allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ボローニャの夕暮れ(2008)

IL PAPA DI GIOVANNA

メディア映画
上映時間104分
製作国イタリア
公開情報劇場公開(アルシネテラン)
初公開年月2010/06/26
ジャンルドラマ/戦争
映倫G
生きていくって、
寄り道ばかり。
ボローニャの夕暮れ [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,100
USED価格:¥ 1,789
amazon.co.jpへ

 Photos
ボローニャの夕暮れ

【解説】
 イタリアのベテラン監督プーピ・アヴァーティが、故郷ボローニャを舞台に撮り上げたホロ苦くも感動のある家族の絆の物語。主演は、本作の演技でヴェネチア国際映画祭主演男優賞に輝いたシルヴィオ・オルランド。共演にフランチェスカ・ネリ、アルバ・ロルヴァケル。1938年、第二次世界大戦前夜のイタリア、ボローニャ。高校の教師ミケーレは、同じ学校に通う最愛の一人娘ジョヴァンナのことが心配。美人の母デリアに対して劣等感を抱き、恋にも消極的な彼女にボーイフレンドが出来ればとお節介を焼く。ところが、それが思いも寄らぬ事件に発展してしまう。ついに戦争も始まり、平穏だった一家の日常は音を立てて崩れはじめていくのだが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
19 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bava44投稿日:2011-02-12 11:25:59
時代設定に必然性がなく、風呂敷を広げ過ぎているし、編集がぶつ切りでテンポを無視していることなど不満はあるが、基本的なドラマはよく出来ていると思う。

イタリアらしい家族の絆を大切にする内容・・・というより、ダメ娘に対するオヤジの溺愛ぶりが、(保守的で)素朴な感動を生む点を評価したい。

そういえば、娘役のアルバ・ロルヴァケルは他の映画でも薄幸な役が似合っていた。冴えない女としての存在感が漂っている。ずっと、この路線で頑張ってもらいたい。

投稿者:kuro投稿日:2010-10-04 15:55:11
【ネタバレ注意】

精神に障害を持ち、同級生を殺してしまう高校生の娘を持つ両親の苦悩を描いた映画で、タイトルから想像されるよりも、重く胸が苦しくなるようなテーマを扱った映画なのですが、ラスト5分で救われます。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 男優賞シルヴィオ・オルランド 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ボローニャの夕暮れ2011/01/28\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ボローニャの夕暮れレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION