allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スノープリンス 禁じられた恋のメロディ(2009)

メディア映画
上映時間115分
製作国日本
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月2009/12/12
ジャンルドラマ/ロマンス
泣かないで。
僕は、すごく幸せだったよ。
スノープリンス 禁じられた恋のメロディ [DVD]
参考価格:¥ 5,040
価格:¥ 2,177
USED価格:¥ 895
amazon.co.jpへ

 Photos
スノープリンス 禁じられた恋のメロディスノープリンス 禁じられた恋のメロディ

【クレジット】
監督:松岡錠司
企画:中沢敏明
飯島三智
エグゼクティブプ
ロデューサー:
亀山慶二
プロデューサー:椎井友紀子
大野貴裕
脚本:小山薫堂
撮影:大塚亮
美術:原田満生
衣装:宮本まさ江
波多野芳一
衣装デザイン:MASATOMO
編集:普嶋信一
音楽:山梨鐐平
スクリプター:川野恵美
メイク:豊川京子
照明:木村匡博
装飾:佐藤孝之
録音:阿部茂
助監督:小野寺昭洋
出演:森本慎太郎原田草太
桑島真里乃有馬早代
香川照之有馬政光
檀れい有馬きよ
マイコ長谷川康子
山本學老紳士
浅野忠信萩尾
中村嘉葎雄原田正吉
岸恵子有馬早代(現代)
【解説】
 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の松岡錠司監督、「おくりびと」の小山薫堂脚本で贈る切ないピュア・ストーリー。昭和初期の北国を舞台に、淡い恋の芽生えた身分違いの少年少女が辿る美しくも悲しい運命を綴る。主演はジャニーズJr.の森本慎太郎と「ちりとてちん」の桑島真里乃。昭和11年、雪深い北国の寒村。10歳の草太は両親を早くに失い、祖父との2人暮らし。貧しいために学校にも通えない草太だったが、大好きな絵に夢を託し、健気で素直な少年に育っていた。そんな草太と仲良しなのが町一番のお金持ちの家に生まれた幼なじみの少女、早代。彼女の父は2人が一緒に遊ぶことを快く思わず、草太に会うことを禁じられる早代だったが…。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:replicant投稿日:2010-02-06 02:44:34
【ネタバレ注意】

これは酷いシロモノでした。まぁ、元々、原作からかけ離れたアニメの『フランダースの犬』自体、どうなのよ?としか思えないオイラにとっては、どーでもいいストーリーなんですけどね(苦笑)。どちらにせよ、この“話”って、一見親切そうに日ごろ声を掛けてくれる人だとしても結局は誰も助けてくれないよ!という“戒め”だと思っているので・・・だったら、観るなよ!ということなんですけど、監督が(想像していたよりは良かった『東京タワー』の)松岡錠司でしたし、脚本は『(特に面白いとは思いませんが・・・)おくりびと』の小山薫童だったので観てきました。主人公の少年がド貧乏のくせに髪の毛が茶色でサラサラ、肌がスベスベなのは許しますが(許すのかよ!)、何がダメって、まずは“犬”がストーリーに全く関係ない!関係ないのなら出すな!次に、帰る家があるのに帰らないで凍死するなんてありえない!凍死しているのに(横に居る犬は凍りついている)、顔に赤みがあり美しい死に顔がありえない!とにかく目に余る出鱈目の数々に唖然!どういう神経しているんだか!観客をバカにしているにもほどがある!さらに!演出がダラダラしており退屈極まりない!まぁ、客席もガラガラだったし、それ見た事か!っつー感じですね。相変わらず、こんなくだらない映画を作っている邦画って・・・情けないなぁ・・・別の意味で泣けてきました。

投稿者:はこまる投稿日:2010-01-16 01:29:24
2010年お正月興行。快進撃を続けるキャメロンの3D大作『アバター』。その影に隠れて完全に空気化している本作ですが、同時期に公開されている8chの『だめのコンジローム(前編)』より、その古臭さを含めてよっぽど日本映画らしい日本映画です。まあ、テンポも異様に鈍いし、たぶんこんな先が見える脚本では今時の小学生でも小バカにするレベル。戦前ファンタジーとしてもかなり無理があります。しかし、見ようによっては「珍品」と「佳作」と「駄作」の間を行ったり来たりする困り加減が絶妙であり、こういったものを丁寧に作る松岡錠司の作家的な姿勢はご立派。私自身はたとえ破綻はしていても(作り手の)心根が美しい作品はもちろん嫌いではありません。
それに、企画された経緯と狙いは明白でありながら、マーケティングばかりに目が行き過ぎて逆にターゲットが分からなくなり自滅して興行的に惨敗。結果的に脚本も読めない無能なプロデューサー連中を炙り出してくれるのですから、そういう意味では、俗で軽薄で浅はかな意図により生まれて来た本作にも存在の意義はあるというものです。「おい、お前ら映画と観客ナメてんじねーぞ」とだけ言っておきましょう。

正直言って、『おくりびと』の脚本を書いた小山薫堂が観客の為に用意している物語は、観ていて「パクリ」を通り越して「剽窃」もしくは「盗作」という言葉が頭に浮かぶほど開き直りが著しく、早くも馬脚を表してしまった感が強いのですが、本作で決定的なのは、貧乏の描写がどうしようもなくショボ過ぎて、主人公の少年が出て来ると映画が一気にツマラナくなってしまう点にあります。脇はそれぞれみんな悪くないのですがね。それに、ヒロインの少女はとてもフィルムにマッチしていたんですが・・・。パトラッシュじゃなかったチビも毛並みが良すぎました。

おそらく、このまま誰からも顧みられることもなく消えてゆく可哀相な作品なのでしょう。部分的ではありますが松岡錠司の健闘のみが楽しめ、逆にそこが浮き上がれば浮き上がるほど日本映画の現状が迫って来て観ていて悲しくなる作品です。
投稿者:metorometoro投稿日:2009-11-19 21:41:22
森本君は、かわいいけど、この題名はどうだろう?
時代も昭和初期だし、スノープリンスって言うのは微妙。
日本版フランダースの犬ってことで、どこかで見たようなお話なんだけど、
森本君世代にはいいんじゃないでしょうか
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】スノープリンス 禁じられた恋のメロディ2010/08/20\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】スノープリンス 禁じられた恋のメロディレンタル有り
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION