allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

刺青 匂ひ月のごとく(2009)

メディア映画
上映時間89分
製作国日本
公開情報劇場公開(アートポート)
初公開年月2009/06/27
ジャンルドラマ/エロティック
私の中に眠る、女の蟲
刺青III&IV 合体版 [DVD]
USED価格:¥ 2,199
amazon.co.jpへ

 Photos
刺青 匂ひ月のごとく

【解説】
 ヒロインが“刺青”を入れることで大胆に変貌していく姿を描く官能ロマン・シリーズの第2弾。主演は井村空美、監督はこれがデビューの三島有紀子。亡き両親が遺したダンススタジオを引き継ぎ経営している藤堂姉妹。ダンスの才能に恵まれ何事にも華やかな姉・陽花に対し、内向的な妹・葉月は、羨望とコンプレックスの入り交じる感情を抱いていた。しかし次第に眠っていた才能が開花し始め、ふとした偶然から陽花のダンス・パートナーと急接近する葉月。それに嫉妬を覚えた陽花。そんな彼女の前に、謎の彫師・桐悟が現われる。やがて陽花は、ある企みのもとに葉月を桐悟のもとへと送り込むが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2015-07-06 12:39:46
【ネタバレ注意】

<あらすじ>両親が超一流のソシアルダンサーだった藤堂陽花(さとう珠緒)と葉月(井村空美)の姉妹。ダンススタジオで葉月は姉とパートナーの月岡亮介(勝野洋輔)の練習風景を見る。情熱的な陽花と違い、奥手な葉月は古参の生徒内海和音(今拓哉)に競技ダンスを勧められても受け流すだけ。どこからか送られてくるクリムトのポストカードとつるし人形を部屋中に飾りつける葉月に、実は月岡は惹かれていた。陽花はそんな二人の関係に気づき、偶然知り合った刺青の彫師・桐悟(鈴木一真)のもとへ葉月を送り込む。つるし人形とポストカードを送っていたのは桐悟だった。彼は葉月に鳳凰の刺青を彫りたいと熱望していた…。

まあ、何というか低予算にして思い入れ過剰というべきか、どこに谷崎潤一郎の香りが残っているのだか、よくわからんままに観了。
顔立ちは整っているものの、もうひとつオーラを感じさせない井村空美。そりゃさとう珠緒の方が頑張っている。いってみればいじわる役だし、艶っぽさも勝っているし。何せ見事な脱ぎっぷりではあるものの、肉感的とは到底いえないヒロインでは、刺青を彫るシーンの官能も今ひとつなわけで。
三島由紀子監督の思い入れたっぷりの演出もどこか表層的にしか感じられず、鈴木一真が伝説の彫り師だなんて冗談にしか思えないわけで。
個人的には今ひとつ、というのが率直なところでした。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】刺青 III&IV 合体版2013/09/06\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】刺青 匂ひ月のごとく2009/09/18\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】刺青 III&IV 合体版レンタル有り
 【DVD】刺青 匂ひ月のごとくレンタル有り
【広告】