allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ATOM(2009)

ASTRO BOY

メディア映画 Anime
上映時間95分
製作国香港/アメリカ
公開情報劇場公開(角川映画=角川エンタテインメント)
初公開年月2009/10/10
ジャンルSF/アドベンチャー
映倫G
ぼくは負けない──
だって父さんの子どもだから。
ATOM [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 3,500
USED価格:¥ 3,500
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:デヴィッド・バワーズ
製作:マリアン・ガーガー
製作総指揮:セシル・クレイマー
ケン・ツムラ
ポール・ワン
フランシス・カオ
原作:手塚治虫
脚本:ティモシー・ハリス
デヴィッド・バワーズ
音楽:ジョン・オットマン
声の出演:フレディ・ハイモアトビー/アトム
ニコラス・ケイジテンマ博士
ビル・ナイお茶の水博士
クリステン・ベルコーラ
ユージン・レヴィオリン
ドナルド・サザーランドストーン大統領
ネイサン・レインハムエッグ
サミュエル・L・ジャクソンゾグ
シャーリーズ・セロンナレーション
声の出演(日本語
吹替版):
上戸彩トビー/アトム
役所広司テンマ博士
西村知道お茶の水博士
林原めぐみコーラ
山寺宏一オリン
土師孝也ストーン大統領
内海賢二ハムエッグ
加瀬康之ゾグ
愛河里花子ナレーション
【解説】
 手塚治虫の大ヒット作『鉄腕アトム』を、「ミュータント・タートルズ -TMNT-」などを手掛けたイマジ・スタジオが映画化したフルCGアニメーション。主人公アトムの声を担当するフレディ・ハイモアはじめ、ニコラス・ケイジ、ビル・ナイなどハリウッドの豪華スターがボイスキャストを務める。また、日本語吹替え版はアトム役に上戸彩、テンマ博士役に役所広司。監督は「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」のデヴィッド・バワーズ。
 ロボットが全ての世話をしてくれる空中都市メトロシティ。ある日、科学省長官テンマ博士の息子トビーは、科学省の実験施設に潜り込み、実験中の事故に巻き込まれて命を落とす。悲しみに暮れるテンマ博士は、息子の姿と記憶を宿したロボットを製作する。しかし、所詮はロボット。息子の代わりにはならないと実感したテンマ博士は、トビーを追い出してしまう。荒廃した地上に降りてきたトビーは、人間たちと出会い、自ら“アトム”と名乗り、ロボットであることを隠して彼らと暮らし始める。そんな中、メトロシティのストーン大統領は、支持率回復を狙って地上との戦争を画策、アトムに内蔵された未来型エネルギー“ブルーコア”の兵器転用を目論みアトムの捜索に乗り出すのだった。
<allcinema>
【吹き替え】

劇場版
※このデータは放送当時の情報です。
上戸彩フレディ・ハイモアトビー/アトム
役所広司ニコラス・ケイジテンマ博士
林原めぐみクリステン・ベルコーラ
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
210 5.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-07 16:54:57
鉄腕アトムにそれほど思い入れがないので、これはこれで楽しめた。
投稿者:黒美君彦投稿日:2013-04-26 01:50:01
【ネタバレ注意】

改めて語るまでもない手塚治虫の代表作の一つ『鉄腕アトム』。初めての本格的テレビアニメとして1963年から放送され、社会現象を起こすほどの熱狂的な支持を受けた。
当時物理的に不可能とされていた毎週1回のアニメ放送を成し遂げたこと、少年の形をしたロボットが敵役の巨大ロボットに立ち向かう姿が新鮮だったこと、菓子や玩具メーカーがこぞってアトムにちなんだ商品を出したこと…それらが相乗効果を生んで「アトムブーム」を巻き起こしたのだ。
果たして約半世紀後、アトムは同じようなブームを起こすことができるのか…。
結果からいうと半世紀前のアトムがもたらした感動を、現代に再現することは難しかった、というほかない。
巨大なロボットがリアルに闘う数々の映画や精緻なアニメが、次々消費されている時代に、半世紀前の子供たちに受けたSFアニメはあまりに陳腐に見える。3DCGを駆使し、物語を大きく改変したとしても、主人公が“ATOM”であることは変わりない。そこには限界がある。

とはいえそれは、半世紀前に「鉄腕アトム」を生んだ手塚治虫の功績を微塵も傷つけるものではないということも確かだ。
彼は当時の子供たちの感覚にぴったり合うアニメとして、「鉄腕アトム」を生み、それは世界中で熱狂的に支持されたのだから。

さてそうした限界を踏まえてこの作品を観たとき、意外に悪くない、と感じた。
だが、自分が人間ではなくロボットであることに気づいた時の葛藤や、ロボットがおかれている状況への怒りなどが描かれていないのが惜しまれる。
ロボットであるということはどういうことなのか。
不死でありながら、壊れると棄てられ消費される「物体」としてのロボットを、彼はどう受け止めるのかが不明なままだ。
だから襲ってくるロボットをやっつける姿に、痛々しい違和感を覚えてしまうのだ。
ただ服を着たままのアトムというのも仕方がないのだろう。そこはさほど違和感は感じなかった。

ちなみにこの作品の製作費は約6,500万ドルだったが、全米での最終的な興行成績はわずか2000万ドル足らず。全世界の売上げを足しても、4,000万ドルに達しなかったとか。結果的に制作会社の危機すら招いたという。
それはノスタルジックな記憶としての商品価値が、必ずしも現代求められていないことの証しといえるかもしれない。

投稿者:こじか投稿日:2011-02-28 01:24:19
アメリカでフルCG化された我らがアトム。話題になった様でなってなかった様な…。って言いながら、わたしは鉄腕アトムを知ってるようで知らない世代。要は、事実としてロクに読んだ記憶のない世代です。だから正直わからないなりに言いますが、「これがあのアトムなの?」と。もちろん原作とは全く別物として観ますが、自分の居場所探しのプロットはいいとしても、特に父親絡みのシークエンスは倫理感覚を疑うモノのオンパレード。いくら(架空の)未来に生きる人たちだからって浅はかで酷い。何だかショックです…疲れました。
日本語吹替えの声優さんについては、役所広司(父親役声優)の様に本人の顔が浮かんでしまってはやはり向かない気がします。アトムの声を吹き替えた上戸は支持。彼女は金八第6シリーズやこの作品の様な抑えた演技の方が活きますね。CMでニコニコしてるのとは別人みたい。
投稿者:ASH投稿日:2009-10-10 13:19:41
【ネタバレ注意】

 「鉄腕アトム」といえば、1980年のカラー版のアニメの方を観ていた程度で、原作漫画に関しては全巻を読み倒したわけでもないから僕は割と冷静に観ることができたけど、手塚治虫の信奉者や「アトム」のファンが、この映画版を観てどう感じるかは気になるところ(どうせケチョンケチョンなんだろうけど)。

 原作の基本設定が踏襲されてはいるものの、若干の変更はいくつかあって、多分、そういう部分がウルサ方のお気に召さないところなんだと思う。でも、手塚治虫に思い入れも何もないような米国側のスタッフが、原作の精神性を無視してとんでもないシロモノを作り上げたという印象は、この映画版を観る限りでは受けない。CGアニメという表現法に難癖をつけるのだとしたら、それは別問題だろうし。

 父と子の物語に焦点を絞って、アトムとテンマ博士の関係を描いてあるところが最大の相違点。どちらかといえば、お茶の水博士の方が添え物になっちゃっている。テンマ博士は、アトムが自分の思い描いていたものと違うとして彼を見捨てるが、その辺りの描写はもっと深くてもよかった気がする。戻ってきたアトムからブルーコアを一旦、取り外すが、それをすぐに戻すのはちょっと説明不足かも。

 「A.I.」もそうだったけど、人間のエゴの方がよっぽど恐ろしくて、血の通わないロボットの方がずっと話が分る存在として描かれているのはSFにはよくあること。ロボットの創造主である人間は、ロボットたちに対してかなり酷い扱いをしている。本来なら共存が理想的なあり方だが、異分子とはなかなか相成れないものだったりする。子供向けの作品ではあるが、そういう部分はシッカリと描かれているのは好印象(それを子供が気付くかどうかは微妙なとこだけど)。

 さて、なんだかんだ言いながらも、描かれている未来社会の風景やメカニックは、SF映画好きには堪らないものがある。宙に浮かぶメトロシティと、廃墟の中に人が暮らす地上との対比など、それだけでOK! クライマックスのバトルも、CGアニメの特性を最大限に活かして凄まじい。人間の子供の描き方や、「ロボッツ」に出てきたようなキャラなど、アメリカナイズされた部分もあるけれど、それは仕方のないことだからねぇ…。

 映画そのものが子供向けだから当たり前だが、大人が観るには少しばかり退屈を催すようなところがあるのも事実。壮大な原作やTVアニメの世界観を90分弱にまとめるのは無理な話なんだから、ターゲットを低年齢層に絞ったのは正解だが、その結果として大人の鑑賞に耐え得るだけの深みがなくなってしまったのは否めない。監督は日本のアニメ版のファンらしいから、この技術を持ってしてあの「プルートゥ」のエピソードをやってみたら、と考えると…。でも、そんなことしたら「PLUTO」の浦沢直樹が黙っちゃいない?!

 惜しむらくは、殆どが吹替え版での上映のみだということ。オリジナル版は声優陣がとてつもなく豪華で、すごいことになってる。フレディくんのアトム、ニコラス・ケイジのテンマ博士と、あの声を想像するだけで…。さらに、冒頭のナレーションがシャーリーズ・セロンだとはッ!! 日本語吹替え版に関しては、主役の2人はともかく、脇を固めるベテラン声優さんたちがいい仕事してます。

 エンド・クレジットに1980年のアニメ版の主題歌を流すなんて、なかなかシャレたことしてくれる。劇中にはヒョウタンツギが出てきたりと、米国側のスタッフの手塚治虫に対する敬意が感じられる。もっとも、コンサルタントとして手塚眞が参加している関係から、あまり突飛なことができなかったというのも想像できるけど。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ATOM Blu-ray2011/06/24\2,500amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ATOM Blu-ray2010/04/02\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ATOM2011/06/24\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ATOM プレミアムBOX <5000セット限定生産>2010/04/02\9,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ATOM スタンダード・エディション2010/04/02\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】ATOM アトムレンタル有り
【ミュージック】
【CD】 オリジナル・サウンドトラック 『ATOM』
新品:¥ 2,625
3新品:¥ 1,850より   2中古品¥ 1,350より 

【書籍】
■原作
【コミック】 鉄腕アトム別巻(2) (手塚治虫漫画全集)
新品:
8中古品¥ 116より 

【コミック】 鉄腕アトム別巻(1) (手塚治虫漫画全集)
新品:
1新品:¥ 19,112より   16中古品¥ 1より 

【文庫】 鉄腕アトム別巻 (手塚治虫文庫全集)
新品:
2新品:¥ 918より   4中古品¥ 1,874より 

【大型本】 鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 ユニット7 〈別巻〉
新品:¥ 15,325
8中古品¥ 17,500より 

【コミック】 鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 ユニット1
新品:
2新品:¥ 37,000より   7中古品¥ 21,565より 

【コミック】 鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 【アトム対青騎士編】
新品:¥ 15,325
1新品:¥ 22,752より   11中古品¥ 10,895より 

【コミック】 鉄腕アトム《オリジナル版》復刻大全集 【アトム対プルートウ編】
新品:¥ 15,325
1新品:¥ 24,765より   9中古品¥ 9,000より 

【コミック】 鉄腕アトム―大人気SFコミックス (別巻2) (Sunday comics)
新品:
3新品:¥ 529より   12中古品¥ 42より 

【コミック】 鉄腕アトム―大人気SFコミックス (別巻1) (Sunday comics)
新品:
3新品:¥ 529より   7中古品¥ 30より 

【コミック】 鉄腕アトム―大人気SFコミックス (9) (Sunday comics)
新品:
3新品:¥ 529より   2中古品¥ 58より 

Amazonで「ATOM」を更に検索する
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION