allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

それでも恋するバルセロナ(2008)

VICKY CRISTINA BARCELONA

メディア映画
上映時間96分
製作国スペイン/アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2009/06/27
ジャンルコメディ/ロマンス
この恋、想定外

2009年6月丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

それでも恋するバルセロナ

(c) 2008 Gravier Productions, Inc. and MediaProduccion, S.L.

スカーレット・ヨハンソン (24才頃)/ハビエル・バルデム(39才頃)/ペネロペ・クルス(34才頃)


 Photos

【解説】
 ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・アレン監督が、今度は初めてバルセロナを舞台に撮り上げたロマンティック・コメディ。バカンスでスペインを訪れた対照的な2人のアメリカ人女性と、地元のセクシーな画家、そしてエキセントリックなその元妻、4人が織り成す複雑な恋模様が情熱的かつコミカルに綴られる。出演はハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール。ペネロペ・クルスは本作の演技でアカデミー賞助演女優賞をはじめ数々の映画賞を受賞。
 親友同士のヴィッキーとクリスティーナだったが、互いの恋愛観はまるで正反対。堅実派のヴィッキーはすでにまじめな青年と婚約中。一方のクリスティーナは、自由奔放に愛を求める情熱家。そんな2人はアメリカを離れ、バルセロナでひと夏のバカンスを楽しむことに。そこに現われたのが色男の画家フアン・アントニオ。たちまち恋に落ちるクリスティーナに対し、最初は警戒心のかたまりだったヴィッキーも次第にフアンの色気によろめきだす。そんな中、彼女たちの前に突然現われたフアンの元妻マリア・エレーナ。フアンを刺したことさえある天才肌の激情家マリア・エレーナの登場で、4人の運命はさらに激しく動き出し…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:袋小路投稿日:2016-03-09 00:19:36
ぴったりハマった役者達が、ステレオタイプの人物をわかりやすく演じていくのですが、自意識と他者との関係がちぐはぐなので、状況が少しずつずれていってしまう展開が可笑しく、意外性があります。昔のてんやわんやの漫才のしゃべり口のような、のんびりしたかけあいで進行する、リラックスした映画です。スカーレットヨハンソンの役柄がこの映画の臍で難しいのですが、エロチックだがいやらしくなく、成り行き任せだがふしだらではない女をドテッと演じて、この艶笑譚を締めています。アレンの映画としては嫌味が抑えられていて、まあいいやという達観?が感じられます。ワインを飲んでバルセロナの風景を楽しみつつ、あれあれと言いながら見る映画です。
投稿者:pumpkin投稿日:2015-10-05 23:03:51
ウディ・アレンにしてはいつもよりあっさりしていて、おやおやという感じですが、十分楽しめました。
さて面白いとなると、何かほかの映画を思い出してしまうのが悪いくせで、これで思い出したのが何かというと、エリック・ロメールでした。女の子の会話が何となくかみ合わないままどんどん進むところがいいんですよね。
投稿者:リベルタド!!投稿日:2015-02-21 00:06:47
【ネタバレ注意】

「スカヨハは魔性の女だなぁ」と思ってたら、ペネロペ登場。上には上がいるもんだ。ペネロペの危な過ぎる魔性にスカヨハがかすむ。
そんなクセもんの美女を食いまくるハビエルには最敬礼!
堅物女子レベッカも速攻で落としてた。
頭では“ダメよ〜ダメダメ”。それでも、恋しちゃうのがバルセロナなんだなぁ。

投稿者:いまそのとき投稿日:2012-03-23 23:08:30
昔のW・アレンの方が好きだ。私小説だったし、ほとんどコンプレックスのぼやき節だったから。最近の作品はうまいけど、印象が薄い。この映画で言えば恋とセックスの危うさと軽さの表現がピカイチだけど、じゃ面白かったかと言われたら中途半端な後味。ソツない器用さが返って邪魔していると思う。
投稿者:クリモフ投稿日:2012-03-08 02:10:52
最近のアレンは観ていなくて、まぁそれでも良いかという感じでしたが、「ミッドナイト・イン・パリ」が気になり、一応の鑑賞。
よく70超えたのにこんな恋愛映画撮れるなぁ、単純に楽しめるものの、イマイチ入っていけない、のれない、という感じもあります。一番の原因はアメリカの金持ちが何ウダウダやってんだ、という元も子もないモノ。これまでのニューヨークが舞台なら、多様な街で暮らしているサヴァイブ感が感じられるのに
、完全に自分探しやら余暇やらでバルセロナに来ているので、そこの余裕が引っかかってしまいました。
あと、アメリカ人のヨーロッパに対するコンプレックスがよくわかる(ヴィッキーとクリスティーナの発言が一般的なアメリカインテリのコンプレックスなのだろう)割にそれが映画的な面白さにつながらず、鼻についてしまうのも困ったところです。
クリスティーナとマリアの関係は全くの予想通りだし、会話の面白さも往年のキレ味は感じられませんでした。ただ、ナレーションに関してはウディ・アレンがやったらもっと効果をあげんたんじゃないかとは思います。
どうしても全盛期と比べたら、落ちるという内容。まぁそれでも飽きずに魅せてしまうのは才能でしょうな。
投稿者:Kircheis投稿日:2012-01-21 19:04:56
B級臭漂うタイトルに不安を感じてたけど、さすがウディ・アレンに外れ無し!!

飾り気のない人間の恋愛があっさり描かれています。
普通に描くとドロドロなんだけど何故かあっさりね(*^_^*)

オスカー受賞のペネロペは芸術家肌のスペイン女を熱演してたが、それほど魅力的には映りませんでした。
キャラとしては存在感の薄いレベッカ・ホールになんか惹かれた。
固そうな彼女があぶない恋にフラフラする設定はまさにリアル!!

女としてはエロい雰囲気満点のスカーレット・ヨハンソンが一番好きです(笑)
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 17:11:38
ペネロペさっすが!!
女性みんな個性が違うから観ていて楽しかった
投稿者:kopi投稿日:2011-05-05 10:10:45
一種のおとぎ話。
世の中の男女の夢と現実が描かれています。
現実を受入れるには夢が必要ということで…。
投稿者:TNO投稿日:2011-01-08 23:31:45
ホールがバルデムと関係を持ったことを、いつヨハンソンに話すのか(またはバレるのか)、その時にどんなドタバタが起こるのか、と思って観ていたら、あっさりナレーションで処理されて、その後のホールとヨハンソンの固い友情は揺るぎもしない。物語も寄宿先の奥方の不倫や、学校で知り合った人物からホールが言い寄られたりと、脱線だらけで、それぞれに結論がない。これがウッディ・アレン流と言われればそれまでですが、古い日本人には、理解は不能です。ペネロペ・クルスの割り切った鉄火女ぶりは、見もの。TOP女優は、なかなかやりたがらない役だと思うが、立派。タイトルの音楽は良かった。
投稿者:はまま投稿日:2010-06-05 15:17:20
名人アレン亭十八番の艶笑落語。
プヨプヨとしてなんとも辻褄の合わない「人間」のおかしさ。
クスクス、ニコニコ楽しませていただきました。
スカーレット・ヨハンソンにとろけそうになりました。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-22 04:10:50
アメリカからスペインへ旅行に来た親友の女二人とスペインの男とその元妻による恋愛模様を描いた作品です。

慎重なヴィッキーに積極的なクリスティーナに情熱的なマリア・・・と性分の全く違う女性たちを良く言えば優しい悪く言えば決断力のない男のまわりに配置させたことがこの作品の旨みですね。
それぞれ個性の違う女性達が同じ男に惹かれ、それぞれが少しずつ不満を抱いているチクチクした関係が絶妙でした。
好きな男に無理して合わせてみたり、理解したフリをしてみたり・・・そしてその瞬間に見せる不満げな女の表情を表現した演出がお見事でした。

もう少し4人の掛け合いをバランスよく展開させてくれると良かったですが、これだけ濃いキャラクターたちを混乱させることなく整理整頓しているのは凄い事ですよね。
でも、途中からヴィッキーが絡んで来なくなったりクリスティーナの心情変化が唐突だったのは残念だったカナ・・・。

日本人の感覚に一番近いのがヴィッキーなので共感するならこのキャラでしょうが、クリスティーナの「望まないものは分かるのに望むものは分からない」というセリフは妙に親近感がわきました。
他にも「成就しない愛だけがロマンチック」など印象的なセリフが多々ありました。

ウディ・アレンが最近お気に入りのスカーレット・ヨハンソンは「マッチポイント」の時のような色気がなく、どちらかと言うと中年太りのオバチャンのようで全く魅力的では無かったです(爆)
元々ポッチャリしている事に加え衣装選びを間違ったのか、ますます太って見えました。
タンクトップとパンツの衣装にはスタイリストの悪意すら感じましたよ(爆)
もう一人のレベッカ・ホールも控えめで堅実なキャラクターな上に際立って美人という訳でもないのでとにかく地味でしたね。
これはペネロペ・クルスの引き立て役なのでしょうか?(爆)
ハビエル・バルデムとペネロペ・クルスのスペイン勢は文句なし。
特にペネロペの強く激しいキャラは刺激的で、彼女が登場してからは独断場と化しています。
彼女のキャラだけでスピンオフ作品が出来そうなほどインパクト大で興味深い役柄でしたね。
もちろんハビエルさんも情熱的な色気があって素敵でしたよ。

スペインの雰囲気や観光スポットを観るだけでも贅沢な気分を味わえますが、そこに流れるギターの音色もまたGOOD
スペイン語を巧く利用した演出、効果的なナレーション、軽快で気の利いた作風も素晴らしかったです。

ウディ・アレン監督作品のわりには毒っ気も少なくマシンガントークも無いのでウディ作品が苦手な方でも鑑賞できますね。
ただ、ウディの皮肉がトコトン好きな方には物足りないでしょう。
1時間半と短めの作品ですし、観ていた時の高揚感が嘘のようにこざっぱりした幕引きでしたが一風変わったロマコメとしてチェックしてみると良いでしょう。
投稿者:uptail投稿日:2010-01-24 23:50:27
スカーレット・ヨハンソン
投稿者:COPY投稿日:2009-09-23 22:00:49
スカーレット・ヨハンソンが好きなので観に行きましたが、ペネロぺの強烈な役柄のせいか、それとも演技力&存在感のためか、すっかり食われて、小娘のようでした。ファンとしてはそこが残念です。対等な強烈さで争ってほしかった。
投稿者:ゆうじ投稿日:2009-09-10 16:16:34
ほとんど全てのストーリーがナレーション展開する。この声がなんだかもごもごしていて、かなり耳障り。個人的にナレーションで展開する作品が嫌いであるということもあるが・・・。まあ、これだけ説明を入れてくれれば、画面の俳優の表情や声に頼らなくても、どのような場面なのかすぐわかる(笑)

ストーリーの内容は、まさにウッディー・アレン節というか、かなりひねくれた笑えないコメディー。好きな人には、そこそこはまるのかもしれないが、万人向きではない。ペネロペ・クルスは、本作では他の人が言う程魅力を感じなかったな・・・。
投稿者:ringoringo投稿日:2009-07-23 08:53:34
【ネタバレ注意】

相変わらずのウッディ・アレン節というか・・・

僕には理解できない、恋愛観、結婚観、セックス観が繰り広げられていきますね・・・

ペネロペはキュートでコケティッシュなイメージがあったのですが、このマリア・エレーナ役は、ギスギスした神経症的な嫌な女でありながら、魅力的な女性を演じていましたね。これが評価されてアカデミーを受賞したのかしら・・・

投稿者:いっちーこ投稿日:2009-07-08 13:48:33
 ウッディアレンの映画は、学生時代にいくつか見たが結局相性が合わなかった。
その理由はやはり役者としてのウッディアレン。
ウジウジしたパッとしないおじいちゃんが、なぜだか美女に言い寄られる展開。
ここにどうしてもリアリティは感じない上に、ウジウジ感が見ていてイライラしてしまう。
相手役の美女はその時その時の時代を代表する美女なのだから、
もうなんだかエロ監督が自分の好きな女優を相手役に好き放題撮ってる、
ということが作品を見ていてヒシヒシ感じられてしまい、
それ以来すっかりウッディアレンの映画はスルーしてきた。

 しかし、今回は他に見る映画がなかったのでとりあえず見てみた。
しかし!おもしろいではないですか。
ウッディが役者として参加してないことが、こんなにも作品の評価を高めてしまうとは(笑)

 スペインのバルセロナを舞台に、男1人と女3人の色恋沙汰。
こんな書き方をするとちっとも面白くなさそうなのに、こんなにも生き生きとした映画にしてしまうウッディアレンの監督としての手腕は確かに素晴らしいものだった。
最近ではあまり見られないが、ナレーションをサクサク入れて、物語の進行に加えてなんと登場人物の感情までもサクサク説明していく手法は新鮮。
このお陰でドロドロした物語が小気味良くオシャレに展開していき、ヘビーな話も簡単に笑い飛ばしてくれる。

 そしてなによりペネロペクルスの演技が素晴らしいこと。見る前は「この映画でアカデミー賞?」と思っていたけど、映画を見て納得。
情熱的で、アブノーマルで、激情型で、不安定で。
それでも優しいオーラと美しさをもったキャラクターを見事に体現していて、もう完全にノックアウト。
近年、ウッディアレンのミューズとして活躍してきたスカーレットヨハンソンなどは、完全に彼女の影に隠れて霞んでしまった。

 物語も、人間の愚かさと弱さをこんなにも軽快に、シャレっけたっぷりに描き出し、まさに熟練の技が光る。
 
 スカーレットヨハンソン演じる女性の「普通と違う人と言われたいけれど、本当は全くもって普通の人。アーティストと付き合うことでその欲求は満たされるけれど、本当に”普通じゃない世界”の人になりそうになると、やっぱりそれを求めていないことを知る」なんて良くいるタイプですよね。
こんなキャクターをあっさりとリアルに描けてしまう脚本も脱帽です。

 軽いコメディに見えて、その奥に人間の滑稽なほどの情けなさを軽やかに描き出したこの作品。ブルーレイで出たら購入決定です。
投稿者:ANTONY投稿日:2009-07-05 21:20:16
スカーレット・ヨハンソンは尻軽女、スペイン人は情熱的と言うステレオタイプから1ミリも動くことのないキャラ設定。レベッカ・ホールが演じるのは恋愛保守派ではなくヨハンソンのカウンターパートにしか過ぎないし、パトリシア・クラークソンなどまったく存在意味がない。さらにはなんの工夫もないナレーション。ウディ・アレンの醜態を楽しめると言う意味では実に笑える、見事なコメディだ。
投稿者:replicant投稿日:2009-07-03 01:09:04
上手いですねぇ!さすがはウッディ・アレンです。予告編では全くそそられなかったのですが、ウッディを信じて飛び込んできました(苦笑)。観て大正解でした。出演者もオイラも、ロケ地までもが、ウッディ・アレンの手のひらで心地よく転がされている感じです。ストーリーはナレーションの力を借りながら前のめりで進行するので、あっと言う間に終わってしまいますが、演出にメリハリがあるので中身が濃く、90分そこそこのフィルムとしては、とても贅沢な仕上がりです。それぞれのキャラが立っているので出演陣も皆十分に魅力的ですし、アメリカ人とスペイン人の男女が織り成すひと夏の恋物語を十分に楽しめました。老若男女の心模様にそれぞれの御国柄の違い、もちろん!バルセロナの観光名所も楽しめるお得な一品。
投稿者:ローランド投稿日:2009-06-28 22:43:34
 チケットを買うときに言い難かったこのタイトルも、観終わってみ
ればまさにそのタイトルどおり、スパニッシュギターの心地良い音楽と、
全体にオレンジ色がかった色調の映像で情熱の国スペインを舞台にした
恋物語が展開されます。 猴性が感情に勝った瓩燭瓩貿肪召
る三角関係、というと、え? 三角関係が破綻とは? ということに
なるけど、これは観た人にしか分からない。  

 「ボルベール <帰郷>」でも見せた、スペイン=情熱というイメー
ジそのもののオンナっぷりをペネロペ・クルスがここでも強く印象付
けていて、作品全体がこの女優の色合いになっているような気にな
ったのでありますが、その印象強さは、この後ほかの映画を観てい
ても、この役はペネロペにやらせたら良かったのに、って、そういう
ことが多くありそうな気がするくらいでした。  

 そして、 経済的に安定している画家で、飛行機を操縦して、素敵
なスポーツカーを持っているという背景があるにしても、顔の表情を少し
も変えることなく、呼吸をするかのように極自然に女を口説くことが
できるアントニオ。  

 オトコ、とくに日本人ならたいていが、ああいうふうに振舞えたら
なって、自身の消極性を呪ったことが一度や二度はあるのではない
かと思うけど、ま、人間いろいろ人生いろいろ、遺伝子の内容が大
きく違っている人たちの明るく陽気で積極的な人生も、光が強い
分だけ影が濃くなり、その影の部分に神経をすり減らす事もある
のだろうし、影の薄い人生もそれなりに安穏でよいのかも。 ・・・と、
達観したようなことを言いながら、日本人そのものの精神構造に
慙愧の念も少々・・・どころか、多々あったりして(笑)。
投稿者:quiet man投稿日:2009-06-28 20:44:43
これは絶品のコメディかと期待十分で見始めたが、色彩は少しも鮮やかでなく、ナレーションは鬱陶しく、展開は素人の書いたサスペンスまがいでイライラするわで、どこで感心したらよいのか、ウディ温水はまた期待を裏切ってくれた。
投稿者:投稿日:2009-06-28 15:59:27
購入する際、40過ぎのオジさんが、“『それでも恋するバルセロナ』の前売りを1枚”と発語するのが滑稽だとの思いに捉われて、“それでも…ムニャムニャ”と言いながら、カウンターの一覧表でタイトルを差し、その指を立てた。
日曜日の9時30分の回はそれでも、3分の1ほど埋まっていたが、何故か私一人笑っていた。面白いのに。
適宜入ってくるナレーションの絶妙な語り口を堪能した。ペネロペ・クルスとスカーレット・ヨハンソンはふたりとも魅力的すぎて、効果を相殺してしまった嫌いはある。もっとも、ストーリーはそれを意図して組み立てられているのだが。
撮影はちょっと緩く、黄色っぽくて、スペインのダラダラ感が表現されていた。
それにしても、ペネロピ(そう呼んでいる)が登場するまでが長過ぎる。待ち合せ時間に30分以上遅れるとは。何のために前売りを映画館まで買いに行き、前日に指定席券と引き換えに行き、そして当日と、合計3回も足を運んだんだと。
でも、その甲斐は充分、ペネロピ登場後の破壊力は凄まじい!拳銃をかまえてフレーム・インしてくる姿は、彼女を介してウディ・アレンが、変態メジャー映画の巨匠アルモドバルの影響を受けたかに思われた。
しかし、ウディ・アレンは、本当は凡庸で才能がなく美人だが芸術好きのスノッブでインテリ男に騙されやすいスカーレット・ヨハンソンが演じたタイプの女性が好きで堪らんのだ。
いずれにしても素敵な作品なので、気持ちが折れている人は是非見ましょう。
投稿者:ASH投稿日:2009-06-27 23:30:26
【ネタバレ注意】

 しかし、御歳70を過ぎて、こんなにも若々しい映画を撮るウッディ・アレンとは、只者じゃないね。もっとも、恋愛の酸いも甘いも知り尽くしているからこそ、こういう映画が撮れるんだろうケド。普通は70も過ぎれば老境の域に達するものだが、アレンに関してはソレは当てはまらない。気が若い?

 バルセロナを舞台に繰り広げられる四つ巴の恋愛模様。まあ、興味のない人にはどうでもいい話なんでしょうが、とかく恋愛のいい面ばかりを描いたロマコメは数あれど、どちらかといえば恋愛の悪い面を描いているのがこの映画。劇中には結構な修羅場も出てくるけれど、それでも恋するって素晴らしいと思わせるのだから、アレンの目論みが僕には見事に通じたというわけだ。とはいえ、アントニオを真似しようとしても、凡人には無理だけど。

 バルセロナという異国の地がそうさせたのか、クリスティーナは自由奔放な恋愛を好む女性なのに対して、恋愛には慎重で安定を求めるビッキーがアントニオへの想いに戸惑うくだりがイイね。申し分ない婚約者がいながら、アントニオに次第に惹かれてゆき、思い悩む姿には男である僕にも共感できる部分がある。よくよく考えるとアントニオは女たらしのどうしようもないヤツなんだけど、あの歯の浮くような口説き文句によろめいてしまうのも分る気がする。またクリスティーナも、アメリカで成し得なかった生活がバルセロナで叶うんだから、アバンチュールとは罪作りなものだよね。

 アントニオを中心にビッキーとクリスティーナのそれぞれの思惑が交差しながらお話が進行するのだが、映画が半分ぐらいを過ぎた頃に、その後の流れを大きく変えてしまう女性が出てくる。それが本作でオスカー受賞となったペネロペ演じるマリア。感情の起伏が激しく直情型の危なっかしい女性だが、芸術家としては天才肌という厄介な人物。スペイン人は情熱的というイメージを、このマリアに集約させて描かれているような感じなのだ。そりゃアントニオも、こんな女性と暮らしていたら気苦労が絶えないと察しちゃうくらい。

 面白いのは、アントニオとマリアの関係にクリスティーナが介在していることでバランスが保たれていたということ。案の定、クリスティーナが3人の共同生活をやめて出て行くと、以前の喧嘩ばかりしているカップルに戻ってしまう。クリスティーナの写真家としての才能を開花させてくれたのも、他でもないマリアだったりする。この3人の関係は、ハタから見れば普通じゃないかもしれないが、当人たちがそれでうまくいっているのであれば、そういう関係もアリなんだろうなと、フトそんなことを考えた。

 ハビエル・バルデム演じるファン・アントニオは、正直言って感情移入しづらいキャラクターなんだよね。女好きなのはいいとして、言っていることが自分勝手で、どうにも好きになれない。ただ、こういう芸術家に女性は惹かれ易いというのはよく分かる。アレンはそういう女性観を悪いこととはせずに、「仕方ないよね」と共感の気持ちで描いているんだと思う。恋愛に翻弄されることは、生きていることの証しなんだろうから。

 さて、近年のウッディ・アレン作品のミューズであるスカーレットとは本作が3度目のコンビだけど、彼女が実生活で結婚しちゃったことでコレが最後になるんでしょうね。いつものことながら、スカーレットを魅力的に撮っているのはアレンの彼女に対する愛ゆえに、なんでしょうけど、とりわけ本作が一番スカーレットの地に近いキャラなんじゃないでしょうかね。ハビエルとの濃厚な濡れ場(?)や、ペネロペとのキスなど、醸し出す官能的な雰囲気がイイのね。

 もひとり、ビッキー役のレベッカ・ホール。「FxN」におけるお上品な雰囲気がなかなか魅力的だったけど、あの映画では出番が少なかった。ところが本作では半分主役なのが嬉しいじゃない。慎重派の女性の心の変化を上手く演じていて、終盤のアントニオからのランチのお誘いに、着てゆく服をとっかえひっかえするシーンがカワユイ。強引なお誘いに、人妻の心も揺れる。

 ペネロペはさすがの貫禄だわね。久しぶりにスペイン語を喋る彼女を見たよ。クリスティーナが撮るマリアの写真がいちいちキマっているんだけど、それはとりもなおさず、ペネロペがフォトジェニックな魅力に溢れていることを証明したことになる。とかくこの映画、女優陣3人がすこぶるイイ。男はみんな、蚊帳の外。

 バルセロナに行きたくなる、観光映画としては最適。劇中に何度も使われるその名もズバリな「バルセロナ」という曲もいい雰囲気。

投稿者:とんこつ投稿日:2009-01-29 13:03:14
【ネタバレ注意】

最後の最後までノーカントリーの彼とはまっったく気付きませんでした。ノーカントリーと正反対で色男っぷりをムンムンに出しています。SヨハンソンもPクルスもあと一人の女の人も非常に綺麗でウディアレンの願望(???)が反映されているような気がします。

ストーリーはひと夏のアバンチュールって感じですが、バルセロナに行きたくなるのは間違いない映画です。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
■ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
■ 助演女優賞ペネロペ・クルス 「エレジー」に対しても
■ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 男優賞(コメディ/ミュージカル)ハビエル・バルデム 
 □ 女優賞(コメディ/ミュージカル)レベッカ・ホール 
 □ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
■ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
□ 主演男優賞ハビエル・バルデム 
 ■ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
 ■ 脚本賞ウディ・アレン 
□ 助演女優賞ペネロペ・クルス 
 □ コメディ映画賞 
【ニュース】
有名下着メーカー製作のペネロペ・クルス監督セクシー短編「L'Agent」2013/08/06
ウディ・アレン監督最新作「To Rome with Love」、予告編2012/04/04
レベッカ・ホール主演ホラー「The Awakening」、予告編2011/09/16
DVDリリース情報:「天使と悪魔」「それでも恋するバルセロナ」etc.2009/08/20
アカデミー賞作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に、日本勢もW受賞の快挙!2009/02/23
アメリカ脚本家組合(WGA)賞結果発表2009/02/09
英国アカデミー賞結果発表2009/02/09
映画俳優組合(SAG)賞結果発表2009/01/26
アカデミー賞ノミネーション発表!日本からも「おくりびと」と「つみきのいえ」が候補に2009/01/22
ゴールデングローブ賞結果発表2009/01/12
注目の放送映画批評家協会賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に!2009/01/09
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、ノミネーション発表2009/01/08
映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション発表2008/12/19
ゴールデングローブ賞ノミネーション発表2008/12/12
NY映画批評家協会賞発表2008/12/11
LA映画批評家協会賞発表2008/12/10
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2008/12/10
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞結果発表2008/12/05
インディペンデント・スピリット賞、ノミネーション発表2008/12/03
全米興行成績、戦争映画パロディ「トロピック・サンダー」が初登場首位2008/08/18
ウディ・アレン監督最新作「Vicky Cristina Barcelona」、予告編2008/06/18
W・アレン最新作、S・ヨハンソンの撮影風景が公開に2007/07/12
ウディ・アレン監督の希望叶いS・ヨハンソンの3度目の出演が実現へ2007/03/14
ウディ・アレン監督、新作でもスカーレット・ヨハンソンの出演を希望2007/03/09
ウディ・アレン監督、最新作のヒロインはペネロペ・クルスに2007/02/02
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】それでも恋するバルセロナレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION