allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

デス・レース(2008)

DEATH RACE

メディア映画
上映時間105分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2008/11/29
ジャンルアクション/SF
映倫PG-12
デス・レース ベストバリューBlu-rayセット (期間限定スペシャルプライス)
参考価格:¥ 4,455
価格:¥ 3,518
USED価格:¥ 7,258
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム主演で放つ超絶バイオレンス・アクション。ロジャー・コーマン製作のカルト・ムービー「デス・レース2000年」を、「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が新たな設定でリメイク。近未来の刑務所を舞台に、囚人同士が繰り広げる命を賭けた見せ物カー・レースをスピード感溢れる迫力の映像で描く。
 2012年、経済が破綻し、失業率も犯罪も増加の一途をたどるアメリカ。刑務所の運営は民間へ委託され、孤島の刑務所ターミナル・アイランドにはとりわけ凶悪犯罪者が収容されていた。この刑務所では“デス・レース”を開催し、インターネット中継によって世界中の人々を熱狂させ大きな収益を上げていた。そのレースは囚人がドライバーを務め、マシンガン搭載の改造車を駆って刑務所内のコースを3日間の行程で競い、5勝を挙げた者には自由が与えられる一方、敗者には無惨な死が訪れるという、まさしく生死を賭けたサバイバル・レースだった。そんなある日、妻殺しの濡れ衣を着せられた元レーサーのエイムズは、冷酷な女刑務所長ヘネシーからレース出場を強要されてしまう。
<allcinema>
【関連作品】
デス・レース2000年(1975)オリジナル
デス・レース(2008)第1作
デス・レース2(2010)第2作
デス・レース3 インフェルノ(2012)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
326 8.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:賭侠投稿日:2013-07-03 16:58:05
「デスレース2000」のリメイクだけど、中身は全くの別物。
オリジナル版にあった荒唐無稽さやナンセンスさがリメイク版にはなく面白みに欠ける。


カーアクション映画としては平均点だけど、リメイク作品としては赤点。

再度見直しても印象は変わらなかった。
投稿者:TH投稿日:2013-04-08 19:21:15
マッドマックス2を彷彿とさせます。
ドレッドノートがつぶれるシーンは繰り返して見ました。
理屈抜きでストレス解消にお勧めです。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-12-15 09:27:29
【ネタバレ注意】

正直言ってストーリーはかなり適当だし、世界観もめちゃくちゃ。
2012年という近すぎる未来を舞台にしてしまったのもその原因の1つだろう。

寡黙なジェイソン・ステイサムのカッコ良さに助けられてる。

タイリース・ギブソンは『ワイルド・スピード』シリーズでも似たようなキャラで新鮮味は無い。
イアン・マクシェーンはおいしい役柄。『ショーシャンクの空に』のモーガン・フリーマンみたいな存在になるともっと良かった。全く映画のジャンルが違うけど(笑)

ヒロインのナタリー・マルティネスはラテン美女でいいんだけど、ジェイソンと恋愛にいたる過程が弱いんで最後に「なんで!?」てなる。
彼の代わりにおとりになる時、「フランクには借りがある」て言うけど全くフランクとは関係無いところで借りを返されても…ヽ(;´Д`)ノ

アカデミーに3度ノミネートされているジョーン・アレンが悪役で登場している。
そのふてぶてしさはさすが演技派と思わせるものだが、どうしても悪のボスには見えないんでミスキャストだったかな。

良かったのは『デス・レース2000』でフランケンシュタインを演じていたデヴィッド・キャラダインが今作のフランクの声を担当していた点。
マニア心をくすぐる演出だなぁ。

全体的に荒唐無稽すぎる話だけど、レースの迫力はあるし実車を使ってのスタントはカッコ良いんでそれなりには楽しめた。

投稿者:さとせ投稿日:2011-11-03 05:51:44
民間に委託された刑務所ターミナル・アイランドでは刑務所内の殺人レースをネット中継して収益を上げている。
元レーサーのエイムズは妻殺しの容疑で再出場させられ・・・。

R・コーマンで有名な前作のリメイクと言うより監督曰く前日談らしい。
死のレースと武装車の造形も素晴らしくDVDで鑑賞したが5.1chも最大の効果を発揮していた。
今は亡きD・キャラダインが良い味を出しているのも嬉しい。

原作「デス・レース」(イブ・メルキオー・角川文庫・評価2)は超短編でこれだけで映画化するのは難しかった為、かなりの脚色が施されている。
投稿者:scissors投稿日:2011-03-05 18:20:23
ローティーン向けにターゲット絞って作ったんですかねコレ。
大人が見て楽しめるレベルじゃ無いな。

J・ステイサムの父親役があんなに似合わないとは驚いた。
投稿者:namurisu投稿日:2010-02-12 12:49:47
N・マルティネス、どんどん映画に出なさい。4000万だか5000万だか…そんな観るか!
投稿者:ジーナ投稿日:2010-02-04 02:49:06
元ネタが作られた頃には、あまり遠くない未来としてこんな世界になっていても面白いと思えたでしょうが、、さすがに2012年でこの設定はキツすぎますね。
そこはもっと先の話にしたほうが良かったんじゃないでしょうか?

ペイシステムの番組で三日連続「デス・レース」を放送すると言うのは面白い発想だし、民営化された刑務所や人権無視の囚人達などストーリーの骨組みはGOOD
しかし、それらの恐ろしさがイマイチ伝わりきれていないのが残念。
秘密裏に計画された所長の企てをもう少しスリリングに見せる事ができたら印象も変わったでしょう。
そうすれば主人公の思惑や所長・ライバルとの駆け引きに見応えを感じられたかもしれません。

死に直面したレースは、スピーディかつ迫力があってソコソコの緊張感がありました。
ただ・・・あまりにもゲームっぽいので臨場感は得られませんでしたね。
レースの内容もやたら「近道よ!」があって盛り下がる・・・。
そんなのあれば皆そこを通ればイイんでないの?と思っちゃいますよ(笑)
それに助手席のナビゲーター・・・必要ないですよね(爆)
様々な武器を搭載した車の数々にもっとスポットを当ててくれると、それぞれのチームの特徴なんかも見れて良かったかもしれませんね。
車の重厚感やどことなくレトロな雰囲気が良かっただけにサクサク破壊されていくだけの車たちに勿体なさを感じました。
出場者たちの紹介も名前と顔ぐらいなので死んだトコロで何の感情も抱けませんでしたね。
全員は無理でも多少ストーリーに絡んできそうな登場のさせ方をしているキャラだけは掘り下げて描くべきだったのではないでしょうか?
撮影方法も近距離ばかりなのでスピード感は得られるものの全体を把握しづらい映像に・・・。
そこはメリハリをつける意味でも様々な角度からレース全体を見せる工夫が欲しかったです。

体力自慢のタフな男ジェイソン・ステイサム・・・口数の少ない男がはやり似合います。
肉体美も堪能できますし、渋〜い声もたっぷり味わえるのでファンは要チェックかも?!
まぁ・・・運転つながりなら「トランスポーター」のほうが格段にカッコイイですが(笑)
冷静で鋭い眼光を持つジョアン・アレンは、感情に左右されないキャラにハマっていたと思います。
役どころは無意味でしたが、演じたナタリー・マルティネスはナイスなムチムチバディを披露してくれています。

ストーリーの割りに演出力があったので飽きる事はなかったですが、女性向けではないでしょう。
破壊される車、飛ぶロケット弾、火が出る、銃弾が乱れ飛ぶ・・・というようにとにかく激しいアクションなので、こういうテイストがお好みの男性には喜ばれそうな作品でしょうね。
不必要な美女、不必要なグロ描写などB級映画のポイントはガッツリ押さえていました(笑)
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-01-31 13:58:33
「デスレース2000」を観た後、急にこっちにも興味が出て来て観賞したが、カメラワークが酷すぎで、カーアクションよりもヒロインのショットの方が見所という非常に杜撰な出来だったし、敵が大統領でなくて女所長になったりと、予算が遥かにアップしたのに却って世界観が小さくなったのも情けなかった(ユーザーを一人も写して無いし)。中規模予算じゃなくて1億ドル掛けて作って欲しかったな。コーチ役の俳優は何処かスタローンに似てるが、オファーが行ってたかもね。
投稿者:のど飴投稿日:2009-12-31 21:43:47
【ネタバレ注意】

オリジナル版よりは遥かにカッコイイし、これ以上ないハッピーエンドで幕を閉じるけど、こういう不道徳極まりない話はカッコよくするべきではないと思う。
少なくともオリジナル版を観て車で人を轢き殺すのがカッコイイと思う人はいないと思うけど、こっちはどうかな。
いくら復讐でも殺しを全肯定して観客に納得させるような終わり方はダメな気がする。

同じハッピーエンドにするなら車でジャンプして管制室に突っ込み所長を惨殺、その後刑務所を脱出して一般車両や一般人をバンバン蹴散らしながらも逃走成功、里親も轢き殺して娘を奪還!ぐらいはやらないと。

何でもカッコよさ至上主義で、オリジナルみたいな堂々と恥かくような映画はなかなか無いよなぁ。あのユルさは今の時代、結構必要じゃないかな。

レースのシーンはほとんど実写でこだわりを感じるけど、近寄りすぎてて目まぐるしい気がする。もうちょっと引いたところからじっくり見たかった。

投稿者:bond投稿日:2009-11-02 09:49:57
スリル、アクションは断然こっちがおもしろい(画面ブレて観にくいが)が、全体に漂う空虚な雰囲気はオリジナルの方が趣あったな〜。
投稿者:あくび★投稿日:2009-11-01 01:00:22
ステージ1観てる時は
「あら?マリカーの超残酷版?(´・ω・`;)」と思ってしまったが
ステージ2から面白くなった。まぁちょっとえげつなさ過ぎる気もするけど・・。
あんなコロコロ死ぬ→それをTVで見て楽しむ、ってのは理解できないけど(死の中継だもんね。その点「ブラックサイト」と似てるね(´・ω・`;))
カーレース作品って大体どれも大差なくて面白くないのが多いから
そう言う意味では差があって(ありすぎかも?)面白いんじゃないかと。



投稿者:なちら投稿日:2009-07-29 20:50:06
【ネタバレ注意】

このカーアクションを絶対に真似しないでって、テロップがわざわざ出たのが笑える。どんな社会なん?

J・アレンが気取って「汚い言葉は嫌いよ」なんて言ったくせに、寝首を掻かれると豹変するの面白い。
彼女に対して復讐を果たすのんは、本人じゃなくていいんか?
それに、女の子を囮にするステイサムも、何か嫌だな〜。

でも、ステージ3の意外な展開は面白かったよ!
まさか、タイリースと結託するとはね。そのうえ一緒に働くなんて、超仲良しじゃん。
やっぱ、平和が良いよね〜。

投稿者:BMG投稿日:2009-06-02 20:28:41
自分は、この映画好きです。

レースシーンだけにおいて言えば、マリオカートをかっこよくした感じww
それだけ言えば聞こえは悪いが、これがなかなか楽しめるww
マシンガンの乱れうち、コースに隠されたギミック、子供心くすぐられる武装の数々等、みていてうならせる仕掛けがわんさか出てきた。

一方、それ以外のシーンについて言うなら、これもなかなか悪くない、それなりに納得できない展開もあるが、それはレースで忘れることができるし、最後になるとどうでもよくなる。あってないようなものとはいえないが、格別に濃いストーリーと言うわけでもないくせに、それなりのボリュームがあるので楽しめると思う。

ただどっちにしても、「大人よりも子供が喜びそう」、その一言に尽きルト思います。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-05-28 15:15:24
 
劇場で見逃したのでDVDにて鑑賞。予想をはるかに上回る面白さ!劇場で観とくんだったなー。

オリジナルは地上波でしか観ていないが、さすがにもっとシリアスなリメイクになっているんだろうと思ったら、さすがP.アンダーソン。
「デカい機関銃やらミサイルやらをくっつけたトゲトゲ改造マシンにぶりぶりグラマー姉ちゃん乗っけて撃ちまくり殺しまくりのバリバリ暴走レース!」という、まさしく「中学生の妄想」を数十億かけて映像化!すばらしい!
登場するマシンはどれも中学生がテスト用紙の裏に落書きしたようなゴテゴテハデハデなすんげーデザイン(懐かしいフジミのプラモ「マッドポリス」シリーズを思い出した)で、敵に追いかけられると大マジメな顔でマキビシだのオイルだのスモークだの噴出するのがまた中学生っぽくて実にいい。
戦車砲まで積んだ巨大武装トレーラー、その名も「ドレッドノート(超ド級)」!が登場するシーンとか「うおおっ(笑)!!」って声出しちゃったよ。

ペイ・パービューの番組のために殺人レースをやるというのは目新しいが、ぶっちゃけストーリーなんぞ無きに等しいので、真面目な大人にはお勧めしない。しかしレースシーン・クラッシュシーンの迫力は確かに大したもんで、僕のような頭の悪い人間は大いに楽しめると思う。
いやー面白かった。
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-05-10 23:22:12
最初に言っておくとオリジナルは未見。しかも監督があまりパッとしない作品(バイオハザード、AVPなど)ばかり作ってるポール・W・S・アンダーソンなのではっきりいって全然期待しないで観たんだけど、これアンダーソン監督作品の最高傑作ではないかと思えるくらい面白かった。しっかりとした見せ場はあるし、ラストはちゃんとスッキリさせてくれるし、一つも飽きずに観ることができました。ただ、ラストのジェイソン・ステイサムの語りはいらない。なんだよ「あきらめない」って・・・
投稿者:愛媛の伊藤投稿日:2008-12-13 23:56:50
リアルさ追求にこだわってCGつかわない演出をしたポールWSアンダーソンは
賞賛に値するがストーリーはリメイク作と言うことで前作と一所なのかいただけない。
ラストのオチが特に不評したくなるかも
投稿者:NYY投稿日:2008-12-13 23:24:29
【ネタバレ注意】

 
オリジナルは知らんけど、迫力があってまあまあ楽しかった。
映画の日に見るためにあるような、頭をカラっぽにして見るタイプ
のB級作品でナイス。
12/1に見に行ったんだけど、パソコンが壊れてしまって・・・
新パソコンがなかなか届かなかったり、設定するのに苦戦してて
今頃書き込んでます。
 
          <(^〇^)  テヘ
 
ムチムチのネーチャンを、無意味に助手席に座らせるって設定は
ツボを心得てて良いと思うんだけど、ちょっとお色気が足りない
な〜。
主役のハゲばっか映してないで、ネーチャンの胸の谷間とかをもっ
と映しなさい。
 
刑務所の所長のジョアン・アレンが、全然悪人に見えないのが難。
本当は良い人なんだけど、何か理由があってやってるのかと深読み
してたら、無かったみたい。
あと、音がウルサイのが難。
 
「2012年、アメリカ経済は崩壊した」って、もう既に崩壊して
ますから。
 

投稿者:ビリジョ投稿日:2008-12-09 13:01:12
【ネタバレ注意】

 主役のほかに、脇役たちの個性がきちんと設定されていたのが勝因。ノリやすい娯楽映画で、高水準だったと思う。
 ジョアン・アレンは、すらっとして頭もぐらつかず、格好いい女優だなあと思った。女優は、年輪を重ねるとなかなか出番がなくなっていく人も多いが、こんな感じで生き残っていって欲しいですね。
 ただ、刑務所内からほとんど外に出ないので、せまっ苦しい感じは否めない。テレビゲームっぽいところも好き嫌いが分かれると思う。

投稿者:replicant投稿日:2008-12-05 02:00:41
言わずと知れた『デス・レース2000』のリメイクなんですけどね。まぁ、お利口さんになっちゃって!オリジナルは大陸横断だったと記憶しているんですが、今回は収容所が舞台です。それだけでも、どんだけ甘ちゃんなんだよ!とツッコミを入れたくなるんですが、さらに!逃げ惑う囚人を轢き殺すレースかと思っていたら・・・あらら!なんじゃ、こりゃ!しょっぱいサイドストーリーまで作っちゃって、みっともない!良かったのは設定が2012年とかで、あまりに近いとこだけだな(笑)。
投稿者:Longisland投稿日:2008-12-03 00:31:48
30余年前の今思えば腑抜けた元作「デスレース2000」をトムクルーズがリメイクするっう情報を耳にしてから早4年・・・色んな紆余屈折を経て完成。
あの低予算&緩い作品がどうなってるのよ?との期待を胸に公開初週月曜日シネフロント(大嫌いな劇場)へ。

う〜ん、期待したほうが悪いんだろうが元作のチープさは皆無。フランケンの馬鹿馬鹿しく失笑を禁じえないコスチューム、笑えるライバル達(スタローンもいたんだな〜ぁ)、取って付けたような反政府組織、とにかく一般人ひき殺しちゃうぞ〜etcは封印。TVゲーム風の設定と大仰なレースシーンは迫力あるものの・・・元作とは全然違う。

元作にタイトルだけ借りたまったく別なハリウッド映画。
投稿者:satokunn投稿日:2008-11-30 18:33:25
【ネタバレ注意】

はい!何も考えずに映画館の大画面でどうぞ。
設定が良いですね。いくら囚人とはいえ理不尽に殺されるのは
どうかと思いますが、あの装甲トラックは反則でしょ。
主人公達も良い味を出していますが、刑務所長の冷酷な表情は
なかなか良かったですよ。
しかし他の人も書いていますが、ジェイソンはこういう役しか
回ってこないのかなー?ぴったりですけどね。

投稿者:ASH投稿日:2008-11-29 23:51:06
【ネタバレ注意】

 驚いたことに、コーマン御大の名前が製作総指揮にシッカリとクレジットされてるのね。この映画の収益が、あのオッサンにも入ってくるという仕組みなのか。それからポーラ・ワグナーの名前があるところをみると、トム・クルーズ主演で動いていた企画だというのはどうも本当のようね。

 オリジナル版のリメイクというよりは、正しくはVersion ofなんだろうけど、そうしたことは正解。殺した人間の数を競うという不道徳なオリジナル版(嫌いじゃないよ)と違い、レースを主体としたカー・アクション映画に徹した作りはかえって潔いくらい。何かと評判の芳しくないWSアンダーソン監督だけど、その手腕はなかなかのものですよ。「剣」や「楯」といったアイテムを走行中にゲットするなんて設定はゲーム世代への訴求もバッチリ。というか、アンダーソンってソッチ系の人なのは過去作を見れば一目瞭然。

 それにしても、あの工場跡地のような敷地をレース・トラックに見立てるというアイデアがすごい。普通のトラックと違って必然的に障害物が増えるわけだから、いつぶつかりゃしないかとハラハラする(ぶつかるけど)。優れたドライバーのテクニックのお陰で、近年稀に見る迫力あるカー・スタントが堪能できるというわけ。戦艦と呼ばれる巨大トレーラーが登場したときにゃ、「マッドマックス2」世代は素直に嬉しくなったよ。心の中の中学生スピリットが燃える(またかよ)。

 オリジナル版と同様に、むくつけき野郎どもばかりのお話じゃ華がないもんだからって、セクシーな女の子がちゃんと出てくるところが引き継がれているのは好印象。劇中では視聴率稼ぎだと説明されるが、それなりの言い訳を用意してあるところなんざリメイクらしい。女の子が登場するシーンではスロー撮影を駆使して撮られ、BGMはヒップホップ系ときたもんだ。エイムズのナビを担当するケースという女の子が出るたんびにコレなんだもん。なんだかまるで趣味の悪いMTVみたいなのよ。

 「デス・レース」は人気がある番組だという割には、それに熱狂する視聴者の姿を一切映さないというのも考えてみれば不思議だ。もしかすると、刑務所の外(シャバ)を描くよりも、徹頭徹尾、刑務所内とレースを見せることだけにごだわった結果なのかも(と、推測)。そうしたことで、最後のカタルシスが活きるという仕組みなんだろうね。

 ジェイソン・ステイサムは、こういうタフでクールな男を演じると本当にハマるね。もう、そういう役しか回ってこないんじゃないかと余計な心配をしちゃうくらい。もっとも、みんなが見たいステイサムの姿がこれなんだろうけどさ。ジョアン・アレン扮する所長さん、汚い言葉が嫌いなんて言ってたくせに、最後はそんな言葉を使いまくるのが可笑しい。憎たらしい役を凛と演じているもんだから、憎々さに拍車が。さすがですよ。最後の制裁は予想通りだけど、これでいーのだ!!

 ステイサムのもうひとつの主演作「バンク・ジョブ」は残念ながら鑑賞できる環境ではないため、DVDリリースまで待つとするかな。

投稿者:Stingr@y投稿日:2008-10-28 11:26:08
 このド迫力を楽しめるのは、実写の迫力によるところが大きい。『レッドクリフ Part I (2008)』もこのド迫力の前では顔色なし。実写とVFXがうまく融合していて、その境がわからない。ともかく、大スクリーンでこのド迫力を体感することだ。テレビぢゃ、無理!

 オリジナルである『デス・レース2000年 (1975)』とは設定もストーリーも違い、「リメイクではない」という説明だった。ロジャー・コーマン作品であるオリジナルへのオマージュと考えてよい。(オリジナルにシルヴェスター・スタローンが出演していたのにはビックリ!ギャラは1000ドルだったとか)
【ニュース】
第35回サターン賞、受賞結果2009/06/25
サターン賞、ノミネーション発表2009/03/11
DVDリリース情報:「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」「デス・レース」etc.2009/02/18
スティーヴン・キング選定2008年ベスト・ムービー2008/12/15
全米興行成績、コーエン兄弟最新作が初登場首位2008/09/15
全米興行成績、N・ケイジ主演殺し屋アクションが初登場1位2008/09/09
全米興行成績、ヴィン・ディーゼル主演SFを抑え「トロピック・サンダー」がV32008/09/01
全米興行成績、「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」がV22008/08/25
全米興行成績、戦争映画パロディ「トロピック・サンダー」が初登場首位2008/08/18
リメイク版「デスレース」、デヴィッド・キャラダインのカメオ出演が明らかに2008/06/20
ポール・W・S・アンダーソン版「デスレース」、予告編2008/06/16
ポール・W・S・アンダーソン版「デスレース」、スチール2007/12/28
「デスレース2000」リメイク、G・クローズ&L・フィッシュバーンも参加か2007/05/16
「デスレース2000」リメイク、主演はジェイソン・ステイサムに2007/04/23
アンダーソン監督の「デスレース3000」が本格始動?2007/03/28
アンダーソン監督、次回作で「デスレース3000」に着手?2006/06/27
「デス・レース2000」失速、「バニシング IN TURBO」加速?2005/12/06
アンダーソン監督が「デス・レース2000年」をリメイク2005/03/23
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION