allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

G.I.ジョー(2009)

G.I. JOE: THE RISE OF COBRA

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パラマウント)
初公開年月2009/08/07
ジャンルアクション/アドベンチャー/SF
この戦い、かなり刺激的。
G.I.ジョー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
参考価格:¥ 6,469
価格:¥ 4,807
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:スティーヴン・ソマーズ
製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
ブライアン・ゴールドナー
ボブ・ダクセイ
製作総指揮:スティーヴン・ソマーズ
デヴィッド・ウォマーク
ゲイリー・バーバー
ロジャー・バーンバウム
エリク・ハウサム
キャラクター創造:ハズブロ
原案:マイケル・B・ゴードン
スチュアート・ビーティー
スティーヴン・ソマーズ
脚本:スチュアート・ビーティー
デヴィッド・エリオット
ポール・ラヴェット
撮影:ミッチェル・アムンドセン
プロダクションデ
ザイン:
エド・ヴァリュー
衣装デザイン:エレン・マイロニック
編集:ボブ・ダクセイ
ジム・メイ
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演:チャニング・テイタムデューク
レイチェル・ニコルズスカーレット
マーロン・ウェイアンズリップ・コード
シエナ・ミラーバロネス
レイ・パークスネークアイズ
イ・ビョンホンストームシャドー
ジョセフ・ゴードン=レヴィットコブラコマンダー
アドウェール・アキノエ=アグバエヘビーデューティ
クリストファー・エクルストンデストロ
サイード・タグマウイブレーカー
デニス・クエイド司令官ホーク
ジョナサン・プライス
アーノルド・ヴォスルー
ケヴィン・J・オコナー
ジェラルド・オカムラ
ブランドン・スー・フー
デヴィッド・マーレイ
【解説】
 アメリカの人気ミリタリー・アクション・フィギュアから派生したTVアニメ・シリーズ「地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー」をベースに実写映画化したアクション・エンタテインメント。様々なガジェットを駆使する史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”が世界征服を企む悪の組織“コブラ”と繰り広げる壮絶バトルをスタイリッシュかつ迫力の映像満載で描く。監督は「ハムナプトラ」シリーズのスティーヴン・ソマーズ。
 ある日、NATOの開発した緑色の化学物質ナノマイトが世界征服を目論む悪の組織“コブラ”に強奪される。その物質は本来ガン細胞の治療薬として研究開発されたものだったが、あらゆる金属を侵食し粉々にする驚異の性質を持つため、コブラと共謀する武器商人デストロの手によって世界を脅かす化学兵器として悪用されてしまうことに。そこでアメリカ政府は、世界屈指の精鋭で構成される最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”を、世界を救う最後の切り札として送り込むのだった。強靱な肉体と行動力を持ったエキスパート集団である彼らは、加速装置付きのハイパースーツなど最新のガジェットを操り、コブラに立ち向かう。そして両者は、G.I.ジョーの若きリーダー、デュークとコブラの中心メンバー、バロネスとの知られざる因縁をはじめとした逃れられぬ宿命に導かれながら、苛烈を極めた攻防を展開していくのだが…。
<allcinema>
【関連作品】
地上最強のエキスパートチームG.I.ジョー(1985〜1987)アニメ・シリーズ
G.I.ジョー(映画版)(1987)アニメ映画版
G.I.ジョー(2009)第1作
G.I.ジョー バック2リベンジ(2013)第2作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
215 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-04 06:53:50
見所が本当にない。
投稿者:nabeさん投稿日:2013-12-27 23:45:24
CGてんこ盛りのアクション大作である。
本家のG.I.ジョーとは似ても似つかない現代のスーパー戦闘軍団が、世界制覇を目論む悪の組織コブラと海、陸、空に死闘を演じるストーリーが単純明快で分かりやすく、そのスピード感と相まって息をもつかせぬ迫力のシーンの連続だ。イ・ビョンホンをはじめ演じる俳優たちもみなカッコよくクールで、まさにハリウッドアクション映画の見本のような作品である。
悪役に強烈な個性的俳優がいないわりには、G.I.ジョーたち個々のキャラクターがまだ前面に出てこないのも、若手俳優の今後に期待するしかないだろう。この中から、未来のT.クルーズが果たして何人出てくるか楽しみである。
投稿者:radiocity投稿日:2012-11-28 03:32:06
迷彩柄のスノーモービルって何んに使うの?
投稿者:Hoppy!投稿日:2010-11-01 23:04:47
これは良かった!サントラも合わせて必須!くらい。

さすが、ステップアップの映画のチャニング。動きがシャープでダンスかアクションにはナイスなキャスティング。

それでいて、物語もなんかそんな感じのアメリカンアクションヒーロー物語で、どこか笑いもありつつ
元のゲーム的な視覚も忘れずと。

チャニングの演技力なんてあってもなくてもどうでもいい感じで、テンポ良く話が進んでいく。

次回作も早く観たいなー。もっと各キャラの能力を掘り下げて、もっと活躍させてよいね。

剣のアクションは主演をくうほど、よかったが。なんだか、またしても日本の取り上げ方が、なんか変なアメリカ文化。
次はどうせなら、忍者ものも登場させてほしいわい。

良くも悪くも、いかにも、って感じで和み系。
http://idolhappiness.web.fc2.com/hoppy.html
投稿者:ジーナ投稿日:2010-10-08 03:03:38
極秘の軍事組織というわりに大々的で派手な行動をしているのが気になりますね。
もちろん攻防戦は激しく大胆なほうが観ていて楽しいけど、リアリティが皆無になってしまいました。
ド派手なアクションを取るか、GIジョーの設定をとるかハッキリさせた上で脚本を練るべきだったと思います。
敵の目的・計画に関しても大雑把な印象を受けました。
そういうことを抜きにすれば、変化に富んだにぎやかなアクションなので単純に楽しめます。
カーチェイスも工夫されていますし、ハラハラドキドキできました。

武器の造形や衣装など小道具のデザイン性も見事でした。
ただ・・・ハイパースーツは本番よりも訓練シーンのほうが見応えがあるなど武器の見せ方がいまひとつなのが残念でしたね。
一つ一つの発想は素晴らしいのでもう少しワクワクできるような見せ方をしてくれると面白みに繋がったでしょう。

主人公のチャニング・テイタムは好青年がよく似合ってましたし、レイチェル・ニコルズはスタイル抜群で可愛かったですし、ユーモラスなマーロン・ウェイアンズや見事な存在感のジョセフ・ゴードン=レヴィットなど見応えありのキャスティングはGOOD
特にシエナ・ミラーは過去と現在で別人に見えるぐらいの変わりようなのでファンは二度美味しい感覚を味わえると思いますよ。
デニス・クエイドに関しては、見せ場なしでした(爆)

ツッコミどころ満載のストーリーですが、奇抜なアクションや新鮮味のある映像などSFアクションがとにかく好きって方は満足度が高いと思いますよ。
コミカルさもあるのでクスッと出来ますし、何となく古臭い感じが結構良かったですよ。
しかし・・・テンポが速いのでノンストップで鑑賞できますが、ドラマ部分はじっくり見せるなど緩急をつけたほうがバランスの良い作品に仕上がったでしょうね。

続編があるような雰囲気でしたが、1週間で内容は忘れちゃうだろうな(爆)
投稿者:bond投稿日:2010-09-01 11:30:55
最後まで中だるみせず、テンポ良く展開、過去の回想シーンもくどくなく、理想的長さ。深く考えずアクションを楽しめる映画。でも、何故ブレンダンフレイザー一瞬だけの出演?
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-08-31 16:20:44
パリでのアクションシーンはBDに残したくなる程良く出来てたが、隊員たちが特殊スーツに身を包んでも少しも盛り上がらない所など、演出のマズさはあちこち(特に前半)に感じたし、大作なのにアクションシーンの殆どが引用された物(アイアンマン、マトリックス、トランスフォーマー)なのは問題だと思う。いつものようにVFXスタッフが一番優秀だった訳ね。イ・ビョンホンは全然おいしくない役柄だったな。
投稿者:PhoenixMizu投稿日:2010-05-29 20:13:20
【ネタバレ注意】

知っているキャストがイ・ビョンホンしかいなかった。
これは僕が他の俳優を知らないだけ?・・・・・

鉄を食べるウイルスというのはおもしろかったが、ラストがむちゃくちゃ。
あんなに悪い事してるんやし「逮捕で解決」より戦ってやっつけて欲しかった。
大統領が入れ替わったのも現時点では意味がないし続編ができないとしっくりこないまま。
捕まった二人がチクりそう。特に社長が。
あと、悪の考えることは昔から「世界征服」。(笑)

スネークアイズにはイ・ビョンホンを倒した時くらいしゃべって欲しかった。
そしてこの人ダース・モールの人なんだって!!!
たしかにあのときもアクションがジェダイより上手だった。
これが1番のびっくり。

パリでのアクションとかは面白かったけどね。

投稿者:御中優希投稿日:2009-09-23 22:55:09
ハズブロの、誰一人として死なない如何にもアメリカンなハチャメチャ戦争アニメが原作いう事で、『ザ・グリード』や『ハムナプトラ1』の頃のソマーズが復活するかも? という期待を持ってました。
で、実際に観た結果は「良くも悪くも普通のハリウッドアクション映画」でしたねぇ…。
パリでのバロネス&ストームシャドウとグラント(アニメ放映当時、日本ではデュークはこの名前でした)達の追撃戦で「イケる!」って思ったんですが、最後は“会社の指示通りに撮りました”感が漂うテンションの低いアクション。
スネークアイとストームシャドウの過去や剣戟は面白かっただけに残念でなりません。
投稿者:rT2k投稿日:2009-08-28 13:47:17
【ネタバレ注意】

女物理学者がパワースーツ着ての女同士の殴り合いも展開します。
TVゲームのFPS射撃訓練でさえリアル志向なのにわざわざ電子表示とか
あと棒術ですか。先がビリビリSF物質していました!
最後あたりの音声入力でミサイル発射というのがもっともゲームしている!!

投稿者:英国紳士投稿日:2009-08-22 00:33:10
【ネタバレ注意】

単純明快・SFX満載作品の割に、さほど話題にも上ってこないので、きっとイマイチな出来なんだろうなと思いながら映画館に足を運びましたが…なかなかどうして、割と楽しめましたよ。

下では結構酷評されてますが、キャストはデニスクエイドとかジョナサンプライスとか、変なところで妙に豪華だし、フランスでのハチャメチャな戦闘っぷりが思いのほか良かったです。

個人的には、「とっとと出て行きな(このアマ)!あら!いい靴ね!」のくだりが一番のお気に入りです。さすがエスプリの国、フランスです。女性はきっと皆オシャレなんでしょう。

あとは、お約束の「ガイジンが描いた勘違いニッポン」が見られます。

投稿者:replicant投稿日:2009-08-16 01:42:08
【ネタバレ注意】

これは酷い!どのくらい酷いのかと言うと、あの『トランスフォーマー』が大傑作に思えるくらいです(オイラは好きですけどね)。とにかく唖然とするのが、全く魅力の無いチンケな内輪話のようなモノがあるんですよ。大体、あんなに人を殺しといて、あのオネーチャンはなんなんでしょ!スティーヴン・ソマーズのセンスの無さは、はっきり言って暴力ですね。今年度ワースト1!

投稿者:banban投稿日:2009-08-15 00:37:29
「今回もだろうなあ。」と期待半分で観に行ったが、やっぱり雑な映画だった。
最近特に思うんだけど、こういうのがはやりなの?
トランスフォーマー等もそうだが、すごいんだけど、メリハリがなさすぎ。
もっと丁寧につくれないものかね。もったいない。
おおざっぱなことこの上ない。
とってもアメリカンな映画。
投稿者:なちら投稿日:2009-08-12 18:10:14
【ネタバレ注意】

C・テイタムの演技力が、僅かにアップしている気がする。
初めて見た時は、なんだこのモゴモゴ喋る兄ちゃんは!と、ガックリした覚えがあるが…。成長したね!

しっかし、次から次へド迫力映像のラッシュに目が回りそう。
戦闘スーツでのアクションをもっと見たかったけど、スーツの出番ってあんまり無いねぇ…。残念。

大統領は入れ替わったままだし、続編を作る気満々のようだが、その後について知りたい気持ちが
個人的にはあまり起こらず…かな。

馴染んでないB・フレイザーは監督のツテ?
ならばD・ジョンソンの方がハマるし、お得感が高いと思うんだよね。

投稿者:abc1192投稿日:2009-08-10 22:18:00
結構楽しめました^^
パリでの戦闘シーンはとても見もので興奮しましたね!!
海底での潜水艦戦闘シーンはSWみたいだった
とにかくアクション!アクション!!アクション!!!
アクション三昧でしたね(一時間くらい・・・
ただストーリーが・・・
あと終わり方が同監督の「ザ・グリード」

とにかくこの夏に熱くなりたい人にはお勧めです

↓の人ネタバレ満載ですよ ちゃんとチェックしましょう
投稿者:メカゴジラ投稿日:2009-08-10 17:23:07
【ネタバレ注意】

 
レイトショーで観てきました。
この夏は「トランスフォーマー2」という玩具ネタ映画の大当たりがあったうえ、監督が「ザ・グリード」に「ハムナプトラ」のS.ソマーズなんだから、そりゃ面白い娯楽大作だろうとワクワクで見に行きました・・・が、残念ながらこれはちょっと。

一言で言えば「盛り上がりに欠ける映画」でした。
シリーズ物の一作目なんで、ストーリーよりも組織やら登場人物の説明のウェイトが高いのは仕方ないんですが、とにかく前半のナノマイト争奪戦からクライマックスまで不思議なほど盛り上がりません。
その割に登場人物の説明も不十分なので、どういう得意技や背景があるキャラクターなのかよくわかりません。よくわからないので感情移入がしにくく、観ていてハラハラしたり「おおっ!」と燃えたりできません。
ぶっちゃけ司令官が「彼は○○。得意技は××だ」って一人ずつ紹介するぐらいでもよかったんではと思います。なにしろ「日本語吹替版アリ」の映画なんだし。

撮り方や照明の問題なのか、コスチュームや小道具がなんだか安っぽく見えるのもマイナス。イ・ビョンホン(ニンジャ役とか演って本国でバッシングされないのかな)の異常にチープな衣装とかあんまりな出来。

また、クライマックスも、北極海の海中秘密基地を小型潜水艇の大編隊で総攻撃!という燃えるシチュエーションなのに、ニンジャ同士の対決(またこのチャンバラを狭い場所でやってしまう凡ミス!)と主人公のモタモタした脱出行、飛び立ったミサイルの追跡をヘタクソな編集で同時平行にしてしまったせいで気の毒なほど盛り上がりに欠けます。
ワシントンに落ちる寸前のミサイルをリップ・コードが・・・するシーンなどガッツポーズものだったのに、本当に惜しいです。

個人的な意見ですが、はっきり「子供向け」と割り切ってキャラクター設定をわかりやすくし、どうせ続編予定あるんだから主人公とアナ、スネークアイとストームシャドウの因縁は持ち越しにして、北極基地攻撃のスペクタクルと「コブラ」の誕生だけをメインに描いた方がはるかに盛り上がったんじゃないかと思います。

「P2」のグラマー美女レイチェル・ニコルズの起用やパワードスーツ全力疾走チェイス(ライミ版「スパイダーマン」以来の感動!)や、崩壊する秘密基地の映像など良いところも多かったのに、惜しい作品でした。
次作に期待します。

投稿者:ASH投稿日:2009-08-09 00:23:35
【ネタバレ注意】

 あれ? ハズブロのGIジョーって、こういうフィギュアのことなんだっけか? 僕が知ってるGIジョーってのは兵隊さんのフィギュアだったような…。てな疑問は措いといて、ガジェット満載で心の奥の中学生スピリットを刺激する映画なんだけど、残念ながら失敗作。だいたい、ソマーズ監督作に深みを求めるつもりはハナからないが、こうも忙しないと疲れちゃうね。

 いや、こういう映画は決して嫌いではないんだよ。むしろ好きなくらい。劇中で繰り広げられる破壊行為や非人道的行為も、映画だからと割り切れるクチだから気にはならないが、いろんな娯楽映画の要素が詰め込み過ぎで、それはソマーズ監督のサービス精神の表れなんだろうけど、逆にそのサービス過剰ぶりにゲップが出るくらい。パリの街をメチャメチャにしちゃう追いかけっこは確かに派手な見せ場だが、民間人をも平気で巻き込む無神経さには娯楽映画をこよなく愛する身ですらも驚いた。マイケル・ベイもびっくり!!

 フト思ったんだけど、この映画って、根本的なベースは「X-メン」というよりは、荒唐無稽な娯楽映画としての要素が強かった頃の「007」シリーズに近いような気がする。ひとりではなくチームが悪の組織と戦うというところでは「X-メン」の方が近いが、世界征服を企むマッカランのいでたちといい、ハイテク・メカといい、ソマーズ監督としては自分なりの「007」を目指したつもりなのかも。そう考えると、アラン・シルベストリによるスコアも明らかに「007」シリーズのバリー調だったりする。考え過ぎ?

 もひとつ、複数の戦いが同時進行するクライマックスは、「SW」で言えば「ジェダイの復讐」、はたまた「ファントム・メナス」を思い起こす。いや、これは意識していないとは言わせないくらいに、類似シーンが多い。とまあ、こんな調子で、アッチコッチから面白そうな要素を取り入れて映画を作ったかの印象。そういうことが悪いとは思わないし、それがソマーズ監督の「作家性」なんだろうけど、もう少しある種の驚きが欲しいのよ。

 とはいえ、デュークとリップが加速スーツでパリの街を疾走するシーンには燃えたわ。こういうシーンが見られるだけでも、この映画は僕には充分に価値があるのね。また、ここでは凄まじいカー・アクションが見られるから、それだけで満足しちゃったりするんだよね(安上がりなヤツ)。劇中ではフランスを象徴する世界遺産がとんでもないことになっちゃうけど、パリは喜んでこんなシーンのためにも協力してくれたんだろうなぁ。いい話(勝手な想像です)。

 スネークアイズとストームシャドー。2人の忍者の秘められた過去が小出しに出てきて、彼らが宿命の関係にあることが示唆されるけど、これは原作アニメにも描かれていることなのかしらん? もう少しドラマチックに盛り上げてもよかったような気もするが、そんなことしちゃうと上映時間が無駄に長くなっちゃうか。シャドーの少年時代を演じた暴力的な男の子。どっかで見た顔だなぁ、と思ったら、「トロピック・サンダー」のあの子だ!

 悪女を演じたシエナ・ミラーよりも、レイチェル・ニコルズ(巨乳)の方がよかったね。バロネスは相当にしたたかな悪女だと思ってたけど、彼女が悪の道へ進んだのにはあんな理由があったとはねぇ…。でも、テロ行為の実行者であることは間違いないんだけどね。この映画を観てつくづく思ったんだけど、シエナにはボンド・ガールをやってもらいたかったよ。

 ところで、あの役はブレンダン・フレイザーだったの?

投稿者:グラム投稿日:2009-08-08 06:53:56
最後の方で登場する戦闘機はどう見ても「ファイアーフォックス」なのが笑えた。
投稿者:SECOND_STAGE_LENSMEN投稿日:2009-08-08 02:21:48
 全編がアクションに次ぐアクション。
 『X-メン』で「恵まれし子らの学園」の授業風景があったり、『トランスフォーマー』でサムの学園生活を描いたような、緩急をつけたストーリーではない。
 冒頭からラストまで戦闘しっぱなし、戦闘でないときは戦闘訓練、愛を語るのも走りながら。

 さすがだ、これでこそ『G.I.ジョー』だ。
 本作にクライマックスに向けての盛り上がりはない。なぜなら最初からクライマックスだからだ!


http://movieandtv.blog85.fc2.com/blog-entry-22.html
投稿者:Bava44投稿日:2009-08-07 19:45:42
【ネタバレ注意】

評判が悪いのであえて見てみた。

イ・ビョンホンの師匠役でジェラルド・オカムラさんが出演していることに気づいて、笑った。映画の内容もお色気の替わりにVFXてんこ盛りの「ピカソ・トリガー」みたいな作品だった。ここまで予定調和な脚本も珍しいと思う。

ところで映画の最初の方で、近未来の世界では、旧ソ連キルギスタンにはNATOの軍事基地がある設定になっていました(笑)。なんちゃってプロパガンダ。アンチ・ロシア。

プロパガンダそれ自体はどうでもいいけど、映画会社がそういう指示を受けているということが怖い。ハリウッドの裏側が深い。安心して見られない(笑)

チェコでロケしているせいか、デニス・クエイドの美人秘書役はチェコ人らしい。いい女だが、あっけなく殺された。もったいない。

こんな屑映画の製作費は1億7千万ドル。邦画が100本作れるわ。

投稿者:藤本周平、投稿日:2009-08-07 14:54:54
この映画、あまり評判がよろしくないそうですね。確かにストーリーなんかははっきり言って無に等しいよ。正直、「日本語字幕が無くてもこれだったら大体のストーリーは理解できる」と観ていて思ったもん。ただ、僕はこの映画なかなか楽しませてもらいました。もともとCGが見たくて劇場に足を運んだんだし、それを考えたら十分満足な出来だったと思った。オープニングからいきなりド派手な戦闘シーン。そしてちょっと休憩したかと思ったら、またいきなりド派手な戦闘シーン。そしてそのままクライマックスまでド派手なCGアクションが展開される。まさにジェットコースター。約2時間の上映時間が嘘のように過ぎていった。特にパリでの敵との追いかけっこなんかはバリバリCGアクションで観ていてハラハラさせられたよ。監督が「ハムナプトラ」や「ヴァン・ヘルシング」でおなじみのスティーブン・ソマーズだから期待してたけど、見事にその期待に応えてくれました。娯楽作なのは間違いないけど、内容はかなり薄いので、こういう系が好みでない人は無駄な2時間を過ごすのでご注意を。

追記:イ・ビョンホンの衣装ダサすぎ
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ ワースト作品賞 
 □ ワースト監督賞スティーヴン・ソマーズ 
 □ ワースト助演男優賞マーロン・ウェイアンズ 
 ■ ワースト助演女優賞シエナ・ミラー 
 □ ワースト脚本賞デヴィッド・エリオット 
  ポール・ラヴェット 
  スチュアート・ビーティー 
 □ ワースト・リメイク・続編賞 
【ニュース】
シエナ・ミラー主演ドラマ「Just Like a Woman」、予告編2013/07/08
ローランド・エメリッヒ監督×C・テイタム主演サスペンス「ホワイトハウス・ダウン」、最新予告編2013/06/10
全米興行成績、大ヒット・アクション続編「G.I.ジョー バック2リベンジ」が初登場首位2013/04/01
ローランド・エメリッヒ監督×チャニング・テイタム主演サスペンス「White House Down」、予告編2013/03/27
全米興行成績、ドリームワークス・アニメ最新作「The Croods」が初登場首位2013/03/25
チャニング・テイタム主演SFアクション「G.I.ジョー バック2リベンジ」、最新予告編2012/11/02
チャニング・テイタム主演SFアクション「G.I.ジョー」続編、予告編2011/12/13
ワーナー、パク・チャヌク監督の問題作「復讐者に憐れみを」をリメイクへ2010/01/08
全米興行成績、「アバター」が「シャーロック・ホームズ」の猛追をかわしV2達成2009/12/28
DVDリリース情報:「トランスポーター3」「G.I.ジョー」「縞模様のパジャマの少年」etc.2009/10/16
全米興行成績、「ファイナル・デッドサーキット 3D」がV2達成2009/09/07
全米興行成績、「ファイナル・デッドサーキット 3D」がシリーズ・ベストの好スタート2009/08/31
全米興行成績、タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」が好スタート2009/08/24
全米興行成績、ピーター・ジャクソン提供の異色SF映画が初登場1位2009/08/17
全米興行成績、アクション大作「G.I.ジョー」が大ヒット・スタート2009/08/10
全米興行成績、ジャド・アパトー監督&アダム・サンドラー主演コメディが初登場1位2009/08/03
スティーヴン・ソマーズ監督「G.I.ジョー」、予告編2009/05/01
【ミュージック】
【CD】 G.I. Joe The Rise Of Cobra
新品:
15新品:¥ 1,421より   12中古品¥ 380より 

【CD】 G.I.ジョー 【DSDリマスタリング】
新品:¥ 1,944
2新品:¥ 1,784より   6中古品¥ 1,240より 

【CD】 オリジナル・サウンドトラック 『G.I.ジョー』
新品:¥ 2,625
3新品:¥ 2,610より   5中古品¥ 979より 

【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION