allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

クララ・シューマン 愛の協奏曲(2008)

GELIEBTE CLARA
CLARA

メディア映画
上映時間109分
製作国ドイツ/フランス/ハンガリー
公開情報劇場公開(アルバトロス・フィルム)
初公開年月2009/07/25
ジャンルドラマ/伝記/音楽
シューマンとブラームス、
二人の天才が魅せられた女神──
クララ・シューマン 愛の協奏曲 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 2,400
amazon.co.jpへ

 Photos
クララ・シューマン 愛の協奏曲クララ・シューマン 愛の協奏曲クララ・シューマン 愛の協奏曲

【解説】
 ロベルト・シューマンとヨハネス・ブラームスという2人の偉大な作曲家に愛と芸術の両面で深く関わり、自身も音楽家として豊かな才能を持ち合わせていた女性、クララ・シューマンの人生を描いた音楽ドラマ。主演は「マーサの幸せレシピ」のマルティナ・ゲデック、共演にパスカル・グレゴリー、マリック・ジディ。監督はブラームス家の末裔でもある「林檎の木」のヘルマ・サンダース=ブラームス。
 19世紀半ば。著名な作曲家ロベルト・シューマンの妻クララは、母として7人の子どもを育てながら、自身もピアニストとして活動する多忙な日々を送っていた。そんな彼女の前に、若き天才作曲家ヨハネス・ブラームスが現われる。クララを敬愛する陽気なヨハネスは、やがてその才能をロベルトにも認められ、シューマン邸での奇妙な同居生活が始まるが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
320 6.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-16 21:59:55
監督がブラームスの末裔だそうで、本作のブラームス像はとにかく格好良い。ロベルト・シューマンの孤高感や妻クララの包容力ともども、3人の個性がメリハリ良く描かれた良作、と感じました。改めて時代背景等深く学びたい所。作中音楽は当然ながら美。
投稿者:いまそのとき投稿日:2013-02-17 14:02:24
水銀治療で狂死したシューマン。これまでの映画はここまで彼を悲惨な姿には描かなかった。怪演に尽きるパスカル・グレゴリー。一方当時20歳のブラームス。当時の実物写真はマリック・ジディよりずっと美男子だ。映画の核は微妙な三角関係。サラッと撫でただけのこれまでの解釈より、たしかに踏み込んではいる。しかしどうにも理解しがたい。この複雑な恋心と師弟関係。映画では表現しにくいのだろうか。いま、クララの音楽性とその才能が再評価されつつある。彼女を演じたドイツの名女優マリティナ・ゲデック。その芸域の深さにはやはり驚く。
投稿者:william投稿日:2011-03-08 02:40:41
ある意味壮絶な人生だな。
天才芸術家に囲まれた隠れた天才の真実の姿。
投稿者:bond投稿日:2010-09-30 09:14:06
ブラームスシューマンって近代の人だったのね、クララってそんなに綺麗だったんだー。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-07-27 02:25:51
並外れてすぐれた才能がある作曲家ロベルト・シューマンとその妻でピアニストのクララ・シューマン、そしてこの夫妻に奇妙に関わる事になるヨハネス・ブラームスの3人の関係を描いた伝記ドラマです。

クララを演じたマルティナ・ゲデックさんは、不思議なぐらい男にしか見えませんでした(爆)
鍵盤を叩く姿・・・指揮を執る姿・・・なんでしょうね、あの逞しさは(笑)
デリケートな音楽家を演じたパスカル・グレゴリーはお見事でした。
ブラームスを演じた役者さんはなかなか魅力的な方で、この作品の唯一の花だったと思います(笑)

内容のほうは、イマイチ誰の本心も見えてこないのが物足りないです。
シューマン(夫)とブラームスの心情、クララとブラームスの心情はもっと深く鋭く描き込んで欲しかったです。
不倫関係になるのでもなく、愛憎劇に発展するでもなく、、おまけに心情描写が薄いので中途半端な印象を受けてしまいました。
ブラームスの子孫が監督という事でシューマン夫妻との関係に切り込む事が出来たのでしょうが、やはりご先祖様の事だからなのか、、はたまた史実通りなのか定かではありませんが思い切りの良さに欠けてしまった気がします。
恋愛感情を持ち出すなら男と女をハッキリ脚色したほうが良かったでしょうし、肝心な部分をぼやかすなら才能ある音楽家同士のドラマとして重厚なつくりにしたほうが良かったでしょうね。
どちらの作風でいくにしろ、母親像が全く見えてこないぐらい浅い人物描写は問題だと思いますよ(爆)
子供が全部で何人居たのかも分からないぐらい家族としてのドラマが無かったのも残念です。
音楽はもちろん素晴らしかったですが、それだけでは補えない脚本でしたね。
精神病に対する治療部分に関しては、とても興味深く鑑賞できました。

正直なところ、音楽家を題材にした多数の史実ドラマに比べると完成度の低いほうに位置する作品だと思います。
ストーリー構成にしろ脚色にしろキャスティングにしろ、とにかく身内びいきとしか思えなかったです(爆)
投稿者:mototencho投稿日:2010-04-14 17:05:26
壮絶な音楽家の人生と
芸術家ならではの微妙な三角関係
シューマンとブラームスの曲にのせて描かれる
「クララ・シューマン愛の協奏曲」から感じるのは
やはり女の強さでしょうか
http://mototencho.web.fc2.com/2009/kullala.html
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】クララ・シューマン 愛の協奏曲2010/01/08\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】クララ・シューマン 愛の協奏曲レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION