allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ブロークン・イングリッシュ(2007)

BROKEN ENGLISH

メディア映画
上映時間98分
製作国アメリカ/フランス/日本
公開情報劇場公開(ファントム・フィルム)
初公開年月2008/12/13
ジャンルロマンス
もう、魔法なんて起きないと思ってた。

ニューヨークで出会い、パリで愛に気づいた。
それは、私だけのミラクル・ロマンス。
ブロークン・イングリッシュ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 1,154
amazon.co.jpへ

 Photos
ブロークン・イングリッシュブロークン・イングリッシュブロークン・イングリッシュ

【解説】
 “インディペンデント映画の雄”ジョン・カサヴェテスと大女優ジーナ・ローランズを両親に持つサラブレット、ゾーイ・カサヴェテスが監督デビューを飾ったロマンティック・ストーリー。ニューヨークとパリを舞台に、恋をあきらめかけていた30代のヒロインに訪れた思いがけないロマンスの行方をリアルに綴る。主演は「ユー・ガット・メール」「ドッグ・ショウ!」のパーカー・ポージーと「ぼくを葬る」のメルヴィル・プポー。
 ニューヨークのホテルで働く30代の独身女性、ノラ・ワイルダー。親友は彼女が紹介した人と幸せな結婚をしたというのに、ノラ自身は男運が悪いのか、結婚からますます縁遠くなっていく日々。母親からもことあるごとに心配されるノラだったが、いつしか恋に対しても臆病になり始めていた。そんな時、気分転換に顔を出したパーティでフランス人のジュリアンと出会う。出会った瞬間から情熱的にアプローチしてくるジュリアンに戸惑いつつも、次第に彼に惹かれていくノラだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
210 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:TNO投稿日:2012-01-19 04:02:01
恋愛に臆病になってしまった迷える中年独身女性のお伽噺。関係を持った俳優(ジャスティン・セロー)の彼女が、フランス人ジュリアン(メルヴィル・プポー)の元恋人で4角関係に発展する予想をしていたけど、それよりも穏やか過ぎる結末でした。主人公パーカー・ポージーが前向きに変化する部分は好感が持てるけど、最後の今どき珍しいぐらいのご都合主義決着は、大減点。フランス人はHの発音ができなくて意味が通じないネタは、2度出て来た。パーカー・ポージーは、若く見えるし清潔感があっていい。ピーター・ボグダノヴィッチとベルナデット・ラフォンのカメオ出演は楽しかった。特にラフォンの役(主人公を孫と勘違いする老婆)はうってつけ。ジーナ・ローランズは、子の映画に出るのが好きだな。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-16 03:08:29
カサヴェテスという血統書を持って長編デビューを飾ったゾエ・カサヴェテス監督作品です。
リアルな部分とおとぎ話な部分のバランスが絶妙だったと思います。
30代のシングルウーマンがアメリカでも日本人と同じように焦りや不安を感じていた事が新鮮でしたね。

男運がトコトン悪いと嘆く主人公が状況をなんとか打破しようと苦しみながら毎日を送る姿がなんともやるせない・・・。
一歩進んで二歩下がる〜的な生き方がなんともやりきれない・・・。
魅力的な男性との出会いも過去の経験から臆病になってしまったり、不信感丸出しで対応してしまったり、、と主人公の不器用さに身に覚えもあったりして親しみの気持ちがわきました(笑)
恋をした相手に会えない期間の無気力で何にも無関心な状態も共感できましたね。
チョット投げやりな気持ちになるのも分かります(笑)
サイドストーリーとして結婚5年目の親友夫婦の関係が入っているのも効果的でした。
全体的に女性監督らしい視点で女性心理の機微を繊細に描いているので男性には不向きかもしれません。
ストーリー展開に抑揚もないので退屈しちゃうでしょうね。

初監督作品という事もあってか母ジーナ・ローランズも出演しております。
負のオーラばりばりの娘に対して「町で一番のヒールとルージュで出歩きなさい」と言ったママのセリフにしびれました。
素敵☆
主人公を演じたパーカー・ポージーは年齢設定より約10歳は上の女優さんなので、アングルやシーンによってえらく老けて見えてしまうのが残念だったかな・・・。
いくら女優さんは若く見えるとは言え、実年齢が30半ばの女優さんを起用していればこうはならなかったと思いますよ(爆)
それにもう少しニューヨーカーっぽい・・・というかアメリカ人代表!みたいな容姿の女優さんのほうが良かったカナ・・・。
そのほうがアメリカとフランスという違いを明確に見ることが出来たように思います。
優しくて素敵なフランス人を演じたメルヴィル・プポーはジェラルド・バトラーにチョッピリ似ていて魅力的。
ラストの無言の行動にはキュンキュンでしたわ(笑)
彼に限らずフランス人男性の株が上がること間違いなしですね。

白みを帯びた映像はキレイでしたがニューヨークの雰囲気にはミスマッチなので、最初は舞台がアメリカである事を感じ取れませんでした。
それに加えて登場人物が明るいうちからワインを飲んでいるので、舞台はフランスかイタリアなのだろうと思っていました(汗)
ただ、パリの街並みには最高にマッチしていたと思います。
音楽も美しく印象的でしたし、男女年齢問わず登場人物たちの衣装もお洒落で観ていて楽しかったです。

さすがに映画なので誇張して描いている部分や虚飾しているトコロもありますが、自分を愛してくれる人がいない寂しさや自分の生き方に疑問を抱くお年頃の30代女性をありのままに描いた作品だと思います。
もちろんラブストーリー仕立てなのでロマンチックな要素もありますし、余韻にも浸れる仕上がりです。
上手く言えませんが・・・そわそわ、むずむず、イイ気持ち♪な映画です(笑)
投稿者:Longisland投稿日:2008-12-19 09:10:26
カサヴェテスさんとこのお嬢さん初監督作品ってことで期待して公開初週水曜日の恵比寿ガーシネの朝一の回へ・・・5割強の入り、95%が女性つうか男がいない(苦笑

極東や欧州を舞台にして米国映画の匂いが抜けきれないコッポラさんとこのお嬢さんと比べ、米国(後半はパリだけど)を舞台にしながらもなぜか欧州映画を思わせる雰囲気は血筋か?生活に困らない主人公が「愛」の不在に悩む、異国(含男)への憧れって、アラフォー世代の2世監督さん定番?

ツキが無い悩める30代女性(黒木メイサが歳を重ねた風)がどうしようもなく不幸、大酒くらい寝ちゃったり大事なメモ無くしたり…でも泣き叫ばない、泣き叫べない辛さが上手く表現されラストはファンタジーだね。その辺が極東のアラフォー&アラサーにも受けるんだろう…と中年♂映画オタは感じました。

そうそう、おかーちゃんの恋人はなんとP・ボクダノヴィッチ。愛も変わらずまん丸メガネが笑えました。
投稿者:Stingr@y投稿日:2008-12-06 02:06:46
 パリのタクシー運転手が言う、「幸せ(happiness)を探しにパリに来たのかい?」ただし、フランス人は“H”の発音ができないので…。ここで笑わないと、笑うところがありません。よ〜く発音を聞いてください。字幕も翻訳してませんから。

 ここで予習していって、映画館でこの場面になって、あなた一人だけが笑えば、優越感に浸れるかも。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞パーカー・ポージー 
 □ 新人脚本賞ゾーイ・カサヴェテス 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ブロークン・イングリッシュ2009/07/02\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ブロークン・イングリッシュレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION