カオスだったけど(笑)

しり上がりに盛り上がっていく展開とスケールの大きなストーリーを小気味よくまとめた手腕がお見事でございました。
さすがはロジャー・ドナルドソン監督ですね。
派手さはないけど、上質なエンターテイメント作品に確実に仕上げてくれますわ。
投稿者:bond投稿日:2009-10-04 12:33:44
事実だというから驚き、三つ巴の危機をどう切り抜けるかが、最大の見せ場。事実は小説より奇なりですなー。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-10-04 05:00:58
個人的には久々のヒット。辛口の意見もあるようだが、いいじゃんかよー
投稿者:藤本周平、投稿日:2009-07-10 13:34:24
この手の映画にしては結構しっかりしててちょっと驚いた。ただ、映画の出来は可もなく不可もなくといった感じで、暇つぶしには丁度いい映画なのかもしれない。あと、所々にある過剰な性描写はいらないんじゃ?
投稿者:新・映画の都投稿日:2009-05-05 16:07:24
今ではあまり見られなくなったケイパー映画の傑作。
登場人物が多いのに上手に整理されていて、伏線も上手に張っているので、再見しても飽きない。70年代のファッションといわれているが、60年代のファッションも巧みに入れている細部のこだわりに関心。ミック・ジャガーに似ている奴が出てきたなと思ったが本当に本人なのだろうか。裏社会の大物ルーを怪演しているデビッド・スーシェ。彼と言えば2代目ポアロのイメージが強いが、本作では全くの別人に見えるのでビックリ。
投稿者:massa09jp投稿日:2009-03-29 13:42:24
ちょっと前にTBSで町山智浩氏がかなり力を入れて紹介してくれていた映画なので、是非見たいと思っていた映画でしたが、なかなか見せてくれました。
大英帝国という国家がアナーキズム(チンピラアナーキーだけど・・・笑)と背中合わせに存在するところが面白かったです。銀行強盗ネタはクライムものの中では大好きなので、大いに期待してしまいますので、下手に社会派ネタが混じったり、大真面目に職人ネタでやられるとがっかりする作品が多いのですが、この小悪党チンピラオジサンたちが、そもそもだまされて着手したこの仕事に、運のよさがあったり、オジサンが巨悪、中悪の権力を敵にまわして駆け引きしたりで、結構飽きさせないお話の内容でしたね。まあピカレスクロマンというほどの悪じゃないんだけど、その辺がどこか醤油臭い庶民性を感じさせる小悪党たちが主人公の嘘のような本当の話であり、本当のような嘘の話でもある愛すべき作品に感じましたね。
投稿者:なちら投稿日:2009-03-05 22:56:39
【ネタバレ注意】

実話を当時の関係者の証言を基に再現、って言われちゃー納得するしかないが、
銀行の金庫の下にあんな空間があるものなのかね?
救急車の罠も偶然に回避しちゃうし、彼らは強運だよね!

上流クラスの人間が動揺する様子は笑えたし、無線愛好家に傍受される所なんかは、成る程と思う。
やや無謀な強奪作戦で、面白い実話だと思うけど、案外印象に強く残る点はなかったなぁ。
S・バロウズとの色っぽいエピソードは、もっと彼女を悪女に脚色しても良かったんじゃなかろうか?
嫁の方が断然怖かったよ。

投稿者:三葉十四郎投稿日:2009-01-11 09:48:41
【ネタバレ注意】

流石ロジャー・ドナルドソン監督、ドロボー映画らしく手際の良い、渋いユーモアの入った作品に仕立ててくれた。 
トンネルを掘って貸し金庫を狙うお話はフランスの「掘った奪った逃げた」と言うやはり実話をベースにした映画が以前にあったので、元ネタは一緒かと思ってたよ。 

主犯のジェイソン・ステイサムの名がテリー・レザー、彼に金庫破りを斡旋するワケ有りのモデルの名前がマルティーヌ・ラブ、てこりゃキマってる役名だねえ。 ステイサムが相変わらず渋面でキビキビ動いて牽引力抜群。 これならシロウト含みの寄せ集めメンバーでやっても巧くいくだろうよ。 
それにしても古くは「黄金の七人」などがそうだったけど、トンネルを掘っての金庫破りってのは何でこんなに過程含めて楽しいのかね。 確かにこの映画じゃ悪人ばっかりで貸し金庫の中身は後ろ暗いものばかり、って感じにはしてた。 でも実際テリー一味の被害者には真っ当な人も居たかもしれない訳だけど、それでも罪悪感を感じるより積んだ現金に感じる達成感の方が強いんだ。 悪党やってる側のが庶民感覚があるんだね。 

この間も様々な人物の暗躍が描かれるが、ここでテリー達に伸びるピンチをヤードの警部ロイ・ギブン(ジェラルド・ホラン)の捜査状況だけに絞ったのがスマートで前半部が一直線、盗みを成功させてからの後半がMI-5や悪徳警官らの相関関係が広範囲に活発化する複合的な構成で展開の面白さを増進させてる。
 
出演者はなかなか味のある顔した面々が多く、イギリス情報局もダブルオーのMI-6と比べてMI-5となると随分しょっぱい面子になるもんだが、作戦担当ティムのリチャード・リンターンなどはそういう所を逆手に取って面白みを付けた役柄にしている。 それからロンドンマフィアの顔役ルーのデビッド・スーシェはマイケル・ケインが使えない時の代走にピッタリ。 この人もホントに芸達者だよ。 

さて、楽しく見てきたところで冷や水掛ける様で無粋だが、ここからはちょっと不満な点を並べる。
 
先ずテリーの人物像、彼がマルティーヌの話に乗るのは彼女に下心が有るからだが、そうなると愛妻家と言う一面が矛盾してくる。 こざっぱりした性格にしているのだから二律背反みたいな事はして欲しくない。 マルティーヌとティムとの関係を薄々気がついているのに金庫室で彼女と浮気するのは、後半の展開において裏切らないで欲しいからなのかもしれないが、そこは人柄で何とかして欲しかった。 

次はクライマックスの展開についてだけど、ここではMI-5との司法取引を成立させてヤードにはもう捕まえられない状況になってからマフィアに捕まっている仲間を助けるべく対決となるが、話の上では成り行きまかせ。 そもそも駅に各団体を集める段取りの順番が違う。 マフィアは人質との交換に裏帳簿を返せと言ってきてるから、最初は"MI-5と取引の確認をしたがマフィアの件は断られる。"次いで"帳簿にロイ警部の名前が無いのを確認"、それからルーへ駅に来て鉢合わせさせる時間を申し入れすべきで、実際順はロイ警部の名前を新聞から探すのが最後なので行き当たりばったりにすぎる。 ステイサムが肉体派でもここは血の巡りを良くしてもらわないと。 
警部も折角テリーを捕まえてみても検挙出来ない辺りに残念無念さが今一つ。 ヤードの勢力の扱いはもっと大きくしても良かったか。 

王室スキャンダル漏出防止にやっきになるMI-5では、潜入捜査官ゲイルの点出がある。 彼女のニンフォマニアみたいな性格がまた面白い。 しかし渋目揃えのせいか女優サンに華が無い。 ここは多少浮いてもキレイどころを用意してくれなきゃ、そういう女の人が体を張った捜査をしたり無残な最後を迎える事で、見ているこちらも"あんな美人がねえ"と気持ちを揺さぶられるわけだから。

投稿者:Longisland投稿日:2008-11-24 21:09:57
英国映画画らしいクライムアクション(監督はオーストラリア人だが)。
ジェイソン・ステイサムが愛すべき小悪党を見事に演じているつうかさ、元バッタ屋さんらしく地か? 対するシャーロット・ランプリングに続くスレンダークールビューティー系サフロン・バロウズがこれまたイカす。

70年代倫敦の雰囲気も実にいい。
モッズやフォークロア風のファッションとピンストライプスーツの対比を見てるだけでぞくぞくしちゃいます。そうそう詐欺師少佐のダッフルコート着こなしが見事。そんでもって英国らしく王室SEXスキャンダルってのもいいね。思うに優等生極東島国皇室では考えられん、つうか機密保持に関してはモサド以上と称される宮内庁が優秀なのか?
MI-5&6、ブラックパワー、小悪人、ギャング、入り乱れての展開を終盤見事に収束させる手腕は流石。そうそうミック・ジャガーが可愛い役で出てます。

公開2日目日曜日最終回のライズは9割の入り、意外と男性多目。

でもさ、本当に Based on true story なの?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】バンク・ジョブ2009/03/25\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】バンク・ジョブ2009/03/25\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】バンク・ジョブレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION