allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

26世紀青年<未>(2006)

IDIOCRACY

メディア映画
上映時間85分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開
ジャンルコメディ/SF
26世紀青年 [DVD]
参考価格:¥ 1,490
USED価格:¥ 4,999
amazon.co.jpへ

【解説】
 極秘実験で一時的な冬眠状態にされるも手違いで500年後に覚醒した男が、国全体がおバカになっている有様に驚愕しながらその改善へ奔走する姿を描いたSFコメディ。
 アメリカ国防総省は、極秘で人間による冬眠プログラムを進めていた。そして被験者には、典型的なアメリカ人である兵卒のジョー・バウアーズと、売春婦のリタが選ばれた。1年間という設定で実験は開始された。しかし、責任者が不在となり、ジョーたちは忘れ去られた存在となってしまう。やがて、2人が目覚めた時には、何と500年が経過していた。しかし、未来の世界は、国民の民度が著しく低下しており、環境破壊も歯止めが効かず、全てが堕落しているという体たらく。そうした中、最も優秀でマトモな人間のジョーが国務長官に任命され、様々な問題を一手に引き受けるハメに。ジョーはタイムマシンを使って過去に戻り、未然に対策を講ずるしかないと判断するのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:MAKO投稿日:2012-09-28 08:56:54
その筋では結構な評判だったのでDVDで鑑賞。
正直笑えなかった。俳優たちのバカアホ演技がリアルすぎるのだ。
Idiotというよりは、Retardな感じがひしひしして、不謹慎とギャグの
かなりきわどいところを感じさせる。

バカも突き抜けると恐ろしいことになるなぁ。アメリカにしろ、日本にしろ
なんだかこんな未来もあり得るんじゃないかとちょっと考えちゃった。ブルブル

この作品にはいわゆる美人がほぼ出演してない。そこはちょい減点させて。
でもそれがまた変なリアリティを醸してるんだよなぁ。
投稿者:bond投稿日:2010-09-02 09:59:40
ばかによるばかのための、、、、、、。戦いはバトルランナーを思いだした。
投稿者:コハダ投稿日:2010-03-06 18:52:49
人によって読みが千変万化する映画だと思います。
私の場合、冒頭部分の風刺の鋭さに「オイオイ、ゾッとするよ!」と思いつつ最後には「この世界もアリか?少なくともバカはウソつかないから」「いや、けっきょく何も違わない」といった複雑な思いが去来しました。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-12-02 01:58:33
冒頭の家系図はお見事(笑)
確かにコレ・・・一理あるでしょ(爆)

人体実験とか冷凍保存に関しては、500年も眠ってたのにドーシテ?ナンデ?と言った疑問に一切答えない無理やり感がありましたが、目覚めた未来が馬鹿な国になっていたのは最初の家系図もあって無理なく鑑賞できました。
ここだけ変に説得力と現実味がありますよね(笑)
この力とセンスが全体に反映できなかったのはとても残念です。

バタバタ警察沙汰を盛り込むよりも、ゴミの始末も出来ないような驚くべき社会を少しでも良くしようと駆け回る展開にしたほうが面白かったでしょうね。
そのほうが今の社会を皮肉るような工夫も見れて良かったと思いますよ。

直接彫るIDやゲータレードは個人的にツボでしたが、いかんせん笑いがしつこいですね。
子供と同じで、何回も調子に乗って笑わせようとしている感じにイラッとしちゃいました(爆)
他にも尻ネタ、オタマネタがウンザリするほど繰り返されます。
これには粗雑さを感じずにはいられませんでしたね。
下品でアホで汚い笑いがどうのこうのと言うよりも、同じネタで引っ張ってしまったのがイタかったです。

超平均的男というキャラを演じたルーク・ウィルソンの平凡ぶりは素晴らしい☆
・・・もちろん演技ですよね?(笑)

単なるお馬鹿映画を越した理解不能な笑いになっているので、笑えるかどうかは難しいですが真新しい設定と発想は良かったと思います。
倫理的に他人を馬鹿にする人は許せない!という高尚な方には不向きな作品です(笑)
投稿者:scissors投稿日:2009-09-07 18:17:02
これを褒める人は、批判を込めたブラックユーモアだとか言うんだろうな。
作中でもそう言い訳するかのような逃げ道が用意してある。
しかし差別や優生学の上に成り立っている映画であることに変わりは無く、こんなものでは笑えない。

っつーかこの辺の人が作るコメディってのはなんでこうえげつないかね。
FOX扱き下ろしだけはちょっと気持ちよかったけど・・・。
投稿者:なちら投稿日:2009-06-10 20:47:48
副題の「ばかたち」がお気に入り。バカ達でも馬鹿たちでもなく平仮名でばかたち。すっごくバカそう。

確かにキャリア優先の人物はなかなか子作りしないし、避妊と無縁な人物は若干やんちゃだったりする…。
う〜ん、辛辣でヒヤヒヤするよ!

キャスターはボディビルダーで、映画は延々尻が映るのみ。
企業広告とセックスとメガサイズのファーストフードとゴミの世界!

今の世の中を省きに省いたら、まさにこの映画の通りかも。これは、笑えるようで笑えないぞ!
投稿者:ASH投稿日:2009-03-08 13:40:23
【ネタバレ注意】

 ふざけた邦題とセンスのよろしくないDVDジャケのお陰でスルーしちゃいそうだが、マイク・ジャッジによるSFコメディのコレが意外なケッサク! 人類の知的水準の低下を憂慮しているインテリゲンチャな連中(お前のことだよ)が観た日にゃ、笑って済ませられない?

 インテリ層は避妊をしたり、いざ作ろうとなると精子が薄かったりで知能指数の高い子供が殆ど産まれず、代わりにろくに避妊もしないホワイト・トラッシュたちが後先考えずに子供をポンポン産み散らかし、その結果、知能指数の低い子供たちが増加して人類の知的水準が低下の一途を辿った500年後の未来。これがあながち嘘くさい設定ともいえないのが、怖い!

 TV番組に熱狂し、企業が仕向ける宣伝に躍らされて消費をするアメリカ人気質を痛烈に皮肉っている。大量消費の象徴ともいえるコストコが法律学校を運営してるだなんて、毒がキツイよ。なんでも人任せで、自分で考えたり行動することすら辞めてしまった国民。これがアメリカだけの問題ではなく、どっかの極東の島国にも当てはまるかと思うと、笑ってばかりもいられない。

 とにかく、マイク・ジャッジは細かいディテールで未来社会の荒れっぷりを描き、それがどれもことごとく底意地が悪いという始末。ゴミの山がうず高くそびえ、街中はどこもかしこもゴミだらけ。500年後とはどうやら男性優位社会になっているようで、女性は手コキだけでもかなりの収入を得られるようなのだ。これは男性が遺伝子的に優れているというわけではなくて、なにかとシモのことしか考えない男というものを、かなり強烈に茶化してるのね。

 裁判はTVショーと化し、受け狙いのために不当な判決が下される。プロレスの猛者が大統領に選ばれる。犯罪者への制裁はモンスタートラック・ショーによる公開処刑だ。飲料水は大企業によって独占され、そのすべてがスポーツ・ドリンクで水はトイレを流すためにしか使われない。ファーストフードやジャンクフードが食料品のすべてを占める…。実際、あの国は本当にこうなりつつあるからなぁ…。企業ロゴがデザインされた派手なシャツがイイね。

 ズバ抜けて知能指数が高いわけでもない、平均的なアメリカ人であるジョーが、この500年後の未来では世界一頭のいい男となり、崩壊寸前のアメリカの救世主となるところに、この映画のテーマが込められているわけだね。ジョーが国民に向けた演説が、マイク・ジャッジが言いたかったメッセージなのだ。「B&B」では究極のボンクラどもを描いたジャッジが、こんな形で現代アメリカ社会への危惧を問うなんて、随分と円熟しちゃったんだなぁ。

 アメリカ国民の総白痴化に貢献(?)している、そんなイメージすらあるFOXチャンネルの系列であるFOXがこの映画を製作しているということにひとつの意味がありそうね。三大ネットワークに比して後発のFOXchは、かなりエゲツない番組作りで人気を得たわけだから、ひょっとするとどこか自虐的な部分があるのかも。もっとも、ジャッジとは「KOTH」で関係があるから、それだけのことなのかもね。

 過去へ戻ろうと、タイムマシンがあることを教えられたジョーがそれを探すのだが…。ルーク・ウィルソンは、こういうアタフタする役をやるとハマる人だと思うが、ここでもその本領を発揮していて上手い。最後の演説ではおちゃらけたコメディのくせに、どこか感動的ですらあるんだからたいしたもんだよ。残念なのは、お相手役のマーヤ・ルドルフにイマイチ魅力がないこと(上手いけど)。もちっと美人の方がよかったなぁ…。

 ダックス・シェパードも上手いねぇ。打てば響くという会話ができず、何か喋る前にほんの少し間があるのがすごいリアル。まあ、ダックスはアホ・キャラを得意としている人だから、このくらいできて当たり前なんだろうけど。TVを観ながらヘラヘラ笑いで独り言を言ってたり、こういう人って本当にいるもんね。ソファと便器が一体化してるなんて、なんと横着な!!

 ジャッジが監督しているだけに、「B&B」でもお馴染みのあの「huh huh huh」という笑い方が出てくる!

 ところで、本作が「ウォーリー」の元ネタのひとつであるという噂は、多分、本当だと思うよ。かの映画の着想の中になかったとは言わせないぞ、ピクサー!! と言いたくなるくらい、類似シーンが多いのよ。ゴミの山はもとより、畑に植物の芽がいっぱい生えているところとか。

 劇中に出てくる「Brawndo」というスポーツ・ドリンクのCMがYouTubeにアップされているんだけど…。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】26世紀青年2009/10/02\1,419amazon.co.jpへ
 【DVD】26世紀青年2009/03/06\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】26世紀青年レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION