allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

守護天使(2009)

メディア映画
上映時間109分
製作国日本
公開情報劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)
初公開年月2009/06/20
ジャンルコメディ/ロマンス
大不況時代のヒーローは…、
アレ?こんなヤツら!?

“最弱”ヒーロー3人組が贈る、チョットの勇気と希望がもらえるエンターテインメント・ムービー
守護天使 [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 3,980
USED価格:¥ 389
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:佐藤祐市
プロデューサー:柳崎芳夫
井口喜一
原作:上村佑
『守護天使』(宝島社刊)
脚本:橋本裕志
撮影:川村明弘
美術:荒川淳彦
音楽:佐藤直紀
主題歌:エイジア エンジニア
『僕にできる事のすべて』
映像:高梨剣
照明:阿部慶治
録音:金杉貴史
出演:カンニング竹山須賀啓一
佐々木蔵之介村岡昌志
與真司郎佐々木大和
忽那汐里宮野涼子
寺島しのぶ須賀勝子
柄本佑ハーベスト
日村勇紀ブッチャー
波瑠渡辺麻美
吉田鋼太郎雀荘ロン店長
キムラ緑子スナックのママ
升毅医者
佐野史郎ホモ雑誌の編集長
池内博之牧瀬和彦
大杉漣豊川
【解説】
 妻の尻に敷かれる冴えない中年オヤジの主人公が、美少女高校生に心奪われ、勝手に陰ながら彼女を守り続けようと奔走するさまを描いた異色の恋愛小説をカンニング竹山主演で映画化。主人公の情けなくも一途な奮闘ぶりを中年の悲哀をにじませつつ、ハートウォーミングに綴る。共演は佐々木蔵之介と與真司郎、ヒロイン役に忽那汐里。監督は「キサラギ」の佐藤祐市。
 鬼嫁におびえて暮らす薄給サラリーマンの須賀啓一。1日500円のお小遣いを手に満員電車に揺られて出勤する毎日。そんなある日、通勤途中に転んで大切な500円を落としてしまう須賀。すると、女子高校生の涼子が天使のような汚れのない笑顔で優しく声を掛けてきた。この瞬間、須賀は人生で初めて恋に落ちた。そんな須賀の純情を、同級生のチンピラ、村岡は鼻で笑う。そして、須賀の塾の元生徒でイケメンのヒキコモリ、大和が淫らな内容が書き込まれた涼子のブログを見つけ出す。さらに、大和はネットの掲示板で涼子の拉致計画が進行中であることを突き止める。涼子の清らかな心を信じて疑わない須賀は、世の中のすべての悪意から彼女を守ると勝手に決意、村岡と大和を巻き込み、涼子をこっそり護衛し始めるのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-06-07 18:26:24
【ネタバレ注意】

カンニング竹山が主演で、監督が『キサラギ』の佐藤祐市監督。
期待半分不安半分(監督の期待半分、主演の不安半分)で鑑賞しましたが、まあそれなりには楽しめますが、やっぱりカンニング竹山って感じですね〜(←ってどんな感じでしょうか( ´艸`))
つまり、過剰な期待は禁物と言うことで・・・。

お笑い芸人の中では、私の中ではカンニング竹山は特に面白いと思える存在ではないのですが、俳優としては脇役で結構光る演技をしてきた印象がありました。
しかし、いざ主役となると、存在感が逆に鬱陶しかったかも(・_・;)
デブネタ&ホモネタもなんか暑苦しくて・・・。
主役が暑苦しい分、むしろ脇を固めた佐々木蔵之介や寺島しのぶや柄本佑の演技派俳優や、ヒロインの忽那汐里や友人役の波瑠やAAAの與真司郎の存在感が活きた印象もありましたけどね。

メタボでブサイクで鬼嫁の尻に敷かれる500円亭主のオッサンと言う意味では、カンニング竹山は適役だしはまり役だったとは思います。
でも、結局それだけなんですよね・・・。
まあプロっぽくないところが主役抜擢の狙いではあったんでしょうけど。
こんな男でもヒーローになれる!!オッサンに夢を!!
と思えるぐらい感情移入出来る映画ではなかったかな・・・。
残念ながら、忽那汐里が演じた女子高生涼子の守護天使ではなく、ストーカーのようにしか見えなかったです(´_`。)
まあそれでも、ヒーローはヒーローだったんですけどね。

どんなオッサンにでも、恋をする権利はある。
それは相手が女子高生でも恋をするのは勝手です。
ただ、AKBを応援するのと、隠れて女子高生の後ろを付いて行くのとは全然違います。
やはりストーカーだし、カンニング竹山のような風貌なら、残念ながら即逮捕されるのが関の山。
どうせなら、もう少し爆笑できるような作風にしてほしかった気もするのですが、なんか痛々しかったです(-。−;)

とは言え、カンニング竹山が演じる須賀啓一が恋するのも分かるぐらい、可愛らしいのが忽那汐里でした。
守ってあげたい雰囲気を醸し出していますね、この女優さんは。
私個人の趣味ならば、渡辺役の波瑠の方が好みですが、こちらは確実にストーカーとして警察に突き出しそうなタイプですね(^∇^)
2人のタイプの違う若手女優さんの今後にも注目していきたいです(私もストーカーか?)

この2人の女性とは対照的なのが、須賀の鬼嫁役の寺島しのぶでした。
スッピンだったので、最初は誰だか分からなかったんですけどね。
鬼嫁っぷりと、終盤の愛がある行動から、何気にこの映画で一番印象深かったのは寺島しのぶだったかなと。
相当楽しんで演じていましたよね!

それと、涼子を誘拐する役どころの2人、柄本佑とバナナマン日村も印象深かったです。
柄本佑はやはり父譲り・・・狂気に満ちた演技はさすがのものですね!
日村の方は、竹山と2人同じ画面に映ると、少々ビジュアル的にキツイかも(><;)
映画とは関係ないですが、私個人としては、カンニング竹山よりもバナナマンのお笑いネタの方が断然面白いと思います(^_-)☆

結局、ストーカー的ヒーローのカンニング竹山に関してはほとんど楽しめなかったですが、脇役の活躍はなかなか見ていて楽しかったと言ったところでしょうか。
でも、やはり佐藤祐市監督作としては少々物足りなかったかな・・・。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-09-03 06:43:03
【ネタバレ注意】

という設定を始め安易な描写が少なくないし、ヒロインと医者の駅での待ち合わせの描写、彼女を尾ける渡辺など、紛らわし過ぎるシーンには苦笑したが、結構楽しめた。竹山が受けた肉体的ダメージが犯人より警察からの方が強かったのもウケたので、星二つ半。

投稿者:popcorn投稿日:2009-09-11 16:20:13
【ネタバレ注意】

……とはいえ、『キサラギ』は、古沢良太の手柄。
カンニング竹山は、キレ芸の一方、実直そうな人柄で嫌いではないが、華がなく、主演の柄ではない。さぞや、ショボイ仕上がりに違いないと期待なんぞしていなかったが、ついでがあったので鑑賞した次第。

大して笑えないのは予想通り。ニヤリとさせらるのは、意図的な重複表現である、「メタボデブ」、「泥棒」しようとした、「デブの変質者」/「中年の星」こと、須賀啓一=カンニング竹山が、「鬼嫁」こと、須賀勝子=寺島しのぶの顔を跨ぎ、下を向くと、彼女が目を見開いている、村岡昌志=佐々木蔵之介に、「どうしても協力してほしかったら、金用意しろ」と肩を叩かれた須賀が、夜、自宅の前でサラダ油を持って立っている、「月刊ますらお」の須賀の「カラミ」写真(飛び道具)くらいだ。

だが、全体的にはそれなり。プロデューサー(/牧瀬和彦=池内博之)の正体、新聞配達のネットワークを活かして、「アジト(新横浜のウィークリーマンション)」を見付け出すのも現実的で、そこそこ観られる。

ウルトラマンのストラップを付け、「本当は、正義のヒーローになりたかった」と零す須賀の、「生きるのって苦痛の連続だろ?」には同意するが、「ヒッキー君」こと、佐々木大和=與真司郎の、「須賀さん見てて俺、生きるって本当にみっともないことで、でもそれでいいんだって思えてきて」は、テーマをそのままセリフにしたようなものであり、芸がない(脚本、橋本祐志)。

また、ハーベスト=柄本佑とブッチャー=日村勇紀が誘拐した、「仔猫ちゃん」こと、宮野涼子=忽那汐里を、電話機のある部屋に1人残すのはおかしい。それに、新聞配達員の自転車が転倒、朝刊が散乱するが、普通、雨の日は、新聞にビニールが掛かっているものだろう。
「アジト」で意識を取り戻した涼子が、須賀を突き飛ばして、隣の部屋で電話を掛けるが、まずは、現場から逃げるのが先決。これは、そうしないと、須賀こそが守護天使だと、その場で、彼女が気付かないため、リアリティーを犠牲にした結果である。

出演者で目を惹くのは、演技派の寺島しのぶと、場違いなほど、真に迫っている、柄本佑。日本で、狂気を感じさせる俳優は稀。もし、『チェイサー』を邦画界でリメークする機会があったら、ヨンミン役はぜひ、柄本佑にお願いしたい。http://blogs.yahoo.co.jp/popcornandfella

【サウンド】
『僕にできる事のすべて』
歌 :エイジア エンジニア
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】守護天使2010/02/03\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】守護天使レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION