allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

悪夢のエレベーター(2009)

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月2009/10/10
ジャンルミステリー/コメディ
この
ウソ、
ホントに
キリが
ない。
悪夢のエレベーター [DVD]
参考価格:¥ 4,935
価格:¥ 3,398
USED価格:¥ 1,980
amazon.co.jpへ

 Photos

【クレジット】
監督:堀部圭亮
製作:佐藤直樹
宇田川寧
エグゼクティブプ
ロデューサー:
馬場清
プロデューサー:松村傑
柴原祐一
共同プロデューサ
ー:
石田雄治
原作:木下半太
『悪夢のエレベーター』(幻冬舎文庫刊)
脚本:鈴木謙一
堀部圭亮
撮影:北信康
特殊メイク:西村喜廣
奥山友太
特殊造形:西村喜廣
奥山友太
美術:磯田典宏
編集:高橋幸一
音楽プロデューサ
ー:
渡邊崇
主題歌:タカチャ
『AIO〜愛をください〜』
VE:新部信行
VFXスーパーバ
イザー:
鹿角剛司
アクション:カラサワイサオ
スクリプター:小林加苗
スタイリスト:与那覇智
ヘアメイク:山崎惠子
残酷効果:西村喜廣
奥山友太
照明:渡部嘉
装飾:山本志恵
録音:岩倉雅之
助監督:塩崎遵
出演:内野聖陽安井三郎
佐津川愛美愛敬カオル
モト冬樹牧原静夫
斎藤工小川順
大堀こういち望月
芦名星須藤陽子
本上まなみ小川麻奈美
小西遼生
池田鉄洋
市川しんぺー
いけだしん
山本彩乃
長澤つぐみ
芦田昌太郎
宮下誠
いか八朗
堀井茶渡
【解説】
 お笑いの分野に止まらず、俳優としても活躍を続ける堀部圭亮の記念すべき長編監督デビュー作。木下半太の同名小説を基に、突然エレベーター内に閉じ込められてしまったワケあり男女4人が、脱出の方策を探りながらも次第に予想もしない事態に発展していくさまをミステリアスかつコミカルに綴る。産気づいた妻からの連絡で自宅に急いでいた小川順は、エレベーターの急停止の際に気を失ってしまう。順が意識を取り戻した時、エレベーター内には他に、関西弁のヤクザ風男・安井、ジャージ姿の中年男・牧原、ゴスロリファッションの少女・カオルの3人が一緒に閉じ込められていた。非常ボタンも反応せず、唯一の携帯電話も電池切れで、完全に外部との連絡の手段を絶たれてしまった4人だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
212 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:aomika投稿日:2018-07-20 11:14:11
泥棒と、ジョギングに出掛ける中年男と、
浮気してる若い男と、自殺願望の少女。
こんな一癖も二癖もある輩が4人も揃えば、
それなりに会話も面白く、
見入ってしまう。
https://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/2015-10-21
投稿者:HABBY投稿日:2016-04-07 01:39:27
最初の45分間延々と伏線を構築し、そこからようやくシナリオが本格的に動き始める展開。推理小説がベースになっているだけあって、最後のドンデン返しも含め練られた脚本でした。07年にはフジテレビでドラマ化されているようですが、こちらは未見。
投稿者:jb投稿日:2013-02-03 15:20:48
いまいちハマらず。
投稿者:seisakuiinkai投稿日:2012-11-03 05:32:20
これ舞台でもいいんじゃ?とは思った。良かったのは“消化試合“って言葉www.seisakuiinkai.com
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-11-18 11:26:40
退屈はしなかったが、驚く要素は皆無。
投稿者:ghost-fox投稿日:2010-04-18 22:31:08
二度観る価値無し
投稿者:replicant投稿日:2009-12-01 01:40:11
【ネタバレ注意】

監督はあの堀部圭亮。う〜ん、テンションが持続しません。監禁されたエレベーター内での舞台っぽい台詞回しに大袈裟な演技、飽きます。ネタバレしてからは、さらにアホらしくて呆れてしまいました。深夜のマンションの通路で大声出して、何が完全犯罪なんでしょうか?最後にどんでん返しがあるのですが、全く生きて来ません。要は、監督がこの映画をどういう映画にしたかったのか?方向が定まっていない感じです。っつーか、監督としての経験不足がそのような仕上がりになったのは明らかで、こなれた監督が作ったのならもっと面白いモノになったと思われます。そういう意味で脚本は悪くないです。この映画が目指したのは、おそらくブラックコメディだとは思うのですが、穴が多すぎて残念な結果になってしまいました。

投稿者:かっこう投稿日:2009-10-28 23:00:02
【ネタバレ注意】

会話劇が好きなこともあり、予告編を見たときから楽しみにしててかなりの期待を持って見に行った。少々うまくいきすぎのような感じはあるものの、よく考えられたストーリーで、特にラストのまさかのどんでん返しには満足。ひとつ言うことがあるとすれば、全体が3部構成になっているのだが、第1部の解決編にあたる第2部が長いことか。ここはもう少しさらっとした方がよかった。

【サウンド】
『AIO〜愛をください〜』
歌 :タカチャ
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】悪夢のエレベーター2010/03/19\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】悪夢のエレベーターレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION