allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛を読むひと(2008)

THE READER

メディア映画
上映時間124分
製作国アメリカ/ドイツ
公開情報劇場公開(ショウゲート)
初公開年月2009/06/19
ジャンルドラマ/ロマンス/戦争
映倫PG-12
愛は本に託された
愛を読むひと<完全無修正版> [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,057
価格:¥ 835
USED価格:¥ 927
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ドイツ人作家ベルンハルト・シュリンクの世界的ベストセラー『朗読者』を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリー監督はじめ英国人スタッフ・キャストが中心となって映画化した切なく官能的な愛の物語。第二次世界大戦後のドイツを舞台に、ひ弱な一人の青年とはるかに年の離れた謎めいた女性が繰り広げる禁断の愛と、やがてふたりが受け入れる悲壮な運命の行方を綴る。主演は本作でみごとアカデミー賞に輝いた「タイタニック」「リトル・チルドレン」のケイト・ウィンスレット、共演にレイフ・ファインズと新鋭デヴィッド・クロス。
 1958年のドイツ。15歳のマイケルは偶然出会った年上のミステリアスな女性ハンナに心奪われ、うぶな少年は彼女と彼女の肉体の虜となっていく。やがて度重なる情事のなかで、いつしかベッドの上でマイケルが本を朗読することがふたりの日課となる。ところが、ある日突然ハンナは姿を消してしまう。8年後、法学生となったマイケルは、ハンナと思いがけない形で再会を果たす。たまたま傍聴したナチスの戦犯を裁く法廷で被告席に座る彼女を見てしまったのだ。裁判を見守るマイケルは、彼女が自分が不利になるのを承知で、ある“秘密”だけは隠し続けようとしていることに気づく。その秘密を知るただ一人の者として、マイケルは葛藤し、答えを見い出せないまま苦悩を深めていくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
643 7.17
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-16 21:56:39
【ネタバレ注意】

原作「朗読者」が日本でもヒット。主演ケイト・ウィンスレットが脱ぎシーン含め凄みある演技でアカデミー主演女優賞受賞。良いねぇ、の一言。彼女が作中で発する「あなたならどうしたのですか?」が本作での重要ワード。「朗読」の真相、即ち本作の肝だ。

投稿者:UFO投稿日:2013-10-21 14:44:28
十分観れる。
投稿者:baystars投稿日:2013-01-03 01:37:32
【ネタバレ注意】

最近、映画を見ていて途中で飽きてしまうことが多かったのですが、
この映画は最後まで引き込まれて見てしまいました。
ハッピーエンドではありませんが、とても面白かったです。

ミヒャエルが裁判所の傍聴席でハンナを見つけてからの躊躇・葛藤の
理由が明確に語られることはなかったので感情移入が難しくなりますが、
ミヒャエルの行動原理はあの当時ドイツで生きていた人にしか正確に
理解できないのかな、と想像しています。

アウシュビッツに対するドイツの方の感情は(どれほど愛した人で
あろうと)個人への好悪を遥かに凌駕するものなのでしょう。

希望としては、ハンナの前半生や現在のミヒャエルについてもっと
描いて欲しかったです。

投稿者:jb投稿日:2012-12-11 23:14:07
思ってたよりずっと良かった。
投稿者:グレコ投稿日:2012-11-09 09:40:18
刑務所の面会シーンが泣けた。
投稿者:いまそのとき投稿日:2012-01-18 01:02:10
思春期に出会った思い出のひと。非識字者にホロコーストは原作の重要な設定には違いない。この題材そのものが重過ぎるし、敢えてこういう展開にしなくてもよかったとは思う。しかし、胸に刻んだ初恋の記憶が、決して消えないという古典的だが普遍のテーマを流石「めぐりあう時間たち」のダルドリー。鮮やかなフラッシュ・バックで過去の記憶を呼び戻す。ハリウッドとはまったく違う性の目覚めに生々しい純愛ドラマを重ねて情感豊かに描いているのだ。映画的には言いがかりつけたいところ一杯あるんだけどね。
投稿者:gapper投稿日:2011-07-08 00:41:08
【ネタバレ注意】

 「タイタニック(1997)」のケイト・ウィンスレット主演。

 「タイタニック」から11年、初々しかったケイト・ウィンスレットも”私がきれい?”の台詞が似合う女優になってしまった。
 かなり大胆なヌードである。 だが、絶対的な必要性とは思えない。
 身よりもなく、後から(文盲ということから)分かるが、彼女には学生生活の経験がない。
 下着を着けない下半身を男の子に見られての反応の不思議さもここから来ているのだろう。
 実際の年齢は離れていても精神の年齢は、実は近かった二人。
 年の差の恋愛としてありきたりでなく、前半は良く感じだ。

 肝心の文盲であることを恥じての”罪の肯定”部分に、それほどの感銘を受けない。
 長い懲役刑を受けることが分かっていたはずで、場合によれば死刑という可能性も考えられたはず。
 仲間の言い逃れにされ、それに反発する感情も表現されているにもかかわらず認めてしまう。
 そこまで恥じたということが、感じられない。

 出所の受け入れに来たマイケル(レイフ・ファインズ)に刑務所の所長が、”最近はかまわなくなった”と語る。
 あれだけ恥じていた文盲が文字を読めるようになると意味のないように感じたのかもしれない。
 だが、それは表現されていない。
 それは、”恥”のために決断した結果、自分が過去の人間になり外の世界に生きる場がなくなってしまったと感じることの表現にも欠かせないと思うのだが。

 十分良い作品ではあるが、後半の踏み込みが後一歩足りない。 そう感じる。
 ラストの決めも、甘く感じる。

投稿者:Normandie投稿日:2011-01-09 01:35:19
女優を立てさせたら世界一の好きな俳優と嫌いな主演女優。
どちらを優先させるか迷ったが前者を取った。少し気が重かったがやっと鑑賞した。
避けて通れない重い歴史と男女の愛の比重の危うさが好き嫌いの分かれる所でしょうか。

演技陣、レイフの朗読は舞台で鍛えた俳優として面目躍如。内に秘めた思いを繊細に表現して抑えた演技。
デビッド・クロスもよかったけどブルーノ・ガンツ!演じる教授のゼミの生徒役で
加害者たちを一人ずつ撃ち殺したい」と言ったフォルカー・ブルッヒの方が印象に残った。
主演女優は・・自業自得と言えば簡単だが、この過去も未来もない女が
簡素な部屋と文字の要らない職場との往復で得られるものって・・・
特に男性諸氏は想像できないでしょうね多分。それをウィンスレットが細やかに体現している事も・・・。
映像的に表現しているのに気付かないのは惜しいことですね。
原作とは違い彼女を中心に描かれたと思います。

映画を見ていくうちにこの内容ではどこからか抗議があったのではないかと若干感じたが
やはりホロコーストに関する団体から「ナチに同情している」とのことで酷評されたらしい。オスカーではウィンスレットに投票するなとも・・・

重層的な原作の印象を壊すことなく映画化に成功していると思いますが
どうしても英語のセリフには違和感あり、本当はドイツ人のキャストで見たかった気もしました。

点数をつける時いつも思う。基本的には7点以上しかコメントぜず
そして7点と8点、あるいは満点の間には自分なりの長い河がある。
期待した映画だけにうまく熟成していけばいいのですが。
何だかんだ言ってもココロを絞られた事には変わりはないから。ブルーレイ版を買うつもりです。
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2010-10-13 12:01:33
火事で生き残ったユダヤ人親子は本当に教会にいたの?その場にいた者全員が亡くなったんでしょ。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-09-26 17:23:58
ケイト・ウィンスレットがとにかく印象に残る作品。彼女はこれでアカデミー賞を獲り、名実ともに名優の仲間入りをしたことになる。
若い坊やが年増の女性と恋に落ちるというストーリーはよくあるが、それがホロコーストという重いテーマに繋がっていくところが新鮮である。
本来ならば全編ドイツ語で演じればもっとリアルになっただろうが、それでは二人の恋路が隠れてしまい、かえって英語のほうが都合がよかったのかもしれない。それほどこの映画におけるナチの歴史は重い。終始暗い演技をしているケイト・ウィンスレットがアカデミー賞を獲れたのも、この重厚さが後押ししたのは事実だろう。
次回は正統派のラブストーリーでぜひ二回目のオスカーを獲って欲しいものだ。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-07-29 02:19:37
初恋と性欲にナチスを絡めてくるという何とも斬新な作品でした。

朗読が何を意味しているかは早々にわかってしまいましたが、その後の再会を描いた大人になってからのパートが全く予想外でしたね。
この作品、このタイトルから何を連想し何を期待して鑑賞するかによって、この予想外の後半に評価が変わってくると思います。
青春ラブストーリー的な映画を観るつもりで鑑賞してしまった方は、暗さや重さに気分が沈んでしまうかもしれませんね。

ケイト・ウィンスレットのキャラがイマイチ本心がつかめず、感情移入し辛いのが残念でした。
老いたリアルな体を惜しげもなく披露する体あたりの演技は素晴らしかったんですけどね・・・。
レイフ・ファインズは奥行きがある演技で魅せてくれました。
尽くす男の姿は好感が持てましたし、青春時代のエピソードの中で時折挟まれる複雑な表情は嫌な予感を抱かせてくれました。
ただ・・・この話を娘に聞かせるのはどうかと思います(爆)

心打たれる作品ではありましたが、感情表現が弱いのがとても勿体なかったですね。
投稿者:pn投稿日:2010-07-19 16:44:39
【ネタバレ注意】

これもまた数多くの映画と同じく、原作を超えられなかった作品のひとつだと思います。
2時間の枠に原作の全てを表すのは物理的に無理なのはわかっているのですが、
それにしても原作の中でも最も重要なシーン(私見ですが)をなぜ監督が削ったのか
本当に理解に苦しみます。
(刑務所で面会しすっかり昔の面影をなくしたハンナにショックを受けた主人公が、
その後ハンナと電話で話した際に、「坊や」と呼びかける声は昔とちっとも変わっていないと気づくシーンです)
他の部分がほとんど原作に忠実に作っているだけになおさら悔しい〜
できるものなら私がそのシーンだけ製作して付け加えたいくらいです。

投稿者:bond投稿日:2010-07-13 10:07:27
【ネタバレ注意】

始まってすぐ文盲だとわかるが、それ程恥じる事なのか?過去に恥をかいたエピソードあるともっと良かったかも。ケイトもオバハンになりましたなー、でもいい映画だと思う。文句なくオスカーもんでしょう。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-07-13 08:03:53
深い主題を扱っているのかもしれないが、展開も描写も曖昧で淡白。ハンナも元囚人の女性もマイケルと関わりのあった人というだけ。人物関係ももう少しはっきりして欲しかったな。
ケイト・ウィンスレットの演技は法廷でのシーンこそ強烈な印象を残すが、後半の老け演技は普通。彼女が何故これ程評価されてるのかは今回も解らなかった。
投稿者:uptail投稿日:2010-05-21 23:09:04
ケイト・ウィンスレット
投稿者:ghost-fox投稿日:2010-02-07 22:31:29
You Were Everything To Me
投稿者:さち投稿日:2010-01-31 18:25:22
よかった
投稿者:kuro投稿日:2009-10-12 09:33:32
映画って本当にいいものですね。と映画評論家みたいなこと思わず口走りたくなる良い映画。
観て損はない映画のひとつだと思います。

ホロコーストをこのような切り口で描く映画がでてきたことは、社会が成熟してきた証拠でしょうか。
嬉しい、心に染みるすばらしい映画でした。
こんな映画ばかりなら1800円は(実際は1200円で観たが)安いかもしれません。

残酷で深刻なテーマを扱っているのに、女性心理の機微、男女のすれ違いをテーマの主要部分に置いているところが、映画が娯楽であること忘れていない王道映画です。

投稿者:三葉十四郎投稿日:2009-09-19 20:20:50
【ネタバレ注意】

いきなり何を書き出すのか、と思われるかも知れないけれど、俺はさ、死刑に反対じゃないんだ。 よく人権弁護士なる人たちがこぞって裁判に参加しては、罪を憎んで人を憎まず、みたいな事をTVカメラなど見て喋ってるのを聞いて、アンタそれ遺族を正面に迎えて言える言葉なのか、とか憤慨したりもする。 
今作でアカデミー賞獲得したケイト・ウィンスレットがやはり出演していた「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」なんて観た日にゃ、丸一日不機嫌で過ごしましたね。 
で、本作は、その辺り未必の故意であろうとも過ちはキチンと償いましょう、ってお話だ。 

気が済んだかって? いやもう、フザケンじゃねーよ、と一日業腹でいましたよ。 ひさびさに、 ウィンスレット嫌いな女優じゃ無いんだけどな。 
ま、このコメントも、短気で器の小さい人間の繰言と思ってください。 

マイケル15歳は具合が悪くなった時に年上のひとハンナに親切にしてもらい、そこから更に色んなところを親切にしてもらって、わりない仲になっていくのですが、若い内からイイ思いばっかりしてる奴はロクな大人にならない、と、ここいらまではやっかみ半分に見てました。 
ハンナの簡素な部屋、これじゃ人肌も欲しくなるだろうなぁ、とも思いましたし、後の展開から気づきましたが部屋に文字と言うものが無いとこんなにも、うら寂しくなるものなのですね。 
年の差こそあってもマイケルは堂々とハンナが恋人だ、って言って良い。 けれど彼女の方にじつは非識字者と言う隠し事があった。 それこそどんなに恥ずかしく思う事なのか、こちらには量りようもないのだけど、きっとこれまでも関係が深くなると黙って離れていったのでしょう。
 
そして8年後、マイケルは法科の研修として同席した裁判で被告席のハンナと再会する。 ユダヤ人収容所の看守として勤務した過去で戦争犯罪を裁かれるが、彼女はそれが与えられた職責だった、と発言した為に責任者として訴追される。 筆跡鑑定を受ける前に罪状を全てを引っ被るハンナ。 マイケルは彼女が識字出来ない事に気づいた。 ハンナと面会しようとするも直前に引き返し、裁判はそのまま結審、傍聴席でマイケルは涙を浮かべて彼女を見やる。 
ここでは、マイケルは、そうまでしても知られたくない、というハンナの意志を尊重したのか、と思ってたんですよ。 ところが、だ。
 
成人したマイケルは、以前ねだられて読んだ本をカセットに吹き込んで送り、彼女は独学して手紙を書ける様にまでなった。 なのに返事を出さないマイケル、何で?と思う。 ハンナは刑期を終えるが身寄りが無いのでマイケルが頼られる。 出所前日、ようやく面会した彼はハンナに、責任を感じるか?、と問う。 
ああ、マイケルの心算とは、頑なに認めない戦争責任を許せなかった、という事だったか…。 

クソですね。 こんなヤツは。 
戦争責任を個人の裁量で裁いた、と言う事ですから。 こんなんで大人になったら法律家になってるんですから冗談じゃありません。 
そういう意志があったのなら、それこそ面談して彼女が間違ってる、と説くのが本当でしょう。 しかも彼女は課せられた刑を終えた身であるにも関わらず、ですよ。 頼りにした人から責められて、その夜ハンナは自殺をする。 良かったじゃないの、とっくり反省してもらえて。
 
弁護士は被告の罪を軽くする為の人じゃないし、検事は刑を重くする為働いてるのじゃ無い。 裁判は真実を見極めて、起きた犯罪に適した刑罰を定めるのが目的だ。 そこへ人権弁護士みたいな死刑反対ありきな人が入ってくる。 自分勝手な心算持ち込んでくる事が腹立たしいんでさ。 ましてマイケルなんか、お世話になってたくせに、どういう立場に居るつもりで、どの口からそんな事が言えるのか、と。
 
ハンナの遺品を持って遺族の元をマイケルは訪れる。 事情を聞いても今更許せない、と言う遺族女性の気持ちは判るんだ。 手渡されたハンナが貯めたお金を受け取らず入れ物の缶だけ貰うのは感傷か、 しかしお金の方にこそハンナの気持ちがあるはずだよ。 その金を非識字者擁護の学校へ寄付する、とマイケルが申し出ると、ユダヤ人の識字率は高いけどね、と捨て台詞が返ってくる。 はっきり言って、胸 ク ソ が悪い。
 
俺は星取り採点する時には☆3つ以下はつけなくてイイや、と思ってました。 ここで初の★イチつけてやろうか、とも思ったんです。 しかし、こういう事を色々考えさせる、と言う点では意向は当たってますし、ウィンスレットの裸の熱演もありましたしね、情状酌量して星4つと評決させていただきましょう。

投稿者:popcorn投稿日:2009-08-30 03:03:43
【ネタバレ注意】

「坊や」こと、青年時代のマイケル・バーグ=デヴィッド・クロス(15歳)とハンナ・シュミッツ=ケイト・ウィンスレット(36歳)の恋愛にトキメキ、序盤の鑑賞中は、淡い記憶が去来した。

しかし、こうしたモチーフを、よくも今のアメリカ(とドイツの合作)で製作できたものだ。文芸映画だからと許可されたのだろうが、これで男女が逆だったら、難しかっただろう。(全くもって、差別である)。

ケイト・ウィンスレットの芝居の上手さは、今更、言及するまでもないが、ハリウッド女優にしては肉付きの好い身体にはリアルな存在感があり、ニコール・キッドマンの妊娠、降板が結果的に幸いした格好だ。

いかにも純然たる恋愛ものであるかのように宣伝されているが、実際、そうした単純な作品ではない。

本作のテーマは、愛と倫理の葛藤である。

ハンナの生い立ちについては触れられていないが、察するに彼女はそれまでも、他人に一切、弱みを見せず、必死に、自分を守ってきたのだろう。そんな彼女であるから、文盲であると、認めるわけにはいかなかったのである。たとえ、それによって、無期懲役になろうとも。

ハンナのプライドを理解するだけに、証言を躊躇う、青年時代のマイケル・バーグは、彼女の罪の重さから面会も思い止まる。彼がせめてしてやれるのは、朗読を吹き込んだカセット・テープを、手紙も添えず、送ること。

だが、果たして、それが適切な行いだったかは疑問だ。青年時代のマイケル・バーグは、ハンナを無条件で受け入れる、あるいは、自分が正しいと信じる方向へ導く覚悟がないのだったら、中途半端に関るべきではなかった。彼女は、既に、彼を忘れたか、「思い出」として処理していただろう。期待させるだけ、残酷である。

それでも、朗読する、マイケル・バーグ=レイフ・ファインズの姿、刑務所で読み書きを学んで書いた、ハンナの短い文面の手紙(「“テープをありがとう 坊や”」/「“手紙は届いた? 返事をちょうだい”」)には胸が熱くなる。

ハンナにとって、青年時代のマイケル・バーグは雨雲の切れ間から差し込んだ日差し、そして、マイケル・バーグは、人生、最後の希望の光であったろう。
それ故、20年数年ぶりの再会で、マイケル・バーグのつれない態度に失望するハンナの心中は、察するにあまりある。

青年時代のマイケル・バーグが、もう少し、大人になってから、ハンナと出会っていれば、適切な距離を保てて、少なくとも、「厄介な父親」にならずに済んだろう。

ハンナが、電車の車掌から事務職への昇進を辞退していれば? 生真面目に看守の職務を全うしなければ? 「恥ずかしいから」という理由で、ユダヤ人、300人の殺人罪を1人で被らなければ? 青年時代のマイケル・バーグが証言していれば? 彼が雪の舞う中、踵を返さず、面会していたら?
いくつもの、ifが頭を過ぎるけれど、他に選択肢はなかったに違いない。人生には、常に、正しい選択肢が用意されているとは限らないし、あったとして、客観的に正しいと解っていても、どうしても、そちらを選べない場合だってある。

ところで、法律上、ハンナが罰せられるの当然だが、個人的には、彼女を責める気にはなれない。

後世の人たちはなんとでも言えるだろうが、渦中にあっては、体制に疑問を持つのは難しい。(アメリカ同時多発テロ直後のアフガニスタン紛争や、小泉改革に反対した者が、当時、どれほどいただろう?)。
これは、第二次世界大戦で、戦争責任の所在を明確にしたドイツ人と、罪を憎んで人を憎まず精神の日本人との、国民性の違いかもしれないが。

勿論、反省は大変、重要である。ハンナもマイケル・バーグに突き放され、漸く、目が覚めたからこそ、(彼はそれを意図したのではなく、長年の疑問をぶつけただけだろうが)、被害者遺族に、僅かながら、遺産を残したのだ。

遺産の受け取りは拒否するものの、「(金の入っていた)缶はいただくわ」とイラナ・メイザー(/ローズメイザー)=レナ・オリン、娘である、ジュリア=ハンナー・ヘルツシュプルングに語り始めるマイケル・バーグ、いずれもささやかではあっても、赦しなのだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

投稿者:マジャール投稿日:2009-07-12 01:10:24
【ネタバレ注意】

なかなか面白かったです。
青みがかった薄暮の街を走る路面電車が素晴らしい。
思春期の男の子がいそいそと通いつめる女の部屋が、リアルに薄汚れてるのも面白かった。

対照的に、ホロコーストを生き延びてアメリカに生活するユダヤ女性のアパートの豪奢なこと!金かかってるだろうなぁと思わせる広い部屋。
「収容所には、学ぶものはなにもありません、何も産みはしません。それは無です」
煤けた缶を受け取った女も、決して赦しをあたえることはない。 

刑期に服する女はそこで字を学ぶが、己れの過去についてはついに反省・悔恨を口にすることなく命を絶つ。

何を学んだのか。 

距離をおいてしか関係を持つことができないと話す父に、娘は涙ぐんだ目をむける。回りくどいが決して踏み込めない。オデッセイの朗読テープ。
なんとなく明るさを感じさせるラストの終わり方でした。 

ケイト・ウィンスレットにただただ圧倒された!!
主人公の娘役の人も好演。


「あなただったら、どうしましたか?」

投稿者:黒美君彦投稿日:2009-07-06 00:58:41
【ネタバレ注意】

何かが足りない…というのが、正直観終わった感想だった。
それは前半のハンナ・シュミッツ(ケイト・ウィンスレット)と15歳の少年マイケル・バーグ(デヴィッド・クロス)のインモラルな関係が濃密な官能性を得て描かれているのに対し、中盤以降の戦犯として裁かれるハンナとマイケルの関係があまりに慌ただしく淡白に描かれているからではないか、というのが私の直感だった。
ドイツにおける戦前の識字率についてはよく知らないが、ハンナは貧困ゆえ満足な教育も受けず、若き日に少しでも良い待遇の職場を求めてナチ親衛隊に志願し収容所で働く。1966年、戦犯として裁かれる彼女は文盲であることを隠すために、同僚たちの悪意を受け容れてしまう。収容所に送り込む囚人の選別をしたということよりも文盲であることが明らかになる方が、彼女にとっては辛い選択だったのかといぶかってしまうが、そこには「収容所で働く=悪」という戦後の感覚と無縁に生きてきた彼女の一面がある。
悪が蝕んだ日常を、彼女は彼女なりに精いっぱい生きようとしていた過去。アーレントが「悪の陳腐さ」と呼んだ日常を生きた彼女には、罰の意味さえ理解できていなかったのではないか…。

私個人は原作は未読だが、この作品は結局前半の印象が強すぎ、ラブストーリーとしてならともかく、原作に本来あったと考えられる個人の贖罪や戦争責任の重みまでには達していないように感じられた。
ドイツ語ではなく全編英語なのも正直不快。K・ウィンスレットは確かに熱演ではあるのだが…。何か物足りない、という印象は払拭できそうにない。

投稿者:ビリジョ投稿日:2009-07-02 11:06:58
【ネタバレ注意】

 わかりにくい。
 なぜ二人は関係を結んだのか、愛し合うようになったのか。
 なぜ彼女は自分の秘密をあれほどまでに隠そうとしたのか。
 彼女の犯罪を、彼はどのように評価していたのか。

 良い映画だと思うが、わかりにくい部分が多い。パンフを読んで分かったこともあるが、読まなくても分かるように映画を作ってほしい。

 それにつけてもケイト・ウインスレットである。「レボルーショナリー・ロード」も凄い映画だったが、この人、どんどん大女優になっていく。「タイタニック」では、ただの金持ちお嬢さんの風情だったのに。この人はどこへ行くつもりなのか。どうでもいいか。でもしかし、無視できない女優になってしまった。 

投稿者:replicant投稿日:2009-06-29 01:29:08
【ネタバレ注意】

『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』に続くスティーヴン・ダルトリーの3本目となる新作。しかし、たった3本とは言え毎回、どこぞの映画祭で監督賞を受賞しているってのも凄いですねぇ。前2作は小生もかなりの好感触だったのですが、今作はちょっと・・・!Σ( ̄□ ̄;) ケイト扮するハンナが自分の秘密を隠す理由がいまいち納得出来ませんでした。個人の尊厳の問題と言ってしまえばそれまでですけど、う〜ん・・・分かりません。おそらく個人の尊厳というより意地とか贖罪なのかもしれませんが・・・だって、15年近く刑が変わるワケですからねぇ。

それにしても・・・「ドイツ語の本は無いの?」って英語で聞いて、「あるよ!」と言って英語で読み出すってのはどうなのかなぁ・・・。

今作でアカデミー主演女優賞受賞のケイト・ウィンスレットですが、裁判までは最高です!さすがに上手い!ところが、老けてからがねぇ・・・う〜ん、ちょっと興醒めでした。一応、そのようなメイクはしているんですが、全く老けている印象がありません。毅然としているオーラが出過ぎています。『ビューティフル・マインド』のラッセル・クロウや『ベンジャミン・バトン』のブラッド・ピットやケイト・ブランシェットは良かったんですけど、やはり演出次第なのかな・・・そう言えば『ゴヤ』のナタリー・ポートマンもイマイチだったなぁ・・・。

話は変わりますが・・・一席空いたところに座った外人カップルがうざくて閉口しました。始まってから30分以上に渡ってはっきりと聞こえるトーンでひそひそ話し!例えば、濡れ場が出てくるだけで、またケイトの裸が出てくる度に「Oh!(笑)」って、お前ら中坊かよ!深刻な状況になってからは落ち着きましたが、エンドタイトルに入った途端にまたまた喋り放し!終わって劇場を出てから「うるせーんだよ!お前ら!」と思いっきり指差して怒鳴ってしまいました!そしたら「スミマセ〜ン!アナタノ、シャベッテイル コトバガ ワカリマセ〜ン!(by English)」だとさ!だったら、日本の空気吸ってんじゃねーよ!迷惑外人!さっさと帰りやがれ!

投稿者:南青山の住人投稿日:2009-06-25 23:36:49
 原作の『朗読者』は日本でもベストセラーになったが,それを実に忠実に映像化している。本から得られる同様の感動を映画からも得ることができる。

 主演のケイト・ウィンスレットは,ハンナを好演する。ハンナは教育を受けていないために裁判長に「あなたならどうしたのですか」と素直に訊いてしまい,ドイツのナチ裁判の欺瞞を暴く。あまりに誇り高いために自分の秘密を守り終身刑となってしまうが,観客は,なぜその程度のことでと思うより,識字というものが暴力を含んでいることに気付かされる。

 情に流されず,安易なカタルシスを求めない原作者の意図は,映画でも貫かれているように思った。



 
投稿者:Stingr@y投稿日:2009-06-24 23:17:19
 前半は少年と年上の女との本当にいい物語に仕上がっている。ところが後半、ハンナがナチとして法廷に立たされるところから別のテーマが際立ってくる。後半の印象は、ああ、金余りのユダヤ人たちは“新手のホロコーストもの”をでっち上げたか!でしかない。“ホロコーストもの”をでっち上げるために、後半全てのストーリーが犠牲になったと言ってよい。この作品を観るひと全員が後半で裏切られることになるのだ。

 マイケルが「ハンナは文盲である」と証言することは、文盲の事実を知らせると同時に、自分自身とハンナとの関係も暴くことになる。人生を始めたばかりのマイケルにとってそれはつらいことだ。人によっては、ハンナが自分の文盲をそこまで恥と思う理由が解らない、大学生になったマイケルが彼女のために真実を証言しなかった理由が解らない、などの感想を言うが、それはストーリー設定、キャラクター設定のひとつでしかない。それについては個人的に好き嫌いを言えばいい。だが、ハンナに朗読テープを送ることが、証言しなかったことの贖罪になるとは到底思えない。

 それなのに、最後にハンナを自殺という形で殺してしまう。ホロコーストに加担したものは必ず死ぬ、これが“ホロコーストもの”の鉄則だからだ。しかし、それでは、証言しなかったマイケルは、どのようにその罪を償うのか?この辺りのストーリーを深めて行く作業が、“ホロコーストもの”をでっち上げるために無視されたのだ。

 原作は知らないが、私なら、自殺でハンナを殺したりはしない。彼女は自殺を試みるが助かる。だが、彼女は植物状態のままになる。刑務所から彼女を引き取ったマイケルは、彼女のかたわらで本を読む。無反応の彼女に届いているかどうかは分らない。だが、彼は本を読み続ける。彼女と出会ったときに読んだ本を。彼女への贖罪かのように……。とするが、いかが?
投稿者:なちら投稿日:2009-06-24 22:16:25
【ネタバレ注意】

その秘密は、本人からしてみれば恥なんだろう。でも、なぜそこまで頑なに守ったのか?
どんな生い立ちならそうなるか、察せられる事が耐えられなかった?そういったプライド?
プライドと仮定すれば、出所が決まった後の行動も、自分なりに納得できる。
彼女は人一倍プライドが高く、他人を愛せない女だった…。

離婚を機にテープを送る彼は、大人になっても純情なまま。元々、不釣合いな二人だったって事だね。

なんかコレね、想像するしかない部分が多くて、若干モヤモヤしました。

投稿者:英国紳士投稿日:2009-06-21 01:06:50
【ネタバレ注意】

かなりイマイチな内容。

二人の始まりからして共感できないから、最後まで結局共感できないまま終わった。頭のネジが一本飛んだ年増の女が、年下の坊やをたぶらかして〜…って。肉欲からスタートしてるから、その後の哀しい人生にもあんまり同情できないし、レイフファインズの行動も感動できない。

本を読み聞かせてあげてた→彼女は文盲だった→捕まった→テープに吹き込んで送ってあげた→最後に死んじゃった→遺志を受け継いであげた

中盤のお話の流れは感動できる要素が満載なだけに、初めの設定でつまずいた感が否めません。残念!

ところで、レイフファインズは改めて見るとケビンコスナーに似てますね。

ちなみに原作は読んでません。あしからず。

投稿者:ASH投稿日:2009-06-21 00:11:38
【ネタバレ注意】

 いや、本当のことを言うと、少年が年上の女性と逢瀬を重ねるという、単なる「ひと夏の体験」モノだとばかり思ってた。原作が世界的ベストセラーだということを知らなかったもんで。映画の前半は予想した通り、かなり生々しい情事が描かれている。演じるケイトも脱ぎ惜しみナシ。

 このハンナという女性がひた隠す、人には言えないある「秘密」が後半の展開に深く関わってくるのだが、それが何なのかは前半部分で仄めかしてある。ハンナがマイケルにした提案は、愛の儀式と言えば聞こえはいいが、思春期盛りの少年の気持ちを巧みに利用したようなものだ。つまり、本を読んでくれたことへのご褒美としてのSEX。ところが、このマイケルの朗読が後半の展開の伏線になっていることが後で分る。その時の感動といったら!!

 人に言えない自分の秘密を守るために、他人の罪までも被ってしまうハンナが不憫でならない。なぜ、彼女がそういう「秘密」を持つに至ったかは映画を観る限りでは分りかねるが、まともな教育を受けてさえいればナチスに関わっていたという事実があったにせよ、もう少しマシな判決が言い渡されていたのかもしれない。無学であったのはハンナのせいではなく、まともな教育を受けられない環境に彼女がいたからではないかと想像できる。そのことで自分の人生が狂ってしまったのだとしたら、それはなんと哀れなことか…。

 ハンナは無期懲役を言い渡されて刑に服すことになるのだが、マイケルから贈られるカセットテープを聞くうちに、今までの無学を取り戻すかのように獄中で「勉強」をするシーンが感動的だ。マイケルの朗読に合わせて、原書の単語を一語ずつ書き出して意味を覚えてゆく。マイケルが贈ったカセットは、彼女のためにラベルには数字と赤い丸だけが記されていて、これが何巻目のテープなのか分るように工夫してあるとは、なんと言う思いやり! 努力の結果、拙いながらも遂にハンナは手紙をしたためられるようになる。また文面がそっけないのが、彼女らしくっていいんだよね。

 難を言えば、ハンナとマイケルが最初に関係を持つのがあまりにも唐突で、アレじゃ安っぽい欧州製エロ映画みたいに見えちゃうこと。まあ、あまりこの部分に時間を費やしてもしょうがないと判断した結果かもしれないが、少年が魅力的な年上の女性に想いを寄せるのは容易に想像がつくが、ハンナは「読書」という言葉だけでマイケルと関係を持とうと思ったのかしらん? マイケルが四六時中、ハンナのことで頭がいっぱいというのはよく分かる。15歳という思春期盛りにアンなことや、コンなことをしてもらえるんだもん。自分の誕生パーティも放っぽりだすって!

 さて、本作で遂にオスカー受賞となったケイト・ウィンスレット。素晴らしい熱演を披露しているのは間違いないが、ケイトにはこれくらいできて当たり前と言える範囲内でしょうよ。要は、それほど驚くような演技でもなかったということ。まあ、これは今まで作品に恵まれながら逃してきたケイトへのお詫びを込めた受賞だったと解釈しましょうか。オスカーは演技力の優劣を競う賞じゃないからね。

 どちらかといえば、少年時代のマイケルを演じたデビッド・クロスの方が圧倒的に光っていた。彼はマイケルの心の機微が観客にも手に取るように分る演技を披露していて、お見事と言うしかない。ハンナの判決が言い渡された裁判での傍聴席で、彼が流した涙にはいろんな意味が込められているのが読み取れる。少年時代にあんな濃厚な関係を持っちゃったもんだから、そのことがトラウマになって成長してからは他の女性と上手くいかないのは、ありがちだもんな。

 おそらく、終戦間近に生まれたであろうマイケルが、収容所というものをよく知らずに今まで過してきたため、そこがどんな場所なのか自分なりに確かめに行くシーンが印象的だ。さりげなくではあるが、ナチスの非道さがアレだけで瞬時に分るのはさすがなのです。

 オールヌードも辞さない、ケイトの女優魂には毎度のことながら感心させられる。どこか生活にくたびれたような、決して綺麗な裸とは言えないかもしれないが、それでもあの濡れ場では官能的な雰囲気を醸し出しているんだから、たいしたもんだよ。ハリウッド女優はここまで体当たり演技はしないもんな。

 アンソニー・ミンゲラとシドニー・ポラック。生涯最期のお仕事だったとは…RIP。

【ニュース】
スティーヴン・ダルドリー監督サスペンス・ドラマ「Trash」、最新予告編2014/08/28
スティーヴン・ダルドリー監督サスペンス・ドラマ「Trash」、予告編2014/08/01
オスカー・レース注目作「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」、予告編2011/09/29
レイチェル・ワイズ主演サスペンス「Page Eight」、予告編2011/08/17
スティーヴン・キング選定2009年ベスト・ムービー2010/01/05
DVDリリース情報:「コネクテッド」「アザーマン ―もう一人の男―」etc.2009/12/01
DVDリリース情報:「愛を読むひと」「ナイト ミュージアム2」etc.2009/10/20
ベルンハルト・シュリンク原作×リーアム・ニーソン主演「The Other Man」、予告編2009/08/04
アカデミー賞作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に、日本勢もW受賞の快挙!2009/02/23
英国アカデミー賞結果発表2009/02/09
映画俳優組合(SAG)賞結果発表2009/01/26
アカデミー賞ノミネーション発表!日本からも「おくりびと」と「つみきのいえ」が候補に2009/01/22
ゴールデングローブ賞結果発表2009/01/12
注目の放送映画批評家協会賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に!2009/01/09
映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション発表2008/12/19
シカゴ映画批評家協会賞は「ウォーリー」に2008/12/19
ゴールデングローブ賞ノミネーション発表2008/12/12
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2008/12/10
ロジャー・エバート氏選出、2008年ベスト202008/12/09
スティーヴン・ダルドリー監督『朗読者』映画版、予告編2008/11/04
『朗読者』映画化、妊娠のN・キッドマンの代役にK・ウィンスレット2008/01/09
『朗読者』映画化、ニコール・キッドマンとレイフ・ファインズが出演へ2007/08/20
【レンタル】
 【Blu-ray】愛を読むひと 完全無修正版レンタル有り
 【DVD】愛を読むひと 完全無修正版レンタル有り
【ミュージック】
【CD】 Reader
新品:
1新品:¥ 4,950より   0中古品より 

【書籍】
■原作
【文庫】 朗読者 (新潮文庫)
新品:
3新品:¥ 594より   378中古品¥ 1より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION