allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フロスト×ニクソン(2008)

FROST/NIXON

メディア映画
上映時間122分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2009/03/28
ジャンルドラマ/伝記/サスペンス
楽園か荒野か──
人生を賭けた闘いが始まった!
フロスト×ニクソン [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 540
USED価格:¥ 539
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれ、その後罪を認めることなく沈黙を守り通したニクソン元米国大統領。しかし辞任から3年後の77年、一人の英国人司会者デビッド・フロストが彼の単独TVインタビューを敢行する。本作は全米中が注視したこの伝説のTVインタビューをテーマに、その舞台裏で繰り広げられた両者のブレーンを巻き込んでの熾烈な駆け引きと緊迫のトーク・バトルの模様を、名匠ロン・ハワード監督がスリリングに描き出した実録ドラマ。原作は、本作の脚本も手掛けたピーター・モーガンの舞台劇で、同舞台でそれぞれニクソンとフロストを演じた「ナインスゲート」「スーパーマン リターンズ」のフランク・ランジェラと「クィーン」「アンダーワールド」のマイケル・シーンが映画版でもそのまま同じ役に起用された。
 1974年。アメリカの歴史上、初めて任期途中で自ら職を辞した大統領という不名誉な称号を背負うことになったリチャード・ニクソン。その後は沈黙を守り、国民は彼の口から謝罪の言葉を聞けずにいた。その頃、英国の人気テレビ司会者デビッド・フロストは、より高いステータスを手に入れるべく全米進出の野望を抱いていた。そこで目を付けたのがニクソンの単独インタビュー番組というものだった。さっそく出演交渉を開始するフロストだったが、海千山千のニクソンは法外なギャラを要求しつつ交渉を有利に進めていく。さらに、3大ネットワークへの売り込みも、コメディアン上がりのフロストなんかに大物政治家の相手が務まるわけがないとの理由で不調に終わる。フロストはやむを得ず、番組を自主製作することを決意、そのために莫大な借金を抱え込むことに。こうしてようやくニクソンの単独インタビューには漕ぎ着けたものの、番組が放送局に売れるかどうかは、ニクソンから謝罪の言葉を引き出せるかどうか、その1点にかかっていたのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
320 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-01 01:43:52
ロン・ハワードらしい、ちゃんとした作り。
投稿者:★★CINEMAN+α★★投稿日:2013-07-27 12:48:32
小難しい政治映画かと思って、ちょっとビビって観たが、そんなことはなかった。これは喋りのプロ2人のトークバトル!観入った!
結構なエンターテイメント作だった。フランクランジェラの渋さと哀愁漂う演技は素晴らしい!
投稿者:ひろちゃん2001投稿日:2010-10-24 21:48:32
アメリカ人は、不正に対しては執拗に追及する。
日本では、田中角栄を問題を暴く映画もないし、今、それを描く事なんか
ほぼないのと大違いである。
しかし、アメリカって、ニクソン嫌い(共和党)嫌いな映画人ってほんと多いですね。

この映画はイギリスでの舞台の映画化であるが、ニクソン=悪の前提で、
本音を如何に引き出すかを描いているのであるが、日本では、そのフロストの
放送も話題にならないし、その番組の存在も知らないので、その舞台裏を
描かれても、いまいち、ぴんと来ないのが本音であるし、「それで?」と
感じてしまう。

ロン・ハワードの演出も、普通なので、そのニクソンの内面に
迫っているかというとそれほどでもなく、内幕ものとしても
突出する内容もない。
役者たちも特にニクソンに似てもいないし、TVショーの司会者自体も
知らないので、似ているのかもわかりません。
投稿者:nabeさん投稿日:2010-07-25 02:25:36
大統領を辞任しても「Mr.President」と呼ばれ、毛沢東だとかブレジネフに会った時の話をして煙に巻く超大物政治家と、一介のコメディアンあがりの司会者。この二人のインタビューは、恐らく最後にフロストが勝つんだろうな、とわかってはいても、最後の場面で涙してしまった。フランク・ランジェラ恐るべし!
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-02 09:12:39
出来心で通好みの映画を撮ってしまう
正統派超大作監督ロン・ハワード
「フロスト×ニクソン」は
キャスティングだけでも必見なのに
内容は更に深く、素晴らしい
http://mototencho.web.fc2.com/2009/frostn.html
投稿者:はまま投稿日:2010-03-13 16:01:22
フロストの顔がいい。
ニクソンもそうだが、微妙な表情の変化がドラマを語っている。
まるで能みたい。だけど、決して作り手は意識していないとおもうけど。
ロン・ハワードはCGを使うけど、それにのめりこむことなく、ストーリーテリングに徹するところが今のハリウッドの中では貴重な存在だと思う。
本作は、彼の力量を立証している。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-08 03:46:23
ウォーターゲート事件、ベトナム戦争など悪名高きニクソン大統領というイメージですが、知名度は抜群に高い・・・一方、イギリスの司会者フロストは私の中で知名度ゼロ・・・だから、こんなインタビューがあったことすら全く知りませんでした。

大統領の地位を失う事になった事件の全容と罪を認めさせる発言を聞き出すべく入念なリサーチに励むフロスト側と一度傷ついた名誉を取り戻すべくインタビューに挑むニクソン側の駆け引きが強烈でした。
フロスト×ニクソンが正面から向き合いお互いの考えをぶつけ合うインタビューシーンも手に汗握る緊張感で満たされます。
一つの質問に長々と答え、フロストに話す隙さえ与えないやり口にはニクソンのずる賢さ、悪賢さがにじみ出ていましたね。
ケヴィン・ベーコンのキャラクターは面白みがあったので、もっと脚本に生かせると良かったカナ・・・。
ニクソン大統領の優れた成果や働きを紹介するニクソン崇拝者として登場させると奥行きが出たでしょう。

前半こそ倦怠感のつのる作風ですが、ドキュメンタリーでも観ているような作りは臨場感があってGOOD
もう少しインタビューシーン以外で奥深い味わいが出せると良かったですね。
インタビューシーンの再現ばかりに気を取られて、他の部分はリサーチ不足だったのかしら?
それぞれの陣営のドラマ、特に取材チーム4人のドラマに関してはほとんど無いと言えます。
イギリスから一緒に来たプロデューサーなんて何をしてたのか思い出せませんから(爆)
個人的にあの電話のシーンは消化不良なので要らなかったし、女性の存在も必要なかったですかね。
こういった無駄を省いて、取材チームのドラマを入れてくれると仲間割れや不信感に対して感情移入することが出来たと思います。

ニクソンを演じたフランク・ランジェラのゾッとするような堂々としたオーラは威圧感満点ですし、チョットした表情に哀れさを出すなど流石の演技で惹き付けられました。
映画自体はフロスト側から描かれているにも関わらず、完全にニクソン映画になってしまったのはフランク・ランジェラの存在感が大きいからでしょう。
サム・ロックウェルも思い詰めた感じが出ていて素晴らしかったですね。

派手さはないし、どちらの人物像にも好感は持てませんが、、野心家vs策士家の白熱した戦いは見応え十分です。
インタビューと役者たちの演技だけでも及第点以上は確実だと思いますよ。
それほど敷居の高い作品では無いので予備知識がなくても理解に苦しむような事はないと思いますが、念のためニクソンについて軽く調べてから鑑賞したほうが楽しめるでしょう。

意外と音楽が良かった。
投稿者:bond投稿日:2010-03-04 09:39:07
そんなインタビューがあったなんて知らなかった。しゃべり上手のニクソンだが、心の重責を解きたかったのね。
投稿者:陸将投稿日:2010-03-02 15:48:33
【ネタバレ注意】

ロン・ハワードらしく手堅くまとめられた本作はまず、ニクソンという米大統領の中で大きな汚点を残した人物を描きながらも、彼への監督の個人的な思いや政治的な賛否を完全に排除し、ニクソンを知らない人は退屈になりそうな題材を、2人の決闘のような形で盛り上げていくストーリーが面白い。台詞からも作り手があたかもボクシングのタイトルマッチを意識させるものがあったが、チームを結成し、相手をとことん調べ上げ、セコンドをつけ、いかに相手をねじ伏せるか入念に作戦を練り、そして討論に臨んでいくまでのストーリーはまさにエンターテイメントである。またフロスト、ニクソン両者ともに人間性が滲み出たキャラクターになっており、非常に魅力的な人物として描かれている。特にフランク・ランジェラは、前大統領としての威厳や誇りと、犯罪者としての後悔や懺悔の念にかられる狭間で葛藤する苦しい胸の内を打ち明けていく場面など本当に巧みである。政治色がまったく感じられない分、とてもすんなりとストーリーに入れる。ただ、合間合間に数年後に側近たちが当時を振り返るインタビュー映像が入ってくるのだが、それを流すことによって何の効果も表れていない。むしろ映画の流れを裁断しており、完全に裏目に出ている。そこだけが残念な点だ。

投稿者:藤本周平、投稿日:2009-11-16 00:10:02
正直ロン・ハワードはあんまり好きじゃないんだけど、この映画はホント面白かった。後半からは一気に引き込まれる
投稿者:karr投稿日:2009-10-12 14:55:30
【ネタバレ注意】

ニクソンが悪事を働いたことは今では明白な事実として認識されているところ。当時もかなり認識されていたのではなかろうか。少なくとも感覚的に。
だが彼は一切認めず、謝らずに大統領の座を降りた。その姿には潔さのかけらもなかった。
世界中の人々がニクソンに求めていたのは、潔い姿である。アメリカという大国の大統領なのだ。せめて引き際だけでも、生き方だけでも納得させてほしかった。けじめですな。いくら、対中ソ外交などで功績があったとしても、それを考慮に入れた上で大目に見てくれ、という論理は成り立たない。
要するに、如何にニクソンに罪を認めさせ、謝罪させるか。そここそが、そのプロセスこそが鑑賞者の一番興味をそそられるところなのだ。
そのためには、証拠固めや意表をついた頭脳戦が一番の見所になるはず。しかし、その部分が後半、怒涛のごとく、走り書き風に描かれているに過ぎない点は、少し物足りない気もした。

そこはロンハワードである。どんな難しい話も、見ているものに分かりやすく伝えてしまうのがロンハワード、善し悪しはともかく(私は好きです)。彼はとにかく分かりやすくして、無心で楽しめる映画を作り上げることに全精力を傾ける。
そのような彼だからこそ、インタビューに関わる人間達の内面を面白い視点から掘り下げ、頭脳戦には重きを置かないのに、ハラハラドキドキ出来る人間ドラマに仕上げた。

一つ、つまらん事が気になってしまった。
夜中にニクソンがフロストに掛けた電話の逸話をなぜ、あえて取り上げたのか。
ニクソン擁護派は、彼には忘却癖というかボケの症状があって、彼の働いた悪事もそれが関係していると言いたいのか、と。ま、どうでもいいか。

それにしても、勝負師ニクソン。他人の目に対する配慮が足りなかったのは、人の目を気にせず我が道を強引に行こうとする生来の性格が災いしたのだろうが、逆にそこに魅力を感じた国民がいたからこそ大統領にまでなったのだ。ケネディに敗れた後も大統領をあきらめなかったその執念。コンプレックスの裏返しとは言え、ほんとに政治が好きだった、のか、政治の世界のトップに君臨することが好きだったのか。
不思議と惹きつけられてしまう。
明智光秀も石田三成も、部下たち、周りの人たちには非常に慕われていたという。
敗者になったとしても、トップを脅かすほどの英雄は、我々の想像を超えた魅力に溢れていたのだろう。
ニクソンも然りである、と思いたい。

投稿者:三葉十四郎投稿日:2009-08-16 03:32:21
【ネタバレ注意】

子役の頃から映画でもテレビでも活躍の場を持っていたロン・ハワードならではの作品、と言えるだろうか。 
映画はTVのドキュメント番組の手法をそのまま踏襲したかの様なスタイル。 登場人物の胸の内や、ストーリー途中でのその印象はあらかた台詞にされていて、主要な関係者に依るインタビューとしてまで所々差し込まれていく。 
フロストの補佐で入ったボブ・ゼルニックが
 
:フロストはTVの力を熟知していた。 

と語ると直後に、ホワイトハウスを去るニクソンをTVで見るフロストが世界での視聴数を皮算用する姿を描き出す、と言った塩梅なので、まあ観るのに苦労が無いが、このインタビューも出演俳優自身が行っているから、そこは見た目からテレビっぽくせずに、TVドキュメントにおける視聴者の関心を惹くテクニックとして映画に取り込んだ演出にし、更に時代色付けにも使っているところが流石。 

ガールフレンドになるキャロラインが初対面で評するフロストの人物像 
:大して才能も無いのにすごく有名になった。 
全くその通りな軽薄さ、彼はショー番組の司会の人気も翳って落ち目になりつつある。 だからニクソンへのインタビューが誰が見ても私益の為なので志が低い。 
フロスト曰く 
:アメリカでの成功を失うむなしさが判るかい?、サーディスの常連に二度と戻れないんだぜ。 

ニクソン陣営にも組し易い相手と見下されていて、代理人の手管で易々と値上げに引っ掛かっている。 使命感の無いフロストは補佐役からも釘を刺される。 
:ニクソンが君の番組で潔白を証明したら、それこそ犯罪だ。 
判っちゃいても泥舟に乗るしかない、と言った感じなスタッフ役のゼルニックとレストンに、付き合わされたプロデューサー、ジョン・ハートの腐れ縁だからしようが無いって様子は、脇役として適任な俳優が固めて映画自体をサポートしてるところが面白い。 

ニクソンの人となりとしては、大統領も人気商売、多くの人々を相手に語りかけして気の利いたユーモアの一つも持ち合わせてなきゃいけない、と言う事ではフロストと立場が変わらない訳だ。 
:生まれて初めて決闘を申し込まれた。 ルールは無用だ。 
:ヒルトンに工作員を送ろう。 キューバ人の奴だ。 …冗談だよ。
 
そして、いざ対決すると金策ばっかりで怠りの多いフロストは当然手応えが無い。 そういう体たらくが返って檄を飛ばす気持ちになったんだろうね。 
夜に電話をしてきて、同じ相手を敵にしているはずだと言う。 
:君も名門の連中に見下されて自分を敗者に感じるんだろう。 
:奴らの尊敬が欲しい。 成功を重ねて窒息させてやる。 
:ライムライトは一人しか照らさない、時が来たら全神経を集中して立ち向かうぞ。 

敵に贈った塩のせいで急所を追求されて国民への謝罪を口にする事になるが、 それはかなり真摯に語られて言葉が安くない。 
:大統領の価値を傷つけた。 
:心が犯した罪で理性ではない。 敵がいたからやったのだ。 

電話の行為の創作は、ニクソンはやはり指導者の立場にいた人間であること、謝罪もインタビューに促されて行われたのでは無く、自らのものだった、と意味付けした描き出しになるんでしょう。 
冷戦は実際の戦争になり、ケネディの様ないわゆる"人気"とも戦わなくてはならなかった。 そしてTVはリアルタイムを、生を数億人へ提示してしまう。 
そんなTVの力に屈してしまった大統領に脚本のピーター・モーガンとロン・ハワードはこれ以上なく同情をしている。 
その先に今年のブッシュ大統領退任が比べられてるのかは定かじゃない。 僕には判らないね。 

モーガンとの組み合わせでマイケル・シーンはますます快調。 フランク・ランジェラがニクソンを大きく演じていた。 それ故、崩れる姿がまた様になる。 フォーカスを巧みに変えて心理状態まで撮り上げたカメラが小憎い。

投稿者:hayate9投稿日:2009-05-01 19:35:39
ワォ!!すごい緊迫感!!!!!

へぇ〜あの奥様役って「悪い種子」のあの少女だったんですか・・・。キャリアを重ねていけるのって幸せですね!
投稿者:水ヒラ投稿日:2009-04-12 20:30:10
ロン・ハワード、「ウィロー」以来の名作。
投稿者:replicant投稿日:2009-04-05 01:45:39
【ネタバレ注意】

これは凄い!想像していたより全然凄かった!フロストとニクソンの実際のやりとりがメインになっているのかな?と思っていましたが、違っていました。実際のインタビューとは違って、かなりの創作が入っているらしいのですが、その創作のセンスが抜群です。ニクソンを悪く描くのは簡単ですが、そうはしていません。その辺りのサジ加減が実に上手いし、巧妙です!確かに、二人のインタビューシーンに緊張感はありますが、それよりも“世紀のインタビューを行なう”という状況に巻き込まれた人間たちのドラマに圧倒されました。関係者のインタビューを挟む仕掛けも実に効果的ですし、それぞれの置かれた(追い込まれた)立場を丁寧に描写しながら、否応なしに挟まれる下世話なダイアログの数々。観る者をグイグイとスクリーンの中に引っ張り込みます。まるで、悪女(又はジゴロ)のテクニックのようです。ロン・ハワードは確実にオーソドックスな名監督への道を歩んでいますね。それにしても、大人の映画ですねぇ・・・最近の邦画なんて足元にも及びません。靴のエピソードなんて、憎いなぁ・・・。

投稿者:QUNIO投稿日:2009-04-01 19:05:51
ボクはフロスト(マイケル・シーン)のほうが面白い奴だと思ったが、ニクソンも重厚な存在感で良かった。フィクションとノンフィクションの差はあまり感じない。映画にするに打って付けの脚本だと思います。フロストが航空機でアメリカへ行くまでに乗り合わせた女性をクドく場面は笑える。あまり有名ではないが恋人役のレベッカ・ホールも綺麗でした。ただニクソンを哀れな敗者として描きすぎなのはどうかと思う。もっと薄気味の悪い感じで締め括れなかったのか。そこだけが不満〜☆
投稿者:ビリジョ投稿日:2009-04-01 09:47:09
【ネタバレ注意】

 終盤まで、フロストは精彩を欠く。ニクソンの映画である。
 フィクションもかなり含まれていると聞く。であれば、この映画はエンタメなのであろう。政治家へのインタビューをエンタメにしてしまうという発想に少々驚く。ニクソンという大統領は、それだけ、アメリカ人の心にいやーなわだかまりを深く残した政治家だったのだろう。なんか嫌な政治家だった、そこに娯楽映画の主役になりうる種があったわけだ。「なんか嫌」な所が、魅力なんだな。
 私は複雑な心境にならざるを得ない。ニクソンの最大の失政は何といってもベトナム・カンボジア政策であろうが、そこは何となくスルーしてしまう。自信満々に「もっと早く侵攻すべきだった」と唱え、それがプラスに評価されてしまうという米国世論の奇天烈さ。
 この映画で、ニクソンの敗北ポイントは、ベトナムではなくウォーターゲートなのであった。しかしながら、ウォーターゲート事件で、誰か無実の民が死んだわけではない。ベトナム戦争とウォーターゲートでは、人類に対する罪の重さではおよそ比較にならないと私は思うのだが、しかし彼が勝負に負けた原因はベトナム戦争ではなくウォーターゲートなのであった。大統領は、ベトナム人を何人殺してもかまわないが、米国民に嘘をついてはいけない、というわけだ。

 それはさておき、ニクソンの表情の変遷が非常に印象的な映画であった。善悪はともかく、それなりの才能と人間性を備えた政治家だったのだろう。

投稿者:ASH投稿日:2009-03-29 21:44:46
【ネタバレ注意】

 ウォーターゲート事件によってニクソン大統領が辞任に追い込まれたという史実を知っておく必要はあるけれど、その程度の予備知識でも充分に愉しめるようにできているのね。というのも、コレ、「政治映画」とはいえないから。あの事件の顛末を知りたいのなら「大統領の陰謀」を観た方が最適なんだよ。

 元々は舞台戯曲の映画化だから、この映画を観てその「歴史」を学ぼうなんてことは考えない方がいいんだよ。お話を面白く進めるために歴史的事実に創作を加えているようだから。あのやり取りが100%そのままというわけじゃないんだから。この映画がきっかけで、ニクソン大統領とウォーターゲート事件に興味を持つことはいいことなんだろうけど。

 フロストとニクソンの丁々発止のやり取りは、劇中でもニクソンの側近であるブレナンが言うようにさながらボクシングの試合みたい。第4ラウンドまでの2人の戦いがスリリングに展開される。ニクソンから「謝罪」の言葉を言わせたいフロストと、このインタビューを利用して政界復帰を画策するニクソンとの腹の探り合いという「対決」の行く末を、観客は固唾を呑んで最後まで見つめることになるのだ。その勝敗は、史実として広く知られているハズなのに。

 面白いのは、フロストは政治腐敗を憎む正義感に燃えたジャーナリストではなくって、このインタビューの成功によって名を売りアメリカ進出への足掛かりにしたいと考えている人だということ。その動機は、かなり不純なのだ。ただし、番組の放映権の売却やスポンサー探しに奔走し、ニクソンへのギャラの一部を自腹で払ったりと、その野心と情熱は半端じゃない。この番組作りに取り掛かるあまり、オーストラリアや母国で持っていたレギュラー番組が打ち切りになっちゃって、TV屋としては相当に追いつめられてしまう。これが映画にちょっとしたサスペンスを与えているというわけだ。

 辞任したとはいえ、腐っても大統領。アンチ・ニクソンであるレストンはインタビュー初日に「4冊も(ニクソンに関する)本を書いたけど、本人に会うのは初めてだ」と告白し、「誰が握手なんかするもんか!」と言っておきながら、ニクソンが手をさしのべると思わず握手してしまい自己嫌悪に陥る。それほどニクソンは憎たらしいくらい威風堂々としている。フランク・ランジェラが実に巧みにこの役を演じてて鳥肌が立つくらい!

 ニクソンはTVというメディアを巧みに使ってのし上がった男だから、こういう「戦場」はお手のものだったんだね。最初からフロストをナメてかかってた。そんな策士にフロストはやり込められ思った通りのインタビューができずに悩むのだが、深夜にニクソンからかかってきた最後通告、はたまた脅しとも取れる電話でジャーナリスト魂に火が着き、俄然、やる気が出てくる。酔っていたとはいえ、ニクソンにしてみれば「お前なんかにゃ負けないぞ!」てな意味があったのかもしれないが、結果としてそのことが敗因に結びつくとは…(しかも本人は覚えていない!)。

 フト思ったのは、フロストは英国人だが、当時、同じ様なことを考えていた人がアメリカ国内にはひとりもいなかったのかということ。フロストのような動機でなくても、正義感に燃えたジャーナリストもいただろうに。アメリカ人であればこそ、できなかった事情があったんだろうか? 興味は尽きませんねぇ。番組を売り込んでも3大ネット局は尻込みするくらいだから、辞任から4年も経てば過去の人ということで、たいした視聴率が取れないと踏んだんだろうかねぇ。

 「大統領が行えば、その行為は不法ではない!」…権力者って、錯覚しちゃうのね。

 舞台版と同じだけあってフランク・ランジェラ、マイケル・シーンの名演が光る。特にニクソンがかの有名な発言をしてしまい、むくれたような表情を見せるシーンなんて絶妙! 辞任でホワイトハウスから出る時と、インタビューを終えた後のニクソンの敗北感と悲愴感が入り混じった表情など、オスカー候補も納得。

 脇を固めるケビン・ベーコン、サム・ロックウェルも上手い! フロストの質問にニクソンが本音を言っちゃいそうになって、これはヤバイと感じたブレナンがインタビューを中止させるシーンなんて、思わず「いいところだったのにぃ〜!!」と言いそうになったよ。まるでかの番組の視聴者になっていた気分ね。

 ニクソン夫人役がパティ・マコーマック(「悪い種子」!!)だったとはッ!! 気付かんかった…。

 日本に当てはめると、「ザ・ベストテン」の司会をしていた頃の久米宏が田中角栄にインタビューを敢行するようなもんか?(違うか)。

投稿者:投稿日:2009-03-28 15:32:27
初日初回の新宿武蔵野館にて。
素晴らしいぞ!演技、構成、編集の妙。
エンターティナーであるフロストの本能的な獲物に対する食いつきぶりと野心。ニクソンのしたたかな政治家としての底力。
何をどう演じるべきか解かり過ぎているきらいがあり、つくりものめく部分も散見されるが、正統な訓練を受けたのであろう俳優たちの演技の魅力には抗し難いものがある。
舞台劇の映画化にあたり、ロン・ハワードによる映画的肉付けもまた。フロストが航空機の中でナンパする70年代セレブ女のリアルさ、すべてを諦念したニクソンが眺める海、金曜深夜の電話での会話。気持ちが折れたニクソンの茫然ぶりを、見た目のフォーカス・アウトで表現したのは瑕瑾ではあるが。
創造物と対峙することに疲れた「闘う鑑賞者」にハリウッドが与えた癒しの作品。
急ぎ映画館へ!たぶんロング・ランするけど。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞フランク・ランジェラ 
 □ 監督賞ロン・ハワード 
 □ 脚色賞ピーター・モーガン 
 □ 編集賞ダン・ハンリー 
  マイク・ヒル 
□ 作品賞(ドラマ) 
 □ 男優賞(ドラマ)フランク・ランジェラ 
 □ 監督賞ロン・ハワード 
 □ 脚本賞ピーター・モーガン 
 □ 音楽賞ハンス・ジマー 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞フランク・ランジェラ 
 □ 監督賞ロン・ハワード 
 □ 脚色賞ピーター・モーガン 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
 □ 編集賞ダン・ハンリー 
  マイク・ヒル 
□ 作品賞 
 □ 主演男優賞フランク・ランジェラ 
 □ 監督賞ロン・ハワード 
 □ 脚本賞ピーター・モーガン 
【ニュース】
サシャ・バロン・コーエン主演フレディ・マーキュリー伝記映画、監督はトム・フーパーか2013/03/18
デイヴ・マッキーン監督最新作「The Gospel of Us」、予告編2012/04/17
ロン・ハワード監督コメディ「The Dilemma」、予告編2010/09/21
クイーン映画化企画、フレディ・マーキュリー役に「ボラット」「ブルーノ」のサシャ・バロン・コーエン2010/09/17
DVDリリース情報:「東のエデン 劇場版I」「インフォーマーズ」「くたばれ!ユナイテッド」etc.2010/01/25
「ハイテンション」のヒロイン、イーストウッド監督の超自然スリラーに参加へ2009/11/11
「Let the Right One In」監督、ジョン・ル・カレ原作スパイ映画に抜擢2009/07/10
アカデミー賞作品賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に、日本勢もW受賞の快挙!2009/02/23
アメリカ脚本家組合(WGA)賞結果発表2009/02/09
マイケル・シーン主演英サッカー伝記映画「The Damned United」、予告編2009/01/28
映画俳優組合(SAG)賞結果発表2009/01/26
アカデミー賞ノミネーション発表!日本からも「おくりびと」と「つみきのいえ」が候補に2009/01/22
全米興行成績、ケヴィン・ジェームズ主演コメディが好スタート2009/01/19
ゴールデングローブ賞結果発表2009/01/12
アメリカ監督組合(DGA)賞、ノミネーション発表2009/01/09
注目の放送映画批評家協会賞は「スラムドッグ$ミリオネア」に!2009/01/09
アメリカ脚本家組合(WGA)賞、ノミネーション発表2009/01/08
アメリカ製作者組合(PGA)賞、ノミネーション発表2009/01/06
映画俳優組合(SAG)賞、ノミネーション発表2008/12/19
「ホット・ファズ」のエドガー・ライト監督が2008年のベスト・ムービーを発表2008/12/17
ゴールデングローブ賞ノミネーション発表2008/12/12
ピーター・トラヴァース選定2008年ベスト10発表2008/12/11
放送映画批評家協会賞、ノミネーション発表2008/12/10
ロジャー・エバート氏選出、2008年ベスト202008/12/09
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞結果発表2008/12/05
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】フロスト×ニクソン2012/04/13\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】フロスト×ニクソン2010/12/22\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】フロスト×ニクソン2010/01/22\1,714amazon.co.jpへ
 【DVD】フロスト×ニクソン2009/08/21\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】フロスト×ニクソンレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 オリジナル・サウンドトラック「フロスト×ニクソン」
新品:¥ 2,700
1新品:¥ 5,331より   8中古品¥ 186より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION