allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ラーメンガール(2008)

THE RAMEN GIRL

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2009/01/17
ジャンルコメディ/ドラマ
ドンブリの底に、見ろ──
これが日本のラーメンと人生の極意(スピリット)
ラーメンガール [DVD]
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ハリウッドの人気女優ブリタニー・マーフィを主人公に、アメリカ人女性が遠い異国の地、東京でラーメン修行に励む姿を描いた異色コメディ・ドラマ。共演は西田敏行。恋人を追いかけてアメリカからはるばる日本にやってきたアビー。ところが、その恋人にあっさり捨てられ、言葉も通じない東京で一人途方に暮れてしまう。そんな時、彼女はふと入った店で食したラーメンに感激し、救われた気持ちになる。そして一念発起したアビーは、その店のガンコ親父マエズミに弟子入り志願し、ラーメン修行を始めるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-01-16 19:52:29
アメリカの女の子が日本のラーメン屋に弟子入りする物語。主演のB.マーフィは翌年急死しているので、今となっては貴重な作品となっている。
製作がハリウッドなので、観ている観客は日本語も解らなければ日本の文化も理解していないことが前提にある。したがって、このある種エイリアン感が感じ取れないと、本当に映画を楽しむことはできないので、日本人はもっぱらキュートなB.マーフィを堪能することになる。
西田敏行演じるラーメン屋のオヤジは、B.マーフィ演じるアビーを徹底的に鍛える・・・が、残念ながらイジメにしか見えない。そのイジメに我慢して耐えているアビーのしぐさや表情がとても可愛くて、ついがんばれ!と応援してしまう。
西田敏行、余貴美子、山崎勉と日本人俳優に一流どころを配したおかげで、この手の映画にありがちなB級感がなく、画面は締まっている。その中で、どこかぎこちないB.マーフィの最後の演技をぜひ観てあげて欲しい。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-03-12 02:54:07
題材は悪くない。どちらも相手の国の言葉を殆ど理解していないのに、西田の実家のおばあちゃんとは通じ合うみたい(笑)。日本の彼氏を韓国人俳優が演じてるのは英語力の差? 山崎努が石橋蓮司の息子のラーメンを不味そうに食べながら合格にしたりするなど、話の流れと一致しない表現も少なくなかった。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-02-05 04:20:42
ブリタニー・マーフィがどんな気持ち悪い日本語を話す映画なのかと思ったら、ほとんど話してないから安心した(笑)
そして・・・とにかく可愛かった♪

物語としてはファンタジーと言えるぐらい荒唐無稽だけど、日本語を話せないアメリカ人と英語を話せないラーメン屋の親父のやり取りが滑稽で良かったです。
店の掃除や手伝い、恋愛ばかりで肝心なラーメン作りを学んでいる姿が出てこなかったのは残念ですが、、ラーメン屋の親父と心を通わせていく展開には気分が和みました。
欲を言えば「この親父、ホントはイイ奴じゃん!」みたいなシーンがいくつか入っていると温かみが出たでしょうね。
あまりに傍若無人だから、それに耐えるアメリカ人女性というのが何かのプレイにしか見えませんでしたよ(爆)

店のお客さんや外国人たちの登場は無駄になってしまったカナ・・・。
本当に上辺だけしか描いていないのに妙なキャラクター性があるから、気になって仕方がなかったです。
特にラーメン屋の常連組。

恋愛部分に関しては、純日本人を恋のお相手にするのではなく祖父母が韓国人の男性にしたあたりが上手いですね。
これを無理やり純日本人の設定にしちゃったら「顔が違うだろ!」って違和感につながりますから(笑)
やはり純日本人じゃないほうが流暢な英語を話せるという意味でもシックリきたでしょう(爆)

しかし、部屋のインテリアなど外国人監督による違和感はやはり拭いきれませんでした。
それに一番大事であろうラーメン!!!
もっと美味しそうなラーメンを用意できなかったんですかね(爆)

もう少し速く描くところと丁寧にゆっくり描くところのメリハリがあると良かったでしょうが、B級人情コメディ(ファンタジー風)として鑑賞すれば無難に楽しめるのでは?
今は亡きブリタニー嬢の魅力を堪能するにも良いコミカルさだと思いますよ。
投稿者:スレイヴデイトン投稿日:2010-02-03 14:47:18
WOWOWで鑑賞。

Story、人物設定、日本人の生活描写、そしてTitle。
全てが酷い、酷すぎる。
直前に「ジャガーノート」、「サムライ」を観た後だけに、同じ洋画と言う範疇で捉えれば、この作品の余りの酷さに開いた口が塞がらない。

20代後半、もしくは30代前半の独身男性の住処に雛人形が飾ってあるなんて、何考えてんだ、演出家さんよ!
投稿者:bond投稿日:2010-02-03 09:38:25
なんか、似たような話他にもあるけど、下町人情劇でOK.アビー役がキュートでよかった。
投稿者:aaf投稿日:2009-06-08 00:56:18
コメディ映画なんですがプリタニーは可愛いし西田さんは上手いしで
一応見られるレベルにはなっていますけど
役者の魅力だけで脚本や演出がおざなりなのはどーなんですかね?

こういう映画って「たんぽぽ」思い出しちゃいますけど
ま、あそこまでクドイウンチクはいらないと思いますが
男に振られたから異国でラーメン修行ってのはあまりに唐突すぎます。
よしんばそれでOKだとしても何故ラーメンなのか?
日本人にとってラーメンてなんなんだろう?
って言うのを客観的に米国の視点でいれるべきなんじゃないですかね?

そういう文化の違いを活かせばもっと面白いものに
なったと思うのですが とーもろこし、だけじゃねぇ。

相手役が韓国人ってのも意味深ですな。そのわりにストーリと
まるで関係ないし、いやそもそも主演の二人以外はいなくても
全然OKなんだね。ラーメン屋さんの中ですべて完結しているわ。
主演の二人に熱演してもらってあとは適当にって感じが良くでてますね。
スタッフはラクしすぎ。
投稿者:ビジョン投稿日:2009-05-29 23:47:10
【ネタバレ注意】

ハリウッド映画なのに舞台が日本で日本人も多数出演している、という事で
どんなもんや!? と思って視聴してみました。
そもそもジャンルが違いますが、キルビルみたいなのに比べると、ちゃんと日本だな、って感じはしますね(当たり前ですが)。
しかし日本人役で唯一英語を喋れるキャストが韓国人というのは情けないやら何やらという気はします。(如何にも英語至上主義的な考え方みたいで自分でも嫌ですが)

たかがラーメンされどラーメン。実際には言葉も通じない外国人が一年位で本格的な物が作れるのか、という疑問はありますが、まあそこはフィクションという事で・・・。
ラストが状況描写のみだったので解りづらいですが、ヒロインは免許皆伝(?)後、アメリカに帰ってラーメン屋を開業した、という事で良いのかな?

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ラーメンガール2010/04/21\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ラーメンガール <期間限定生産>2009/11/18\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ラーメンガール2009/05/27\3,790amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ラーメンガールレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION