allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トランスポーター3 アンリミテッド(2008)

TRANSPORTER 3
LE TRANSPORTEUR 3

メディア映画
上映時間103分
製作国フランス
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2009/08/15
ジャンルアクション/サスペンス
手首に罠、依頼品は赤い代物
トランスポーター3 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 5,630
USED価格:¥ 3,250
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 製作・脚本リュック・ベッソン、ジェイソン・ステイサム主演で放つサスペンス・アクションのシリーズ第3弾。新たな依頼主によって、愛車から20メートル離れると爆発する仕掛けのブレスレットをはめられてしまったプロの運び屋フランクが、死と隣り合わせの危機的状況に追い込まれながら究極のミッションに挑んでいく。共演は人気TVシリーズ「プリズン・ブレイク」で遅咲きのブレイクを果たしたロバート・ネッパー。監督は「レッド・サイレン」「EXIT イグジット」のオリヴィエ・メガトン。
 ある日、フランクのもとに以前彼が断った仕事を請け負った知人のマルコムが車ごと突っ込んでくる。そして瀕死の彼が救急車で運び出された直後、その救急車は突然爆発してしまうのだった。その原因は、マルコムと彼の車に同乗していた赤毛の女の腕に装着され、車から離れると爆発するという特殊なブレスレット。しかし、彼女を助けようとしたフランクは、背後から何者かに殴られ気絶してしまう。やがて目覚めると、フランクの腕にもそのブレスレットが装着されていた。そこへ依頼人ジョンソンが現われ、これは配達ではなくミッションだ、として再度仕事を依頼される。依頼品は“赤い代物”。また、ブレスレットは最終的に車から20メートル離れると爆発する仕掛けであることも明かされた。そんな徹底した拘束監視状態の中、赤毛の女ヴァレンティーナを助手席に乗せ、指定の目的地へ出発するフランクだが…。
<allcinema>
【吹き替え】

日曜洋画劇場
※このデータは放送当時の情報です。
井上和彦ジェイソン・ステイサムフランク・マーティン
若本規夫ロバート・ネッパージョンソン
東條加那子ナタリア・ルダコーワヴァレンティーナ
矢田耕司フランソワ・ベルレアンタルコニ
放送2011/02/13 テレビ朝日 日曜洋画劇場
放送2012/03/04 テレビ朝日 日曜洋画劇場
【関連作品】
トランスポーター(2002)第1作
トランスポーター2(2005)第2作
トランスポーター3 アンリミテッド(2008)第3作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
321 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-10-12 16:47:58
フランクは相変わらず最強。 爆弾のハンデがあってちょうど良い。
フランクが車から離れるたび 「オイオイ離れ過ぎじゃね?」 と気になった。
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-02-23 09:43:23
こんなにひどいのも珍しいな。ステイサムは相変わらずステキ。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:Kircheis投稿日:2011-09-20 01:09:55
今までのシリーズのなかでは一番運び屋として頑張ってたフランクだが、ストーリー的には一番つまんなかった。

ジェイソン・ステイサムのカッコ良いアクションがだいぶ少なくなったのがその原因だと思う。
ストーリーが破綻してるのはいつも通りだ(笑)

しかしヒロインのナタリア・ルダコーワはキャラ的にはワガママでおバカなお嬢様キャラでうざいと感じる部分も多いが最後には割と気に入ってしまった。
薬でぶっとんだ時のセクシーさはかなりのもんだし、終盤の涙で崩れたメイクがいい感じ♪

ロバート・ネッパーの悪役ぶりはいつもめちゃ大好きなんだけど、今作ではただの残酷な知能犯という感じだったのが残念。
彼はもうちょっと狂気をはらんだ演技の方が合う!!
投稿者:いまそのとき投稿日:2011-06-12 18:35:19
ササッと見る分にはそう大差ないか。ただ、環境汚染物質100年分の持込にサインなんていうあり得ん設定には苦笑した。このシリーズ見て思うのはも少し魅力的な女性使ったら!!ということ。ボンド・ガールのようにね。多分ベッソン好みなんでしょ。
投稿者:トム・ルーズ投稿日:2011-05-25 17:46:05
【ネタバレ注意】

相変わらずこのシリーズは面白いですね!
まあ私はジェイソン・ステイサムが出ていれば、基本何でも楽しめるところもありますが。

そしてリュック・ベッソンが監督や製作を担当した映画もほとんど好きです。

それにしても、何でしょうね、このスピード感。
カーアクション物のジャンル自体はそれほど好みではないのですが、このトランスポーターシリーズは3まで来てもまったく飽きることがありません。

カーアクションの片輪走行なんて久々に見ましたよ(〃∇〃)
車好きにはたまらないシリーズなんじゃない?

しかも車だけではなく、マウンテンバイクまで登場しますしね。
ジャッキー・チェンのアクション物を彷彿とさせる自転車アクションには、テンションが上がりました!

トランスポーターシリーズと言えば、ジェイソン演じるフランク・マーティンが愛車で依頼品を運ぶのが通例ですが、今回は20m以上車から離れると爆発するブレスレットを装着させられていると言う設定が面白いです。
そんな状態で、敵と肉弾戦アクションを繰り広げるのだから、アクション映画ファンならたまらない\(^_^)/

なんと言ってもジェイソンのあの肉体美!
凄すぎますね・・・。
郷ひろみ張りのジャケットプレイは圧巻でした☆-( ^-゚)v

ただ、アクションやストーリー自体は文句なしに面白かったのですが、大方の意見同様に、私も依頼品でもあるあのヒロインの女性がどうにも受け付けなかったですσ(^_^;)
ヴァレンティーナを演じたそばかす女のナタリア・ルダコーワは、ベッソンの趣味なんでしょうかね・・・。
そばかす多すぎでしょ?
しかも性格も悪いし、あれはちょっと・・・。
まあそれでも最後はなんとなく見れるようになっていたのが不思議なところです。

ヴァレンティーナにストリップをさせられるフランクが切なすぎます(°д°;)

とは言え、やはりジェイソンのキレのあるアクションを見れただけでも十分この映画は楽しめました。
悪役を演じたロバート・ネッパーの怪演も素晴らしかったです。
やはりアクション映画は悪役が冷酷じゃないとつまらないですね。
そう言う意味では、肉体派ではないですが、フランス仕込の悪役の冷徹さはこの映画に見事にマッチしていましたね。

肉体派と言えば、セーム・シュルトの登場には驚きました。
思いのほか強くなかったのはご愛嬌と言うことで(・∀・)

結局のところ、ヒロイン以外は、私自身は文句無しに楽しめました。
このシリーズもっともっと続いてほしいですね!

それにしても、冒頭とラストでのんびり釣りをしているジェイソンは相当地味ですねヾ(@°▽°@)ノ

投稿者:william投稿日:2011-02-17 09:16:35
ヒロイン役のナタリア・ルダコーワは個人的には好み。あの悪女っぽさがたまらない。
でもこの作品はハズレ。過去の名シーンをただつなぎ合わせただけ。
投稿者:黒美君彦投稿日:2011-02-14 22:36:25
【ネタバレ注意】

いかにもリュック・ベッソン風でござい、というのは大概ヒロインに象徴される。ウクライナの環境大臣令嬢ヴァレンティーナ役に抜擢されたナターリア・ルダコワなんて、R・ベッソンがいかにも好きそうだもんね。しかも首筋のタトゥーが、日本好きのベッソンらしい漢字。で、「安」って、悪い冗談ですか〜?
ストーリーは破綻しているが、「安」心して観ていられる?アクションは楽しめるし、J・ステイサムの肉体美も健在。ロバート・ネッパ―のワルぶりもお約束通り。
でもやっぱり、基本的に「安っ」!!という印象。お金はかかっているはずなのにね…ヒロインがあまりに酷かったということか。

投稿者:scissors投稿日:2011-02-14 01:30:17
前2作で気になった敵の安っぽさは無くなったけど、今度は全体にパッとしない出来に・・・。
フランクのキャラクターも粋な感じが薄れてしまって、シリーズとしてネタ切れ?
画面も、やってることのわりに迫力があまり無い。
「1」「2」のほうは見せ方が上手かったんだな。

ヒロインはキャラクターにも魅力ないし、キャスティングにはただただ疑問。
投稿者:BLADE投稿日:2010-11-13 14:53:01
単純にアクションを見る、それがすべてか。
ヒロインに関しては、1のスー・チーだっけ?
彼女を超えるのはないww
ここでのヒロインはアイメイクが・・・
投稿者:ジーナ投稿日:2010-08-28 04:21:38
ルールなんぞ守れないフランクの行動はいつも通りのパターンですが、依頼を受けるまでの流れや車から20m離れると爆発という設定が効果的でした。
フランク・マーティン、ウクライナの環境大臣、エココープ社、警察という4つの立場から観れるのも良かったですし、、それぞれの目的のためそれぞれが駆け引きし合っているのが面白かったです。
ただ、演出に緊張感が無いのが残念でしたね。

ジェイソン・ステーサムは相変わらず魅力的♪
味わい深い声に肉体美・・・ホント素敵です。
しかし、問題なのはヒロイン。
そばかすの多い女の子は好きだけど、この女優さんはとにかく華がない(爆)
エロい服を着ててもエロくないし、お嬢様の設定だけど品が無いし、とにかく美しくないんです。
こんな女をフランクが相手にするわけないだろがっ!!!ってヒロインのレベルに軽い怒りを覚えました(爆)
タトゥーの意味もセンスも理解できないし(笑)
ホント大問題です。
セーム・シュルトとの対決は笑えました。

シリーズ3作目にもなると新鮮味が無い分多少の飽きがきますが、ストーリーは現実味を残しながらスケールアップしていますし、、アクションも工夫を凝らしているので飽きずに鑑賞できました。
もちろんカーアクションは迫力満点で見応えアリです。
個人的には前作より楽しめたような気がします。
冒頭とラストのほのぼの感も良かったですね。
投稿者:bond投稿日:2010-07-31 09:24:31
過去にあった似たような映画の場面の寄せ集めっぽい。つまんない。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2010-07-25 02:12:11
主人公はある特殊な爆弾を身体に取りつけられる。
それは自分の愛車から20メートル以上離れられると爆発するというもの。
まず、このアイデアがとても面白い。

敵と戦うときは常に自分の車の周りにいなければならないし、
車がどこかへ行ってしまったときには自転車で必死に追いかけるし、
車が池に突っ込んでも一緒にいなくてはならない。
そんな過酷な状況でも表情ひとつ変えない主人公がクールすぎて笑える。
ちょっとしたアイデア1つで面白くなるものだなと思った。

まあ良いところはそれくらいで、全体的にはあまり出来の良い映画ではない。
単純な話なのに編集のせいでやったらわかりにくいし、
アクションシーンもあんまり上手く撮影されていない。
ヒロインはもう最高にうざったいし、キスシーンも陳腐。

つまらないとは言わないが、面白いとも言い難い映画であった。
投稿者:すなふきん投稿日:2010-05-23 01:30:02
【ネタバレ注意】

話の大元からして、結局不法投棄しちゃったほうがよっぽど早い話やん、
とかタイヤの空気で湖に沈んだ車が浮き上がるなら最初から沈まないんじゃ?
とかツッコミどころはありますが、クールかつ熱いキャラクターは
3でも存分に魅せてくれてます。

それにしてもジェイソン・スティサムは「トランスポーター〜」では
クールだったり、「アドレナリン〜」ではものすごくはっちゃけてたり、
多芸な役者さんだなって思いますね〜。
シュワちゃん、スタローン、ウィリス、ジャッキーのような往年の
アクションスターが退いていく中、ジェイソンには
「体当たりアクション映画をガンガンやれる役者さん」として
ポスト「シュワちゃん」レベルまでのし上がってくれれば、と期待しています。

投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 17:13:08
ジェイソン・ステイサムの当たり役
「トランスポーター3」
今回のブツは今までにもまして
ヤバくて、重要な代物
http://mototencho.web.fc2.com/2009/trans3.html
投稿者:replicant投稿日:2009-09-24 00:55:53
【ネタバレ注意】

『1』を観た時に「つまらんなぁ・・・これだから、ベッソン脚本はアテにならないんだよ!『ザ・ドライバー』とか見習えよ!」と悪態をつき、2度と観るもんか!と思っていたのですが・・・。実は『96時間』を観に行ったんですけど、昨日で終わっていました(/・_・\)アチャ-・・で、時間が合うのを探したらコレだったんですね。まぁ、『2』は面白かったですよ!という友人の意見もありましたし、ステイサムは嫌いじゃないですからね。というワケで『3』ですが・・・やっぱり、つまらん!っつーか、ヒロインが汚すぎ!雰囲気は確かにベッソン好みっぽいですが、あまりに汚い!\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニオイトイテ…ストーリーに無理があり過ぎて笑ってしまいました。なんで、大臣に認めさせるなんてまどろっこしいコトしてるんですかね?さっさと海に捨てちゃえばいいんじゃないですか?わからんなぁ・・・(苦笑)

投稿者:ビリジョ投稿日:2009-09-08 08:39:29
【ネタバレ注意】

 ヒロインの性格が途中で急変するのに違和感。
 悪役のおじさん、インパクトが弱い。
 次はがんばりましょう。

投稿者:なちら投稿日:2009-08-18 22:37:27
ステイサムのストリップショー、見ていて何だか恥ずかしくなった。
それはもう素晴らしい肉体なのは分かってますが、さぁ見ろと言わんばかりの脱衣は求めてなーい。
ナタリア嬢は、いかにもベッソンガールな感じ。「セックスしたい」ってアンタ…!随分直球ですな。
どうやらこの作品、お色気サービスの点で肝心の色気無い事山の如し!

ツボだったのが、チャリのシーン。
カッコつけたスーツの男がチャリで爆走してアウディに追いついちゃったよ!えええ〜!っていうね。面白いね。
投稿者:ASH投稿日:2009-08-15 23:38:55
【ネタバレ注意】

 毎度のことながら、ベッソン率いるヨーロッパ・コープは良質の「B級映画」を提供してくれるので侮れない存在なのだが、特にこのシリーズは心の奥の中学生スピリットを刺激してくれるので外せない。ストーリーなんかよりも重要なのは、とどのつまり、アクションを見せることなんだよね。

 さすがに3作目ともなると前2作から少し逸脱し始めて、フランクが己に課したルールを遂に破る。好意的に捉えれば新機軸ということなんだろうけど、今度ばかりはルールを破らざるを得ない状況にフランクが追い込まれる。車から20m以上離れると爆発するブレスレットを装着させられるだなんて、どっかで聞いたことがあるアイテムだけど、こうすることでフランクは必然的に車から離れられなくなる。なるほど、3作目としては上手い作りだよ。

 「車から降りられなくなる」では制限が多過ぎるから、「車から離れられなくなる」としているところがミソ。愛車のアウディが傍らに停まっていればいいわけで、それを活かしたアクションがてんこ盛り。こういうことを考え付くベッソンとは、やはり中学生がそのまま大人になったような人物なんだろうなぁ、と想像しちゃう。クライマックスの列車内でのアクションは漫画みたいで荒唐無稽の極みなんだけど、そこがカッコいいんだよね。

 もひとつ、このシリーズでは小道具の使い方に感心させられることが多いんだけど、今回は自転車が大活躍する。車を奪われたフランクが自転車に乗って追いかけるんだけど、この追跡シーンが凄まじいこと。コレオグラファーとしてコーリー・ユエンが参加しているということもあるんでしょうが、香港映画のテイストを実に巧みに取り入れている。思わず「スゲェ!!」と言いたくなるくらい、アクションに関しては本気モードなのね。

 正直言って出来としては前2作よりは若干、落ちるが、それでもカー・アクションとマーシャル・アーツが満載で、実に男子が喜びそうな要素で溢れかえっている。こういう映画をこよなく愛する身には堪らない。ヒロインはそばかすだらけのハスッパ娘なんだけど、終盤に向かってだんだんといじらしく見えてくるのだから不思議。しかし、ベッソンの趣味なんだとは思うが、こういう感じの女の子が本当に好きなんだなぁ…。

 ジェイソン・ステイサムのタフでクールな男っぷりが全開。というか、こういう役はステイサムの十八番(おはこ)なわけで、これがなければ始まらない、という域に達した俳優なんだと思う。敵に囲まれたフランクが、スーツを少しずつ脱いでゆくというストリップ・アクション(?)でマッチョぶりを見せつけるんだもん。さて、次は実はお笑いもイケるステイサムのもうひとつの当り役(だと思う)の「アドレナリン2」だッ! コッチも楽しみね(観に行けないケド…)。

 ところで、フレンチ・アクションはBGMとしてトランス系テクノを使用することが多いよね。お国柄?

【レンタル】
 【DVD】トランスポーター3 アンリミテッドレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION