allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009)

HE'S JUST NOT THAT INTO YOU

メディア映画
上映時間130分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2009/08/01
ジャンルコメディ/ロマンス
超豪華キャストで贈る、
男子禁制のガールズ・トーク・ムービー!
そんな彼なら捨てちゃえば? [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,350
USED価格:¥ 1,390
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 恋愛における様々な段階で男のホンネを読み誤っては失敗を繰り返す女性たちの苦労と不満をコミカルに綴る群像ロマンティック・コメディ。大ヒットTVドラマ「SEX AND THE CITY」のスタッフにも名を連ねたグレッグ・ベーレントとリズ・タシーロの共著で全米ベストセラーとなった女性のための恋愛指南書を下敷きに、「25年目のキス」の脚本家コンビが物語として再構成し映画化。会社の同僚女性3人組を中心に、それぞれの想いや駆け引きが交錯する男女9人のすれ違いだらけの恋愛模様をオールスター・キャストで描く。出演はTVシリーズ「フレンズ」のジェニファー・アニストン、オスカー女優ジェニファー・コネリー、「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」のジニファー・グッドウィン。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」のケン・クワピス。
 同じ会社に勤め、互いの私生活も相談し合う仲のジジ、ベス、ジャニーン。何度失恋してもポジティブなジジは、ジャニーンの紹介で最近デートしたコナーに一目惚れ。だが、その後彼からの連絡はなく、男友達のアレックスに相談すると、駆け引きでも何でもなく単に君に興味がないだけ、と一刀両断にされてしまう。一方、恋人のニールと同棲7年目でそろそろ結婚をと期待していたベスは、結婚という形に囚われることを嫌う彼に見切りをつけ、別れを宣言。また、唯一の既婚者であるジャニーンは、新居の完成が間近で結婚生活も順調かに思われたが、ある時、夫ベンの浮気が発覚してしまう。こうしてそれぞれの岐路に立たされた彼女たちは、最高のパートナーを求めて男のホンネに向き合い、幸せへの道を模索していくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-04-19 02:36:59
【ネタバレ注意】

一見肩のこらないラブコメディかと思いきや、
ジェニファー・コネリーの神経質さの奥のある種の病質の気配や、
ジニファー・グッドウィンのあぶなっかっしいというかアホな痛女ぶりや、
ジェニファー・アニストンの実家にいる男どものロクデナシっぷりなど、
なんとなく現実に潜んでいるシニカルな問題も垣間見せてはくれている。

でも別段、男と女の不都合な真実なるものを深く突き詰めるわけでもなく、
あくまでも落としドコロは甘めにできている女性向け恋愛ムービー。

なので観終わった後、考えてみると各エピソードの印象はバラバラで、
記憶媒体に保存されたのはスカーレット・ヨハンソンの脇腹のみ。

やはりこんなむちむちを目の前にしたら男性なら理性が吹っ飛んで当然で、
ベン・アフレックがひざまずくシーンに女性なら溜飲が下がるって感じ?

ドリュー・バリモアだけ(製作側なので)顔出しサービスだけのような役に
おさまっていて肩すかし。

投稿者:ピースケ投稿日:2013-09-29 21:00:42
あ、思い出した!
ブラッドリー・クーパーのことが大嫌いになった映画だコレ!
投稿者:黒美君彦投稿日:2012-06-15 00:12:23
【ネタバレ注意】

まあ、どうでもいいっちゃどうでもいい(苦笑)ラブコメの類なのですが、情報が溢れる中、こんな作品を観て「あるある」とうなずく女性は少なくなさそう。
何せ『セックス・アンド・ザ・シティ』の制作者として知られるグレッグ・ベーレントとリズ・タシーロの恋愛ハウトゥー本『恋愛修行 最高のパートナーと結婚するための恋愛心得』を映画化したというのだから、それも当然か)。

ジニファー・グッドウィン演じるジジの勘違いぶり。
アドバイスをしてくれるアレックス(ジャスティン・ロング)にいつの間にかホの字。中学生か(笑)。
夫の弁護士ベン(ブラッドリー・クーパー)といつの間にか心が離れてしまったジャニーンはジェニファー・コネリー。ベンが惹かれたのはむちむちのアンナ(スカーレット・ヨハンソン)。そりゃあれだけ迫られたら男は落ちるわな(苦笑)。昔からアンナが好きだった不動産業のコナー(ケヴィン・コナリー)はあっさりアンナにふられるが、ゲイ雑誌の編集者メアリー(ドリュー・バリモア)と何となく展開しそうな予兆…。
7年つきあってきたベス(ジェニファー・アニストン)とニール(ベン・アフレック)は、結婚に対する男女の見方の違いが出ていて、これは洋の東西を問わないんだなあと思わせる。
まあ、9人もの男女が組んずほぐれずの状態で出てくるので一貫したストーリーは望むべくもないが、豪華キャストのラブコメのさわりを楽しめる、という意味ではお得なのかも(笑)。

投稿者:maxpit投稿日:2012-06-02 03:02:13
面白かった。へぇ〜女性の恋愛感ってこんなんだぁ〜。
男と女の感覚のズレが、よくわかりますねぇ(笑)
「SEX AND THE CITY」の若い人向けの映画版って感じですね。
男にしたら、どうでもいいことなのにコダワル女性いるもの
なぁ(笑) 中でもジェニファー・コネリーの役柄のような女性
は一番苦手だな。出演陣が豪華なのに、気軽に見れる映画なの
も魅力ですね。最後もハッピーエンドで幸せな気分になれるし。
「そんな彼なら捨てちゃえば?」の邦題はズレてるけどね(笑)
ドリュー・バリモアって女優業だけでなく、プロデュース面
でも非常に優れていると思う。こういったロマコメだけでなく、
「ドニー・ダーコ」のようなミステリーから「チャーリーズ・
エンジェル」のアクションまで多彩。「ローラーガールズ・
ダイアリー」なんか、スポコンものの傑作だと思うしね。
これからも、是非、面白い作品作って欲しいですね。
投稿者:uptail投稿日:2011-07-30 11:25:52
ドリュー・バリモア
投稿者:funkay投稿日:2011-05-29 14:33:01
非常に素晴らしいロマコメ。
男であれ女であれ、幸せを掴むということは「前に進む」ことであるということを改めて認識させられるエンディング。登場人物それぞれの信念が細かく描かれており、時折それがしつこく感じられるシーンもあるが、観終わってみると各シーンが観る者に与える説得力の大きさを痛感する。
不器用極まりないジジや、許せない事への拘りから離婚を決意するジャニーン、結婚への執着を非とするニール。それぞれが大切な相手と迎える終局にはそれぞれの感動があり、伏線の置き方も含め非常にシンプルで分かりやすい内容となっている。

登場シーンは少ないが、ドリューバリモアに圧倒的な存在を感じる。いい女優だな。
投稿者:plumeria投稿日:2011-01-29 14:57:31
【ネタバレ注意】

彼は君に全然興味がない

男は彼に嫌われている

男は本気なら行動にでる


はい。まったくその通り。

でもまっすぐで、不器用なジジが最後にはなんだか可愛く思えてきました。

それにしてもスカーレット・ヨハンソンいいからだ・・・
いいなぁ☆


投稿者:ジーナ投稿日:2010-10-24 23:05:41
共感できる節もあれば、反面教師にもなる恋愛ハウツー物
新鮮味はありませんが、幸福を探し求める女性たちと男性の本音を綴っているので興味深く観れました。
思い込みの激しさや自分に都合良くプラス思考なジジには失笑しっ放しでした。
ウザさ加減がハンパじゃないですね(爆)
男性キャラのほうでは、ベン・アフレックの素晴らしいキャラにキュンの連続でした(笑)

登場人物たちの恋愛をそれぞれ見せながら、それぞれのキャラを交錯させる構成も良かったですね。
前半は取りとめのないお喋りを聞いてるみたいで退屈するかもしれませんが全体的にはユーモアを散りばめながらテンポ良く展開するので飽きませんし、中盤以降はほっこり出来るので時間を感じずに鑑賞できました。

ジニファー・グッドウィンは最初こそオバチャンにしか見えませんでしたが、見進めていくうちに可愛く見えてくるから不思議(笑)
相変わらずムチムチのスカーレット・ヨハンソン、居るだけで作品に高級感を漂わせるジェニファー・コネリー、ロマコメで安定感抜群のドリュー・バリモアと繊細な演技が見事なジェニファー・アニストンなど
華やかな女優陣は見ているだけで贅沢な気分になれます。
彼女達の誇張も虚飾もない演技は好感が持てましたね。
それに比べてベン・アフレックやジャスティン・ロングなど男性陣がやや地味(爆)
嫌いじゃないですが、残念ながらロマンチック度は下がってしまいますね。

学生時代から付き合って結婚したカップルの背景が弱かったり、ジャスティン・ロングの友情が理解できなかったり、、エピソードとして不満な点はありますが及第点以上の作品ではあると思います。
男女の恋愛観の違いと言うよりは、カップルごとの違いを楽しめる後味ハッピーな映画でした。
投稿者:bond投稿日:2010-10-14 12:54:09
良くある恋愛模様を豪華キャストによるエピソードで繰り広げる。「そうだよなー」と共感できる場面多い。恋も苦あれば楽ありですなー。ベン・アフレックの顔変わったんじゃない。コネリーとヨハンソンに挟まれるなんて羨ましすぎ。でも僕は今でもジェニファー一筋です。
投稿者:aaf投稿日:2009-08-20 16:13:14
とにかく出演者が豪華ですよね。いくら製作費つかってんだよ?
そっちが気になります。
脚本は良くできてますね。最後にはちゃんと収まりますし

役者さんではスカーレット・ヨハンソンですね。
なんだあの身体は?てっきり細身なのだとばかり思っていたら
あれで落ちない男なぞこの世に存在しないよ。

ジェニファー・アニスントンもいいですよね。
最後のヨリを戻すシーンもそれまでの彼女の演技のお陰で
説得力があります。もっとも私はフレンズのファンなので彼女がでている
だけで嬉しいのですけどね。
投稿者:wicked投稿日:2009-08-10 23:56:18
ジャスティン・ロング大人になりましたね〜ドリューと復縁とか色々言われましたが、彼氏枠じゃなくても納得の役でした。

大人になったといえば、スカヨハが内覧会前の家に連れて行かれ、アイロン台を出すところ。ゴースト・ワールドまんまじゃないですか〜ものすごーく大人になったよね!

各エピソードの主人公達が繋がり過ぎてないところがまた良かった。現実的な皮肉と、ハリウッドお得意のロマンスが程よく混ざっててなかなか楽しめましたよ。

ベンアフとジェニファーアニストンのパンツの下りは想像通りだけど良かった。アメリカって感じね!

「長く付き合った彼女と結婚しないのは無責任だと思った」「結婚は良く考えないでするものではない」、結婚した理由を問われた時の答えが印象的。

全体的に良くまとまってて、一つ一つのエピソード、主人公達がリアルで良かったです。
投稿者:maaaaan投稿日:2009-08-10 14:32:23
ガールズトークの代表出てきたぁ〜!
って感じですねw

タイトルは原題の「彼はあなたに興味がない」のままで
良かった気がするのに・・・
なんで変えちゃったんだろう・・・

とにかくキャストが豪華なんだよぉ〜★
みんな集まったシーンが見てみたかったです。(笑)

色々な女性の恋愛に対する考え方の違いが
面白く描かれてて面白かったねすよぉ〜^^
当然ながら、テンポはかなり良かったです♪

イライラして何か物投げた後に、
冷静になってすぐ片付けたり・・・
わかります!すごくわかります!
思わず笑ってしまうシーンも沢山あり、
予想以上に、かなり楽しめましたっ☆

エピソードとしては、ジジみたいな純粋な恋愛を
私もしたぁ〜い!って思ってしまった・・・。w
(勘違いしてでもいいので、色んな出会いを楽しみたい〜)w

色々と展開していく映画で、ラストも味わい深いものとなっていました^^
投稿者:なちら投稿日:2009-08-07 23:02:38
自分はラブ寄りのコメディをあまり見ないし、ジタバタしてる女が主人公だったりすると幻滅する。
でも、これは予想外に面白かったよ。
実際こんな奴いる!?と、思うタイプはG・グッドウィンだけで、他の方々の役は共感できる人物像だった。

特に自分の場合はJ・コネリーかな。正直に告白した浮気は許せても、喫煙の嘘は許せない!
ガスマンが気の毒な程のにじり寄り方だったが、嘘は絶対に嫌だ!気持ちは分かる。

あと、ベンアフも印象的だった。彼自身がナイスガイだと錯覚しそうだよ〜。
投稿者:ASH投稿日:2009-08-02 00:41:50
【ネタバレ注意】

 原作のことは措いといて、ウッディ・アレンが撮るような群像劇のスタイルで恋愛模様を描いた映画なんだろうなというコチラの予想は、当たらずしも遠からず。架空のインタビューを各章ごとに挿入させた構成は、どことなくソレっぽい。もうひとつの「SATC」とも言えそうだが、アレよりはコッチの方が等身大なのな?

 なにはともあれ、ここ最近のロマコメ映画を支えてきたキャストをひとつの作品に集めてしまうという贅沢さだけで、僕には充分に元が取れたよ。これは製作も兼務したドリューの人脈の広さの賜物か。必要以上に前に出ようとはせず、それでいて美味しい役をチャッカリとやっているところなんて、さすが! この手の映画としてはちょっと尺が長い気もするが、これだけの人数の恋愛模様を描くには必要な長さだろうし、上手くまとめてあるので気にはならない。

 僕は、男性側の勘違いはよく耳にするし、僕自身もそういうことをしたことがあるので理解はできるのだが、女性がデート(この場合はブラインド・デート)した相手の仕草や態度からサインを読み取るようなことをここまで露骨にしているもんなのか、と、驚いたくらい。ジジは幼少期に母親から教えられたことを拡大解釈しているフシがあるとはいえ、あの暴走ぶりにはちょっとドン引き。男ならこういうことはよくあると思うけど。

 意外とロマコメには縁が少ないジェニファー・コネリーだが、彼女演じるジャニーンは疑い深く詮索好きで、ちょっとギスギスした女性。自宅の改装に夢中になり、夫のベンのことはないがしろ。そんなもんだから、ベンもこの結婚生活に息苦しさを感じている。そんな男の前にあんな魅力的な女の子が現れりゃ、よろめくのも当たり前。そのアンナを演じるスカーレット・ヨハンソンが持ち前の小悪魔的な魅力を最大限に発揮させてこれが最高! あれじゃ貞操観念が強かったベンも、浮気に走るわなァ…。結婚生活を維持させるのも、たいへんなんだよね。

 ベスとニールの「長すぎた春」のカップルにも、危機が訪れる。確かに、結婚に踏み切れないのは男の方が多い。家庭に束縛され、自由を奪われることが何よりも怖いから。結婚願望の強いベスはニールに愛想を尽かして破局するが、自分の姉妹の夫たちはビール片手にTVばっか観ているロクでなしばかり。結婚の現実とは、案外、こういうもんだったりするんだよね。離れて初めて分る、お互いの大切さ。このカップルが修復するエピソードはちょっとばかりベタなんだけど、ジェニファー・アニストンがいい演技を見せるから許しちゃう!

 とまあ、あくまでも女性観客寄りに作られた映画なのは間違いないが、男である僕にも「なるほどね」と頷ける部分も多々あり、興味深く観られたよ。アンナに本気で想いを寄せていたコナー。何度か彼女とHもできたみたいだけど、本当の愛を得ることはできなかった。彼女の気持ちを聞かされたときの彼の表情には、コチラにも切ない感情が去来する…。まあ、肉体的な関係を持てたわけだからそれほどガッカリするようなことでもないんだろうけど。愛って複雑なのよ(自分で言ってて恥ずかしい)。

 それにしても、この映画におけるスカーレット・ヨハンソンの色っぽさはどーよ!! 細身だと思ってたけど、下着姿になったらあんなに肉感的だったとはねぇ。なんだか彼女のために用意された役としか思えないくらいの、ハマりっぷり。ベンのオフィスでの情事(未遂に終る)がまた官能的!! アンナは歌手志望ということだけど、実際に歌手活動もしているスカーレットだから、劇中でもその歌声を披露させてあげてもよかったような気がする。

 ジャスティン・ロング、ブラッドレー・クーパーの2人の好演がイイ。どちらかといえばヘタレ役を得意としていたジャスティンがモテモテな男を演じるようになるとはねぇ。アレックスがジジへの気持ちに気付くシーンが好き。その気持ちに追い打ちをかけるケリー・アン。出番は少ないが演じるビジー・フィリップスがいい味。

 さて、ブラッドレー・クーパーは前作「イエスマン」では二番手に甘んじていたが、この映画の後の「ハングオーバー」は全米でもメガトン・ヒットとなったのでこれから旬を迎える俳優さんでしょう。なるほど、親しみやすい甘いマスクはコメディに向いていそうだね。

 エンド・クレジットに流れるキュアーの「フライデー、アイム・イン・ラブ」が映画と程好くマッチ。ところで、日本でも一部で人気のある「恋しくて」だけど本国でも伝説の映画なんだなぁ。ジャニーンはタイトルを聞いただけで、「ああ、あの映画のことね」と分るくらいだから。

 ルイス・ガズマンに気付いた人、いる?

投稿者:hayate9投稿日:2009-08-01 18:32:16
【ネタバレ注意】

スターがたくさん出ているので、退屈はしなかったけど・・・。
「ラブ・アクチュアリー」のように、グッとくるシーンとかがなかったんで引き込まれなかったです。

一番出番が多かったジジが社交辞令が通じないくらいのがっつきようで、ちょっとひいてしまいました。“あんた誰でもいいのかよ!”と。
「恋しくて」のキースとワッツに例えての勘違いっぷりは笑えましたけど。
不動産の男、ケヴィン・コナリーがちょっとせつない立場の男を好演。(渋い声がいい!)
あんなフワンフワンでやわらかそうなスカーレット・ヨハンソンにハグされて「今日は泊まれないわ。」なんて言われちゃぁ蛇の生殺しですよね。
90年代にこの映画を作ったとしたら、ジェニファー・コネリーがグラマラスボディーだったんで逆に愛人役の方がハマっていたかも?
ジェニファー・アニストンはアホ毛が気になりました。

投稿者:metorometoro投稿日:2009-07-04 21:05:14
原題は、「彼はあなたに興味がない」
邦題は、「そんな彼なら捨てちゃえば?」
原題に対する答えのような邦題だぁ。
確かに、自分に興味を持ってくれない男に、執着しても仕方がないと私は思う。
でも、割り切れない人もいるだろう。
恋愛観は、人それぞれだけど、私には、この映画に出てくる男と女に共感できなかった。
って言うか、男優に魅力を感じないから、感情移入できなかったのかもしれない・・。
【レンタル】
 【Blu-ray】そんな彼なら捨てちゃえば?レンタル有り
 【DVD】そんな彼なら捨てちゃえば?レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION