allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アンドロメダ・ストレイン(2008)

THE ANDROMEDA STRAIN

メディアTVM
上映時間176分
製作国アメリカ
公開情報スター・チャンネルで放映
ジャンルSF/サスペンス
アンドロメダ・ストレイン [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 950
USED価格:¥ 980
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ミカエル・サロモン
製作総指揮:リドリー・スコット
トニー・スコット
トム・セイヤー
デヴィッド・W・ザッカー
共同製作総指揮:ミカエル・サロモン
原作:マイケル・クライトン
脚本:ロバート・シェンカン
撮影:ジョン・ジョフィン
編集:スコット・ヴィックレイ
音楽:ジョエル・J・リチャード
出演:ベンジャミン・ブラットジェレミー・ストーン博士(疫学博士)
エリック・マコーマックジャック・ナッシュ(フリージャーナリスト)
クリスタ・ミラーアンジェラ・ノイス博士(宇宙生物学者)
ダニエル・デイ・キムチィー・チュウ博士(微生物学者)
ヴィオラ・デイヴィスシャーリーン・バートン博士(病理学者)
ジャスティン・ルイスファーラス大佐
バリー・フラットマンチャールズ・ビーター
テッド・ウィットールウィリアム・スコット大統領
テッド・アザートンエド・デウィット
トム・マクビースカイル・トーバー
リッキー・シュローダービル・キーン少佐(ウィルス学者)
アンドレ・ブラウアージョージ・W・マンチェック将軍
ジェシー・モスジェフ・メーガン
マグダ・アパノヴィッチスージー・トラヴィス
エミリー・ホームズジョアンヌ・スコット
【関連作品】
アンドロメダ…(1971)同一原作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:塚原新投稿日:2015-06-16 23:34:44
先のレビュワーの方々に言い尽くされてますね。オリジナルと比べると、全く方向性が逆に向かってるため、拒絶感がものすごい(笑)。一方、オリジナルを知らないと、普通に今風のパニックTVMとして見られるかも?
ただ、やっぱり作りとしては、ジャーナリストは全く必要なかったし、未来からのメッセージって設定も破綻していると思う。
導入部だけは迫力あるが、後半はグダグダになるってのも最近ぽいなあ。
政治家とかその他の人物とか多く出して、無駄に並列で複雑な作りにしようとしているのも気になるし。『24』みたいな感じを狙ってるんだろうなあ。
原作はM・クライトンが一人でじっくり考えた作品で、こちらは何人もが「映画的な面白さ」を色々アイデアを出し合って、とっ散らかってしまったという印象を受ける。
投稿者:さとせ投稿日:2011-12-30 06:10:47
人工衛星が落下。その付近に居た住民たちがウイルスのためか全滅してしまう。米軍はバイオ部隊ワイルド・ファイアを結集し収束に充てようとするが、アンドロメダウイルスが強すぎて軍も全滅しそうになり・・・。

「アンドロメダ」のリメイクをTV化、劇場版とクオリティの違いが気になるが何てことは無く金がかかっていてCGやセット等、目を見張るシーンが多く、特にウイルスにかかり死ぬシーンのメイクや鳥が襲ってきて銃撃戦になるシーン等、TVにしては凄まじくさすが大国アメリカと思ってしまう。
DVDは前後編に別れて収録されていて5.1chがこの作品の出来を加速させている。あ、個人的には「LOST」のジンが出演しているのが笑えた。
投稿者:has42120投稿日:2010-08-04 00:05:29
ベンジャミン・ブラット
投稿者:NIMBUS投稿日:2010-06-06 21:09:28
観終わって3時間も無駄にしたような気になりました。
以前から、「アンドロメダ・・・」のリメイクもいいかもしれないと思っていたのですが、
同じことを思った人が、台無しにしてしまったようです。
原作は読んでいませんが、ロバート・ワイズ監督の前作のほうが緊張感もあるし、
アンドロメダそのものに対して、それがどういうものなのかを観ている人に分かりやすくしていたと思います。
今作では研究所外でのお話とか研究者たちのディティール等、余計な付加物多すぎます。
必ずしも前作が完璧だとは言いませんが、今作で違和感がありすぎた部分を上げますと、

1.以前から用意され、緊急の時に使われる施設にしては小さく(施設見取り図は大きいが、)ほぼ無人に近い。
 そういった施設は、維持管理、周辺設備等、規模の大きくなるものであり、設備維持管理の人間は多い。
2.切迫した状況にもかかわらず研究者が悠長に食事していたり、研究者がフィトネスルームでルームランナーやキス等、
3.ワームホールだの未来からの通信だのトンデモ設定や各研究者の口から出るだけで試験管内も映さない研究結果の数々。
 研究者たちが必死で解決策を探しているようには到底思えない。その為解決策が見つかっても、観てる人間は安堵感も無い。
 コンピューターで口頭で指示を与えるだけで何でもやってくれるような研究設備も現実味が無く絵空事感が倍増。
4.携帯電話を通じて外と通信して家族や記者に知らせたりするというような機密概念の無い研究者。
5.動物を媒介にした後、目に見える形で広がる(しかも異常に速い)野山を汚染していくアンドロメダ。草木も感染?w
6.3時間もの無駄な長尺。前作は2時間。

全体を通して危機感が無い。使い古されたシチュエーションである「政府内部の悪い人間/組織が云々」っというのが飽き飽きする。
TVクオリティならこんなものか・・・という感じでしょうか。
お金を払ってまで3時間も無駄に過ごすのはお勧めしませんね。
ロバート・ワイズ監督の前作を激しく強力にお勧めします。
投稿者:uptail投稿日:2010-05-14 22:00:36
ベンジャミン・ブラット
投稿者:藤本周平、投稿日:2009-11-19 18:03:45
オリジナルの方は未見。まぁ無難な出来
投稿者:お受験投稿日:2009-04-26 11:52:47
リメイク版はハズレが多いので恐れおののきながらも、
リドリー・スコットの名前につられちょっぴり期待して観たのですが、
後編の途中で余りの荒唐無稽さにあきれて観るのをヤメました。

緊迫感あふれていたロバート・ワイズ監督作品と比較し雲泥の差でした。
マイケル・クライトンの原作をここまで貶めるとは、犯罪的かつ無駄な投資だと思いました。
科学的素養の乏しい人間が脚本を書くと、こんなヘンテコな作品になってしまうんですね。

投稿者:ハッピーm投稿日:2009-03-12 18:33:03
【ネタバレ注意】

この手の作品は最も好きな部類に入ります。  降ってきた衛星から街を壊滅させるほどの細菌が。しかもどんどん進化し、隔離する間もなく広がっていく・・・  打つ手は無いのか!?   そんな恐ろしい状況に、数人の科学者達が立ち向かう。  そこまではドキドキして究極的な困難が興奮させてくれていたが、見つけた特効薬は原始的な細菌で、空から散布して一件落着! というラストだけちょっと残念。  途中までが本当に面白かっただけに最後の盛り上がりに欠けた気がしてならない。  地下の隔離シェルターのラストの自爆装置発動も何か足りない感じがしてしまったが、、、
これがTV映画であることが少々もったいない。  

投稿者:verkhovensky投稿日:2009-01-25 01:04:45
スター・チャンネルでロバート・ワイズ監督による旧作映画ともども放映したのを一気に見ました。旧作も改めて、当時としてはよくできてゐると思ひました。このテレビ版は3時間近い長尺の分、科学者の家族などのエピソードをあれこれ突つ込んでゐるのが煩はしいものの、より現代的・スマート・スケールの大きい、上等の出来栄えです。特に前半が目を離せません。病原体の性質・由来に関する論議が精緻といふか複雑怪奇ですが、まあSFらしくていいでせう。クライマックスの投げ上げは、あの距離と体勢では至難と思ひますが。
投稿者:投稿日:2009-01-20 15:49:56
「アンドロメダ・・・」再映画化するなんてとんでもないし
テレビ映画かよ、、、
せっかくなら大画面で文句言ってやろうと観ましたが
現代版としてリアルによみがえりました!
クライマックスはわかっていてもハラハラします。
仕掛けも満載でもう一度観たくなります。
【レンタル】
 【DVD】アンドロメダ・ストレインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION