allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

いのちの戦場 -アルジェリア1959-(2007)

L'ENNEMI INTIME

メディア映画
上映時間112分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ツイン)
初公開年月2009/02/28
ジャンルドラマ/戦争
いのちの戦場 -アルジェリア1959- [DVD]
参考価格:¥ 5,184
価格:¥ 3,980
USED価格:¥ 999
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 フランスにとっての暗部として長らくタブー視され、近年ようやく歴史的な再検証の動きが高まってきた“アルジェリア戦争”の実像に迫る戦争ドラマ。長年にわたる植民地化政策のために複雑にねじれた関係となっていたフランスとアルジェリアの間で繰り広げられた独立戦争の過酷な現実をリアルに描き出す。主演は本作の立案者でもあるブノワ・マジメル。脚本はアルジェリア戦争を題材にしたTVドキュメンタリーも手掛けたパトリック・ロットマンが担当。監督は「スズメバチ」「ホステージ」のフローラン・シリ。
 1954年、フランスからの独立を求め、アルジェリア民族解放戦線(FLN)が武装蜂起する。フランスはこれを押さえ込むため大規模な軍隊を投入、戦争へと発展する。1959年、フランス軍はゲリラ戦を展開する解放戦線に苦戦を余儀なくされ、戦況は出口の見えない泥沼化の一途を辿っていた。そんな中、戦死した前任者の後釜としてカビリア地方に赴任してきたテリアン中尉。さっそく向かったタイダ村で、テリアンは情報を引き出そうと村人に暴力を振るう部下のベテラン兵士を制止する。過酷な戦場でも人間性を保ち節度ある行動を自らに課そうとするテリアンだったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:bond投稿日:2010-04-24 11:23:59
あまり知られてない紛争だが、戦争であれば、発生する悲劇や悲惨は同じ。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-22 20:32:42
フランスの植民地になっていたアルジェリアが独立を目指し起きたアルジェリア戦争を描いた作品です。
私が生まれる前の戦争とはいえ、8年間にわたり続いた戦争の事実を30年以上フランスが容認しなかったという事に驚きましたね。

劇中で兵士がこのアルジェリア戦争の意義を兵士同士で議論する場面があったり、インドシナの独立にも触れているので興味深く鑑賞できました。
禁止されていたナパーム弾の使用など知らなかった事もたくさん含まれているので見尽くされた感はありませんでした。

目の前で今起きているような戦争の臨場感と現実的な情景を感じられる映像もすごいですね。
激しい銃撃戦だけでなく村人たちの虐殺や容赦ない拷問なども含まれているので、いわゆるドンパチ目的で観ると退屈しちゃうかもしれませんね。

そして何より、戦争によって変化していく人間のこまやかな心情描写が素晴らしいです。
それぞれを演じた役者さんの心情表現もお見事ですが、人間としての在り方がバラバラに砕け、精神を乱し思い悩むブノワ・マジメルの表情は一見の価値アリでしょう。
彼の迫真の演技もあって、健全な判断力を持ち善をなそうとしていた人の心を変えてしまう戦争の実態に身の毛がよだつばかりでした。
正反対のキャラとして戦争にドップリ浸かった軍曹を配置しているのも上手かったですね。

終わりの見えない戦争を皮肉ったようなラストも効果的でした。

脚色されてはいますし戦争で崩壊する人間性というストーリーも新しくは無いですが、これまで明かされなかったアルジェリア戦争を知るためにも観ておくべき作品でしょうし、これまで多々作られてきた戦争映画の中でも秀逸な作品ですので戦争ドラマが好きな方は要チェックだと思いますよ。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-03-10 23:04:32
【ネタバレ注意】

前半の戦闘描写には意外性も多く見応えがあったが、後半になるとそれがネタバレ(ゲリラと民間人を間違える)に繋がったり、誰が殺されるか読めてしまい、戦闘に加担した人間たちの残虐性以外にテーマが無かった。それと主役が最期に見る光景を小出しにしたのは無意味。予知夢か?。

投稿者:ビリジョ投稿日:2009-03-19 09:03:32
【ネタバレ注意】

 正攻法の戦争映画。アルジェリア戦争、知らんなあ。人間はほんと、あっちこっちで戦争ばっかりしてるんですね。
 どうしても「プライベート・ライアン」や「ブラックホーク・ダウン」と比べてしまう。この2作とテクの面で劣るのは仕方がないとしても、せめてもう少しストーリーを面白くできなかったかなあ、と思った。苦悩する中尉という設定が、少し平板、ありきたりではなかろうか。フランスだって悩んでたんだよ、というエクスキューズに見えてしょうがなかった。
 でもしかし、フランス人らが自らこのテーマに挑んだということ自体が重要である。日本じゃ無理だよね。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】いのちの戦場 -アルジェリア1959-2009/08/05\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】いのちの戦場 -アルジェリア1959-レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION