allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

秋深き(2008)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(ビターズ・エンド)
初公開年月2008/11/08
ジャンルドラマ/文芸
女は男の一途さに惚れ、男は女の乳房に恋した──。
可笑しくて、泣けて、心温まる“日本一純情”な恋物語。
秋深き [DVD]
参考価格:¥ 3,990
価格:¥ 3,950
USED価格:¥ 1,038
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:池田敏春
製作:若杉正明
プロデューサー:寺田環
葉山正人
原作:織田作之助
『秋深き』『競馬』
脚本:西岡琢也
撮影:水谷奨
美術:山崎博
編集:田辺賢治
音楽:本多俊之
音楽プロデューサ
ー:
岡田こずえ
主題歌:奥村初音
『モノクロの空』
照明:南所登
整音:杉山篤
録音:田中喜昭
助監督:坪内孝典
出演:八嶋智人寺田悟
佐藤江梨子川尻一代
赤井英和小谷治
渋谷天外寺田倫太郎
山田スミ子寺田雅江
和泉妃夏小谷糸子
鍋島浩長渕裕次
別府あゆみ見合い相手の女
要冷蔵五十嵐
芝本正校長
轟太郎同僚教師
橋野香菜女教師
海原はるか競馬場の中年の男
海原かなたやくざ風の中年男
佐藤浩市インケツノ松
【解説】
 『夫婦善哉』の文豪・織田作之助の短編『秋深き』『競馬』を基に、一組の夫婦の切なくも心温まる恋物語を綴る人情ドラマ。主演は「HERO」の八嶋智人と「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の佐藤江梨子、共演に「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市。監督は「湯殿山麓呪い村」「MISTY」の池田敏春。
 マジメで気弱な中学教師の寺田は、仏具屋を営む両親の心配をよそに、大阪・北新地のクラブへ通い詰めていた。酒も飲めない寺田のお目当ては、ホステスの川尻一代。ある時、一大決心をしてプロポーズしてみると、意外にも一代はあっさりと受け入れてくれた。ほどなく寺田は実家を飛び出し、一代との甘い新婚生活へと突入する。しかし、女性経験ゼロの寺田に対し、当然のように少なからぬ恋をしてきたであろう一代。そんな彼女の男性遍歴に嫉妬を募らせてしまう寺田だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
216 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:jb投稿日:2013-02-06 22:42:31
そこまでハマらず。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-10-26 07:52:42
佐藤江梨子も八嶋智人も好演してる。ただもうちょっと八嶋に身長だけが
足りなかった感じ。www.seisakuiinkai.com
投稿者:nabeさん投稿日:2012-08-13 17:09:39
織田作之助原作の平成版夫婦善哉である。
「夫婦善哉」は、名優森繁久彌と淡島千景のコンビによって不朽の名作となったが、この両名と比べるべくもないものの、八嶋智人と佐藤江梨子もがんばっている。特に佐藤江梨子はホステスあがりの献身的な妻を可愛く演じていて、とてもキュートだ。八嶋も彼女に一途な夫役がよくはまっている。
乳がんだと診断された妻が、夫のために乳房延命を図る。最後は結構泣けるシーンだが、それ以降の後日譚は余計だったと思う。妻が亡くなった後の夫の振る舞いはさほどに難しい。
投稿者:黒美君彦投稿日:2011-05-29 22:02:05
【ネタバレ注意】

織田作之助の短編『秋深き』(1942年)と『競馬』(1946年)を大幅に脚色して、現代の大阪に舞台を置きかえた作品。ホテルで知り合った奇妙な夫婦の話が『秋深き』、乳がんで妻を喪い、競馬場で妻を知る男と知り合うエピソードが『競馬』から、ということのようだ(『競馬』は京都が舞台だが)。
ごちゃごちゃした大阪の、都会のような下町のような奇妙な風情は良く出ている。
どうしようもない男、というのが織田作之助作品の持ち味である。その意味では、この作品もまたどうしようもない男が主人公。しがない高校教師寺田悟(八嶋智人)とホステス上がりの川居一代(佐藤江梨子)。
乳房に拘泥する男も男だし、女も女。ただ、水商売に倦んで結婚した女が実は家庭的だった、なんてことはありそうな話ではある。サトエリがその辺は好演。八嶋智人は素の彼が随所に出ていて、その意味では役柄と必ずしも合っているわけではない。彼のサービス精神がついつい出てしまい、女と無縁な野暮ったい男、という感じでないのが残念。
とはいえ、素の大阪を随所で観ることができるのは楽しい。それだけでついつい甘い評価をしてしまいそう。
監督と脚本の西岡琢也で選曲したという「アルハンブラの思い出」(フランシスコ・タレガ作曲)がいい味を出している。

ちなみにこの作品、池田敏春監督(1951〜2010)の遺作になってしまった。2010年の年末、三重県の海で池田監督とみられる遺体が見つかったからだ。自殺か事故死かもわかっていないが、身元も1ヶ月後に判明するという寂しい最期だった。ご冥福をお祈りする。

投稿者:半熟卵投稿日:2009-12-31 18:27:53
佐藤江梨子
投稿者:はこまる投稿日:2009-01-20 02:34:59
デジタルカメラ撮影作品。商店街が二回も出て来るし、セットも殆どなし。かなり低予算と思われる作品ですが、一見してこれはなかなかの佳作だと思いました。ここで描かれる夫婦の愛の形が、難病というベタな記号を使いながらも、今流行りの薄っぺらい「純愛」になっていないのにも好感が持てました。

原作は「夫婦善哉」で知られる大阪出身の作家である織田作之助。平成の世にこれは珍しい。監督と脚本を担当したのは、現在カルト作として名高い『人魚伝説』の池田敏春と西岡琢也。今から60年以上前、太平洋戦争中に書かれた原作を、このベテラン監督と脚本家がどのように現代に移し替えたのか興味が湧き、「秋深き」と「競馬」をちょっと図書館から借りてきて読んでみました。二作ともそれほど長くない短編です。

本作のタイトルは「秋深き」となっていますが、映画自体の骨格となる堅物の教師と水商売の女の夫婦愛、そして競馬場で出会う男との奇妙な縁のお話は殆ど「競馬」からとられています。「秋深き」から使われているエピソードは、偶然ホテルで隣室同士となった一人の男と腐れ縁夫婦とのやりとりや、病気(ここでは肺病)にガソリンが効くというお話だけで、病気の妻のお話は、前者の中で、かつてこういうことがあったと軽く触れられているだけでした。

ところで、この映画を観る上での評価の分かれ目というのは、明らかに、現代医療を否定するかのような愚鈍な夫婦の愛情の形と、それに付随する形で一気に逸脱してゆく夫の行動、ということになるのでしょうが、ここら辺りはどうでしょう。
確かに、真面目な人が見ると「ありえへん」となるのかもしれませんが、私としては、八嶋智人と佐藤江梨子のキャスティング、そしてこの二人の意外なまでの好演が、それをなんとか乗り越えていると思いました。

主演の八嶋智人はやや三枚目的位置付けの脇役として、若い方に人気の高い役者さんだと思われますが、NHKの英語でしゃべらナイトは別にして、普段、フジテレビ系の映画に出ている時なんか、私にとっては「死ね・・・」という印象しかありませんでした。
しかし、ここでの好演ぶりはどうでしょう。別に競馬場で叫ぶ姿を自分と重ね合わせたわけではありませんが、堂々と主役を張っています。確かに、こんな役ならこの人にしか出来ないだろうというレベルです。愛妻に対するストーカーぶりも板についていました。また、このキャラクターが映画として説得力を持ち得たのも、やはり監督と脚本家がピンク映画出身だったからでしょう。社会の隅っこで、名もない男女が陽の当たらない場所でズルズルと堕ちてゆく、やはり何だか妙な魅力に溢れています。
ヒロイン役の佐藤江梨子もいい。この映画が成立するかしないかはすべて彼女の 乳房にかかっていたと思いますが、男の私は黙ってそれを受け入れます。いくら仕事とはいえ、彼女の柔らかそうなおっぱいを揉みまくる八嶋が羨ましい。
佐藤浩市は普段JRAのCMに出ていますが、ここでは何故か園田(公営競馬)に出没。小池徹平クンや蒼井優ちゃんが横で見ていたら、「課長、もう止めてください!」と叫びそうなメチャクチャな馬券の買い方。出目買いをする人は正真正銘のギャンブラー。ヤバいんだ、ああいう人は。これも好演です。

2008年の日本映画界は、『おくりびと』で滝田洋二郎が映画賞を総ナメ。また、和泉聖治が『劇場版 相棒』で大ヒットを放ちました。本作の池田監督と滝田監督はピンク映画、和泉監督はロマンポルノ出身です。こういった撮影場システムの終焉後に映画を撮り始め、苦難の時代を耐え忍んだ監督たちに再び脚光があたるのは日本映画ファンとして嬉しいものがあります。

男がプロポーズするシーンにおける、クレーンを使ったキャメラもいい。ピンク映画、ロマンポルノのファン、そして八嶋智人のファンなら観て損はない一作。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】秋深き2009/05/22\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】秋深きレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION