allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

未来を写した子どもたち(2004)

BORN INTO BROTHELS: CALCUTTA'S RED LIGHT KIDS

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アット エンタテインメント)
初公開年月2008/11/22
ジャンルドキュメンタリー
映倫PG-12
インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子どもたち。
彼らは外の世界を知らず、夢を持つ事も許されない。
ある日、子どもたちはカメラと出会い、自分たちに無限の未来と希望がある事を知る。
未来を写した子どもたち(特別版) [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 5,200
USED価格:¥ 3,450
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 インド・カルカッタにある巨大な売春窟。そこには売春婦だけでなく、そこで生まれた多くの子どもたちがいた。彼らは、売春婦である母親の手伝いをし、女の子であれば一定の年齢に達すると自らも客を取らされるようになる。彼らのほとんどは一生をこの売春窟の中だけで暮らし、未来に夢や希望を持つことを許されない過酷な運命にあった。ニューヨークで活動するフォトジャーナリスト、ザナ・ブリスキは、1998年からこの売春窟での取材を開始し、子どもたちの悲惨な現実を目の当たりにする。そんな中、子どもたちがカメラに興味を持つことに注目した彼女は、彼らにインスタントカメラを買い与え、写真教室を始めることを思いつく。カメラを手にした子どもたちは、表現することの喜びを知ると共に、中にはプロ顔負けの素晴らしい才能を発揮してみせる子どもも現われる。こうして始まった彼女の活動は、やがて子どもたちに初めて未来への生きる希望をもたらした。本作は、売春窟の子どもたちに、その過酷な境遇から抜け出すチャンスを与えようと奔走するザナ・ブリスキの姿を追った衝撃と感動のドキュメンタリー。2004年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞をはじめ数々の映画賞を受賞。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:zzz投稿日:2011-12-09 01:51:22
good(2010年11/23鑑賞)
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-18 01:51:00
売春して生活を支えている母親、わが子に悪態をつく母親、ハシシ中毒の父親など生活力の低い家庭で育つカルカッタの子供たちと彼女達に手を差し伸べた女性カメラマンによる記録映画です。

希望も無くどうしようもない子供たちの現状とそんな中でも見せる明るい笑顔や輝く瞳が印象的でした。

売春街の実態や一人ひとりの家庭環境を丹念に追うのではなく、あくまでも子供達とカメラ、、子供達から見たカルカッタに重点を置いているので素直に子供達のくじけない心や諦めに似た表情を堪能できます。
写真の出来も素晴らしく、特に二人ほど才能豊かな子供がいましたね。
構図、発想、、シャッターのタイミングなど凡人にはない写真で息を呑みました。

学校教育はもちろん受けていないのですが、家庭に恵まれている訳でも環境が良いわけでもないので、、家庭教育・社会教育ともになされていません
教育を受けさせる費用が無いだけでなく、「売春婦の子供もまた売春婦」という中で育ってきたので親達も教育が必要な事だとは思っていないんですよ。
そんな価値観を覆そうと子供達のために奔走する女性カメラマンの姿勢は素晴らしいですね。
ただ、映画として観ると前面に出すぎな感じがしちゃいました。
ここまで露骨に熱心に出演されちゃうと興ざめ・・・。
もう少し手を差し伸べる側は控えめでよかったと思いますよ。
構成も決して良くはなかったですが、音楽と映像は粋でした。

心に訴えかけると言うよりは、理性に働きかけてくるような作風ですが、、貧しく生活が厳しい中でも、大切なことだけは欠けて欲しくないと思わされました。
ほんの少しの力添えで子供の将来が大きく変わることをなるべく多くの人間が知るべきだと思います。
90分弱の作品ですが、見応えのある上質なドキュメンタリーなのでオススメです。
こういう映画こそ民放で放送するべきだと思うんだけどなぁ〜
投稿者:kath投稿日:2009-09-19 14:41:54
ドキュメントは時として暗すぎたり、悲惨すぎたりするけれども
この映画は悲惨な現状にも関わらず希望を持ちながら見れたことがよかった。
また子供たちのコメントの取り方も非常に上手だと思った。
初めの一歩は決して世の中を変えることはないかもしれないけれども、
でも確実に何かが変化するきっかけになっていることの
素晴らしさを感じた。
投稿者:ghost-fox投稿日:2009-08-26 22:30:11
全ては救えなくても、ひとりでも救おうとする事に意義はある
投稿者:さち投稿日:2009-07-17 01:10:33
よかった
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ドキュメンタリー長編賞ロス・カウフマン 
  ザナ・ブリスキー 
■ ドキュメンタリー賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】未来を写した子どもたち 特別版2009/07/03\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】未来を写した子どもたち 通常版2009/07/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】未来を写した子どもたちレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION